40代転職のポイントは。年収にこだわり過ぎるのではなく、今後20年どんな生き方をするかで仕事を選ぼう

40代転職、中高年転職

転職勝ち組入門

140代の転職事情

以前は35歳が転職できる年齢の限界と言われていましたが、今は40歳以上でも十分に転職が可能な時代に。ただし40代で転職に成功する人には一定のスキルと心構えがあり、成功するべくして成功しているのもまた事実。本特集では40歳を超えて転職を目指す方のために、そのポイントを解説していきます。また40代の転職に強い転職サイトや人材紹介会社についてもご紹介します。
40代の転職希望者は、20代、30代の転職と比較すると、狭き門を多数の転職希望者で争うことになります。転職を成功させるためにも、本特集を参考に、しっかりとした準備と心構えを行った上で、転職活動に取り組みましょう!

40代の転職に役立つケーススタディ

成功事例視野を広げる事で転職に成功

年齢 45才
年収 1,000万円→700万円
転職理由
  • 会社が倒産
  • 6回目の転職
  • 100社に応募したが全て書類選考で落とされる
⇒転職回数の多さが不利に働いたが特定の業種・業界に限らず、異業界・異業種にも目を向け、自分の経験やスキルが活かせる職場を探し転職に成功

失敗事例人情にほだされ転職に失敗

年齢 40才
年収 700万円→550万円→条件が異なり退職
転職理由
  • 上司に誘われ、ついていった会社が倒産
  • 2回目の転職
⇒年齢に見合った経験を評価してもらえず書類選考で落ちる日々。そんな中知人の紹介で人情に厚い社長の会社に入社。正式な書面を取り交わさずに入社したところ、当初の条件と異なるという問題が発生し、退社。短い期間での退職歴が増えたため、以前よりも転職活動が厳しくなる

240代転職にまつわる3つのウソ・ホント

40代で転職する際、よく言われるのが下記の3項目です。まずはこれらのウソ・ホントを見ていきたいと思います。

  • ① 転職の限界は35歳
  • ② マネジメント能力が必須条件
  • ③ 年収ダウンは避けられない

転職の限界は35歳?

まず①についてですが、上述したように40代の求人も増加傾向にあります。人材紹介サービス大手、パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)の調査によると転職者の5人に1人は35才以上というデータがあり、この数値は増加傾向にあります。また、企業の求人における年齢の制限は殆どの場合、目安として設けられていることが多いため、年齢制限が40歳になっていた場合でも42歳、43歳の人が採用されるチャンスはあります。転職限界説に関してはそれほどナーバスになる必要はないでしょう。

40代転職

マネジメント能力が必須条件?

次に②ですが、40歳を超えている方の場合、部下を指導した経験を持っていて当然ですから、マネジメント能力に期待を寄せられるのは事実です。但し、これはマネジメント能力さえあれば良いと言うわけではありません。むしろ最も重要なのは現場を理解する力があること。その上で初めてマネジメント能力が活きてくるのです。つまり、40代の転職で求められる能力は、プレイングマネージャーとしての現場力とマネジメント力と言えるでしょう。

年収ダウンは避けられない?

最後に③です。これは当然ですが、ケースバイケースです。転職先がこれまでの経験やスキルを高く評価してくれた場合、年収がUPするケースも多数あります。年収が下がる最も多いケースは、40代での未経験職種への転職です。40代になると高い年収を受け取っているケースが多いため、大幅に年収がダウンする事例もあります。また、40代は新入社員のようにじっくりと育てて戦力になってもらう時期ではないため、例え未経験職種とはいえ結果を出すために待ってもらえる時間は長くありません。新しいフィールドにチャレンジする場合、収入面でのリスクが伴う点についてはしっかりと認識し、転職の計画を立てましょう。

40代の転職は20代、30代の転職と比較すると簡単なものではありません。しかし、転職ができないということもありません。あなたのこれまでの実績や経験、スキルを企業が欲しいと思えば、活躍するチャンスは幾らでもあります

340代転職者に企業が期待する能力とは?

それでは、企業が40代の転職希望者に期待する能力を具体的に見ていきたいと思います。
必要となる能力は下記の4つに集約されます。

40代転職

企業が期待する能力1 柔軟な発想とスピード感

成功のためのポイント

現代社会は情報が溢れ、ビジネス環境も猛烈なスピードで変化しています。その環境に適応するだけの柔軟な発想とスピード感があるかどうかは重要な要素です。

企業が期待する能力2 これまでの経験の蓄積

成功のためのポイント

人脈や営業力、指導力等、これまで培ってきた経験が蓄積されているかどうかはその人物を評価する要素になります。また、一方で過去の成功体験が必ずしも今通用するとは限りません。過去の成功体験に縛られすぎない柔軟な姿勢も必要です。

企業が期待する能力3 プレイングマネージャーとしての力(意識)

成功のためのポイント

40代での転職は結果を求められます。マネジメント中心の仕事であってもいざと言うときにはプレイヤーとして結果を残せること。転職を成功させるためには現場の先頭に立って引っ張れるプレイングマネージャーとしての意識を持つことが重要です。

企業が期待する能力4 過去の成功を捨てる覚悟

成功のためのポイント

現在の会社で培った実績や地位、成功体験は新しい職場ではリセットされます。入社当初は考慮してもらえたとしても、その後結果が出なければ全く評価されないのです。経験は活かすべきですが過去の栄光は忘れ、またゼロからスタートできること。その覚悟がなければ転職の成功は難しいでしょう。

