第二新卒の転職、注意すべき点はどこ?メリットやデメリット、第二新卒の転職に強い転職サイトの情報も。

第二新卒の転職

転職勝ち組入門

1第二新卒は転職に有利?

第二新卒

アベノミクスと呼ばれる経済政策の中、活況を呈している人材マーケットの一つが第二新卒の転職市場です。景気回復の効果もあり、企業は第二新卒の採用に積極的に取り組んでおり、第二新卒向けの求人は、企業から安定して増加しており、多くの企業が第二新卒で転職する20代前半の求職者に期待している状況が続いています。
その背景には、企業の社員教育コスト削減があります。企業からしてみれば、第二新卒は社会人としてのマナーや知識を身につけた若い人材を採用が出来るわけですから、ゼロから採用する場合に比べ大きなメリットがあるのです。

一方で第二新卒での転職は、企業側だけでなく転職希望者にとっても、通常の転職活動と比較して大きなメリットがあります。
そのメリットとは、企業の採用担当者は第二新卒の場合、実務能力よりポテンシャルを重視して採用を行うということです。これは実務能力を重視される通常の転職活動との最も大きな違いです。

つまり、企業はあなたの成長性を見て採用してくれるわけです。新卒での就職活動がうまくいかなかった人でも、社会人として数年の経験を積んだことで仕事に対する考え方や取り組み方は大きく向上しているはず。企業の採用担当者にそのポテンシャルが評価されれば、新卒で採用されなかった企業、職種へのリベンジ転職も決して難しくはありません。本特集をしっかりチェックし、希望の転職先への転職を実現しましょう。

  • 「どうしても今の会社の風土に馴染めない」
  • 「新卒での就職活動に悔いが残っている、狙っていた企業に再チャレンジしたい」
  • 「何となく大手がいいと思って就職したけど実力がつかない、活気のあるベンチャーに転職したい」

といった思いを抱えている人は、第二新卒での転職を検討する価値は十分にあります。

今回は第二新卒での転職を成功させる秘訣を考えていきたいと思います。

2第二新卒採用の担当者がチェックするポイント

第二新卒に対する求人が安定し、増加していることは確かですが、誰もが採用されるわけではありません。採用担当者には、企業として第二新卒に求める能力やチェックポイントが有り、面接の中でそのポイントをしっかりとチェックしています。
それでは、企業の採用担当者がチェックするポイントを具体的に見ていきたいと思います。

第二新卒に求められる能力

1 コミュニケーション能力

営業、マーケティング、IT、デザイン、販売など、世の中には多くの業種がありますが、どの業種でも共通して求められる能力がコミュニケーション能力です。相手の意図を汲み取った対応ができるか?相手に不快感を与えないか等、コミュニケーションの基本は第二新卒の転職でも必須です。

2 ビジネスマナー

ビジネスマナーの有無は第二新卒と新卒の大きな違いです。目上の人に対する言葉遣いや礼儀、またTPOをわきまえた服装を心がけましょう。

3 転職に対する姿勢(ポテンシャル)

第二新卒に企業が求めるのはポテンシャル。企業は転職から数年後の活躍を期待しています。その可能性を図る一つのものさしが転職に対する姿勢です。「今の仕事が嫌だから、辛いから」という転職理由ではなく「自分の夢を実現させるため」「更に自分を成長させるため」に第二新卒での転職を考えているという姿勢が重要です。また、転職後自分がどうなりたいか?仕事にどう取り組んでいくのかをしっかりと伝えられると良いでしょう。

これらの3項目がしっかりしていれば、第二新卒での転職活動を有利に進めることができます。そして、最後に必要なのは熱意です。業務の知識や実務経験は熱意があればカバーできます。たとえ異業種への転職であっても気にする必要はありません。(※第二新卒での転職は通常の転職に比べ、異業種への転職が非常に多い傾向があります。)

3第二新卒の転職活動、最も有効な方法は?

第二新卒

それでは第二新卒が転職活動をスタートする際、どういった方法が最も有効かを考えていきたいと思います。

第二新卒で転職したい企業が1社しかない場合などは、その会社のWebサイトに新卒・第二新卒採用情報が掲載されるのを待つ方法もありますが、この方法はよほど自信がある方以外は通常お薦めできません。
第二新卒として転職活動できる期間は限られています。目標とする企業への転職を目指す姿勢は重要ですが、もう少し視野を拡げ、幅広く情報を集める姿勢を持ったほうが良いでしょう。

その際活用したいのが転職サイトですが、これらの多くは転職に関する情報をまとめて取り扱っており、どの企業が第二新卒の求人を求めているのかよくわからない転職サイトも多いのが実情です。また、転職のための最も有力な手段である人材紹介会社に依頼する方法がありますが、人材紹介会社にも第二新卒にまだ力を入れていない会社があるので、どの会社に依頼するかしっかり見極める必要があります。

