医療保険ランキングに投稿されたライフネット生命「じぶんへの保険」へのその他の口コミ(評判)をチェックしよう

ライフネット生命 口コミ

  • クチコミランキングトップに戻る
  • クチコミランキングについて
  • クチコミランキングサイトマップ

ライフネット生命『じぶんへの保険』の口コミ(評判)

見積り・申込みがネットでできる医療保険

ライフネット生命

医療保険 じぶんへの保険、じぶんへの保険プラス
契約年齢 18歳以上70才以下(じぶんへの保険)、18歳以上60歳以下(じぶんへの保険プラス)
保険期間 一生涯保障(終身)、10年(定期)
保険料払込方法 クレジットカード・口座振替

医療保険ランキング

詳細

ライフネット生命は2006年に誕生し、インターネットを主な販売経路とする生命保険会社。手頃な保険料と積極的な情報開示を武器に利用者の評判も上々。2012年には東証マザーズに上場、2013年には保有契約者10万人、保有契約16万件を突破し、着実な成長を遂げている。
「じぶんへの保険」はライフネット生命の主力商品の一つで、終身医療保険である「じぶんへの保険プラス」と定期保険である「じぶんへの保険プラス」の2商品を販売している。「じぶんへの保険」は、終身保険になるため保険料が一生変わらず、治療目的であれば1泊から保険料がおりる。じぶんへの保険プラスは、がん、先進医療、入院時の治療費、外来の診療などを幅広くカバーしており、それぞれの保険が互いの弱点をカバーしている。
医療保険に限らず、ライフネット生命の保険商品は総じて他と比較すると手頃な価格を実現している場合が多い。特に20~30代で保険への加入を考えている人は要チェックだろう。

