日経,朝日,毎日,読売,産経の5大新聞をランキング。購読料の比較も

新聞ランキング

  • ホーム
  • このサイトについて
  • サイトマップ

新聞ランキング&口コミ

新聞は情報を整理し、身につけるための重要な手段!お気に入りの新聞を見つけましょうopen

世の中の動きを知るためには、新聞の一面や時事問題、経済動向のチェックが欠かせません。どれも同じように見えて実はずいぶんと違うのが、各社の新聞の内容です。新聞の新規購読、切り替えを考えている方は、それぞれの新聞が持つ特徴を踏まえて選ぶようにしましょう。みんなが読んでいる新聞とその理由も要チェックです。

クチランスタッフ

関連ランキング
ビジネス雑誌

オススメ!【ネット銀行で節約】住信SBIネット銀行なら振込手数料が月3回まで無料!預金金利も国内最高水準!

朝日新聞画像

発行部数 朝刊:8,093,885、夕刊:3,680,168
購読料 朝・夕刊セット¥4,037/1ヶ月、統合版¥3,093/1ヶ月
特徴 最も読者から支持されている新聞の一つ。政府の姿勢や巨大な組織の矛盾等に鋭く切り込む記事が多い。最近では発行部数1位の読売新聞に正面から戦いを挑んだ巨人軍の規約違反報道が記憶に新しい。また、記事が受験の時事問題に引用される事が多く、「受験の朝日」と呼ばれることも。
総合 4.6
総合・時事 5.0
経済面 4.5
社会面 4.5
スポーツ 4.5
満足度 4.5

キャンペーン情報

新規購読プレゼントキャンペーン

  • 6カ月以上の新規購読申し込みでもれなくオリジナルギフトカタログをプレゼント!
  • オンラインからの3カ月分新規購読申し込み限定で希望の雑誌一冊をプレゼント!

朝日新聞 キャンペーン

詳細

1879年創刊。全国第2位の発行部数を誇る日本を代表する新聞の一つ。
2007年春に紙面を大幅にリニューアルし、ニュースをより分かりやすく、より身近にをテーマに紙面の読みやすさを追求している。
1面には「朝の1分、ニュースがわかる」をキャッチフレーズに重要なニュースを凝縮したインデックスを追加。暮らしや経済に影響する政策から掘り下げていく新ページ、難しいニュースをわかりやすく解説する記事など、忙しい人や、初めて新聞を購読する人にもやさしい紙面構成となった。
文化面は週3回から5回に増えて、文化人100人に対するアンケート企画などを取り入れている。また、朝日新聞では第1線の論客や現場の専門記者が提供する質の高い記事をWeb上で閲覧できるWEBROZNAと呼ばれるサービスを開始。オンラインから低価格で記事を読むことができる。

