ゴールドカードを利用者の口コミをもとにランキング

ゴールドカード 口コミ

  • ホーム
  • このサイトについて
  • サイトマップ

ゴールドカード ランキング 口コミ

利用者の口コミをもとにゴールドカードをランキング。ポイント優遇、空港ラウンジの無料利用他、利用者の評判が良いゴールドカードは?open

クレジットカード利用者なら誰もが一度は憧れるゴールドカード。ただ、一言でゴールドカードと言っても、旅行に強いゴールドカードや保険が充実したゴールドカード、ポイント還元率が高いゴールドカード等、各社が提供するサービスは異なります。そこでクチコミランキングでは、各社のゴールドカードを徹底比較、利用者の声をもとに格付けしました。実際にゴールドカードを利用しているユーザーのおすすめやランキングの結果も参考に、実はお得で便利なゴールドカードを使いこなしましょう。
※ ランキング順位のロジックに関してはこちら

クチランスタッフ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード画像

入会条件 原則25才以上で定職、定収入のある人
年会費 29,000円+税※初年度年会費無料(家族カードの年会費12,000円+税も1枚まで無料)オススメ!
利用限度額 顧客ごとに設定
旅行保険 海外最高1億円、国内最高5,000万円
ショッピングガード 年間最高500万円
空港ラウンジ 無料(国内14空港、海外2空港)
プラチナカードへの道 カード会員の中から利用実績に応じて招待
その他特典 エアポート送迎や無料ポーターサービス、空港クロークサービス等、旅行関連サービスが充実
総合 4.6
ステータス 5.0
各種保険 4.5
空港サービス 4.5
付帯サービス 4.5
人気 4.5

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 入会キャンペーン

初年度年会費29,000円+税が無料!

  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに申込むと、初年度年会費29,000円+税(31,320円)が無料になる入会特典を提供中!さらにアメリカン・エキスプレスカードなら空港ラウンジが同伴者1名まで無料!家族カードも1枚まで無料発行!

キャンペーン情報

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴

海外で抜群の知名度と信用力を誇るアメリカン・エキスプレスのゴールドカード。アメックスの一般カードが他社のゴールドカード相当と言われているため、ゴールドカードは実質ゴールドカードとプラチナカードの中間に位置している。
アメックス・ゴールドカード最大の魅力は、カード利用100円につき1ポイント貯まり、貯めたポイントをANA含む世界中のマイレージプログラムや、ヒルトン及びスターウッドホテルのポイントプログラムに高レートで交換できる点だろう。またアメックスは、ポイントを一度でも交換すると、以降ポイントの有効期限が無期限になる点もチェックしておきたい。
その他にも日本国内の空港を中心に、同伴者1名まで無料で利用できる空港ラウンジサービスや、700を超える世界中の空港ラウンジを2回まで無料で利用できるプライオリティパス、タクシーまたはハイヤーで成田空港まで定額料金で送迎してくれるサービス、急な仕事、病気や怪我で旅行やコンサートに行けなかった場合にキャンセル費用の損害を補填するキャンセル・プロテクション、最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険等、様々な付帯サービスが利用でき、その充実度は間違いなく数あるゴールドカードの中でもトップクラス。一部ではアメックスは日本国内で利用できる店舗が少ないという評判もあるが、昨今のアメックスはJCBとの提携することで、利用できる店舗を飛躍的に増やしており、2018年1月現在日本国内の利用で他のカードと比較し困るケースはほとんどないだろう。
ちなみにアメックスには プラチナカードのさらに上に、センチュリオン(通称ブラックカード)と呼ばれるクレジットカード業界の中でも最高峰のステータスカードがある。

アメックスゴールドのさらに詳しい情報は「20年使ってわかったアメックスゴールドのメリットとデメリット」をご確認ください。アメックスゴールドのメリットだけではなく、デメリットに関してもわかりやすく解説、それを踏まえたうえでの賢い使い方や最新のキャンペーン情報も網羅しています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの口コミ

いい口コミ
いろいろと付き合いがあり、プラチナカードを2枚、アメックスゴールド含めゴールドカードを3枚持っていますが、何だかんだでアメックスゴールドは使い勝手が良い。アメックスゴールドの招待日和はプラチナカードの一部に付帯する、高級レストランが1名無料になるサービスで、オンラインでそれらのお店を検索し、一発で予約できるのはとても便利(※他のカードはコンシェルジュを通す必要があり、逆に面倒くさい)。私の場合はこれだけで年間10万円は会食費用が浮いている。またほとんどの人はクレジットカードに入会しても、会報誌を読まないと思うが、アメックスは会員向けのキャンペーンやイベントがやたらと多いので、そこに参加するとさらに費用対効果がアップする。安くてお得なゴールドカードを探している人に向いていないのは確かだかが、おとなの男としてステータスのあるゴールドカードを使いこなしたいと考えているのであれば、アメックスゴールドがその最高峰であることは間違いない。(41才・男・会社経営)
私は20代中盤からアメックスのゴールドを使ってます。この間に年会費は確かに上がりましたが、あまり気にいません。例え30,000円だったとしても月に換算すれば2,500円なので1日100円もしませんし、そもそも私の場合はアメックスを高いと思わないと思えるような社会人になろう(これは仕事ができる、年収が高いという二つの意味があります)と頑張っていたので、ゴールドカードにお得だけを求めていたわけではないというのもあるかもしれません。今30代になり、そういう気持ちになれたのおえ、少し背伸びして良かったと思っています。もちろん損をしたい訳ではないので、アメックスは使い倒していて、特にイベントやキャンペーンは毎月チェックし、参加しています。他のクレジットカードも持っていますが、アメックスは特別な体験ができるイベントやキャンペーンが本当に充実しているので、これらに参加すると、それだけで年会費は回収できます。個人的には悩んでいるなら一度は持ってみることをおすすめします。それで使い倒して無理だと思ったら辞めれば良い訳ですしね。(32才・男・IT関連)
確かに年会費の値上げは痛い。。。ただその分会員の格やステータスが上がっているのも事実で最近は若い子でこのゴールドカードを持っている人をまず見なくなりました。そこはポジティブに考えたい。またサービス面を見ても同伴者1名まで無料の空港ラウンジをしっかり使えばかなりお得度は高いし、何よりマイルに1ポイント1マイル換算で還元できる事を考えると年会費の元を取るのは決して難しくはない。人を選ぶゴールドカードなのは間違いないが、一度はホールドしてみたいゴールドカードであることもまた間違いない。(38才・男・ベンチャー企業会社役員)
知っている方はもう知ってると思いますが、個人の感覚では年間200万程度使っている人なら、カードの解約を申し出ると年会費を次年度も無料にしてくれることがあります。(※都市伝説ではなく、事実です。私はこの方法でいつも年会費を無料にしてもらっているので。。。私が200万円程度と言うだけでもっと低くてもいけるのかもしれません。)年間10万~20万円位の人と100万単位で使う人で待遇が違うのは当然と言えば当然なのかもしれませんが、これだけのサービスがついたゴールドカードで年会費実質無料にできるとなると本当にお得度が高いので口コミしておきます。(37才・男・会社役員)
先日、友人と食事に言った際、決裁を行ったところカードフェイスを見て友人がビックリの表情をした。後で彼が言うには、「自分はカード会社に勤務しているが、貴方の年齢でそのカードは通常持てないので、びっくりした」とのこと。自分は家族カードでの使用で、本会員は父親と説明をしたが、やっぱり判っている人は、解っているなと優越感を強く感じた。さすがはAG!!(29才・男・会社員)
以前、海外で病気になり、いくつかのカード会社に相談した。すると、対応がスムーズで本当に救われた。しかもホテルまで病院の人が車で迎えに行くよう病院に連絡してくれて、病院に行ってからも受け付けや診察までもスムーズだったために1日を無駄にせずに済んだ。他のカード会社は病院を探してかけ直すとか、健康相談の電話があるからとりあえずそっちへ電話してくれと言われて、とりあえずの対応しかしてもらえなかった。(31才・男・外資系メーカー)
中立の口コミ
基本的にオペレータの対応は良いですが、対応時間が短いし休日対応していない点はどうかと思います。ちなみにゴールドカードですが年会費を考えると最近の安いプラチナカードに匹敵しますよね?ここも何とかしてほしいところです。ただサービス内容としては、年会費が安いプラチナカードと同等かそれ以上なので、あとはもう個人の好みだと思います。ゴールドカードの券面は文句なくかっこいいです。(38才・自営業)
マイルへの交換比率は良いのですが、マイルを貯める為だけに持つのは危険ですね。年会費とマイル交換に伴う手数料等を考えると。年間数百万決済される方なら、問題ないんでしょうけどね。アメックスはそもそもお得度だけに注目して持つクレジットカードではないと思います。他の人の口コミにもありますが、そのステータスに価値を感じる人なら意味があるかと。(41才・自営業)
海外関連のサービスは強いですが、国内ではどうなんでしょう?ユーザーの私が言うのもおかしいのですが、1年のうち350日は日本にいる者にとってはもう少し国内でのサービスを充実して欲しいものです。ホテルでの宿泊や飲食で優遇されるといっても、そんな頻繁には行きませんし。まあ、そのような生活の者はそもそも相手にしていないのかも。(38才・男・銀行員)
悪い口コミ
サービスの拡充に対して年会費の上昇が激しすぎる。この金額なら普通にプラチナカードを持つことができます。ゴールドカードランキングに掲載されているどのカードと比較しても高い。ダイナースクラブカードよりも高くなるとは本当にちょっとアメックスの方針がわかりません。キャンペーンをやるのは良いけどそれ以上にもうちょっと既存会員を大事にしてほしい。(39才・男・会社員)
ゴールドカードなのに、コールセンターが繋がらない。遅延もしていないのに、遅延損害金を請求された。二重請求も経験した。毎月請求書を確認しなくては、安心できない状況。にもかかわらず、プラチナのお誘いがやすやすとくる。基本的なサービスがなっていない。(36才・女・会社員)
ゴールドカードである必要性があまりない。プラチナを目指すなら別だが普通の人はグリーンで十分。他のゴールドカードと比較すると年会費が高い。個人的には見た目でのアピールもグリーンの方がインパクトがあると思う。(34才・男・会社員)
プラチナ含めて10年間使いましたが、初めて知った限度額が60万円。ヨーロッパのブルガリで妻の指輪を購入したら、直後に停止。非常に困りました。しかしながら、通常は30万円以内の利用だったので、確かに設定は間違っていないと思います。でも納得がいかなかったため解約し、現在はダイナースとJALのVISAゴールドを利用しています。ダイナースのオーソリティ担当が話してくれた「いくらでもご利用ください。限度額はありません」という言葉に安心感がありました。AMEXのゴールドカードは誰でも持っていますので、ステータスは思っているほどありません。しかもアジア圏、南太平洋やオセアニアでは使えない場合が多い。駅のコンコースで勧誘しているのも安っぽいし、背伸びしてまで高い年会費を払って所有する価値はないと思います。(43才・男・大手通信業)

口コミをもっと見る

目次に戻る



マイルを貯める!
  • クレジットカード利用100円につき1ポイント(1マイル相当)オススメ!
  • ANAカードマイルプラス提携店を利用するとポイントに加え、マイルも自動加算
  • ANAグループでの利用でポイント1.5~2倍
  • ANAのフライト利用で区間基本マイルプラス10%のボーナスマイルを付与
  • 翌年度以降カードを継続すると1,000マイルプレゼント
  • Edy利用200円につき1マイル付与
ANAアメックス入会キャンペーン ANAアメリカン・エキスプレスカードへの新規入会と、入会から2か月間のカードの利用で最大30,000マイル相当プレゼント!(※ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは最大50,000マイル相当プレゼント)オススメ!
年会費
ANAアメックスのメリット
  • ポイント移行コースへの登録(6,300円)でポイント無期限オススメ!
  • 空港ラウンジサービス※同伴者1名まで無料
  • 旅行傷害保険(国内2,000万/海外最高3,000万円)
  • ショッピング・プロテクション(カードで商品を購入すると、商品の破損・盗難等による損害を購入後90日間、年間最高200万円まで補償)