つまり転職サイトを利用するにしろ、人材紹介会社を利用するにしろ第二新卒に強い会社を選ぶ必要があります

それでは、第二新卒に強い会社は具体的にどこなのでしょうか?2020年1月時点で、第二新卒の求人に強い、最大手の転職サイトはリクナビNEXTでしょう。リクナビNEXTは数ある転職サイトの中で、圧倒的な求人数を誇っており、第二新卒問わず、求職者の約8割が登録するサービスです。また、履歴書・職務経歴書を登録する事で、第二新卒の採用に積極的な企業からのスカウトが受けられる点も良いチェックです。Re就活エージェントは、20代専門の転職サイトとして圧倒的な実績を誇るRe就活が提供するサービスで、20代の転職支援のプロから様々なサービスが受けられます。取り扱う第二新卒の求人数は8,000件以上と、他の人材紹介会社と比較してもトップクラスです。応募書類の添削サービスや模擬面接といったサービスも無料で提供しているので、第二新卒の転職活動がなかなか上手くいかないという方にもおすすめです。

同じ失敗を繰り返さず、第二新卒での転職成功を目指すなら、使えるサービスは全てフル活用しましょう。

転職サイト / 人材紹介会社ピックアップ

リクナビNEXT画像

リクナビNEXT

リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。会員登録すると企業の求人に応募できるほか、履歴書の登録で月間300万通以上送付されるスカウトサービスの利用も可能。様々な業界で活躍する仕事のプロフェッショナルが、仕事について語ったプロ論等、お役立ちコンテンツも充実している。

求人数 約5,000件
利用方法 無料会員登録
リクナビNEXTへ行く

Re就活エージェント画像

Re就活エージェント

就職支援事業を幅広く手掛ける学情提供の第二新卒向け転職支援サービス。第二新卒を積極的に採用する企業の求人を公開・非公開含め8,000件以上取り扱う。求人企業はメーカー、商社、人気スタートアップ等幅広い。20代の転職支援を専門とするキャリアアドバイザーによる応募書類添削サービスや、模擬面接への評価も高い。転職に悩んでいる20代はもちろん、第二新卒の転職活動が上手くいっていない場合も利用を検討すべきだろう。

求人数 8,000件以上
利用方法 無料会員登録。直近3カ月以内に転職を希望(または検討中の方)で、東京、または大阪の拠点で面談できる方
Re就活エージェントへ行く

人材紹介会社を活用した転職は、転職コンサルタントに転職に関する希望や要望を相談するところからスタートします。その相談内容を踏まえて転職コンサルタントが求人をピックアップしてくれるので、効率的な転職活動ができます。また、転職コンサルタントは転職に対する心構えや面接のポイント、改善したほうが良い点等もレクチャーしてくれるので相談してみると良いでしょう。

第二新卒の方から編集部が転職相談を受けた場合、お薦めしているのは人材紹介会社を複数活用する方法です。上記の2社はクチコミランキングの人材紹介会社ランキングでも口コミ評判がよいのでぜひチェックしてみてください。

本気で転職したいのであれば最大限の準備をするべきです。そのために活用できるものは全て活用しましょう。

4人生は1度だけ!後悔しない選択を

今の会社で頑張るか?それとも第二新卒として転職活動をするか?最終的な決断をするのは自分自身です。一つだけ言えるのは人生は一度だけしかないということです。3年後、5年後の自分が後悔しない選択をしましょう!

転職に役立つランキング!

プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をフルサポート!人材紹介会社ランキング

パソナキャリア
男性はもちろん、女性を対象にした正社員転職情報に強み。求人数も豊富。特にキャリアアドバイザーのきめ細かいサポートに強み
リクルートエージェント
転職成功実績は数ある人材紹介会社の中でもNo.1。キャリアコンサルタントの質、取り扱う求人共に充実しており、評判も上々
doda(デューダ)
doda(デューダ)はワンブランドで転職サイトと人材紹介会社の二つのサービスを提供。求人数は業界トップ。サポート力にも定評あり

自分のペースで求人を探し、応募する!企業からのスカウトサービスも転職サイトランキング

リクナビNEXT
取り扱う求人数の多さは転職サイトNo.1。スカウトメールの配信数も他を圧倒
doda(デューダ)
転職サイトとしての規模もトップクラス。求人数が多さに定評あり。スカウトメールも提供
キャリトレ
簡単な質問に答え、日々求人を選別していくことで、人工知能が自分の希望にマッチする求人を提案