口コミ

いい口コミ
情報量が多く、読みやすいです。新聞広告も結構役立つものが多くよく利用しています。記事の種類も偏りがなくバランスが良いです。(21才・男・大学生)
何度かほかの新聞に変えてみたものの、やっぱり読みやすいので、朝日に戻した。オピニオン面に載っている長文のインタビューや、書評、文化などの面は読み応えがある。受験期が近づいた子供がいるのも、朝日にする理由。ただし、最近の天声人語はおもしろくない。(男才・会社員)
世の中の問題となる事柄への切り込みが鋭い。記者以外の識者による意見提示の記事も、国内外からなされ記事の深みを与えている。科学記事も充実している。政府の広報誌的でないところも良い。(65才・男・研究員)
実家でずっと読んでいたので今更他の新聞を読む気になれませんし、それで不自由したこともありません。情報も見やすく整理されています。どの新聞を読もうか迷っている人には毎回これを勧めています。(25才・男・大学院生)
頼むなら朝日新聞でお正月ごろチラシが多い3か月だけの契約をよくします。読みやすくて好きです。子どもは小学生のころから小学生新聞を頼み、写真も多く分かりやすく書かれているので、私もこれで十分と思った時もあります。今は中学生新聞になり、週に1度だけ届きます。内容は、中学生のいじめの投稿やこんな職業があるなどのコーナーがあります。子どもはいつも楽しみにしているので継続して何年も経ちます。(37才・女・兼業主婦)
朝日新聞は新聞自体が量が多めで情報量も多いような気がします。私が以前朝日にしていたのは、転職活動のときに求人を見たかったという理由です。特に出版関連の求人に強いのは有名です。毎週掲載されているのでそれを目当てにしていました。その他内容はやはり朝日が一番情報も多く、安心して見ることができるように思います。広告も他紙より多いので広告とかが見たい主婦の人に人気です。(女・自営業)
中立の口コミ
話題がかなり豊富で、朝に一通り紙面に目を通せば、その日の大抵の会話について行けると思う。ただ、左寄りの主張が鼻につく感は否めない。(21才・男・学生)
最近、やたらと「お詫びして訂正します」というコーナーが多くなったようで、字句を校正する人がいるのかどうか疑わしいです。紙面に出す前にしっかり点検してもらいたい。(64才・男・サービス業)
25年近く購読してきましたが、記事の信憑性、信頼性と話題に対する掘り下げ方が甘くなってきたと感じ、購読を止めることにしました。報道という面では流石というところもありますが、政治や過去の戦争に関する記事では、明らかに偏りを感じます。読者投稿も明らかに選別し、自社の論調に同調するものだけ採用される傾向にあり、報道機関として公正さが損なわれているとつくづく感じる。史実に基づいた検証を行う訳でもなく、論調が全く変わらないところに嫌気がさしました。近頃は非常に残念に感じております。(41才・男・設計技師)
40年以上購読しているが、最近広告の量が多すぎる。40ページの約半分近いページが全面広告、他のページも紙面の3~5割が広告・・・と言うことは読める記事が余りにも少なくなっている。とっても残念!(68才・女)
文化欄は充実しており、満足度の高いレベルだと思う。投稿欄や天声人語は面白い。しかし、政治関連では民主党よりな記事が多く、読んでいて偏りがありすぎでは?と疑問を抱いてしまう内容が多いです。他にも記事が偏りすぎで、少し攻撃的な内容の文章もあったりします。(25才・女・会社員)
政府に鋭く切り込む取材姿勢は良いと思う。ただし、もう少しやわらかい書き方をしても良いのでは。また、誤報があっても素直に謝らないことが多いので、その点はきちんと改善すべきだと思う。(29才・男・会社員)
悪い口コミ
子供の通う塾からもらった手紙で、1か月間無料で宅配します、とのことで申込。数日後、営業の方が「この度は購読の契約を頂き有難うございます」と自宅に訪問。事情を説明すると、無料期間後、契約頂く話になっていると。。。申込用紙には一切そんなことは書いてませんでしたと伝えると、上司に電話して確認してみると言い、その後わかりました、と帰って行きました。が、その後、新聞が届いたのは、約束された1か月の半月のみでした。朝日新聞はもう購読しません。(46才・女・会社員)
6ヶ月購読した結果の評価です。新聞の内容と言うよりも、配達員や販売店への評価です。月に数回の不配は当たり前。その度にこちらから電話連絡して、不配分の料金値引きを約束するも、引き落としだからか割引しない。配達員はケータイで談笑しながら配達する始末。原付の運転マナーも悪い。一時停止無視、ヘルメット未着用のくせにイヤホンはしっかりついてる(笑)大丈夫か、こいつ。新聞の内容には満足してるので星2つ。(32才・男・会社員)
「お詫びして訂正します」という訂正囲み記事が連日出るおそまつさが見られるようになった。「確認が不十分でした」「チェックが足りませんでした」とは、校正担当がいないのかと思ってしまう。慰安婦問題などの誤報があったのも当然?(64才・男・サービス業)
こんな事になるとは思いもよらなかった、50年余り購読の朝日新聞。以前のサンゴ事件やこのところの慰安婦報道等の問題は非常に残念な思いがした。最近もある記事に疑問を感じ、朝日新聞お客様オフィスに問い合わせてみたが対応が非常に悪く、回答内容もとても納得できるものではなかった。これをきっかけに購読紙について考えてみた。我々の如き老夫婦には国際情勢や中央の諸事はラジオ、テレビ、ネットで充分、地方の身近な記事の方が有用。加えて前述の問題もあり、地方紙に切替えることにした。何十年もの間、配達して頂いた販売店さんには、只々感謝です。 追伸−朝刊4コマ漫画は面白味なし。サザエさん、フジ三太郎が懐かしい。(74才・男・無職(年金生活者、家事手伝い))
朝日新聞を20年間購読しています。天声人語など幼少期から馴染みあるトピックもありおもしろいのですが、ここ数か月で世間を騒がせている慰安婦記事の誤報問題はしっかり対応すべきだと思います。今後は電子化もますます進むので、紙面での購読は家族も続けるか迷っていいます。(28才・男)
もともとどの新聞も投書欄には自社の論説に適合するのを載せる傾向にあるけど、朝日新聞が8月初旬に慰安婦の誤報を認めてから、それに関する投書を載せるまでに一か月以上かかっていたのは異常だし、朝日の報道姿勢を擁護する投書ばかりなのには、やらせ臭さを感じてしょうがなかった。(45才・女・主婦)

口コミをもっと見る

読売新聞画像

発行部数 朝刊:10,042,075、夕刊:3,912,747、朝刊セット:8,346,953
購読料 朝・夕刊セット¥4,037/1ヶ月、統合版¥3,093/1ヶ月
特徴 日本を代表する新聞。新聞の発行部数は世界一。バランスのとれた紙面が特徴。
総合 4.6
総合・時事 4.5
経済面 4.5
社会面 4.5
スポーツ 4.5
満足度 5.0

キャンペーン情報

新規購読キャンペーン

  • オンラインからの新規購読申し込み限定でもれなくギフトカタログセットをプレゼント!