詳細

ANAとアメリカン・エキスプレスが提携・発行しているマイルが貯まるクレジットカード。一般カードは7,000円(税抜)という破格の年会費でゴールドカード並みのサービス内容と高いマイル還元率を実現。2009年10月の発行開始以降、マイラーから圧倒的な支持を受けている。
ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、現在期間限定で入会キャンペーンを実施しており、期間中にカードに新規入会し、利用条件を満たすと、最大30,000マイル相当をもれなくGETできる
また、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANAカードマイルプラス提携店で利用するとポイントに加え、マイルを自動加算、更にポイント移行サービス(6,000円(税抜))に登録するとポイントの有効期限がなくなるため、実質無期限でANAのマイルを貯めることができる
この他にも国内2,000万、海外最高3,000万円の旅行傷害保険、カードで購入した商品の盗難・破損を年間最高200万円まで補償するショッピングプロテクション、同伴者1名まで無料の空港ラウンジサービス等、アメリカン・エキスプレスならではのサービスが付帯。キャンペーン含め、クレジットカードとしての総合力で評価すると、間違いなく最もお得なクレジットカードの一つだろう。※年会費は上がるが更にサービスと特典を拡充したANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード も発行しており、ハイクラスのユーザーから高い評価を獲得している。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの口コミ

いい口コミ
ANAのマイルを貯めているので、これまでは、JCBのANAワイドゴールドカードを利用していました。2年前に年間200万円程度使うのでアメックスにしました。アメックスですと200万円使っているとサポートセンターに電話して年会費が高いのでやめたいというと年会費を無料にしてくれるケースがあるのでお得です。JCBですと年会費が安くなるサービスはありませんでした。(58才・男・会社員)
ゴールドカード並みのパフォーマンスのカードと言うことで私はANA・アメリカン・エキスプレス・カードをお薦めします。年会費は安いですが、この金額で空港ラウンジが付帯するのは大きい。しかも同伴者1名無料なのでだれかといっしょに行った際の優越感はかなりのものがあります(笑)。カードデザインは地味ですが実力はある1枚です。(37才・男・会社員)
このカードはキャンペーンがすごいので、最初にスタートダッシュすれば年会費の何倍もお得です。アメックスとの提携カードなのでカードとしてのステータスもあるし、サービスも良い。一般カードの付帯保障はさすがにゴールドカード並みという訳にはいきませんが、こういうカードを持つ人はゴールドカードも持っていると思うので、そのカードで補完すれば特に問題ないと思います。(40才・男・住宅関連)
ゴールドカードはボーナスマイルがすごいですが年会費もすごい!オススメは一般カードです。それでも他のゴールドカードと比較しても空港ラウンジが同伴者1名まで無料だったり、ANAマイルを実質無期限で貯められたりとメリットはほとんどそのままです。金色の券面にこだわらないのであれば、一般カードもゴールドカード同等のクレジットカードだと思います。(38才・男・会社員)
中立の口コミ
ANAアネックスの場合は、コスパを重視する場合はノーマルカードで充分。実際ノーマルカードは年会費7,000円ながら同伴者1名まで無料の空港ラウンジサービスの利用や、100円につき1マイルという高いマイル還元率を実現しており、一般的なゴールドカードと比較してもサービスは充実していると思う。成田空港からの手荷物無料宅配も使えるので、付帯サービスを上手く使いこなせば、年会費は十分に回収できる。(38才・自営業)

目次に戻る

ダイナースクラブカード画像

入会条件 年齢27歳以上の方
年会費 22,000円(税抜)
利用限度額 一律の制限無し
旅行保険 最高1億円
ショッピングガード 年間最高500万円
空港ラウンジ 無料(国内外600ヵ所以上)
プラチナカードへの道 ダイナースカード会員の中から、利用実績等に応じて招待
その他特典 ダイナースクラブカード会員限定セールにご招待、エグゼクティブ・ダイニング、名門ゴルフコースの予約代行、生命保険無料コンサルティング等プレミアムサービスが充実オススメ!
総合 4.5
ステータス 4.5
各種保険 5.0
空港サービス 5.0
付帯サービス 4.0
人気 4.0

ダイナースクラブカードをおすすめする理由

  • 貯めたポイントは様々な航空会社にマイルに交換可能!さらに高級レストランの料理が1名分無料になるサービスや、当日サインなしで会食できるダイニングサイレンススタイル、予約が数か月待ちのレストランのキャンセル情報を優先案内し、ダイナースクラブカード会員に販売するごひいき予約等、特別感のあるサービスを多数提供!

詳細

ダイナースクラブは世界初のクレジットカードとして、高い知名度を誇っており、クレジットカードファンから根強い人気を誇っている。ダイナースクラブカードにはゴールドカードという概念がなく、一般カードが他社のゴールドカード以上のステータスを持つと言われており、ダイナースを持つことこそが真のステータスと言う人も多い
なかでも注目したいのは100円につき1ポイント貯まり、貯めたポイントを1ポイント1マイル換算でANAのマイルやデルタ航空・ユナイテッド航空のマイルに交換できる点だろう(※マイルへの移行には別途ダイナースグローバルマイレージへの参加費用6,000円(税抜)が必要)。100円につき1マイルという還元率は、航空会社のクレジットカードと比較しても最上級カードに匹敵する。付帯保障も旅行保険は国内、海外共に最高1億円、ショッピングガードも年間最高500万円と他社のゴールドカードと比較しても最高レベル。また、ダイナースクラブカード会員限定で開催されるセールへの特別招待に加え、カードの利用限度額に一律の制限がないというのも大きな特徴のひとつ。
さらに厳選された特別なコース料理が1名分無料になるエグゼクティブ・ダイニング、当日サインなしで会食を終える事ができるサイレンス・スタイル、ミシュランの星付き店など予約困難な店にキャンセルが出た場合、ダイナースクラブが買取、会員に優先販売するごひいき予約。通常では予約が難しい名門ゴルフ場の予約代行等、その他の付帯サービスも充実
入会基準は厳格で他のゴールドカードと一線を画すと言われているが、その分カード審査に通ったユーザーに高い価値(ステータス)を与えている。また、一般カードの上に、ダイナースクラブ・プレミアムカードと呼ばれる最高峰のブラックカードを招待制で発行しているので、最上位カードを目指す人は、まずダイナースクラブカードでのカード利用実績を積み重ねていきたい

ダイナースクラブカードの口コミ

いい口コミ
ある程度の年齢の人であれば、誰もが知っているし、それを持つだけで社会的な信用を得ていると思ってもらえる唯一のカードだと思います。最近の20代の子はあまり意識していないかもしれませんが、30代、40代になると仕事ではそういう信用が役に立つことも多い。逆に20代でこういうカードを持っているとこの人はただものではないなという雰囲気を与える事もできる。他のゴールドカードとは全く違う価値とメッセージを提供できるカードである事は間違いありません。(37才・男・広告代理店)
100円で1ポイント貯まり、その1ポイントを1マイルに交換できるのがダイナースクラブの一番のウリだと思う。6,000円のダイナースグローバルマイレージへの参加費用を払っても、ダイナースクラブカードを持つくらいの人であればまず元は取れます。あとは私がおすすめしたいのは、最近は他の一部ゴールドカードやプラチナカードで定番になりつつある、高級レストランが1名無料になるエグゼクティブダイニングと、当日サインなしで決済が自動的に終わるサイレンス・スタイル。特にサイレンス・スタイルは絶対にこちらが支払いたいという時に使えますし、何より先方に驚かれます。(39才・男・会社経営)
ゴールドカードというかステータスのあるカードの中でランキングしたら1位だと思う。士業の先生方がもつカードとして知名度が高く、一般受けするかどうかというと知らない人も多いと思う。ただ夜の接待等で使うと明らかに受けがいい。社会から一定の評価を受けている人という印象があるのだと思う。私の場合、お得動向ではなく営業ツールの一つとして保有しています。(34才・男・営業職)
海外に年2回以上行くなら付帯保険で年会費がタダみたいなものです。成田空港だと、以前第二ターミナルでは他社のゴールドカードと同じラウンジだったので友人と一緒にラウンジを利用できたが、今は専用ラウンジになり友人とは使えない不便さがある。(※また空港ラウンジが狭くなった。)ちなみに第一の場合、空港ラウンジが建物の端っこにあり、遠いため使う気なれない。(51才・男・自営業)
先日グランドプリンスホテルの予約をシティートラベルにて予約をしようとした所、ホテル都合で予約が出来なく直接連絡をしましたが満室と言われました。グランドプリンスホテルの予約担当者にダイナースクラブから空室があった事を伝えたところ、予約が取れ丁寧な対応をしてもらえました。ダイナースクラブの魅力はまだまだありそうです。(38才・男・会社役員)
レクサスで車を購入する時にデルタシティゴールドカードで決済しようとした所、カードでの支払いは100万円までと言われました。レクサス販売店で支払いの制限が無いのはダイナースクラブカードとレクサスカードのみだそうです。以前NWダイナースクラブカードを所有していて不便を感じていましたが、今回新たに入会しました。以前より使える店舗が増え満足してます。(38才・男・会社役員)
中立の口コミ
セゾン・プラチナから乗り換えようと検討しましたが、引落銀行口座でセブン銀行が選べられないことが判明。信金や農協なんかは選ぶことができるのに、なぜ?ダイナースクラブは知る人ぞ知るカードですが最近の若い子たちへの知名度は高くないので、普通のクレジットカードと思われてしまう可能性が高い点も少し気になります。まぁ自分にとって良いかどうかのほうが重要ですが。(40才・男・会社員)
ゴールドカードが珍しくなくなってきているのでステータス自体は対してないような気がします。カードがゴールドでないので目立たず良いような気がします。ポイントが無期限なのも気が付かない間に失効してしまうことがなく良い点かと。たまに使えないお店があるのが残念(30才・男・会社員)
海外や東京の高級レストランにそんなに頻繁に行けるほどの生活はしていませんが、年会費とカードスペックのバランスは非常に良いので半年ほど前に取得し、通常はレストランで外食、コンビニで少額決済、ショッピングモールなどでの使用をしています。ダイニングは東京・大阪以外でも、地方の主要都市にはそこそこのグレードの店があるので、地方でもう少し対象店舗を増やしてくれればもっと外食の機会を増やしたいと思うのですが、トータルバランスではいいカードなので、しばらくはメインで使ってみます。(43才・男・会社員)
ポイント還元率が悪い。5,000円の商品券をポイントで交換しようと思ったら、130万円使わないといけない。あと他のカード会社もやっているポイントアップモールですが、ダイナースHP経由で購入しても、全員にポイントアップ分が付かない。3人に1人との事。それから公共料金の支払いには、ポイントが付かない。全体的にはいいカードだと思うのですが、この事を知ってから、使う気持ちが萎えてしまいました。(43。・男・会社員)
扱いに差があり過ぎ。高級店での非常に丁寧な扱いに対して、使用出来ない店が多く知名度が低い為に、ダイナースクラブカードを知らないお店ではショボイカードと思われたり、Edyカードと間違われることもありました。もう少し知名度が上がってくれると良いのですが。。。(36才・男・経営者)
ゴールドカードのサービスは享受したいが、どうしても品のない金ピカがイヤなのでずっと一般カードを使っていましたが、それなりの店やホテルでは使うカードも考えた方が良いという知人からのアドバイスで加入しました。ただ、空港の利用もそれほど多くないので、それほどメリットは感じていません。(47才・男・会社役員)
悪い口コミ
このサイトにも ステータスカードとして最も高い人気を誇るゴールドカードの一つで と載っているが台風18号でフライトが欠航になった。仕方ないので別のチケットを 購入した。日本に帰ってきてダイナース保険担当部署に電話した。ダイナースカードの種類を聞かれ普通のインターナショナルカードでは対象外ですと言われました。ダイナースでもプラチナ(プレミアムカード)ならOKらしい。(52才・男・自営業)
電話の応対が悪すぎるというクチコミを読んで思い出しました。海外に行って具合が悪くなりダイナースに電話した。基本的にフリーコールはなくこちらから電話してオペレーターが確認後オペレーターからすぐに電話をかけてくれるというものですが対応が悪いためにあとで確認したら国際電話代が4000円かかりました。もう少しなんとかしてほしい。20年入会している感想です。(52才・男・自営業)
プレミアム持ちの取引先社長からの紹介で申し込みました。年300万円ほど決済しているアメックスビジネスプラチナを解約してメインで使用するつもりでしたが蹴られました。紹介してくれた方が気分を害さなければいいのですが…。(36才・男・自営業)
若い頃からの憧れで持ってはみたものの、やはり使い辛いです。シックな券面が好きな人には良いかも知れませんが、JCB THE CLASSも臆することなく使う私には不要と考え、初年度のみで解約することにしました。一点だけ、旅行ツアーのパンフレットはどれも豪華で見ていて楽しかったです。(40才・男・会社員)

