海外旅行費用の節約。格安ツアーや航空券で、旅行の費用を安く

海外旅行費用の節約。ツアー、航空券

節約生活のススメ

第18回 旅行費用の節約・海外旅行編
~旅行スタイル別!節約方法~

メインビジュアル

海外旅行は、国内旅行と比べると、どうしてもお金のかかる印象があります。近場の旅行先や安めのツアーを選んだとしても、空港税や両替コスト、現地での食事代・お土産代などを考えると、節約しながら海外旅行は難しいと思われるかもしれません。
しかし、海外旅行には、国内旅行にない有利な点もあります。ひとつは、円高など、外貨との関係によって安く旅行できるタイミングがあること、もうひとつは、航空会社のポイントサービス「マイレージ」の恩恵を受ける機会が、国内旅行よりも多いことです。
こうした海外旅行のメリットを活かして、さらには、ツアー料金や飛行機代、ホテル代などを節約できれば、海外旅行の費用はずいぶん抑えることができるでしょう。
「節約中だから…」と、旅行の楽しみをあきらめてしまう前に、今回ご紹介する海外旅行費用の節約テクニックを参考に、ぜひ、お得な海外旅行にチャレンジしてみて下さい。

CHECK!おすすめの節約方法

▼その他の節約記事もチェック!

海外旅行費用を節約するポイントは?

旅行の時期とタイミングを上手に選ぼう

安く行くならシーズン外に

安く行くならシーズン外に 画像

旅行の費用は出発日によってかなり差があります。特に、2月~3月にかけての春休み、ゴールデンウィーク、7月~8月の夏休みやお盆、年末年始などは、ツアー料金・飛行機代・ホテル代ともに費用が値上がりします。
また、休前日(金曜・土曜など)も、料金は割高になります。出発や到着の日をウィークデーに設定するだけで安くすることができますので、休みが調節できる場合は、長期休暇シーズンを避けた平日の出国・帰国がおすすめです。

為替レートにも注目を

ニュースや新聞で目にする「為替レート」や「円高」「円安」などの指標も、海外旅行に役立てたい知識の一つです。「為替レート」とは、外貨(おもには米ドル)と日本円の交換レートをあらわしたものです。

たとえば、2009年4月に100円台を推移していた米ドルは、2011年4月時点で、1ドル=81円前後となり「円高ドル安」が進行しています。これは1ドルの商品を日本円で買おうとした場合、以前は100円前後であったものが、今は81円前後で購入できることを意味します。
このように、円の価値が高ければ高いほど、海外のホテルや食事、お土産にかかる費用(=日本円)は少なくすみます。円高の時期は、円安の時期よりも海外旅行がお得になっていると言えます。

旅行スタイル別に節約のポイントをチェック!

海外旅行の旅行スタイルは、①旅行会社のパッケージツアーを利用するツアー旅行、②自分で航空券やホテルを手配する個人旅行、の大きく2つに分けられます。どちらの旅行スタイルを選ぶかは旅行者の好みと言えます。
2つの旅行スタイル別に、節約のポイントを見てみましょう。

パッケージツアーの節約ポイント

ツアーの「プラン」「オプション」は、必要なものを吟味

パッケージツアーの節約ポイント 画像

パッケージツアーは、航空券やホテル代が割安な場合が多く、添乗員や現地係員の案内で観光地を効率的に回ることができるのが魅力です。

観光スケジュールやホテルが決められたプランから、個人手配と変わらない自由行動の多いプランまでさまざまです。一般的には、旅程が細かく決まっているものほど料金は高く、フリー部分が多いほど料金は安くなります

そこで、ツアー選びの際は、自分にとって魅力のあるプランやオプションを吟味して、不必要と思われる部分があれば別のプランに変えるか、オプションなしのプランを選ぶようにするのが、旅行費用を節約するコツと言えます。
旅行会社や格安ツアーサイトなどで、いくつかのプランを比較してみると良いでしょう。

海外旅行のツアー選びに役立てたい、格安ツアー予約サイト

AB-ROAD(エイビーロード)

AB-ROAD(エイビーロード) 画像

リクルートが発行する海外旅行情報誌「AB-ROAD」のWeb版。格安ツアー検索のほか、世界遺産を巡る旅、ひとり旅など、テーマ別のツアーも充実。「海外旅行準備マニュアル」などのお役立ち情報もチェックできる。

このサイトに行く

阪急交通社(海外旅行)

阪急交通社(海外旅行) 画像

老舗の旅行代理店「阪急交通社」の旅行予約サイト。北米やハワイ・アジア方面から、エジプト・アフリカ・中近東まで幅広くカバー。添乗員付ツアーの質に定評があり、海外旅行初心者や個人旅行では行きにくい地域への旅行に最適。

このサイトに行く

てるみくらぶ

てるみくらぶ

グアム1万9,800円~など格安ツアー満載の旅行情報サイト。ハワイやアジア、オセアニア方面の格安ツアーがに強み。特に、オンライン予約限定の格安ツアーは要チェック。

このサイトに行く

個人旅行の節約ポイント

「航空券」と「ホテル代」が2大節約ポイントに

「航空券」と「ホテル代」が2大節約ポイントに 画像

個人旅行は、自分の思い通りに日程を組むことができるのが、なによりの魅力です。
節約のポイントは、出費が大きい「航空券」と「ホテル代」。格安航空券や格安ホテルを利用することで、出費を抑えることができます。