読売新聞 キャンペーン

詳細

1874年創刊、日本を代表する新聞の一つ。1000万部を超える発行部数はイギリスのギネスブックが認定する世界一の記録。
他の全国紙にはない「医療情報部」を有し、癌についての連載や、健康常識など医療について深く掘り下げた記事を読むことが出来る。しっかりとした社論を軸に作られているのが特徴で、政策に関するニュースなどでも個々の記者による見解の違いが紙面に出てくることが少ない
ニュースを迅速・的確に報道するのみにとどまらず、積極的な問題提起など、新しい報道の形を確立。スポーツやエンターテイメント記事も充実しており、バランスのとれた紙面が広く支持されている。

口コミ

いい口コミ
主張はマイルド。どっちつかずという意味ではなく、様々な読者層を意識して言葉を選びながら新聞を作っていると思う。(45才・女・パート)
まず、読みやすい。慣れてるせいもあるが、字も大きく満足している。夕刊の特集や、人生相談など・・・思わず頷けるものだと思う。また、「餃子の王将」の無料お試し券が、毎月1日に紙面に掲載される。王将の餃子は、¥216(関西は)で、東京はもっと高い。東京で暮らす子どもたちには、毎月1日、¥140で読売を買っても損はしないので、進めている。ちなみに、王将の餃子券が付くのは、「読売」だけ。(54才・女・主婦)
政治、経済、家庭とバランスよく情報が得られ読みやすいです。ただ、日曜版(芸能)はたのしみにしていたのに、リニューアルのたびに薄くつまらなくなってしまい残念です。(33才・女・派遣社員)
私の住む地域の読売新聞は月に一度、古新聞や雑誌を朝9時までに自宅前に紐で縛って置いておくと、回収に来てくれるので助かります。(25才・女・学生)
中日を購読してきたが、エネルギー、中韓朝報道の非道さに呆れて読売に切り替え。内容、論調共に格段に高級と感じます。中日は不要なチラシが多く反エコ。(56才・男・会社員)
読売は本を紹介するページが多い点がとても気に入っています。特に日曜日は様々なジャンルの本の書評が掲載されていて、それを読むだけでもためになります。また、土曜日の夕刊には大人でも読みたくなるような面白そうな絵本や児童書の紹介もあり、こちらもとても楽しみです。(23才・女・大学生)
中立の口コミ
他紙では折り込み広告が少ないと批判が在りますが読売は逆に多過ぎ。 平日の夕刊にも主婦向けの広告チラシを撒くので古新聞を入れるニュースパッケージ(新聞を入れる紙袋)が溜まる。 特に週末と祝日の朝刊が、ひどくて要ら無い折り込みチラシが半数以上在るので仕分けし無いと紙面が読め無いから時間が掛かる。 新聞屋のサービスは良くできてて3カ月ごとに宅配の契約更新をする度にボックスティシューや洗濯洗剤と食用油にキッチンラップをもらえるのは嬉しいです。 不景気で物価の高い今とっても ありがたい。(34才・男)
誌面がごみごみしていて字も小さめなので読みにくい印象があります。全国的に有名な新聞なので、記事の内容等は良いとは思うのですが、大人向けの新聞だと思います。(44才・女・専業主婦)
読みやすい新聞ではありますが、地域によって一番格差がある新聞かと思います。引越しなどで都道府県が変わった場合は1度コンビニなどで買って試し読みをしたほうがいいと思います。(25才・男・無職)
個人的には巨人と同様に好きな新聞ですが、やはり目線は官僚や大企業向けに見えてきます。それは日テレ系列なので仕方ない部分もありますが、そういった生活視点での捉え方が社会面・生活面での記事に表れてくるはずです。あと、新聞も会社も古いイメージがどうしても残ってしまいます。やっぱり、その原因はJリーグからの撤退が大きかったような気がします。(30才・男・会社員)
政府批判が多く、読んでいてため息をつきたくなる。たまに飴もあげなくては、こんな世の中誰が日本のために頑張ってくれるのでしょうか。が、医療ルネサンスは良い記事だと思います。日本に希望を与える新聞となって欲しいですよね。(女・専業主婦)
親がいろいろ新聞を取っていましたが、活字が嫌いな私が唯一少しでも読めると思った新聞です。とても読みやすい。(32才・女・主婦)
悪い口コミ
配達時のポストへの投函が雑な時があったため、本社に電話したところ、曲がりなりにもお客である私に食ってかかってきた。もう読売ブランドは、信用できない。これから契約しようとする人にもオススメはできない。(40才・男・求職中)
勧誘が酷い。賞品が当たったということを口実に来訪してきたが、ハンドタオル。それを今ならベンチコートもプレゼントする。と言って、契約を迫ってきた。新聞の内容の良さや、紙面のアピールで奨めて欲しかった。(52才・女・専業主婦)
集金に来た中国人スタッフがひどい!新聞代を現金で支払ったら30円のお釣りを「釣り銭がないからまけてくれ」と値切られました。さすが読売黒いグループです。人の入れ替わりが激しいので配達してくれる方がときどき入れ忘れたりします。またクレームを入れると新聞をぐしゃぐしゃにして投函されたりするので何だかホントにさすが読売と思い解約しました。(女・会社員)
転勤のため契約期間前に解約を願い出たときにちょっとモメたのですが、人を詐欺扱いしたあげく話の最中に一方的に電話を切られました。新聞の内容は気に入ってたので転勤先でもとろうと思ってたんですけど、気分が悪いのでもう絶対とりません。(45才・男・会社員)
三重県で購読しているのですが、内容が奈良県中心となっている。折り込みチラシの読売旅行も奈良営業所の物。毎月発行される『よみっこ』も中身は殆ど奈良県情報。(27才・男・会社員)
以前他社の新聞を取っていましたが、ネットでニュースを読む機会が多くなり、解約しました。しばらくすると、読売新聞の方が、「景品に当選した」という理由で、勧誘訪問に来ました。確かに景品は頂けたのですが、勧誘がかなりしつこかったです。。。(33才・女・求職中)

