口コミとランキングで比較!
金利上昇時代を勝ち抜く住宅ローン講座では、住宅ローンの金利について基礎から解説します。

HOME > 特集 > 1.住宅ローンを基礎から学ぶ

第一回 住宅ローンを基礎から学ぶ

住宅ローンの組み方一つで人生設計は大きく変わる!

住宅の購入は人生最大の買い物です。多くの場合、数千万円のお金が必要になるわけですから、現金で買える方はほとんどいません。 そこで必要になるのが住宅ローンです。
 ただ、この住宅ローンというものは曲者です。住宅ローンには、銀行、民間、公庫等から多種多様な商品が出ていますが、どの住宅ローンを選んだかによって総返済額が数百万円単位で変動することも珍しくありません。
大げさに言えば、住宅ローンの組み方一つで人生設計が大きく変わってくるのです。だからこそ住宅ローン選びには妥協せず、自分のライフスタイルに合ったものを正しく選択しましょう。

金利は歴史的な底値水準!住宅ローン金利は今後上昇に

2008年10月に端を発した世界同時不況は住宅市場も例外ではなく、2008年10月〜2009年4月までの間、住宅ローンは歴史的な低金利で推移、しかしながらここにきて世界経済の各指標が少しずつ下げ止まってきていることから、金利に下げ止まり感が出てきました。

 実はこれまでの歴史を見ると、住宅ローン金利は景気の回復に先行して上昇に転じているのです。

 米国発の不況はまだ収束したわけではないため、現在は日本の金利も停滞していますが、問題の解決に目処が立てば、今後も金利は緩やかな上昇を続けると考えられます。住宅購入を考えている方は金利の動向から目を離さないようにしましょう。

住宅ローンの種類を知っておこう

住宅ローンは大別すると変動金利、固定金利、固定金利選択型の3つのタイプがあります。

住宅ローンのタイプ 特徴 メリット デメリット
変動金利 変動金利型 ・年2回、金利が見直される。
・金利が上昇しても借り入れから5年間は返済額が変わらない。※但し、元金と利息の内訳は変更される。
・低金利の場合、当面の返済額を抑える事ができる。
・金利が低下した場合、金利見直しによって返済額が減少する。
・金利上昇局面では返済する元金が増えることがある。
・常に金利が変動するため返済計画が立てにくい。
固定金利 全期間固定型 ・借り入れ時の金利が返済まで続く。 ・低金利時に借り入れた場合、将来金利が上昇しても不安はない。
・常に返済額が一定なので返済計画を立てやすい。
・金利低下局面で借り入れると高い金利を払わなければいけないことがある。
段階金利型 ・借り入れ時の金利が一定期間経過後、一度だけ上がる。 ・全期間固定に比べ借り入れ時の金利が低い。
・金利が上昇するのは一度だけなので返済計画を立てやすい。
固定金利選択型 固定金利選択型 ・固定金利終了後、金利状況に応じて固定か変動かを選択する。 ・固定金利型に比べ借り入れ時の金利が安いので借り入れ可能額が大きい。 ・固定期間終了後、金利が上がっている場合は返済額が増える。
・固定期間終了後、金利が下がっている場合は返済額は減るが固定期間中高い金利を払っていたことになる。

 住宅ローンは上記の3タイプの中から選ぶことになります。各タイプの特徴、メリット、デメリットをしっかり憶えておきましょう。
 それでは次は住宅ローン選びの基本について説明していきます。

基本は長期固定、短期間で返済できるのであれば変動金利、固定金利選択型も視野に

住宅ローンは基本的には長い年月をかけて返済していくものですから、しっかりとした返済計画が立てられる長期固定で借り入れることが基本です。また、金利上昇局面では変動金利のリスクが高まるため、なおさら長期固定での借り入れを検討したほうが良いでしょう。

 日本はゼロ金利政策が長く続いたため超低金利に慣れていますが、現在米国の金利は約4%、欧州も3.5%となっています。つまり、日本の景気が良くなれば金利が上昇する可能性が高いということを忘れてはいけません。

 ただし、住宅ローンを短期間で返済できるのであれば、金利変動のリスクを抑えられるため、変動金利や固定金利選択型にも大きなアドバンテージがあります。もし、繰上げ返済を活用し10程度の期間で住宅ローンを全額返済できるようであれば、変動金利型や固定金利選択型を選択肢として考えてみるのも良いでしょう。

住宅ローンに役立つランキング

低金利住宅ローン
人気ランキング
(長期固定)

固定期間は最大で35年。繰上げ返済手数料、保証料、団体信用生命保険料が無料になるサービスは驚異的。
固定期間は最大で35年、金利タイプを2種類用意。固定から変動、変動から固定への金利の切り替えにも対応
短期の変動金利及び固定型住宅ローンに強みがある。イオンでの買い物が毎日5%OFFになる独自サービスを実施。
5年〜35年まで幅広く対応。優遇金利キャンペーンを適用するとフラット35を超える低金利になる。保証料、団信保険料、一部繰上げ返済手数料無料。
預けて入れている預金の額に連動して住宅ローン金利が変わる、預金連動型住宅ローンという新しい商品。

住宅ローン
人気ランキング
(借り換え)

固定期間は最大で35年で借り換えにも対応。繰上げ返済手数料、保証料、団体信用生命保険料が無料になるサービスは嬉しい。
金利の低さに加え、繰り上げ返済手数料無料、団信保険料無料、保証料無料等サービスが充実。金利の切り替えもネット経由で簡単にできる
2年〜35年以上まで幅広く対応。固定金利特約型の金利を大幅に優遇するサービスがある。保証料、団信保険料、一部繰上げ返済手数料が無料。
豊富な実績を誇る三菱東京UFJ銀行の住宅ローン。固定期間は最大35年、住宅ローン金利も変動金利は1.075〜0.775%と大手都銀の中ではトップクラス。
最長35年固定で借り入れ可能。住宅ローンの借り入れの場合、保証料が無料になり提携住宅ローンによっては8疾病保障特約が付けられる。

Homeクチコミランキングとは?お問い合わせリンクビジネスサービススタッフ募集プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright(c) 口コミならクチコミランキング編集部 2016  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。