口コミ

いい口コミ
定期が人気みたいですが、私は終身型の医療保険のほうが安心できるのでライフネットを推します。あまりご存じない方のために簡単に説明すると住宅ローンで言えば終身は35年固定(実際は期限はありませんが)型、定期は10年型と思えば良いと思います。しかも10年後保険料は確実に上がります。終身保険の場合、保険料のアップを考慮しなくてもいいのでライフプランを組みやすいというメリットがあります。(35才・男・SE)
オリコンが調査している医療保険の評価で2014年度はランキング2位だったのですが、2015年度版ではランクダウンしていました。競合で似た保険が沢山出ているので、なかなか大変なのかなと感じます。掛け捨てなので、商品がリニューアルされても、旧契約者に恩恵がない点はちょっと残念です。(35才・男・会社員)
ネット生保の草分け的存在ですし、新しい商品はあまり出ませんが、コストの開示や商品への改善に関しては常にしているので、個人的には良い生命保険会社だと思います。いろいろと口コミしている人がいて、評判は二分されている印象ですが、こういう保険が無くなると競争がなくなり、また国内の大手生保や外資系の生保が高い商品を売りつけてくるので頑張って欲しいです。(42才・男・金融機関)
他の人も口コミしていますが、終身保険である事を考慮すればこの保険料は驚異的だと思う。会社の保険にかかる費用を開示している姿勢も評価できる(大手生保はかなりぼったくってる!)し、頑張ってほしいという思いもあり、私はライフネット生命を推します。(39才・男・会社員)
終身型の医療保険としてはアフラックより保険料も安いし、保障内容も良いように思うが、なぜランキングでは下なのか理解に苦しむ。終身型は保険料が上がることもないので早いうちに入るほうが有利なのは自明。医療保険を考えているのであれば選択肢に加えるべき。(35才・男・会社員)
節約のため、いろいろと保険会社を比較、検討、見直しを行い、結局ライフネットの生命保険に加入。その後医療保険についても見直しを行い、ある程度貯金もあるので医療保険もライフネットに変更しました。これまでの保険料と比較すると実に半額以下。その分を貯蓄に回したいと思う。(33才・男・会社員)
通販やネットのリーズナブルな保険に興味があったので、いろいろ調べて終身保険と定期保険の違いや、高額療養費制度について、少し詳しくなりました。今年33になりますが、私のように独身で企業勤めで、今まで特に大きな病気もケガもすることなく来ており、とっさの入院費用分くらいの貯金もある…という人は、基本的に医療費は貯金でなんとかなると思います。なので、医療保険は、文字通り"保険"のために加入する感じではないかと…。ライフネットのHPを見たら、同じような内容のことが書かれており、保険会社にしてはめずらしい情報公開姿勢だな、と好感がもてました。たくさんある医療保険からライフネットを選んだのも、これだけユーザー視点を謳っているからには、きっちりと加入者のことを考えた対応をしてくれそうなイメージがあったからだと思います。(33才・男・会社員)
定期保険と比較すると保険料は高くなりますが、一生ものの終身保険でここまで保険料を抑えているものはないと思う。また自分たちの保険料のマージンを公開している点も好感が持てる。じぶんへの保険プラスに加入すれば弱点も荻会えるし、結果的に保険としてすごくインパクトがあったのではないかと思います。私もキー局目指してもう1回チャレンジしてみます!
終身型の医療保険の中では保険料の安さは別格。結婚を機に医療保険に入ったが、思ったより安く済んだので満足しています。ネット生保という事で正直大丈夫か?という思いもあったが会社の情報の開示姿勢や財務体質が強固で安全な事等、ホームページ上での説明も安心感につながった。今はあまりメジャーではないと思うが、今後はもっとこういう保険が普及するのではないかと思う。(31才・男・会社員)
他の医療保険と比較しても長い目で見ると保険料は安いし、特約の使い勝手がよく、かなりバランスに優れた保険商品だと思います。また価格協商がある中、安い保険料でサービスを提供しているのはすごいというのが実感。
中立の口コミ
転職するタイミングで良い機会なので医療保険に加入。ネット生保と大手生保、外資系生保含め検討しましたが、最終的にはライフネットにしました。終身保険の割には保険料が安いですし、長い目でみれば家計にもやさしいと思います。気になる点と言えば、やはりライフネットの財務ですね。保険料は安いですがその分赤字体質ですし、早く黒字化して保険加入者を安心させてほしいです。(28才・男・会社員)
終身型と定期保険ではコンセプトが違うので、どちらがお得かを考えるのは難しいですが、個人的には若い時(給料が少ない時に)に支払い額が少ないアクサダイレクト生命(旧ネクスティア生命)の定期保険のほうが良いのではないかと。ただ、このままデフレが続き、サラリーマン世帯の給料が上がらない場合、保険料が上がることで定期保険は苦しくなる可能性もあります。やっぱり中立かな^^;(39才・男・保険代理店)
販売当時は革新的な医療保険だったと思うし、保険料の内訳開示等、この会社があるからこそ他社も保険の価格を落としたという功績は大きいですが、上場して最近は全然新しい商品も出ませんし、マーケティングで売ろうとしていて好感が持てません。商品自体は今でも良いと思いますが、他の医療保険と比較した際の優勢は今では薄くなってきているのでこのままだと厳しいように思います。(37才・男・保険代理店)
ライフネット含め、ネット生保は叩かれすぎだと思う。ユーザーの評判やこういった口コミではあまり悪い声は聞こえないが専門家の評価はそれほど高くないことも。医療保険ランキングでも上位より大抵4位~5位位の評価だったりする。個人的には大手生保のバイアスがかかり過ぎていると思う。(39才・男・生保営業)
ネット生保が万能と言う訳ではないというのは最近の保険契約の伸び悩みで明らか。ただ人を選ぶ保険という事は最初からわかっていた話だし、正しい状態に戻ったのかもしれません。口コミや評判に惑わされず、きちんと比較して判断すれば良いと思います。個人的にじぶんへの保健はは20~30前後の若い人にとって、魅力ある医療保険である事は間違いないと思います。(34才・男・会社員)
じぶんへの保険の評判が良いみたいですが、ライフネット生命であれば定期療養保険のじぶんへの保険プラスのほうががんと先進医療の特約が付いているのでお薦めです。HP上ではセット加入でお薦めされてますが、別にセットで入ったからと言って保険料が割り引かれる訳ではありませんし、そこはちょっと商売っぽくて嫌いです^^;(39才・女・会社員)
悪い口コミ
他社の医療保険の多くは、主契約で入院給付金と手術費は三大疾病に対しても当たり前に出る。でも、ライフネット生命の場合は、三大疾病を主契約から切り離してある。「おすすめコース」に入った場合は、三大疾病も保障の対象になる。ガンなら一時金として80万貰えますという形。特約に入って他の医療保険の保障内容と比較して同じレベルになるか、それより保障が少ない場合もある。逆に特約を付けなければ、三大疾病の医療保障がなくなるので、保障が薄く、その代わりに保険料が安い医療保険と言える。保険に多くを求めず、エコノミーコースみたいに保険料が安いものが良いというぐらいの人向けの保険であり、その場合は本当に医療保険に入るべきかも含め、検討したほうが良いかもしれない。(37才・男・会社員)
医療保険ランキングの上位に掲載されていたので、契約を検討していたのですが、決算推移を見るとずっと赤字。。。有利子負債こそありませんが、20億近い赤字をだしている年もあり、数億円の赤字が当たり前に出ているのはどうなんでしょうか?保険料の安いネット生保の意義は間違いなくありますし、必要なものだと思いますが、このままいくと将来的には赤字が経営を揺るがすのではないかと思い、契約するのを辞めました。(41才・男・会社役員)
突然病院での保険は対応しませんと手紙が来ました。病院の悪口を言ったり、自分で請求すると、審査がものすごく長く、保険対象外だとか、初診のカルテから調べますとか言い、結局却下。保険料も高すぎます。長年入っていましたが、周りでも辞める人が多いと聞き納得しました。(42才・女・会社員)