口コミをもっと見る

毎日新聞画像

発行部数 朝刊:3,974,559、夕刊:1,562,789、朝刊セット:3,272,212
購読料 朝・夕刊セット¥4,037/1ヶ月、統合版¥3,093/1ヶ月
特徴 日本で最も長い歴史を持つ新聞。新聞界で最も権威である新聞協会賞を最多受賞。「スクープの毎日」の異名を持つ。
総合 4.5
総合・時事 4.5
経済面 4.5
社会面 4.5
スポーツ 4.5
満足度 4.5

キャンペーン情報

新規購読キャンペーン

  • 6カ月以上の新規購読申し込みでオリジナルギフトカタログまたは毎日新聞提携会社のポイントをプレゼント!

毎日新聞 キャンペーン

詳細

1872年創刊。日本で最も古い歴史を誇る新聞で、戸別配達を世界に先駆けて実施した。「顔の見える新聞」を目指し、署名記事の多様化を進めている。特徴的な記事は、常識や社論にとらわれず、各記者が自由な視点で主張するコラム「記者の目」、全国の地域面ごとに各地の学校教育を検証する「新教育の森」など。また、科学環境部を設置し、環境問題の報道に力を入れている
記事に対する社外の人の意見を紙面に反映させる為、2000年に新聞委員会が創設された。