口コミをもっと見る

目次に戻る

JCBゴールドカード画像

入会条件 原則20才以上で安定継続収入のある人
年会費 10,000円(税抜)
利用限度額 個別設定
旅行保険 海外最高1億円(一部利用付帯※詳細は公式サイト参照)、国内最高5,000万円
ショッピングガード 年間最高500万円 (国内/海外)
空港ラウンジ 無料(国内23空港、海外1空港)
プラチナカードへの道 JCBゴールドカード会員の中から、利用実績等に応じて招待
その他特典 携帯クレジットQUICKPay対応、対象ホテルでJCBゴールドカード専用プランあり、24時間電話医療相談、家族カード1名年会費無料
総合 4.4
ステータス 4.5
各種保険 4.5
空港サービス 4.5
付帯サービス 4.5
人気 4.5

JCBゴールドカード 入会キャンペーン

初年度年会費無料&さらに最大11,000円分プレゼント!(2018年9月30日まで)

  • 期間中にキャンペーンページ経由でJCBゴールドカードに入会すると、初年度年会費10,000円(税抜)が無料!さらにキャンペーンに登録し、所定の条件を満たすと最大11,000円分プレゼント!Web限定デザインのゴールドカードへの申し込みも受け付け中!

キャンペーン情報

詳細

世界に5つしかない「国際クレジットカードブランド」のうち唯一の日本発ブランドであるJCBが発行するゴールドカード。日本国内では会員数、加盟店数、取扱高ともにトップクラスを誇っている。
JCBゴールドカードは、以前から国内無料空港ラウンジサービスや会員向けにホテルの限定宿泊プランを提供する等、充実したサービスを提供していたが、最近さらにサービスを強化。海外旅行保険の補償額がゴールド最高レベルの1億円に引き上げられたほか、空港ラウンジサービスにホノルル国際空港が追加された。
また、入会のハードルが下げられ20才以上で安定継続収入がある人になったため、以前より格段にカードを作りやすくなった点も魅力の一つ。ゴールドカードを指定の期間内に100万円以上利用すると「JCBゴールド ザ・プレミア」と呼ばれるワンランク上のゴールドカードに申し込む事ができ、無料でプラチナカードクラスのサービスで世界中の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」を発行できる。さらに旅館やホテルなどの優遇予約や補償もアップグレードも付帯。また、「JCBゴールド ザ・プレミア」の上にプラチナカードもしくはブラックカードに分類される「JCBザ・クラス」があり、JCBゴールドカードの利用実績に応じて招待される。

JCBゴールドカードの口コミ

いい口コミ
JCBを通して海外のエステを予約したのですが、本来は迎え付プランだったのですが、特別に送りもサービスしてくれました。金額にすると300円前後のタクシー代だと思いますが、海外で、しかも特別感のあるサービスなので嬉しかったです。さすがJCBゴールドカードと思いました。さらにJCBは2017年10月からブラックカード(JCBザクラス)とゴールドカードの間に、年会費が安いプラチナカードの発行を開始しているので、今度はそれを目指そうかなと思っています。(31才・女・営業)
何時も、ゴルフ・マイレージ目的で活躍しています。特にゴルフの依頼・コンペ等、通常ではメンバーさんが居なければ取れない所もOKです!私の目的は当初はゴールドカードの上にあるthe.class狙いでしたが、今は、プレミアでも十分かな!?と思っています。何方にせよまずは、ゴールドと言うわけで!持っておいて良かったです!(53才・男・会社員(営業))
2015年に入り、ディズニーデザインのゴールドカードに入会しました。入会キャンペーンのギフト券プレゼントを考慮すれば2年で3,000円ちょっとでもてる計算です。私がこのカードを作った一番の理由はJCBゴールドカードの会員が期間中に中から翔体制で持つことができるJCBゴールド ザ・プレミアを入手するためです。このカードは実質追加費用なしでプライオリティパスが無料付帯し、旅館の優待やショッピング保険のアップグレード等が受けられます。カードデザインもブラックフェイスでめちゃくちゃカッコいい。ワンランク上のカードを持ちたい人におすすめです。(32才・男・SE)
空港内でのラウンジの利用は、皆さんご存知ですが・・・ゴールドだけの特典として、特定の飲食店が20%割引になるシステムがあります。「グルメ優待サービス」たるもので、ゴールドカードで支払うと言うことが条件ですが、私たち夫婦のお気に入りのイタリアンがその指定店だったので、通っては得をしています。年会費を出しても、お得。たくさん使えば、ポイントも貯まり年間たくさんのギフト券と交換しています。(53才・女・専業主婦)
ゴールドカードの魅力と言えばやはり空港ラウンジの無料利用。JCBゴールドカードの空港ラウンジにホノルル国際空港が追加されたのはやっぱり大きい。ハワイに行ったときは家族で利用して優越感に浸ってました(^^)。ゴールドカードのなかには日本国内の主要空港だけというところとJCBのように韓国やハワイをカバーしているところがあるので、自分が行く可能性がある国の空港ラウンジをカバーしているかどうかは重要だと思います。(44才・男・会社員)
サービスではやはりJCBだと思います。決め細やかなサービスメニューやコールセンターの対応の良さは別格に素晴らしいと思います。シティやアメックスなどはステータスで高評価ですが、ゴールドカードレベルでステータスを語る感覚が理解できません。(39才・男・会社員)
中立の口コミ
JCBのゴールドプレミアですが空港ラウンジ等は使用したことありません。プラチナカードクラスになるザ・クラスの招待もありましたが年5万は払えませんね。金額の大小にかかわらず極力カード払いにしているのでポイントがたまりamazon等での買い物時にポイントが使用できるくらいかな?(41才・男・会社員)
保険関係は充実してますが、銀行系のクレジットカードはしっかりとした適格な審査能力を持ってますが、色々と口コミに書かれてるように、オリジナルシリーズは利用枠、入会基準があまりにも、がちがちで、日本ブランドはこれしかないのにもっと銀行等の情報習得して利用しやすいようにしないと、それとポイントの有効期限が2年とあまりにも短く、せめてゴールドなら最低3年、5年くらいはしないとダメだと思います。(53才・男・会社経営)
クレジットヒストリーを重視するように感じました。つまり若い時から入って年額100~300万を決済していればザ・クラスを若い時から持てるサラリーマンのカード。20代の会社員も多く持っており、ステータスはあまり感じる事ができません。年収は高くてもあまり関係の無いカードです。年収3000万でも枠が50万。デスクも非常に対応が悪いです。すぐ限度額に達するので、使用しづらいです。(43才・男・自営業)
アメックスのゴールドカードやSuMi TRUST CLUB ゴールドカード(旧シティ ゴールド)に比べてデザインが野暮ったい。あの小宇宙を何とかしてほしい。さらに審査基準の低さも加わりステータス感があまりなく、送られてくるカタログのTHEGOLDも庶民的な通販が載っている…。サービスや付帯サービスは良いと思うが、持っていてあまり気分が高揚することがないです。正直に言ってプラチナカード欲しさに使っているところがあります。まずはカードデザインの変更を!(38才・男・会社経営)
悪い口コミ
年収、勤続年数共にクリアしているはずなのに、落されました。他カードで年間100万以上は確実に使っているのに・・・。他の人も書いてあるとおり、ゴールド撃沈の翌日に一般カードを申し込んでも撃沈。4ヶ月たって再度一般カードを申し込んでも撃沈しました。意味がわかりません。他のカードに付帯の国際ブランドも全てJCBを外します。(30才・男・会社員)
年齢基準が下がってますがゴールドカードの審査がダメなら、ノーマルの審査でも通らない。どんな基準で審査をしているのか疑問。(31才・男・会社員)
良く言うと国内ではサービスも多く、全てにおいてバランスが取れてるカード。しかしステータスが低く、年間費、ポイント還元率も提携カードが増えてる今、他のゴールドカードと比較してもズバ抜けた物は無い。(34才・男・経営)
アメックス、シティ、共にゴールドカードを持っているが、JCBだけ断られた。そんなに基準シビアなの??(43才・男・メーカー勤務)

口コミをもっと見る

目次に戻る

三井住友VISAゴールドカード画像

入会条件 原則30才以上で安定継続収入のある人
年会費 10,000円+税 
*オンライン入会の場合、期間限定で初年度無料
*年間100万円以上利用で次年度年会費20%OFF、年間300万円以上利用で次年度年会費半額
利用限度額 50~200万
旅行保険 最高5,000万円
ショッピングガード 年間最高300万円
空港ラウンジ 無料(国内22空港)
プラチナカードへの道 ゴールドカード会員の中から、利用実績等に応じて招待
その他特典 オンライン入会の場合初年度年会費半額、携帯クレジット三井住友カードiD対応、ドクターコール24、家族カード1名年会費無料
総合 4.4
ステータス 4.5
各種保険 4.5
空港サービス 4.0
付帯サービス 4.5
人気 4.5

三井住友VISAゴールドカード 入会キャンペーン

【期間限定】初年度年会費無料&もれなく最大10,000円相当プレゼント(2018年9月28日まで)

  • キャンペーン期間中に三井住友VISAゴールドカードに入会すると初年度年会費10,000円+税が無料&クチコミランキング限定でもれなく最大10,000円相当プレゼント!