医療保険ランキングのその他の口コミを見る

アクサダイレクト生命『アクサダイレクトの終身医療/定期医療』の口コミ メットライフ生命『終身医療保険 フレキシィ』の口コミ
ライフネット生命『じぶんへの保険』の口コミ

医療保険ランキング 口コミ投票 口コミ10回採用でAmazonギフト券1000円プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

どの医療保険に口コミする?※必須
  • オリックス生命『CURE(キュア)』
  • アフラック『新EVER(エヴァー)』
  • アクサダイレクト生命『アクサダイレクトの終身医療』
  • アクサダイレクト生命『アクサダイレクトの定期医療』
  • 明治安田生命『MYどっくプラス』
  • 住友生命『ドクターOK』
  • ソニー生命『総合医療保険』
  • こくみん共済
  • チューリッヒ生命『チューリッヒ生命の終身医療保険』
  • アメリカンホーム・ダイレクト『私にうれしい医療保険 終身タイプ』
  • SBI生命 終身医療保険『も』
  • ネオファースト生命 医療保険『ネオde医療』
  • ネオファースト生命 引受基準緩和型医療保険『ネオdeいりょう 健康プロモート』
  • 楽天生命 医療保険『楽天生命スマート2』
  • アクサ生命『Self Guard(セルフガード)』
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 『フェミニーヌ』
  • ピーシーエー生命『メディスマート』
  • 三井住友海上きらめき生命 『新医療保険』
  • 東京海上日動あんしん生命『メディカルミニ』
  • 県民共済
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 『健康のお守り』
  • ライフネット生命 『じぶんへの保険』
  • その他
評価項目と点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目 点数(5点満点) 5   4   3   2   1  
理由
メールアドレス※必須、PCアドレス ※口コミ採用時のご連絡先となります。
年齢
性別 男   女  
ご職業 (例:銀行員、専業主婦など)