口コミ

いい口コミ
以前は地元の新聞を当然のように読んでいましたが記事が少なくあまりの広告の多さに嫌気がさして こちらにかえました。毎日新聞よかったです!思ったより読みやすく内容も読んでいて心地よいです!(50才・女・主婦)
以前、別の新聞を取っていましたが、あまりに勧誘&契約更新が酷かったので、毎日新聞を取ることにしました。紙面は、無駄な広告もなく、読みやすいです。記名記事が多く、問題を色々な角度から見ることができて、とても参考になります。(42才・男・会社員)
比較的公正に記載されていると思う。ネットだけでは地域のニュースがよくわからないので購読している。今後は、夕刊を廃止して購読料を引き下げてほしい。夕刊を読む時間の無駄をなくしたい。今後継続購読するか否かは読売と時々図書館で読み比べて考えていきたい(女・主婦)
広告が大半を占め、稚拙な文筆の貧しい新聞も増えており読む気がしません。ある新聞社(毎日新聞以外)で派遣社員として勤務していた際「毎日新聞の記者はどの新聞社よりも優秀でよく働く。なのに儲けない。」と聞きました。また、数十年前ですが「毎日新聞は正直すぎて紙面広告を獲得しきれない。」と父から聞いたこともあります。私は毎日新聞の不器用で真っ正直なところがやっぱり好きです。広告や無駄な紙面での表面的な頁数ではなく、中身で勝負する姿勢をこれからも貫いていって欲しいと願っております。(45才・女・専業主婦)
新聞協会賞を最多受賞しているだけあって、記事がとても読みやすく、内容が充実している。それにあまり認知されていないことをより詳しく説明されているところが親切。また、他紙にはない目線をもっており大変、為になる情報が多いような気がします。(38才・男・経営者)
バランスのとれた記事、時の権力、支配者への直言的な意見提起は読む者にとって動向把握、自己研さんに役立つことが多い。(65才・男・無職)
中立の口コミ
薄い!とにかく紙面が薄い!!実家が毎日新聞なのですが薄くてビックリしました。広告が少ないのかもしれませんがやっぱりなんかさみしい。(女)
悪い口コミ
遺跡ねつ造問題やがんの企画特集など、ジャーナリズム精神に根差した記事が数多かったが、ここ2~3年は文字の拡大により記事の内容がかなり薄くなっており新聞ならではの社会への鋭いツッコミが失われている。正直、お金を払ってまで読みたいとは思わない。(32才・男)
契約して紙面の少なさにびっくり!今までの新聞は36面あったのに26面しかない。24面の時もある。何だかぼったくられた気分です。(女・パート主婦)
勧誘が酷い!新聞の質の前に、会社としての質を疑う!夜遅くに家に来て、3年間購読しろと半分怒鳴りつけてきた。1年にして欲しいと言ったら、残りの2年は絶対に他社は購読するなと意味不明な事を言われた。二度と購入しません。(40才・女・会社員)
なぜあんなにページ数が少ないのか?購読者が少ないので経費削減のためか、毎朝朝刊は20分あれば読んでしまい楽しみもない、記事の内容も地域のニュースが極めて少ない、契約期間が終わればもちろん購読は止める。(69才・男・無職)
「広告が多い」と勧誘され、購読開始。しかし量は激減し、新聞も薄い。契約内容も「ずっと更新できる」と言っていたのに「更新後、1年限りで終了」と言われた!販売店に電話し「契約違反ですよね?」と言うも、「新聞4社会議だ決まったことなので」と言われた。じゃあ始めから出来もしない契約するな!!と思いました。(29才・女・専業主婦)

口コミをもっと見る

日経新聞画像

発行部数 朝刊:3,034,481、夕刊:1,618,603
購読料 朝・夕刊セット¥4,509/1ヶ月、全日版¥3,670/1ヶ月
特徴 世界最大の経済紙。企業情報や株価動向等、経済面に強み。ビジネスマン、ビジネスウーマンの多くの必読書になっている。
総合 4.5
総合・時事 4.5
経済面 5.0
社会面 4.5
スポーツ 4.0
満足度 4.5

キャンペーン情報

日経就職サクセスキャンペーン

  • 就活に関するアンケートに答えるだけで無料で7日分試し読みできる!
  • 新規購読申し込み限定で就活に役立つ書籍一冊をプレゼント!

日経新聞 キャンペーン

詳細

1876年創刊、世界最大の発行部数を誇る経済紙。世界の景気や経済政策のニュースを軸に、金融・証券情報や産業界の動向、企業から発信される情報を専門記者が深く掘り下げて提供している。
急成長を続ける中国、インドに関する記事も充実、週末の紙面には「消費面」による話題のサービスやヒット商品の紹介があるなど、世の中のトレンドを意識した情報も多い
その日の最も大きなニュースを取り扱う総合面に続き、経済面、企業面、投資・財務面、マーケット総合面、文化面という構成になっており、特に経済面、企業面の情報の充実度は他を寄せ付けない。最近は、資産運用や医療・健康関連の情報、文化や芸術面の情報を強化。更なる紙面の充実を図っている。※また、企業を対象とした姉妹誌に日経産業新聞や日経流通新聞がある。