キャンペーン情報

詳細

クレジットカードの認知度で国内トップを誇る三井住友VISAカードが発行するゴールドカード。VISAブランドのクレジットカードとして、極めて高い知名度を誇っている。入会基準は原則30才以上で安定継続収入がある人となっており、ゴールドカードの入会基準のなかでもハードルは高い。ただしその分、信頼度もステータスも高く、ゴールドカードの中でも確かな地位を築いている。
また、三井住友VISAゴールドカードはポイントサービスが充実しており、前年のカード利用額に応じて翌年のポイント還元率が最大2倍(※実質ポイント還元率1%)にアップ。さらにポイントの有効期限が3年と1年長い。カード申し込みから審査の完了、カード発行まで最短3日とゴールドカードの中でもトップクラスの発行スピードを実現している点も評価できる。
その他のゴールドカードのみの特徴的な付帯サービスに、病気やケガ等の際、24時間医師に相談できるドクターコール21や、年間最高5,000万円まで補償する国内・海外旅行傷害保険、年間最高300万円まで補償するお買物安心保険などがある。また、ゴールドカードの上位カードとして、三井住友VISAプラチナカードを発行しており、利用実績に応じて招待され、入会する事ができる。

三井住友VISAゴールドカードの口コミ

いい口コミ
持っていて全く不便を感じず、何時でも何処でも決済出来ます。 財布の中のこの一枚の安心感は抜群です。 券面もスッキリしていて好感が持てます。 リボ登録で年会費4000(税抜き)は安い。 自動付帯の障害、疾病保険、海外専用のキャッシング設定可。セキュリティー面でも安心です。お勧めの一枚です。(50才・男・会社員)
年会費が割引されるのが1つのメリット。改悪されたとはいえ、コスパ的には付帯サービスは十分かと。色々迷ったけどICチップ付きというのが所持した決め手。ただ、ETCカードの年会費はどうなのかなと。前年1回請求あれば無料にはなるけどケチくさい印象。とはいえ、一生所持しようと思うカード。(40才・男・会社員)
単身赴任中に更新の紐付きPitapaカードが宅急便での配送で転送不可でしたが、ゴールドデスクに電話したところ無理やり?転送可能にしてもらい翌日には手元に届きました。迅速な対応で感謝しています。まぁサブカードとしての使用なのであまり使っていませんがサービスには満足です。(41才・男・会社員)
マイペスリボと明細のweb化での割引と年間使用金額100万円以上で更に年会費が割引になり、コスト的には良いと思います。また海外で使う時に、提携カードでなく、VISAのゴールドカードの方が、ステータスは高いのでは?但し、JCBゴールドプレミアムのようなプラチナとゴールドの中間的なカードがあると、使用する側の幅が広がる気がします。(56才・男・会社役員)
マイペ&WEB明細に登録すると年会費が6,300円割引で4,200円になるお得なゴールドカード。色んなサービスの改悪が続いたが、利用合計1000円毎=1p、1pが5円換算とすると、通常+ボーナスポイントの還元率はステージV1で0.6%、V2で0.65%、V3で0.8%になり、少し頭を使うとステージV1で1.1%、V2で1.15%、V3で1.3%の還元率となるカード。私は1.4%以上の還元で得しているので他ゴールドカードより重宝している。(35才・男・会社役員)
ネットで夜申し込んで翌日審査の連絡。3日後位には手元に届きました。三井住友は初でしたが限度額100万からでした。 付帯サービス内容をいちいち覚えて使う様な面倒な事はしないので、早くできて通常使うサービスである限度額とサポートデスクで問題ないので満足してます。(36才・男・会社員)
中立の口コミ
このカードは、サービスの改悪がひどい。付帯保険が、どんどん保険金額が減らされたり、無くなったりする。ただしiDがカードに内蔵されており便利なので、結局クラシックカードにしてしまいました。(43才・男・会社員)
利用限度額が高いので大きな買い物をする際は重宝するが、センスのないこのカードデザインはどうにかならないものか・・・。(37才・男・コピーライター)
悪い口コミ
石橋を叩いて渡る的な、プログラムによる利用制限が極めて不便です。 30000円程度の買い物でも制限を掛けられて止められることも茶飯事。もはや安心して使うことすらできません。(50才・男・自営業)
通常カードからゴールドカードに切り替えました。これまではコールセンターがシステム化されていてスムーズに問い合わせできたのですが、ゴールドデスクは逆にシステム化されていなく、不便さを感じます。また、対応もゴールドディスクより通常カードのコールセンターの方がよかった印象を受けました。(31才・男・会社員)
30歳の時にクラシックからゴールドに切替え、1年で200万程度決済しプラチナに興味があり、デスクに電話したところ35歳までは無理とのこと。ネットでは35歳前にも取得した人がいる事を聞いても例外はもちろんあるが貴方には該当しない、35歳になってから申込みして下さいと言われた。他社カードに乗換えました。(31才・男・団体職員)
これまで保険が充実していたので所持していたが、2010年4月より大幅に改悪される事になったため、他のカードに変更検討中。三井住友独自の航空便遅延保険は廃止。従来の自動付帯5,000万円の旅行傷害(海外・国内)は、自動付帯はたったの1,000万円となり、利用付帯4,000万円を加えて5,000万円。その分、治療費用を充実したとのことだが、JCB並みに近づいただけ。ちなみにJCBは海外旅行傷害自動付帯5,000万円+利用付帯5,000万円の1億円。三井住友はリボ払い登録+Web明細で実質年会費4,200円であり、その年会費に応じた価値のカードと言える。(48才・男・会社員)

口コミをもっと見る

目次に戻る

dカード ゴールドカード画像

入会条件 原則20才以上で収入がある方
年会費 10,000円(税抜)
利用限度額 70~200万
旅行保険 国内最高5,000万円・海外最高1億円
ショッピングガード 年間最高300万円
空港ラウンジ 無料(国内28空港)
プラチナへの道
その他特典 NTTドコモの利用料金の10%をポイント還元、dカードケータイ補償(3年間上限10万円)、初年度5,000円次年度以降最高2万円のケータイ購入優待券、ユニーバーサルスタジオジャパン・ドコモラウンジ他
総合 4.3
ステータス 4.0
各種保険 4.5
空港サービス 4.5
付帯サービス 4.5
人気 4.0

dカードGOLD 入会キャンペーン

【Web限定】もれなく最大14,000円相当プレゼント!(2018年6月30日まで)

  • 期間中にWeb上のキャンペーンページ経由でdカードGOLD(旧DCMX GOLD)に新規入会するともれなく2,000円分iDキャッシュバック!毎月のドコモの支払いをdカードにすると1,000円分、さらにカード入会後、翌月末までに合計2万円以上カードを利用すると8,000円分、「こえたらリボ」と「キャッシングリボご利用枠」を設定すると3,000円、合計で最大14,000円相当をもれなくプレゼント!

dカードゴールドカード 期間限定キャンペーン

詳細

携帯電話会社NTTドコモが発行する電子マネーiDを搭載したゴールドカード。カードブランドはVISA、MASTERの2種類から選択可能。年会費は10,000円(税抜)と一般的なゴールドカードと同水準。家族カードは1枚目無料、ETCカードも初年度無料(※次年度以降も年間1回以上カードを利用すれば無料)で発行できる。
dカードGOLDの最大の魅力は、高いポイント還元率とNTTドコモユーザー向けの充実したサービス。基本ポイント還元率はdカードの利用、クレジットカード払い共に1%。さらにドコモのショッピングサービス「dストア」でカードを利用するとポイント還元率が2%にアップする。貯めたポイントは1ポイント1円換算でdマーケットでのショッピングや電子マネーiDへの交換、共通ポイントサービスPontaとの等価交換、NTTドコモの機種変更費用の充当にも利用できる。
この他にもNTTドコモユーザー向けの付帯サービスが充実。dカードGOLDの保有者は入会初年度からドコモプレミアクラブの最高ランク「ゴールドステージ」へ登録でき、NTTドコモの利用料金の10%をポイントとして受け取る事ができる。さらに初年度は5,000円、2年目以降はカード利用額に応じて最大20,000円分のケータイ購入優待券をもれなくプレゼント。さらに国内空港ラウンジを無料で利用できる他、国内最高5,000万円、海外最高1億円の旅行傷害保険、携帯の紛失や故障を3年間10万円を上限に補償するdカードケータイ保障が無料付帯。
NTTドコモの携帯を利用していないユーザーにとっても十分にお得度の高いゴールドカードだが、NTTドコモユーザーやPontaユーザーであれば飛躍的にお得度がアップする事は間違いない。NTTドコモユーザーにとって、必携のゴールドカードと言えるだろう

dカードGOLDの本当の実力は、ドコモの携帯利用だけではなく、光プロバイダのドコモ光を利用した際に、最大化される。その理由はdカードGOLDの10%ポイント還元特典は、ドコモ光の利用にも適用されるから。現在ドコモ光の中で最も通信速度が速く、キャンペーンが充実していることから高い人気を獲得しているGMOとくとくBBのドコモ光は、戸建ては5,200円、集合住宅は4,000円で利用可能。dカードGOLDを利用すると、この金額の10%がポイントとして戻ってくるので、NTTドコモユーザーであれば、併せてチェックしておきたい。

dカードGOLDの口コミ

いい口コミ
ドコモユーザーの最大の利点がこのdカードGOLDだと思います。基本ポイント還元率1%という時点で一般的なゴールドカードと比較しても高還元だと思いますが、ローソンでの割引や携帯補償、さらにスマホの利用料金だけではなく、ドコモ光の料金も10%戻ってくるので我が家ではポイントだけで年間3万円以上得しています。ドコモユーザー限定ではありますが、これだけお得なゴールドカードは他にはないはずです。(37才・男・IT関連)
ドコモでゴールドステージに達したければ、もうこのカードに入会する他ないと思います。そういう意味では、ドコモの最上級会員になるための専用のゴールドカードと言ってしまっても過言ではない(※他にも長期ユーザーでゴールドステージになるための方法はありますが、これ本当に実現できますか??というような条件なので)。ただ本当にお得度の高さは圧倒的で、ポイント10%還元だけではなく、会員向けのクーポンや無料特典など、抽選で当たる商品も桁違いに豪華で当選数が多いので当ります。他のゴールドカードをすでに持っているという人でも、ドコモユーザーなら絶対に乗り換えたほうがお得です。(41才・男・会社員)
ドコモのゴールドステージに無条件で登録できるという点が一番の魅力ですが、それ以外にも携帯端末の割引や補償等、ゴールドカードならではの特典があります。さらにこのカードのポイントはユニバーサルスタジオジャパンのドコモラウンジが使えるという点でしょう。以前はもれなく使えたのが抽選になってしまいましたが、かなりの高確率で当ります。アトラクションの優先搭乗ができるこのラウンジ利用だけで個人的には年会費以上の価値があります。(41才・男・会社員)
10%還元は超強力。我が家の場合、家族でまとめて払っているので月々の携帯料金は約1万5,000円。2年間で計算すると携帯代だけで3万円程度のポイントが貯まる計算になる。さらに年間50万位利用しているので2年で4万円以上ポイントが貯まる計算。携帯の乗り換えはほぼ無料でできる。空港ラウンジも国内はどこでも使えるし、NTTドコモを持っている人で、ゴールドカードを使うのであればこのカードが最もお得なのは間違いないと思う。(32才・男・会社員)
ドコモのケータイ料金に限ってみれば、ポイント還元率は驚異の10%です。一般利用でも1%と他のクレジットカードの2倍。年会費は普通のゴールドカードと同じですが、このカードほど簡単に年会費のもとが取れるカードは少ないと思います。またゴールドカードの定番である空港ラウンジに加え、USJの優待も利用でき、他のゴールドカードにはないメリットもあります。個人的には最もお得度が高いおすすめのゴールドカードです。(39才・男・自営)
まだ出たばかりのカードです。DoCoMo携帯所有が前提になります。年会費10,500円とお高めですが、DoCoMoポイントが5倍になるゴールドステージが自動付帯します。メインカードにすれば年会費分のポイントは十分クリアできるでしょう。またDCMX GOLDで携帯を購入した場合、1年以内に紛失・盗難、偶然の事故により修理不可能となっても最大10万円を補償してくれます。DoCoMoユーザーとしては非常にメリット高いと思います。(36才・男・自営)
中立の口コミ
ドコモユーザーであれば最強のクレジットカードであることは疑いの余地はありません。本当にドコモの利用料金だけで元が取れますし、空港ラウンジが使えたり、優待も充実していて、コンビニでもお得だったりと死角はあまりない。ステータスについては何とも評価できませんがデザインは悪くないかと。ただドコモユーザーではないのに積極的に利用する価値まであるのかと言われると実力を完全には出し切れないので微妙かもしれません。(37才・男・出版関連)
よいゴールドカードだと思いますが、目玉の一つだったユニバーサルスタジオジャパンの優先搭乗の権利がプレミアムクーポンの特典に変更になった点は残念。(多分ドコモユーザーが殺到したからだと思う。)とはいえ抽選確率が高く、サービス自体は他と比較しても優位性があるのでドコモを使うのであれば魅力あるカードである事には間違いない。(39才・男・会社員)
悪い口コミ
ドコモユーザーにとっては、間違いなくゴールドカードランキングで1位だと思う。ただソフトバンクやauユーザーにとっては、ランクインどころか圏外も良いとこ。dポイントが驚異的なスピードで貯まったり、キャンペーンの応募ができたりと至れり尽くせりだが、格安SIMに乗り換えたことでメリットが一切なくなり、他のカードに乗り換えました。(40才・男・会社員)
ドコモのゴールドクラス会員になるためには、ほぼこのゴールドカードが必須。そもそもカードを使わなかったときの適用条件が厳しすぎてゴールドになることができない。カードとしての特典は確かに圧倒的で個人でもデータ通信プランによってはお得になる。家族で加入している場合は、圧倒的にお得。逆にドコモじゃない人は、いくらコスパが良いと言っても用途が制限されるので作る意味はないと思う。(40才・男・会社員)