格安航空券は、専門の格安航空券サイトや旅行会社の格安航空券ページで予約・購入することができます。
通常料金の半分以下の価格で購入でき、直前予約・発券も可能とあって個人旅行者には人気の高い格安航空券ですが、「購入後の搭乗日や便の変更ができない」「航空券に有効期限がある」など、制約がついている場合もありますので、よく確認してから購入しましょう。

格安航空券の取り扱いサイト

スカイゲート

スカイゲート 画像

格安航空券を扱うスカイゲートの海外航空券サイト。出発直前の予約も可能な「おすすめ航空券」早めの予約で安くなる「早割航空券」が充実。サイトからは、空席のリアルタイム検索や前日14時まで即時予約ができるなどサイトの使い勝手も良い。

このサイトに行く

空旅.com

空旅.com 画像

格安航空券予約サイト。JAL、ANAなどの国内線・国際線チケットを格安で購入できる。JAL航空券は出発1時間前まで予約可能。往復航空券+宿泊券のパックも販売しているほか、無料の会員登録とチケット購入でマイルを貯め、チケット購入の割引に利用できる。

このサイトに行く

楽天トラベル(海外航空券)

楽天トラベル(海外航空券) 画像

楽天トラベルの海外航空券予約サイト。アジア・北米・ヨーロッパなど各都市への航空券の最安値が一目でチェックできる。7日間限定販売の「HOT7DAYS」では、早い者勝ちの限定航空券の販売もあり。出発2日前の15時まで予約可能でカード決済・コンビニ決済に対応。

このサイトに行く

また、ホテル代の節約には、「H.I.S」や「楽天トラベル」といった格安航空券なども取り扱っている旅行会社で一緒に手配をしてしまうのが、もっとも簡単です。
さらに安くしたい場合は、現地に着いてからゲストハウスやユースホステルなどの安価な宿をさがす方法もあり、旅に慣れた個人旅行者のホテル代節約方法として有名です。その際、ホテル周辺の治安には充分、注意をしましょう

格安航空券と格安ホテルが同時に予約できるサイト

H.I.S.

H.I.S. 画像

H.I.Sの海外ホテル情報サイト。都市ごとの人気ホテルランキングやユーザーのクチコミがホテル選びの参考に。「得BUY!ホテル」では、キャンペーン中のお得なホテル情報が満載。

このサイトに行く

エクスペディア

エクスペディア 画像

世界最大級の海外ホテル予約サイト。日本では2008年から本格的にサービスを開始。エクスペディアがホテルから直接買い付けることで、4万件以上の海外ホテルで最低価格での宿泊を保証している。

このサイトに行く

楽天トラベル

楽天トラベル 画像

楽天トラベルの海外ホテル予約サイト。ホテルの詳細情報に加えて、ユーザーからの感想、情報も充実。特集&キャンペーン情報では、格安ホテルや特典付きのお得なホテルの情報もチェックできる。

このサイトに行く

Column 航空会社の正規割引航空券を利用しよう

「正規割引航空券」は、航空会社が販売する正規の割引航空券です。格安航空券に比べると若干割高ですが、予約やキャンセルに関する制約が少なく、予約と同時に座席指定ができるなどのメリットがあります。

ANAビジ割
ANAビジネスクラスの正規割引運賃。インターネッの「ビジ割WEB」で購入すれば、通常のビジ割より2万円お得に。ANAカードの利用でマイルが125%加算される。

ANAエコ割
ANAエコノミークラスの割引航空券。正規航空券ながら割安。「ANA SLY WEB」で購入すると最大4千円引になり、マイルも加算される。「スーパーエコ割」は、日曜出発以外、土曜帰国以外で、土曜日をまたいでいれば最も安い。

JALダイナミックセイバー
JALの国際線エコノミークラス正規割引航空券。14日前まで予約、購入可能で、予約と同時に座席指定ができる。JALホームページ・携帯サイト限定販売の「Web悟空」で購入すれば、1000~4000円の割引になり大変お得。

節約に役立つランキング

家計を助ける生活の知恵!節約術ランキング

クレジットカードを活用
ポイント還元が付いて現金払いよりも断然お得。「節約術ランキング」不動の1位
広告・キャンペーンを活用
スーパーのチラシやネット上のキャンペーンを活用して得する節約術
住宅ローンを見直す
見直し方次第で数百万単位の節約も可能。ネット銀行の利用が有効
保険を見直す
多くの家庭で見直す余地があり、大きな節約を見込めるケースも
ネットバンクを活用
大手都銀よりはるかに高金利。安全確実に資産を増やす節約術

かしこく使ってお得な暮らしを!クレジットカードランキング

ライフカード
年会費無料。誕生日月はポイント5倍。カード利用額時応じて翌年度もポイントアップ。最強のサブカードの一つ。
OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
オリコが発行するポイント還元に特化したクレジットカード。常時1%以上のポイント還元率を実現している。
イオンカード
全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ等、イオングループ各店舗でポイントが貯まる。毎月5の倍数の日には割引やポイントUP等の特典も。
ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費7,350円ながら同伴者1名無料の空港ラウンジサービスが付帯。ANAマイルを実質無期限で貯めることができる点も大きな魅力。
ANA VISA SUICAカード
ANAと三井住友VISA、JR東日本が提携。陸でも空でも効率よくマイルが貯めることができる。