転職サイト・人材紹介会社を活用して転職しよう

転職情報・転職サイト

転職勝ち組入門

1大転職時代到来!今や2人に1人は転職経験者!

一昔前まで日本社会は「一度会社に入ったら定年まで」という終身雇用が主流でしたが、今やその社会構造は完全に崩壊しました。山一證券、そごう、ダイエーそして急成長していたライブドア・・・日本を代表する大企業や勢いのあるベンチャー会社に勤めていても、状況は一夜にして変わり、経営危機や倒産に追い込まれます。

現代社会は、会社によって将来が保証される時代ではありません。つまり、自分の将来は自分で考え、築き上げていく他ないのです。総務省統計局が5年毎に実施している就業構造基本調査(平成14年度)によると、過去に一度でも転職を経験したことのある有職者の割合は48.4%とほぼ5割に達しており、現在はさらに上昇していると言われています。

既に目の前に社会人の2人に1人は転職を経験している「大転職時代」が到来しているのです。

2みんなが転職する理由は?

インテリジェンス・円グラフ

なぜここまで転職率が高まっているのでしょうか?最も大きな理由は、将来が保証されない現代を生き抜くため、自分自身のスキルアップ、キャリアアップが不可欠だということに多くの人が気付き、行動を起こしているからでしょう。

転職支援大手インテリジェンスの調査では、仕事に不満を抱えている人の割合は58.7%と、満足している人を大きく上回っています。また、仕事の満足度に影響を与えた要素をみると「仕事内容」や「やりがい」が「年収(給与)」を上回っていることがわかります。そして、その満足度を上げるための方法の1位が「転職」になっています。

満足度への影響要因
1位 仕事内容 20.2%
2位 やりがい 19.0%
3位 人間関係 14.1%
4位 年収 13.1%
5位 自己成長 9.8%
6位 仕事とプライベートのバランス 6.4%
7位 勤務時間や休日休暇 5.7%
8位 評価 4.9%
9位 その他 2.3%
10位 転職 1.7%
2006年、仕事の満足度を上げるために何をしたい?
1位 転職 26.3%
2位 やりがい 14.4%
3位 スキルアップ 7.4%
4位 語学習得 2.6%
5位 自己啓発 2.2%

(インテリジェンス:ビジネスパーソンの意識調査より)

転職で年収アップを期待することは当然です。しかし、それだけを見て転職すると失敗する可能性があります。自分自身の市場価値が高まる転職ができれば年収アップは自然とついてくるものです。年収アップとスキルアップ、二つの要素をしっかり検討することが現代の賢いビジネスパーソンの生き方と言えるでしょう。

3転職するにも時期がある?

スケジュール

最近では多くの企業が通年採用(※年間を通じて採用活動をすること)を実施していますが、企業が採用を増やす時期があるのは事実です。つまり、その時期に照準を絞って求職活動を行うと希望の企業に転職できる確率が高くなります。

多くの企業が採用を強化する時期、それは年度終わりで人が入れ替わる3月と上半期がスタートする10月、11月と言われています。転職活動開始から転職が決まるまで、多くの場合で1~3ヶ月程度の期間がかかることから、3月、10月、11月を視野に入れ、年明け、もしくは夏ごろに転職活動を開始するのが最も効率が良いと言えるでしょう。

また、1月~3月には年度内の採用予定数を満たしていない企業の駆け込み求人や、冬のボーナス支給後に退社する人員を補充するための求人が出てくることがあり、掘り出し物の求人が見つかる時期と言われています。
転職活動のスタート時期を迷っている方は参考までに憶えておきましょう。

ただし、最近では多くの企業が通年採用を実施しているので転職時期を過度に気にする必要はありません。転職活動をスタートする際、一番大切なのは活動時期ではなく、自分の状況を判断して最適な時期に活動を開始することです。そのことは忘れないでください。

4自分に合った転職活動を

いざ「転職活動をするぞ!」と決めた時、大切なのは自分に合った方法で転職活動をすることです。

転職活動には一般的に次の3つの方法があります。

  • ①新聞や情報誌、企業のHP上の求人募集に直接応募
  • ②転職サイトを利用した直接応募&スカウト
  • ③人材紹介会社(転職エージェント)を活用した活動

この3つの方法の中で現在主流になっているのが②と③です。

転職サイトは、全ての活動を自分でしたいという人に向いています。企業への応募やスカウト条件の登録等、基本的に全ての作業を転職サイト上から行えるようになっており、自分のペースで活動できるところが大きな特徴です。

人材紹介会社は、転職エージェントと呼ばれ、プロのキャリアコンサルタントに直接会い、自分のスキルや希望条件を伝えるところから転職活動がスタートします。キャリアコンサルタントは、希望する企業のピックアップだけでなく、転職に関するあらゆる相談に対応してくれます。 初めて転職する場合やプロにキャリアプランを相談した上で将来の方向性を決めたい方は人材紹介会社を積極的に活用すると良いでしょう。

人材紹介会社 転職サイト 一言コメント
代表的な人材紹介会社・転職サイト パソナキャリア リクナビNEXT どちらもWEB上から無料登録が可能。必要なのは氏名・メールアドレス・職歴など、基本的な情報の入力のみ。転職を考えている人は、まず登録しておいて損はないだろう。
求人数 公開求人の他に多数の非公開求人を持つ人材紹介会社が圧倒的に有利。
手軽さ 登録から申し込みまで全てがインターネットで完結する転職サイトのほうが手軽。
サービスメニュー 求人検索やメールマガジン等、実施しているサービスメニューはほぼ同じ。
転職サポート ネットで完結する転職サイトに対し、人材紹介会社はキャリアコンサルタントに実際に相談できる。
全国対応 転職サイトは場所を選ばないが人材紹介会社はキャリアコンサルタントとの面談が必要。

代表的な人材紹介会社サイト

パソナキャリア画像

パソナキャリア

業界トップ水準の総求人数21,000件超を誇る人材紹介サービス。カバーする分野もITから営業・医療・金融と幅広い。サポートも充実。

check! 人材紹介会社ランキング

代表的な転職サイト

リクナビNEXT画像

リクナビNEXT

人材サービスおける国内実績No.1を誇る、リクルート社の転職サイト。求人数はもちろんのこと、スカウトサービスの充実度は群を抜いている。

check! 転職サイトランキング

自分に合った転職活動をすることが成功する転職の近道です。
しっかりと検討して、転職勝ち組を目指しましょう!

転職に役立つランキング!

プロのキャリアコンサルタントがサポート!人材紹介会社ランキング

パソナキャリア
男性はもちろん、女性を対象にした正社員転職情報に強み。求人数も豊富。特にキャリアアドバイザーのきめ細かいサポートに強み
リクルートエージェント
転職成功実績は数ある人材紹介会社の中でもNo.1。キャリアコンサルタントの質、取り扱う求人共に充実しており、評判も上々
DODA(デューダ)
DODA(デューダ)はワンブランドで転職サイトと人材紹介会社の二つのサービスを提供。求人数は業界トップ。サポート力にも定評あり

自分のペースで転職活動!転職サイトランキング

リクナビNEXT
取り扱う求人数の多さは転職サイトNo.1。スカウトメールの配信数も他を圧倒
DODA(デューダ)
転職サイトとしての規模もトップクラス。求人数が多さに定評あり。スカウトメールも提供
マイナビ転職
大手はもちろん中小ベンチャーの転職情報を幅広く取り揃える。履歴書・職務経歴書のWeb添削も