目次に戻る

その他の主要なゴールドカードの口コミopen

エムアイカードゴールド
もっと評価されて良いゴールドカードだと思いますし、口コミがないのが不思議なので投稿します。まず年会費が一般的なゴールドカードと同じ1万800円ですが、付帯するサービスは他のゴールドカードと比較しても充実しています。伊勢丹グループの利用で最大10%ポイントが貯まる他、一番の魅力は羽田空港で特別な空港ラウンジ「TIAT LOUNNGE」を利用できます。しかも同伴者1名まで無料で!この空港ラウンジは一般的なカード会社の空港ラウンジではなく、航空会社が運営するまさに特別なラウンジです。軽食もあればアルコールやソフトドリンクも飲み放題。お金を払っても入れませんし、お金に換算すればペアで使えば1万円以上の価値があると思います。つまり一度利用するだけで年会費のもとが取れる計算です。個人的には海外に行く機会がある人なら間違いなく持つ価値があるゴールドカードだと思います。(41才・男・会社員)
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
年会費はプラチナカード並み、サービスもプラチナカードクラスだが、明記されていないのでアメックスのノーマルと同じ扱いとし、ゴールドカードランキングに投稿します。このカードの魅力はなんといってもシェラトンとかウエスティン、セントレジスなどの高級ホテルの上級会員資格が付与される点に加え、契約更新時に無料宿泊券がもらえる点。2年目以降はこの無料宿泊券だけで、年会費を回収できるので、ほぼ実質0円で持つことができます。それでいて空港ラウンジや各種保障なども利用できるので絶対お得です。普通にゴールドカードを持つより個人的にはこっちのほうがはるかにコスパが高いと思う。(30才・男・外資系社員)
セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費が初年度無料のゴールドカードは最近かなり少なくなっていると思いますが、これは数少ないその1枚です。あとこのカードに魅力を感じる最大のポイントはやはりエクスペディアの優待ですね。ただでさえエクスペディアは安いですが、そこからさらに値引きになるのでこのサービスを上手く使えば、年会費分の元は十分取れます。(38才・男・会社員)
招待+初年度会費無料だったので申込。会費含三井住友VISA同様(購入上限200万でした。他国内空港ラウンジ,保険内容同等)も、国内も1.5倍point優遇、コナミスポーツクラブ会員権が特徴。週一回の通いくらいなら十分元が取れるでしょう。但し西武系店舗駐車場無+デザインがダサイというのがプラチナと同様。これさえ無ければ・・・。あと他社ゴールドでも共通かも?キャッシングのリボ払い単位金額が三万円以上になります。使用頻度が少ないでしょうが使ったときはご注意を。(36才・男・会社員)
イオンゴールドカード
イオン銀行の普通預金の金利が上乗せしてもらえます(基準があります)。イオンラウンジの利用ができますので、イオンに良く行く人でしたらとても便利なゴールドカードだと思います。(57才・女・主婦)
私の知る限り、羽田空港の空港ラウンジサービスが利用できるゴールドカードの中で、年会費無料というものは極めて少ないと思います。その上イオンゴールドカードに関してはイオンラウンジが使えるので、イオンに行く機会がある人はそれだけで得できます。ゴールドカードらからと言ってポイントアップなどはありませんが、招待制のゴールドカード(※イオンカードセレクトの保有者の中から、所定の条件を満たすことが条件)且つ年会費無料でラウンジ利用が付帯するという点でこのカードを推したいと思います。(39才・女・専業主婦)
ゴールドカード・セゾン
年会費一万円。西武百貨店での特典は駐車場が無料になったり、カード決済は5%オフになる、国内海外旅行の保険も付いている。特典の割には年会費が高い。家族カードも一枚1000円でつけられるけど、西武でたくさん買い物する人以外は対しておトク感はないかも。(31才・女・会社員)
無条件で西武百貨店駐車場3時間無料なのが素晴らしい。有楽町、渋谷、池袋の駐車料金相場から見ても年間4回から5回停めれば年会費の元が取れますよ。必ず車で買い物に行くので重宝しています。他にもCITIゴールドとダイナース持ってますが、こっちは保険(特に救援)が充実してますが海外でしか役に立たないです。(37才・男・団体職員)
SBI ゴールドカード
年会費の安さとポイント還元率の高さは、ゴールドカードの中でもトップクラスだと思います。あと旅行保険に家族特約が付いているとlころも他社にない特徴です。あとは空港ラウンジが使えればトップクラスのカードだと思うのですが・・・(31・女・マーケティング)
クレジットカードマニアの中では話題の一枚ですね。一番のインパクトは24Kのカードデザインでしょうか。ポイント還元率も他のカードよりかなり高めです。ちなみにゴールド、プラチナカード会員の場合、カード再発行手数料が無料なので何度もゴールド、プラチナ制カードが手に入ります。(33才・男・FP)
先日カードを申し込んで届きました。本当の純金を使ったカードというのは初めてなのでカードを出した時は興奮しました。昔からゴールドに憧れていたのですが、21歳収入300万円台で持てるとは思わなかったので凄く嬉しいです。(21・男・ビル管理会社)
ポイント還元率1.2%というのは確かに高いが、空港ラウンジが使えないというのはゴールドカードとして如何なものだろう?家族特約付きの国内・海外旅行保障が付いている点は評価できるが・・・。うーん微妙。(34才・男・出版社)
ポイント還元率は良いと思うが、その他にメリットを感じられない。ポイント還元率だけならレギュラーで十分。年会費はゴールドカードとしては安い部類に入るが、付帯サービスやカードフェイスの悪さを考えると持つ気がしない。後発なんだから、もっと頑張らないと。(42才・男・会社員)
このデザインはどうなんでしょうか?!和とかZENとか意識しているのでしょうが、日本人受けしないのでは。私は海外出張が多いので、空港ラウンジが使えないのは痛いですね。(まぁ実際は他のゴールドで空港ラウンジが使えるので支障はありません。検討するならセカンドカードとしてですね。)(31才・女・外資系証券)
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード
アメックスと比べると年会費が安く、限度額に融通が利く。確かアメックスは年俸の1/20程度の限度額、SuMi TRUST CLUB ゴールドカード(旧シティ ゴールド)の限度額は遥かに多く、この1枚で事足りる。正直アメックスのやり方には疑問を感じる。シティは、後リボや分割もやっていて一歩リードしていると思う。(60才・男・自営業)
グアムで使用したのですが、一番請求書の円換算レートがよかったでした。その際、悪かったのが、ダイナースで、1ドルで1円30銭位違いました。1.3%も高かったです。(50才・男・会社役員)
台湾のホテルでチェックイン時に提示したところ、グレードアップされて、デラックススイートに泊まれた。海外でのシティカードは威力があるという噂は本当でした。ポイントで年会費を無料にできるので実質無料でゴールドカードを持つことができる点も良い。(40才・女・会社員)
アメリカの金融危機の影響で大丈夫かと思ったが、資産残高世界首位のシティグループをつぶせるわけないし、万一つぶれたからといってカードユーザーには関係ない。むしろ他のカード会社のサービスが悪くなっているなか、SuMi TRUST CLUB ゴールドカード(旧シティゴールド)はシティダイニングセレクションを開始する等サービスレベルは向上している。参加費はかかるが、一度有名店で食事すれば参加費どころか年会費も戻ってくる。Masterのプラチナにしか付帯しないサービスに近いのでかなりお得だと思う。個人的にはお薦めのゴールドカード(32才・男・会社員)
シティバンクの預金残高が1千万円以上あり、年間のカード利用額が30万円以上だと、翌年の年会費12,600円が無料になるため、毎年30万円以上カードを使う人なら永久無料でゴールドカードが持てるのは魅力です。(42才・男・メーカー技術系)
仕事柄海外に行く機会が多いのですが、SuMi TRUST CLUB ゴールドカード(旧シティ ゴールド)の提示で部屋のアップグレードをしてもらった経験が何度もあります。多分、日本よりも海外でのステータスのほうが高いのでしょう。海外の空港ラウンジが使えるともっと良いですが、プライオリティパスのついたセゾン・プラチナ・アメックスを保有しているので特に問題ありません。(30才・男・外資系証券)
シティエリートからアップされて四年目。ゴールドカードに切り替わって驚いたのは限度額。エリートの時に比べて倍以上の設定金額でした…。世界のシティカード、ということで国内より海外でステータス感を感じることが多いかな?あと、カード券面に挿入方向を示す「←」がないので店舗によっては決済に時間がかかることもアリ(苦笑)。(28才・女・ネットワークエンジニア)
ステータスカードの代表の様に良く取上げられていますが、ステータス=取得難易度と考えると、基本「誰でも」所有出来るカードだと思います。3年間所有しましたが、年会費に価値を見出せず、先日解約しました。(42才・男・会社員)
年収400万という規定は結構シビアです。私は26歳の時、年収390万でSuMi TRUST CLUB ゴールドカード(旧シティゴールド)に申し込みましたが撃沈しました。会社は上場しているので大丈夫だと思ったのですが・・・。(27才・男・機械メーカー)
すごくポイント還元率が高い印象を受けるが、1ポイントの価値が他のゴールドカードと比較すると低いので実際にはそれほどお得度は高くない。ブランドイメージは確かに良いが、年会費も高いので積極的に持つ理由はないように思う。(44才・男・会社員)
同じVSAブランドの三井住友と比べると保険は充実しているが、それ以外にこれといってメリットを感じないし、WEBの使い勝手も悪いと思う。(42才・男・会社員)
94年にGoldを取得し、一昨年Plutinumの案内が来ましたが断りました。CITI Goldへの連絡は携帯からではフリーダイヤルにアクセスできず有料電話へ掛けることになる。(AMEX Goldも同様)また日中掛けると大抵「順番にお繋ぎていますが混みあっています。しばらく経ってからお掛け直し下さい」となり、この点はDinersやJCB Goldの方が携帯からでも掛かるフリーダイヤルを設置しており、待つことも少ないことに使いやすさを感じます。(40才・男・輸入車ディーラー勤務)