口コミ

いい口コミ
日経平均株価の知的財産権を保有し、銘柄制定も行える新聞社。当然、日本の企業に与える影響は大きい。経済ニュースのリリースは圧倒的に早く、記事の質も抜群。社会人の基礎としてマストなアイテム。(34才・男・銀行員)
学生時代は堅苦しく苦手でしたが、やはりこの新聞が一番真面目で、また下世話な記事が少ない所に信頼がおけると思います。また私は、日曜版も結構楽しみにしています。この口コミサイトの様に、ランキングやアンケート記事もあって、話題も多岐に渡るので参考にしています。(女)
仕事上、読んでいることを前提にしたやり取りは多くあり、社会に出てからは常に取っている新聞です。ただし、何処の新聞も興味深く新鮮に読ませていただきますが、業界癒着は否めません。日経も経団連をいつも擁護しているような・・・。(42才・男・会社員)
就職活動の前に、自分の社会に対する知識を増やす目的で購読を始めました。正直、就活中はあまり読みませんでしたが(読まなくてもどうにかなります)、内定して来年から社会人になることが決まってからは、読まざるを得ません。やはり、ビジネスの視点から世の中を見たいのなら日経だと思います。(21才・男・大学生)
経済学部に属しているため、教授からも勧められる新聞です。企業のトップに多く読まれており、社会に出るために読んでおいて損はないと思います。土曜日に入る日経plusは子供も読める内容なので、子も親も満足できる新聞です。(20才・女・大学生)
経済面の充実を考えれば、大都市に住む会社員や大学生には必需品のような新聞に思えます。ただ、一般庶民からすれば、もう少し分かりやすさで工夫をしないと"読みづらい新聞"で終わってしまう内容です。その点は解説の図を多くするなり、取材する記者の視点をもう少し下げるなりの工夫をする必要があると思います。(28才・男・会社員)
中立の口コミ
ビジネス系の職種なら読んでて当たり前の内容。ただ、これはテレ東の番組にもいえる事だが、広告主企業の提灯記事が多く鼻につく。また、金融界の不祥事には大甘。以前勤めていた外資系金融がかなりの不祥事を起こした際も朝日新聞は中立的に報道していたのに、日経は一切扱い無し。それまでは朝日は偏っていて日経は中立と思っていたが、軸が政治にあるか財界にあるかの違いで、日経は単なる「御用新聞」だとようやく気付いた。(39才・女・会社員)
主人が読むので、購読しています。経済にあまり関心のない私にとっては、読む欄が限られていて、あまり面白いとは思えません。土曜日の日経plusは、誰にでもわかりやすい内容です。(38才・女・会社員)
ビジネスマンとして必須だと思い20数年購読しているが、肝心の経済関連の分析はあまり信用しない方がいいと思っています。バブルを散々煽ったのも日経。崩壊局面に入っても、今が底、今後上向きというメッセージを発し続けていた。という訳で記事の客観性には疑問を持ちつつ読んでます。(47才・男・会社役員)
この新聞は金持ちのためにあるんだなーと思う。土曜日用の広告は他社にない超リッチな広告。紙も上等で、しばしうっとり広告を見て現実にもどる感じ。(53才・女・専業主婦)
B2Bのビジネスに関する情報では、他社を圧倒しているのではないでしょうか。クライアントから「今日の日経にも出てたけど・・・」とか、「先月の日経に載ってた●●の件で・・・」とか、日経が話題になることはありますが、他紙はまったくありません。私にとっては選択の余地なしでした。(35才・男・会社役員)
悪い口コミ
今春大幅改定された日曜版について。NIKEEI THE STYLE は誰の受けを狙ったのか全く不明。中身が薄っぺらな宣伝グラビアの様相。手を抜くのもいい加減にして欲しい。こういった記事を見たいならばほかにいくらでも良質の情報誌があり、紙の新聞に期待する内容ではない。土曜日版も含めて紙面レイアウトも入電してきた記事の継ぎはぎのように見える。社会人になって以来購読を続けてきたが、定年を機に購読をやめようかと思っています。(59才・男・会社員)
記事を掲載された企業が、後日広報発表で否定するような飛ばし記事が多く、信用できなくなってきた。webサイトは系列雑誌も含め、会員登録しないと全文が読めないものが多い。無料なのになぜわざわざ会員登録を要求するのか理解できない。(37才・男・会社員)
仕事上読んではいるが記事が面白くない。夕刊の「保険の窓口 」の記事なんて、中立どころかペイもらって書いてる感じあ りすぎ。とても新聞とは思えない。知なだけ?最近そういうのが多すぎて変えようと思っている。CMなんてよく言い過ぎ。社会人なれますから。(35才・女・会社員)
ラジオ,テレビ欄が他紙に比べて読みづらい。 裏面から数えたページに載せて居るので、慣れ無いと無理。 放送局ごとの枠が他紙に比べて狭いので、きゅうくつそうな紙面の印象。 BSデジタルテレビ局と、スカパー!のテレビ局も載せて居るので、ゴチャゴチャ感があって読みづらい。(42才・男)
最近、全面広告が多すぎて、紙面を見ると損した気分になります。(女・ジャーナリスト)
他紙はだんだんと文字を拡大化しているが、日経にそのような配慮はないことなどから、結構読みにくい。地域によっては強制的に夕刊とセットにされているのもいただけない。料金も高いし、経済に興味がある人以外は読む意義が見えない。(21才・男・大学生)

口コミをもっと見る

産経新聞画像

発行部数 朝刊:2,191,587、夕刊:635,988
購読料 朝刊¥3,034/1ヶ月
特徴 5つある全国紙の中で最も歴史は新しい。紙面を絞り込み月1,680円という低価格を実現したSANKEI EXPRESSを発行する等、新しい取り組みにも積極的。
総合 4.2
総合・時事 4.5
経済面 4.0
社会面 4.0
スポーツ 4.5
満足度 4.0

キャンペーン情報

新規購読プレゼントキャンペーン

  • 東日本地区に限り6カ月以上の新規購読申し込みでこしひかり・部屋干しトップギフト・ネピアセット・ESSEオリジナルグッズの中からいずれか1点をプレゼント!