これらの4つの能力(覚悟)がある方は、40代での転職を成功させることができるはずです。

440代転職は人材紹介会社の活用が必須

それでは実際に40代で転職活動をスタートする際、どういった方法がベストなのでしょうか?
一般的な転職活動の方法としては、以下の方法があげられます。

  • ① 新聞や情報誌、企業のHP上の求人募集に直接応募
  • ② 転職サイトを利用した直接応募&スカウト
  • ③ 人材紹介会社(転職エージェント)を活用した活動

この中で、現在主流になっているのが②の転職サイトと③の人材紹介会社です。

サラリーマン

転職サイトは、全ての活動を自分でしたいという人に向いている転職支援サービスです。企業への応募やスカウト条件の登録等、基本的に全ての作業を転職サイト上から行えるようになっており、自分のペースで活動できるところが大きな特徴です。代表的な転職サイトとしてはリクナビNEXTDODA(デューダ)キャリアトレック等が上げられます。

転職サイトには、はたらいくのように年齢制限がない求人を取り扱っているところもありますが、年齢制限が付く案件が多いため、40代で転職するのであれば、まずはキャリアカウンセリングを行い、その結果を踏まえた上でそれぞれの条件に合う企業を選択し、40代以上でも問題ないかどうかも確認した上で求人を紹介してくれる人材紹介会社のほうがより適していると言えるでしょう。
※転職サイトの中にはイーキャリアエンジャパンのように40代の転職案件を積極的に取り扱っている会社もあります。

また、人材紹介会社には転職サイトにはない非公開求人が豊富にあるという点も大きな魅力の一つです。

下記は人材紹介会社の中で40代の転職に強いと言われる3社です。転職を真剣に考えている方は一度相談してみると良いでしょう。なかでも人材紹介会社最大手のリクルートエージェントは必ず抑えておくべき人材紹介会社でしょう。

転職サイト / 人材紹介会社ピックアップ

リクルートエージェント画像

リクルートエージェント

圧倒的な求人数と転職紹介数No.1を誇る人材紹介会社。キャリアコンサルタントの質の高さは利用者から大きく支持されており、IT、電気技術、金融など業種別に専門のアドバイザーを抱えている点も特色。地域も問わず全国的にカバーしている。

対象求人数 約10,000社 80,000件以上
主要拠点 東京本社、北海道支社、東北支社、宇都宮支社、さいたま支社、千葉支社、西東京支社、横浜支社、静岡支社、他 全国16拠点
リクルートエージェントへ行く

キャリアカーバー画像

キャリアカーバー

リクルートエージェントとは全く異なるコンセプトで、リクルートが提供する転職支援サービス。年収600万円を超える求職者をメインターゲットにしており、40代を中心としたキャリアのある転職希望者の登録が多く、他のサービスとは一線を書くしている。無料会員登録すると、レジュメを閲覧したヘッドハンターからのスカウトを受ける取ることができる。一定のキャリアがある求職者であれば、登録しておくべきサービスと言えるだろう。

対象求人数 10,000件以上※年収600万円以上の求人数
主要拠点 - ※登録ヘッドハンターが地域に応じて対応
キャリアカーバーへ行く

パソナキャリア画像

パソナキャリア

派遣で培った豊富なネットワークを元に他の人材紹介会社にはない求人を多数抱えている。また企業と契約して再就職支援を行う事も多いため、30代後半や40代の転職支援実績も豊富。拠点の数は数ある人材紹介会社の中でもトップクラス。

対象求人数 12,000社 18,000件以上
主要拠点 北海道、宮城、福島、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、奈良、兵庫、和歌山、岡山、広島、福岡、熊本、長崎、鹿児島、沖縄、他 全国約110拠点
パソナキャリアへ行く

DODA画像

DODA

リクルートエージェントに次ぐ実績を持つ人材紹介会社。求人件数は40,000件と豊富で、年齢を問わず募集している求人も多い。全国に支店を持ち、地方にも強いのも特徴の一つ。

対象求人数 約40,000件
主要拠点 丸の内本社、札幌支店、仙台支店、横浜支店、中部支社、大阪支店、京都支店、神戸支店、広島支店、福岡支店
DODAへ行く

5残りのサラリーマン人生、選択するのは自分

サラリーマン

もしあなたが40歳だとすると、残りのサラリーマン人生はあと20年、つまり半分も残っているのです。
今の時代、会社に残ったからと言って必ずしも安全と言う訳ではありません。もし、今の職場での地位や仕事内容、人間関係に不満があるのであれば、転職を検討するのも一つの方法です。どういう選択をするにせよ最終的に決めるのは自分自身です。

転職すると決めた方は「40を過ぎたから無理だろう」という考えは捨て、強い信念を持って転職活動をすれば、必ずや良い結果を出すことができるでしょう。

転職に役立つランキング!

プロのキャリアアドバイザーが無料で転職活動をフルサポート!人材紹介会社ランキング

パソナキャリア
男性はもちろん、女性を対象にした正社員転職情報に強み。求人数も豊富。特にキャリアアドバイザーのきめ細かいサポートに強み
リクルートエージェント
転職成功実績は数ある人材紹介会社の中でもNo.1。キャリアコンサルタントの質、取り扱う求人共に充実しており、評判も上々
DODA(デューダ)
DODA(デューダ)はワンブランドで転職サイトと人材紹介会社の二つのサービスを提供。求人数は業界トップ。サポート力にも定評あり

自分のペースで求人を探し、応募する!企業からのスカウトサービスも転職サイトランキング

リクナビNEXT
取り扱う求人数の多さは転職サイトNo.1。スカウトメールの配信数も他を圧倒
DODA(デューダ)
転職サイトとしての規模もトップクラス。求人数が多さに定評あり。スカウトメールも提供
キャリアトレック
簡単な質問に答え、日々求人を選別していくことで、人工知能が自分の希望にマッチする求人を提案