口コミをもっと見る

SuMi TRUST CLUB エリートカード
SuMi TRUST CLUB エリートカードは、SuMi TRUST CLUB ゴールドカードの廉価版で年会費が¥3000(税別)と格安で、一応ゴールドカード並みの空港ラウンジが使えたりして良いですよ。もちろんカードの色も金色(ややうすい金色ですが)です。(58才・男・会社員)
楽天プレミアムカード
プライオリティパス(PP)の付く唯一のゴールドカードということと、入会キャンペーン特典ポイントもあり申し込みました。ショッピング(S)最大枠が300万とゴールドにしては大きめです。S一括払い以外枠(リボ・分割等)も表示はされているだけで、S一括払い枠と同額になっています。券面はMasterにしましたが、わりと地味な普通のゴールドカードです。還元ポイントが1%なのは良いほう(ただし楽天カードでのEdyクレジットチャージはポイント対象外)。トラベルコースの手荷物宅配サービスは使えるかも。家族カードの年会費が外資系なみに高いのが難点です。PPも家族会員は対象外ですし。楽天ブラック(platinum)カードになるとPP同伴2名無料らしいですが・・(42才・男・地方公務員)
プライオリティパスを利用できるカードとしては年会費以上の価値のあるカードだと思います。ブラックカードもできたし、これから注目すべきカードだと思います。(33才・女・自営業)
いわゆるゴールドカードです。初めて持ちましたが年会費10,500円がかかるのは後から知りました。。ご存知の方も多いと思いますがプライオリティ・パスがつくことが大きいですね。使える空港もダントツではないでしょうか。PPをつくるのに45,000円ほどかかることを考えたら旅行や出張が多い人にはもってこいのカードです。ただそれ以外のメリットは特にないですね。なんで楽天でよく買い物するのに使いたい人は普通の年会費無料のを持つことをオススメします。あとカードのデザイン。「楽天」の文字がでっかく入ってるのはやはり好きになれません・・・(33才・女・無職)
年会費10500円でプライオリティパス(国内外500ヵ所以上の空港で使えるパス)が無料付帯。なお且つ、扱いは最高ランクのプレステージ会員。プレステージ会員のみの登録だと$399もしまうが、カード年会費で無料付帯なのは嬉しいサービス。他社だと無料付帯でも倍以上の年会費がかかります。おまけに年二回まで空港から自宅まで手荷物を無料で運んでくれるサービスも付いているので、まさに旅行を多くされる方にはオススメの一枚です。(21才・男・大学生)
楽天プレミアムカードは、他社のゴールドカード並みの年会費がかかりますが、空港ラウンジに関しては、プライオリティーパスが付帯するという点が優れているといえます。しかし、楽天カードのサポートデスクは、他社のサポートデスクと比較するとサービスの質が著しく低いと思います。融通が利かない、気が利かないといえばよいでしょうか。「あまり利用者の立場になってくれていないなぁ」という感じがしました。(58才・男・会社員)
楽天プレミアムカードを利用している方の中には、プライオリティパス目当ての方も多いと思います。私もそれだけが目当てでカードを作りました。ただ、この夏の海外旅行の際にプライオリティーカードでのラウンジ利用が出来なかった事があり、それをプライオリティパス社に連絡したところ、クレジットカード会社との提携パスなので、対応し兼ねるとの返事。それで帰国後に楽天KCのデスクに問い合わせを入れたのですが、こちらでもプライオリティパスについては、カードを発行しているだけで具体的な利用上の不具合などについては対応出来ないと言う何とも不親切な話。まあ、会費が安いのでしょうがないですが(プライオリティパスを直接申し込むのに比べて)不愉快なので退会を考えています。(47才・男・会社員)
他の人も書いていますがゴールドカードとしてのステータスが他より劣ります。出して驚かれたことはありません。プライオリティパスも他のカードに付帯し始めているので競争優位もなくなりつつあります。個人的にはお薦めしません。(35才・男・会社員)
数枚ゴールドカードを所有してますが、楽天のゴールドデスクの対応の不親切さには驚きました。元々ステータスが高くないので仕方がないと思いますが、ゴールドや、ましてやブラックなど不要なのでは・・・楽天市場のポイント目的、以外には使えないカードです。(45才・女・専業主婦)
JALダイナース
年間40回程度JALに乗って、300万円以上使う月があるので、JALカードの中でも限度額の制限がないダイナースになります。支払いの時にカードは全て使えない事はあってもダイナースだから使えないと言う事は経験ありません。それなりの人が行く所では使えるのでは?。問題点は家族カードが高くて、航空券を買わない家族には、ほとんど価値がない事。家族のためにNICOSゴールドカードと家族カード3枚を持ってます。溜まったマイルの消化のためと海外旅行中の保険が目当てです。(53才・男・会社員)
オリコカード THE WORLD
初年度は無料で家族カードも年会費無料でお得ですね。このカードのいいところは、海外での24時間コンシェルジュ対応(2015年7月末で終了)で、空港でのアシストサービスやファストトラックサービスをアレンジしてくれます。昔、シティVISAプラチナカードについてたんですが無くなりましたね。。もうひとつ良いのは、国内外での航空機遅延保険が付帯していることです。おそらくクレジットカード付帯の航空機遅延保険では最高クラスだと思います。今のクレジットカードの旅行傷害保険を手厚くしたいなと思うのであればいい選択になるカードですね。(48才・男・会社員)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
アメックスのゴールドカードの年会費アップは常軌を逸しています。2017年2月には26,000円の年会費が31,000円にアップするとのこと。前回の年会費アップは耐えましたが、これで一般的なゴールドカードと比較しても年会費は3倍です。ビジネス向けの特典が追加されるとはいえ、それほど大きなメリットを感じないため、今後は他のビジネスでも使えるゴールドカードを探す事になりそうです。というかプラチナカードでも2万円前後から持てる訳ですから、もうプラチナカードへの乗り換えも選択肢ですね。何を目指したいのか?これでは評判が悪くなっても仕方がありません。(47才・男・会社役員)
MUFGカード ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレスカード
普段はUFJの航空系提携カードを使用しているのですが、MUFG(旧DC、UFJ、ニコス含めて)のプロパーゴールドカードをつくったことがなかったのと、初年度年会費無料もあり申し込んでみました(すでにDC/UFJ/ニコスはプロパーゴールドカードの新規募集終了)。1日で審査終了メール、4日でカード届きました。最大S枠は300万で、持っているニコス又はDCカードのS枠を10万単位で移設が可能。UFJカードとはS枠はMUFGと連動しており、移設不可です。AMEXブランドは初めてですが、MUFG(UFJ)加盟店でもAMEX非対応店では使えないんですよね。ゴールドプレステージのVISA/Master/JCBのデュアル発行にすると2枚目年会費2100円です。ポイント還元は楽天ポイント移行ベースなら0.5%程度、マイル移行なら0.2%分程度と平凡。国内旅行傷害保険の自動付帯分がないのが、不満ですか。MUFGカードプラチナのコンシュルジュサービスも興味なくはないですが、Amexブランドのみなのと、楽天プレミアムカードでプライオリティパスは持っていますので・・(43才・男・地方公務員)
p-oneカードゴールド
忙しい人にオススメ!!カード切ったら何でも1%引き。さらにポイントも貯まる。何度も何度も他カードへの浮気を考えましたが、やっぱりこれが便利。ポイント有効期限など気にしないで良い。早くも6年ほど愛用させて頂いております。(※26才医薬営業マンから現在まで)(31才・男・会社経営者(代表取締役))
【P-oneカードゴールドJCB】年々マイレージや付与ポイント率が下がり続けて魅力が半減してますが、年会費6,000円(ポイントバックがあるのでさらに安くなります)で各種保険金額や保障内容、空港ラウンジサービス、総1%割引など今でも一番使いやすいカードで、私の中では未だに最強カードです。年間利用50万以上の方にはお勧めです。(47才・男・会社員)
何を買っても1%OFF。空港ラウンジOK。年会費も安い。海外保険もある充実したカードです。文句なしです。他のカードでゴールドとるなら、P-oneがいいですよ!!(26才・男・医薬営業)
p-oneゴールドカードは海外傷害疾病500万円と他に類を見ない程の充実!ポイントもノーマルカード同様高還元。更に年会費もよく使うのであれば実質2,000円程度ととてもお得ですよ。(26才・男・運用会社)
P-oneWizで十分。ポイント還元率が2%になるならP-oneはゴールドカードのほうが良いということになると思うが、ノーマルカードとの差が少ないので、本当にカード券面をゴールドにしたいかどかだと思います。最近は1%以上の還元率のゴールドカードも増えてきていますし、空港ラウンジや海外旅行傷害保険で高い年会費がかかるのはちょっと無理がある気がします。(38才・男・会社員)
年会費が大幅にアップ。サービスも改悪。これでは他のゴールドカードと比較しても優位性はない。最近毎年のように改悪が続くので解約してANAアメリカン・エキスプレス・カードに乗り換えました。(34才・男・会社員)
NICOSゴールドカード
ポイント還元率と商品のバリエーションで考慮すると流石は国内信販会社と思われます。ここ4~5年年間利用金額は500万前後使用するようになり、見栄も含め外資系のカード切替を検討しましたがNICOS継続を決めました。外資系カードのポイント商品は素晴らしい交換商品が揃っていますが高額過ぎて…です。例えば「レストラン」プランでも、ランチよりもディナーから。当たり前でしょうが国内8割以上の利用で地方都市在住であれば外資系カードより国内系のカードの方がハードルも低く還元される商品バリエーションも豊富。残念な事にオプションで加入していた「宿泊・スマイルクラブ」が中止決定なので楽しみは減りましたが、実利を取るならNICOSは一つの選択範囲かと思われます(40才・男・自営業)
何故このカードが人気がないのか理解できません。ポイント還元率はかなり高く、百万円で一万の商品券がゲットできます。あとは家族にも海外旅行の保険が適用されること。家族カード無料など。百万円以上使い、また、旅行に行かれる方でしたらすぐに元がとれます。残念ながらダイナースやアメックスって見栄だけのような気がします。実利を取るならニコスです。(33才・男・会社員)
海外旅行傷害保険が家族にまで適用。 ポイントが利用金額の1%以上付帯等。(45才・男・会社員)
カード利用でポイントを貯めて商品券交換を楽しみにしております。ゴールドデスクは対応も良くカード自体に不満はありませんが、5月から交換率の低下により他社への切り替えを考えております。やはり人気のなさから還元率も悪くなるのでしょうか・・・(男・公務員)
普通のニコスカードを長く使っていたら、ゴールドカードにしませんか?と何十回も手紙が届き、何も考えずアップグレードしたけど特に満足感も無いので、普通に戻したいと連絡したらそれは出来ない…という回答で、もしゴールドを止めるなら全てを破棄して、最初のステージから審査し直しだと言われた。全く何を考えているんだか意味が分かりませんね。(58才・男・会社員)
三井住友トラストVISAゴールドカード
朝日新聞の読者向け無料情報サイトアスパラクラブの会員になると住信VISAゴールドカードのカード年会費(税込)が75%OFF(10,500円⇒2,625円)になります。2年目以降も同じ年会費なのがうれしい。当然、海外・国内旅行傷害保険(最高5,000万円)やショッピング保険(年間500万円)付です。車のトラブル時に、24時間年中無休で応急処置が受けられるロードサービス機能が付いた住信ロードサービスVISAゴールドカード(税込年会費:11,550円⇒3,150円)もあるので、こちらもお薦め。(47才・男・会社員)
選択性だが個人賠償責任保険がつく事(1億円)。ショッピングガード保険が500万円(免責3,000円)。AMEX、CITI、ダイナースもそれぞれ500万円つくが免責1万円は高い。(41才・男・製造業)
VJA(VISAジャパン)グループのカード。住友信託銀行のユアパートナー口座開設で、年会費2,625円(住信VISAポイントクラブゴールド)に。また最近プロパーゴールドカード所有者向けに住信プラチナカードもインビテーションが開始された(年会費36,750円)。(39才・男・病院職員)
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANAで海外に家族で行くことになり、それを機に通常のANA AMEXからGOLDに転身。マイルはたくさん貯まったものの、気になったことも多かったです。今回は羽田からの出発でしたが、ANA AMEXは羽田はスーツケースの配送対象外。もちろん往路は対象外になりますし、ポーターサービスもないので役に立ちませんでした。免税店で10%OFFの話をHPで確認していくも店員は「?」といった顔。こちらの間違いではと確認するも、ゴールドデスクも「わかりませんので調べます」。周りを待たせるわけにもいかないのでそのまま決済すると、あとから「店舗限定であるみたいです」と折り返し電話が。。専用デスクなのにサービスを把握してないところはどうかと思いました。見た目のかっこよさや、AMEX GOLDのサービスの一部を利用できるのはいいが、通常のANA AMEXの6倍も年会費を払うほどのものではないかも。ANAに搭乗することが多くはない陸マイラーなので、それならプロパーに替えようと思います。年会費の月割り返却はできないみたいですが。。。(28才・男・会社員)
ANAワイドゴールドカード
他のカードは有料だったり、制限があったりしますが、1ポイント→10マイル(1000円毎に10マイル)を手数料無料で移行できます。飛行機をよく乗る方は勿論ですが、陸マイラーの方にもお勧めできるカードだと思います。(30才・男・会社員 )
審査基準が厳しいと聞いていたので、持っていて損はないと思い入会しました。(当時の年収が約1,500万でその当時は転職なし)飛行機に乗る機会が多い人には、マイルは貯まりやすいですし、ゴールドカード専用ディスクでの親切な対応や、飛行機の優先席枠というのにも入りやすいような気がします。 また入会したことで限度額も250万になり、今のところ使いやすいカードです。(35才・男・会社員)
ANAを頻繁に利用する方なら年会費サービスなど考えると一番だと思います。ANAを使わない方には、無駄なカードです。(49才・男・自営業)
入会基準があまり厳しくないように見受けられる。前職を退職後にゴールドを申し込んだがあっさり審査が通った。その当時求職中にも関わらず。後は空港のラウンジが無料で使えるのが一番いいかな。(30才・男・会社員)
アメックスのゴールドも持っていますが、実用的ではありません。メインでANAワイドゴールドカード(三井住友VISAカード)を持っています。「マイ・ペイすリボ」に設定することにより、100円で2マイル付き、カード会費も割引をされます。Edyを駆使すればマイルもがんがん貯まります。1年200万使い、2年で夫婦2人ハワイに無料で行って来ました。かなりおすすめです。(34才・男・情報サービス業)
国際線のチェックインの際、ビジネスクラスのカウンターが使えるので、混雑する時間帯でも比較的スムーズにチェックインが行える。国内線でプレミアムシートのカウンターが使えれば、もっとうれしいが・・・。 (31才・男・会社員)