産経新聞 キャンペーン

詳細

1933年創刊。読者の立場で時事問題に迫る1面の産経抄がわかりやすく人気がある。総合面ではポリシーに基づき、日本が目指すべき方向を提言、生活面では年金や介護・医療などの社会保障制度について、はじめて読む人にもわかりやすく解説している。
経済面は暮らしと経済の関わりを、曜日ごとにテーマを変え掘り下げる連載が、オピニオンは作家や大学教授が日替わりで多彩なテーマを取り上げる連載がそれぞれ核となっている。

口コミ

いい口コミ
新聞社でありながら、月2回(第1日曜、第3日曜)の紙面で、「ランチ会」「文化財巡り」「演劇会」「講演会」「コンサート」などのイベントを企画し、読者の参加を呼びかけている。こういうのは産経だけだろう。(65才・男・嘱託職員)
長い間朝日を購読していたが、広告があまりにも多く(記事の少なさ)辟易し、日経以外の4紙を6ヵ月から1年単位で購読し比較してみた。論調には各紙違いはあるが、見やすさでは産経が一番かと思う。たまに出て飲み屋で若者と話すと意外に保守的な人が多く驚く。産経は内容的には保守色が強すぎる嫌いはあるが、“ペンの力で政権の暴走を止める”と朝日、毎日のように左に寄りすぎてしまい結果、中国を利することになっている。60~70年代の反米、反安保の呪縛から逃げられずにいるのではないか。左翼のポーズをとることで購読者を増やしてきた朝日だが、このところの誤報とネットの普及で読者も多様化、支持政党のアンケート結果がものがたっている。(64才・男・無職)
産経新聞の会員組織ともいえる「ウェーブ産経」とか「正論」の会員になれば、記者や評論家の講演会など、いろいろなイベントに参加できる特典がある。こういうファンサービスがあるのは産経だけ。(64才・男・地方公務員)
特に朝日新聞の慰安婦捏造報道を暴き出したと言っても良い産経新聞を、私は高く評価します。(46才・男・自営業)
経済面では田村秀男さん、政治面では阿比留瑠比さんなど信頼できる記者がいます。匿名の記事を書く新聞記者さんもいますが、彼らのように名前を出して読み応えのある記事をかける人のいる新聞は強いです。今はまだシェアも少ないですが、これから伸びてくると思います。(44才・女・会社員)
先般の朝日新聞の誤報記事「慰安婦捏造報道」や「福島原発、吉田所長の命令違反は誤報」を追求して、世にあぶりだしたのが産経新聞。それだけみても評価は十分。存在価値ありです。(63才・男・サービス業)
中立の口コミ
内容は物足りないものの、理解しやすいです。ひなちゃん(マンガ)が家族揃ってファンです。値段が安いので、他に変えにくいという理由もあります。(44才・女・会社員)
広告チラシが少ないのが少し残念ですが、記事は読みやすくお気に入りの料理家のレシピが週に一度掲載されたりするのでレシピはファイルして活用しています。(34才・女・兼業主婦)
朝刊のみなので読者としては読むのに楽です。そして、事件・事故の本質に迫る視点も評価できる部分です。ただ、言われているほど産経抄が良いとは思えませんし、批判的な記事が多いのと、新聞記者以外の学者や作家が頻繁に記事(論評)を出すのは、全国紙の新聞社として評価ができません。更に、地方へ行けばコンビニで買うことも困難です。そういうデメリットを克服しないと、全国紙とは言えないように思えます。(29才・男・会社員)
悪い口コミ
産経の論調は、もはやマスメディアの機能を放棄している。特定政党の機関紙か?権力のチェック機能を果たすという根源的な思想がこの新聞にはない。(52才・男・会社員)
電車の中で読むのにたまに買います。変に威勢のいい新聞ですが、他紙に比べて誤報や語句・数字データ等のミスが多く、そのくせきちんとした訂正記事が載ることが少ない。報道機関としていささか不誠実だと思います。(46才・男・翻訳業)
視点が他の新聞と異なる事は評価できますが、結論ありきの批判が多く、何をしているから批判というよりも誰がやっているから批判、という記事が目に付きます。政治や社会がわかりやすい文面である反面、低俗な事が多く、報道記事や図解説明などが少ないために情報量に不満を抱くことも。(53才・男・会社員)
保守の立場から主張しているのは理解しているが、それでもバイアスがかかり過ぎな印象は否めない。現政権での記事を読んでいると本当にこんな政治家しかいないのと気が滅入ってくる。(31才・男・会社員)
新聞比較のため、たまに買って読むが、自●党や財界からから一体いくら貰っているのかと思うほど、民●党やK首相を攻撃している。これを読んでいると確実に特定思想に洗脳されるのではないかと思えてくる。(59才・女・会社員)
保守を標榜しているくせに、日本の歴史と伝統にあまりにも無知。彼らの言う伝統というのは所詮江戸後期から明治というある意味近代的なもので、読んでいると、彼らの嫌っている革命思想の共産党よりも革命思想的なものを感じる。(50才・男・自由業)