口コミをもっと見る

ANAスーパーフライヤーズカード三井住友VISAゴールド
スターアライアンスのゴールドメンバーの基準をクリアーしなければ取得できない特殊なクレジットカード。空港ではスターアライアンス加盟の航空会社が運営するラウンジが利用でき、他のゴールドカードで利用できるラウンジの様に搭乗ゲートから離れている事もなく非常に便利。ANA国内便では保安検査も専用、優先搭乗ができる。地上職員やCAなどの対応も良くなる。空港を利用する際に最高の優越感を得られるので、空港を利用する機会の多いビジネスマンなら垂涎のカードではないでしょうか?(44才・男・会社員)
三井住友VISAゴールドにANAプラチナステータスが付帯された希少性が高い、ANAワイドゴールドの上をいくゴールドカード。プラチナ会員相当のサービスを永年利用できる。加入ハードルが非常に高いのでステータス・利便性は最高レベル。搭乗マイル50%増、アップグレード2ポイント付与、ANAラウンジ他、スターアライアンス各社の空港ラウンジ無料(同伴者1名無料)国際線プレミアムエコノミーにアップグレード、ANA特別セレクション、空港・ホテル系のサービスも充実。(33才・男・外資系会社員)
MileagePlusセゾンゴールドカード
一般カードのセゾンUAカードでマイル換算率の高いオプションをつけると、このゴールドカードとの差額が年間8000円程度となる。ゴールドと一般との違いは海外旅行時の保険金額と空港ラウンジサービスくらいなので、この差額をゴールドのステータスと思えるかどうか。JALやANAと違って18ヶ月以内に1マイルでも増減あれば、貯まっている全てのマイルが保存される。UAで貯めてANAのチケットと交換可能だし、ANAに乗ってもマイルが貯まる。(33才・男・会社員)
この年になると1枚はゴールドが持ちたくなる。ショッピングマイルが1,000円で15マイルと非常に高い付与率であり、公共料金をカードで支払うようにしておけば、有効期間も無期限。また、国内線でもANAを利用すればOK。非常に満足度が高いカードである。(38才・男・会社員)
DCゴールドカード
「ビジネスゴールド」所有のため、年会費は無料です。東京の某有名老舗ホテルに泊まった際、スイートにアップグレードしていただきました。何だかんだいっても、やはり伝統的な銀行系ブランドは強いのかな、と思いました。(28才・男・会社員)
ポイントキャッシュバック制度が良いと思います。携帯電話かプロバイダの引き落としに使うと、使用金額に応じて「現金がキャッシュバック(次月にマイナスしてもらえる)」されます。ポイントを貯めて交換するのが面倒な人には良いと思います。(28才・女・主婦)
ただのステータス。メリットを感じたことがない。ポイントも1,000円で1ポイントだし、明細も最近ハガキになってビックリしました。ゴールドだからもう少しメリットを感じるサービスを提供してもらえたら嬉しい。(27才・女・主婦)
MUFGカードの中のDCカードと言う位置づけみたいだ。MUFGとUFJは統合によりUFJブランドは消えるが、DCカードは、DCカードとして名称が残る感じだ。ならば(強調で言いたい)、全てMUFGのカードフォーマットに統一して欲しい。同じ年会費を払っていてMUFGにはストーカー保険が付帯、DCにはその保険が付かない。これは納得いかない。(41才・男・会社員)
Softbankカードプレミアム
ポイント還元率が一律ですが1.5%と他カードより良いのが魅力ですね。海外・国内旅行保険も自動付帯です。Softbank携帯を利用の人ならさらにいいのではないでしょうか(AMEXブランドも魅力的です)。(45才・男・会社員)
慶應 ゴールドカード
慶應の塾員か在校生、教職員しかもてないゴールドカードなのでステータスはあると思います。たまに使う時「おお」と驚かれます(笑)。サービスは三井住友VISAのゴールドカードとほぼ同じです。年会費も同じなので三井住友を作るよりはこっちかなぁと思い持ってます。(39才・男・会社員)
TOYOTA TS3ゴールドカード
トヨタ車に乗り様々なガソリンスタンドを利用し、AUの携帯を持ってカード払いしておけばポイントが2倍になります(特にJOMOは請求時にリッター2円引き)。ポイントもすぐ溜まりオイル交換は殆ど無料です。あと、中部国際空港のTS3ゴールドカードラウンジは空いていていつもビールが飲めて最高のひと時が過ごせます。(40才・男・会社員)
オリコカードTheGold
マイナーなせいかあまり知られていないようですが、ポイント還元率はおそらく業界トップだと思います。標準では1ポイント/1,000円ですが、倍算システムがあり、1年間に60万円以上使うと2倍に、120万円以上使うと2.5倍に、そしてThe Goldの場合に限り180万円以上使うとポイントが最大の3倍になります。商品券との交換は5千円分/1,000ポイントですから、例えばThe Goldで1年間に200万円使えば3万円分の商品券が返ってきます。他社では、入会してから一定期間はポイント何倍、誕生月には何倍、あらかじめ決めた月には何倍、などのサービスを展開しているようですが、私はオリコのように年間通してフラットに倍算してくれる方がありがたいです。正直言うと、個人的にはもっとステータスの高いゴールドに変えたいのですが、これが理由で家内が変えさせてくれません(^_^;) (2009年6月現在)(47才・男・会社員)
オリコカードGoldUpty
国内外旅行保障5,000万円に空港ラウンジ・24時間ロードサービスやシートベルト保障などゴールド標準以上でポイントは最低1%、普通に使えば(ETCや公共料金など+0.5%、利用1件あたり+1ポイントなどで)1.5%以上還元され年会費5,250円は、コストパフォーマンスが非常に高いと思う。(去年まではさらに0.5%のアプティポイントがついたので確実に2%以上還元されていた)しかし、ホテル客室アップグレードやデスクのサービスなど、ステータス的な期待はできない。(35才・男・会社員)
SMBC信託銀行 ダイナースクラブカード(旧シティバンク ダイナースクラブカード)
シティバンク銀行の提携カード。カード券面に『Citibank』と刻まれているのが特徴。このカードを申し込むには、シティバンクの口座開設をしないといけません。私の場合、ダイナースの引き落とし口座をシティバンクにしていました。本来のサービスに加え、シティバンクならではの特典がついてくる、という話を銀行窓口で知り、普通のダイナースから切り替えました。キャッシュバックや年間決済額によるカード年会費無料は魅力的ですね。(28才・女・ネットワークエンジニア)
旧シティバンク銀行の個人部門がSMBC信託銀行になり、「旧シティバンクダイナースカード」は「三井住友信託銀行ダイナース」に変更となったが、これら旧シティバンク提携のカードは今後継続しない方針であることがアナウンスされた。ダイナースブランドは三井住友トラストクラブ(株)に社名変更され、今後もどんどんサービス改悪が予想される。ポイントの価値や移行等もメリットを感じなくなる可能性が高く、またダイナース自体のステータスが薄れゆく昨今、継続の利点が見出せず長年お世話になったが解約に至りました。(35才・男・会社経営)
三菱UFJ-VISAゴールドプレミアム
年間100万円超えると年会費が無料なうえ、プラチナになると月3回振り込み手数料が無料になるなどサービスが高い。事前リボ設定やポイント名人通すとさらにポイントが溜まる。(41才・男・会社員)
キャッシュカード+クレジット。預金保証1億円、連携特典あり。ショッピング利用は50万~300万円。保険も同種ゴールドカード並の保証があります。ANAカードと共に良く使います。(49才・男・エンジニア管理・営業)
UFJプレミオカード
年会費は3,150円で家族会員1名無料。クラス的には旧ヤングゴールドクラスですが、国内空港ラウンジサービス有り。同等機能でエアライン系のワンパスUFJ(年会費5,250円)や、キャラクター系のスヌーピープレミオもあり。(39才・男・病院職員)
JALマイルの貯め易さ・空港ラウンジの利用・旅行保険が安い年会費(3,150円)で手に入るJALマイラー必携のカードだったのですが、マイレージプログラムの改悪により、魅力が半減してしまいました。解約予定です。(41才・男・保険代理店)
UFJゴールドカード
審査基準が30歳以上、年収500万円以上と厳しく、可能枠も100万円以上。なによりも銀行系カードなのでステータス感があります。残念ながらこの上にプラチナカードは存在しませんが、ゴールドカードとしてなら三井住友VISAゴールドカードより格上だと思います。(43才・男・自営業)
三井住友VISAプライムゴールドカード
一見、ゴールドカードに見られるので若い頃はちょっと優越感に浸れました。が、今となっては何のメリットも感じなくなり、使用する機会が少ないです。(28才・女・会社員)
よくゴールドカードと勘違いされてました。ただ、ラウンジなどではキッチリチェックされ、一度もゴールドカードと同様のサービスを受けることはありませんでした。(33才・男・外資系エンジニア)
OMCゴールドカード
年間50万円以上の利用で1%の還元率に上がります。出来る限りクレジットカード支払いにしているなら大体の方が超える額ではないかと思います。ショッピング保険は年間100万限度ですが期間が180日間と長いです。個人的には額より期間重視のほうがありがたいです。ダイエーでは5%オフの日がけっこうあるのでそれも良いです。もちろんダイエー関連の得を除いても十分にお得なカードだと思います。年会費も6,300円ですし、ステータスとやらにこだわらないのであればとても良いカードではないでしょうか。(28才・男)
利用金額によってポイントは2.2倍でさらにボーナスポイントも!(ゴールド使う方ならそのくらい使うでしょう)年会費が6,300円で家族会員は1,050円と安いのに月の限度額は200万まで。180日間、商品の破損・火災・盗難の保険サービスも1事故あたり100万まで保障だし、海外旅行も国内旅行にも最高5,000万円の傷害保険付なんで人気が無いのか??ステータスの問題かな?ダイエー系で割引やポイントアップも見逃せない。ステータスより実質を求める方にお勧めします。(41才・男・会社員)
NTTグループカード ゴールド
このゴールドカード1枚で旅に仕事に買い物にと心地よく利用してます。電話応対もよく、年会費もラウンジ利用料も無料(年会費はカード利用年間100万円以上で無料)で助かります。あとは格安でプラチナカードが出来れば最高です。(69才・男・会社代表取締役)
年会費5,250円でもてるゴールドカードです。年間150万円以上利用すれば年会費が無料になります。このスペックで空港ラウンジサービスも利用できるので他のゴールドカードと比較してもお得度はなかなかのものだと思います。弱点はポイント還元率がノーマルカードと変わらない点位だと思います。(36才・男・会社員)
そごうミレニアムカードゴールド
いわゆる外商カードですが、年間100万円以上の買い物で無料で作ることが出来ます。駐車場の3時間無料サービスやそごう・西武の専用サロンが利用出来ますが、何より嬉しいのは店員の対応がぐっとよくなることです。(40才・男・会社員)
エポス ゴールドカード
このエポスゴールドカードは、エポスカードを年間50万円以上使うとインビテーションが来て切り替えができるのですが、年会費が無料のままゴールドになります。もちろん空港ラウンジも利用できますので非常にお得ではないかと思います。ただ、家族カードは発行できません。(57才・男・会社員)
優待対象になり、年会費が永年無料なのでゴールドに替えました。他の方の口コミのように100万円以上使えば、1万円のポイントが付くので、光熱費などもカード払いに替える予定です。またタイムズの駐車場でもこのカードで支払いすればポイントが倍になってお得感を感じています。他、水族館などの施設でも割引優待があります。(37才・女・看護師)
カード会社からの招待でエポスカードからランクアップすれば年会費永年無料で使えます。年間100万円以上の利用で、一万円相当分のボーナスポイントがつくのが大きいと思います。(女)
マルイのいわゆる赤いカードのゴールドカードです。ポイントがセゾンと同じように無期限で貯められます。ステータスでゴールドカードをランキングすると厳しいと思いますが、カードの作りやすさや利便性の高さでランキングしたら上位に来ると思います。空港ラウンジも利用でき、年間50万円以上の利用で年会費が無料になる点も他のゴールドカードと比較した際の優位点と言えます。(40才・男・会社員)
年会費無料の案内を受けたため、利用しています。丸井をよく利用しており、ポイントを店舗で手続き無しで支払いに利用できるため、面倒くさがりな自分にぴったりなゴールドカードなので利用しています。また、飲食店やカラオケなど自分のよく行くところで提示するだけで割引になるのも魅力的です。(30才・女・会社員)
タカシマヤゴールドカード
外商サロンのお茶サービスや、ポイント還元も有りがたいですが、私は駐車場サービスが一番有りがたいと思います。車を停めて、万一その日高島屋で何も買わなくても5時間まで無料です。東京駅界隈で車を停めたら、30分400円とかしますから。それだけでも有りがたいカードだと思いますので、手放せません!(女)
銀行金利が著しく低い中、8%もポイントをくれるところはすごい。年間100万円の買い物をすると、翌年ポイント率は10%にアップ。2万円の買い物で、すぐ2000円のポイント券がもらえるのは非常にお得な気分。髙島屋以外の買い物でもポイントがたまるのもうれしいところ。いろいろな文化催事の入場料も無料になって本当に満足。(40才・女・専業主婦)
高島屋で商品購入で8%のポイント加算は魅力が大きい。当たり前ですが高島屋で10万円のスーツを購入したら8,000円のポイントが加算されるのでネクタイが1本無料でGETできるようなものです。(29才・男・会社員)
外商サロンでの、お茶のサービスが良い。高島屋での買い物が自宅へ配達無料で使いやすい。化粧品のフェイシャルエステ60分体験などの、招待券が嬉しい。(26才・女・会社員)
東京では外商サロンが一番広くてゆったりしている。年末の鬼混みの銀座界隈でゆっくりお茶飲めるのは高島屋だけ。年会費は永久無料。絵画などの展示会も無料招待、テナントからのプレゼント引き換え券など、特典も多い。混んでいる百貨店内でも、店員の対応が丁寧になる。(41才・女・会社役員、主婦)
外商サロンでのサービスがいいと口コミを見てゴールドカードに加入しましたがサロンに行くのが日曜であればお客で溢れかえっており座る場所もない状態。子供は走りまわっているし、よっぽど普通の喫茶店に行った方がいいと思いました。来月が年会費の発生する時期なので今月中に解約し普通のカードに変更します。(33才・男・会社員)
現在のGoldカード存在する前からある通称「外商Goldカード」を保有しております。(カードデザインが違います)お得意様ラウンジでは昨年までは「飲み物と毎月のお茶菓子」が出されて優雅に過ごせましたが、今では飲み物だけとなり一般のゴールドカード保有者も入室できるようになり、土・日などでは座るところもない様な状況です。短パン姿の人も見かけ品位も落ちました。百貨店統合で死活問題なのか、広く浅く顧客呼び込みなのかガッカリしています。(40才・男・輸入車ディーラー勤務)
三菱UFJ-VISA ゴールド
三菱UFJ銀行のカードにクレジットカード機能が付いたものです。年会費は10,500円ですが、年間100万円以上カードを利用すると翌年度、家族会員含め無料になるので実質年会費無料にできるゴールドカードです。円預金(たいしたことありませんが。。。)の優遇や住宅ローンの優遇等があるので、三菱UFJがメインバンクで住宅ローンを利用するのであれば、持つ価値はあるかもしれません。(42才・男・会社員)
ジャックスカードゴールドJCB
年会費5,250円で作る事ができ、空港ラウンジも国内を中心にJCBのラウンジを無料で利用できます。多分コストパフォーマンスで言えば他のゴールドカードより上です。前年度のカード利用額に応じてポイントがアップしますし、毎月13日にはポイントが3倍になるのでポイント還元率も高いです。(39才・男・航空会社)
イオンゴールドカード※イオンゴールドカードはイオンカードセレクトもしくはイオンカードからの切り替えになるため、イオンカードのページに遷移します
主婦です。週一程度イオンに買い物に行きます。そんな私にはとてもありがたいゴールドカードです。年会費無料でありながらラウンジの利用やイオンシネマの優待などお得がいっぱいです。(46才・女・会社員)
年会費無料で持てて、且つ空港ラウンジ(一部ですが)とイオンラウンジまで利用できる数少ないゴールドカードです。しかもディズニーデザインのカードのゴールド券面は本当にオシャレで、ママからも羨ましがられました。カードに発行には条件があり、年間100万円以上の利用だけではなく、一定額以上の投資信託の購入や住宅ローンの利用、あとイオン銀行で500万円以上定期を作った人にもインビテーションが届くらしいです。(39才・女・専業主婦)
モール街のあるイオンにあるイオンラウンジにいくと、ちょっとしたお菓子と飲み物を無料でゆったり飲みながら、休憩できる。年会費も無料。希望すればワオン、イオン銀行と1枚のカードですべて使え、すごく便利。一度年間100万円以上利用しなければいけないが、それだけで年会費無料のゴールドカードが持てるのだから、結果的にコスパは極めて高いと思う。(47才・女・会社員)
イオンラウンジが無料で利用可能!茶菓子が提供されます。家族で買い物での休憩に重宝してます。そして、ゴールドカードなのに、年会費が無料、空港ラウンジも利用可能です。点数が4なのは、獲得条件に年間イオンカードで100万円の利用が条件だという事です。(34才・専業主婦)
年会費無なのに付帯保険がついて、イオン系の映画を観たらいつでも割引と無料ドリンク券付き、空港やイオンのラウンジも無料で使え、家族カードも3枚まで作れてみんなのポイントもまとめてたまる。ワオンもジョイントできる便利なカード。(50才・女・主婦)
UCカードゴールド
毎年1,000ポイントでJALマイレージを1万マイル貯められたのに、それが無くなってしまいました。また、既に口コミがある通り、商品券ももらえなくなりました。JALマイルを貯めたい私は他ゴールドカードへ切り替えました。(40才・男・会社員)
かつては30万円の利用ごとに自動的に2,000円の商品券が送られましたが、今年で廃止とのこと。正直、解約を検討中です。(40才・男・会社員)
JALJCBゴールド
ゴールドカードだと一般カードよりリボの金利やキャッシングの金利が優遇されているカードがある中、一般カードとなんら変わりがない。年会費が高すぎるので一般カードに変更予定です。(46才・男・会社員)

※ゴールドカードの口コミランキングはクチラン編集部調べです。

※掲載情報の詳細はゴールドカードを発行する各社にてご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。

※ゴールドカードへの口コミは投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

※虚偽である、個人を攻撃している等、問題のある口コミは、右のリンクから報告してください。 問題のある口コミを報告する

ゴールドカード 口コミランキング 編集部による総評

利用者の口コミで作るゴールドカードのランキングで1位にランクインしたのは、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでした。数あるゴールドカードの中でも屈指のステータスを誇っており、常に人気ランキングの上位にランクインしています。その一方でアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、数あるゴールドカードのなか年会費もトップクラス。ただし現在クチコミランキング限定で年会費無料キャンペーンを実施しているので、まだアメリカン・エキスプレスのカードを使ったことがないという方は、この機会にゴールドカードの利用を検討してみてはいかがでしょう。2位にはダイナースクラブカードがランクイン。ダイナースクラブカードは、ステータスカードとして最も高い人気を誇るゴールドカードの一つで、 他のカードと一線を画すサービス内容も大きな魅力です。具体的にはゴールドカード最高レベルの保障に加え、空港ラウンジ、クラブポイントのマイルへの交換も複数の航空会社に対応しています。3位にランクインした三井住友VISAゴールドカードにも注目です。三井住友VISA一般カードと比較するとポイント還元率が最大2倍、さらに空港ラウンジや保障面等も充実しています。同率3位はJCBゴールドカードでした。JCBゴールドカードは、東京ディズニーリゾートの公式スポンサーであり、日本国内で圧倒的な利便性を誇るゴールドカードの一つです。利用できるお店の数はもちろん、きめ細かいサービスやサポートにも定評があります。また上位カードとなるJCBゴールド ザ・プレミアやJCB THE CLASSを目指す人にとってはこのゴールドカードが登竜門になります。

ゴールドカードは単なるステータスカードではありません。上手に利用すれば一般カード以上にお得で便利になることも。各社のサービス内容を比較して自分にぴったりのゴールドカードを見つけましょう!

クチコミランキングスタッフ

ゴールドカード ランキング 口コミ投票! 口コミ10回採用でAmazonギフト券1000円プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

どのゴールドカードに口コミする?
※必須
  • JCBゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • 三井住友VISAヤングゴールドカード
  • SuMi TRUST CLUB ゴールドカード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • dカード GOLD
  • エポスゴールドカード
  • ダイナースクラブカード
  • UCカードゴールド
  • NICOSゴールドカード
  • UFJゴールドカード
  • DCゴールドカード
  • ゴールドカード・セゾン
  • オリコカードTheGold
  • さくらJCBゴールドカード
  • イオンゴールドカード
  • 高島屋ゴールドカード
  • ANAワイドゴールドカード
  • MUFG ゴールド・アメリカン・エキスプレスカード
  •  その他 
評価項目と点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目    点数(5点満点) 5   4   3   2   1
理由
メールアドレス※必須、PCアドレス ※口コミ採用時のご連絡先となります。
年齢
性別 男   女  
ご職業 (例:銀行員、専業主婦など)