口コミをもっと見る

その他のビジネス新聞の口コミopen

東京新聞
姿勢、発言、ともかく読者に明快に伝えようとする文体による記事、白黒がはっきりしていて揺るぎがなことなど、新聞本来の役割を遂行している点を評価する。東京新聞に替えてから、新聞を読むことが楽しみになった。(66才・女・自由業)
地方に住んでいますが東京新聞を読んでいます。理由は記事内容が本音で書かれてあって信用できるし、読んでスッキリするからです。私が読者投稿した時に、新聞社の人が確認の電話をくれましたが、一言温かい言葉を頂戴しました。人間味が感じられる新聞社だなと思っています。(51才・女・専業主婦)
切り口が鋭いです。震災以降は全国紙は原発報道に対して腫れ物に触る感じです、大手の広告主が脱原発を望まないので避けているのでしょう。しかし東京新聞はどの新聞よりも鋭く厳しく記事を書いています、私たちが本当に知らなければならない事実を書いているので購読しています。当たり前ですが都内の記事も充実しているので満足です。(38才・男・自営業)
東京の記事が多いので、仕事にも、普段の生活にも役立っています。原発や社会問題の記事が、全国紙には書けない、鋭く真実に迫る迫力があります。購読料金が東京の新聞の中では、一番安いのが家計には助かっています。(61才・男・会社役員)
一ページ目に天気が載っているため、朝の忙しいときに取りあえず折り畳み傘はいるのか、入らないのかがはっきり分かる。あと、字が大きくて読みやすい。それと、東京情報が充実してるから変えててよかったと思いました。(41才・女・専業主婦)
ずっと朝日新聞をとっていましたが、震災以後特に原発報道には隔靴掻痒のいらだちがありました。東京新聞に変えて、なぜもっと早くこの新聞にしなかったのかと思いました。販売店は同じですが、販売店側としてはやはり朝日新聞を売りたいようです。(64才・女・パート)
TVの討論番組などで論説副主幹の長谷川幸弘氏が発言したことについて、代表主幹が「発言は本紙の論評と違う」とか「社を代表して発言していない」などと述べているがそれはおかしい。違っていたら副主幹を降ろさせたりしないとつじつまが合わないと思う。(65才・男・公務員)
「子どもの貧困」問題を扱った記事で、記者のねつ造があったことにより、外部委員会の検証があったことを先日報じたが、取材したのではなく、空想で書いたとは、もやは新聞ではない。(65才・男・公務員)

口コミをもっと見る

神奈川新聞
地元が神奈川県なので購読しています。通常のニュースの他に神奈川県のニュースも載っています。ただしチラシが少ない気がします。(28才・男・フリーター)
埼玉新聞
気持ちいいぐらい埼玉県の情報に特化した新聞である。首相問責決議の日に、高校総体埼玉代表の記事が一面トップ。TPPで国会が割れているとき、地元商工会の記事が一面トップ。それぐらいの埼玉原理主義で、実に分かりやすく気持ちのいい紙面構成になっている。紙面は20面程度と非常に薄く、政経社会スポーツ面は5大誌の半分~1/3程度の分量。重要ポイントはもれなく押さえているが、プラスアルファは期待しない方がいい。埼玉愛にあふれる新聞。「埼玉都民」の多い一般家庭はともかく、地元団体やそれに所属する人たちには欠かせない新聞。地方紙とはこうあるべき!!(40才・男・団体職員)
スポーツ報知
文字が大きいのは良いが記事の内容が薄いものが多い(社会面と芸能面が特にそう)。1面記事はジャイアンツ関連か芸能記事だったりサッカー関連が定番だが他紙より速報性に欠けるのが欠点。元々は日刊新聞でスポーツ新聞に鞍替えした経緯が在るので仕方が無いけど。(46才・男)
日経産業新聞
会社に勤務している人に必要な最新情報が網羅されている。また、その記事の内容も的確で分かりやすいため。(25才・男・IT)
住宅産業新聞
日本唯一の戸建て業界専門紙です。一戸建てを建てようと思っている人が最初に読んでおくと大体のイメージがつかめるので良いと思います。ただ、業界人向け新聞なので消費者向け情報は少ないです。(39才・女・会社員)
神戸新聞
地域密着型で、小さなイベントの情報などが載っているところが気に入っています。兵庫県の魅力を多面的に知ることができるのが嬉しいです。ギャラリーやコンサートの情報をチェックして、休日のお出かけに生かしています。全国紙にはない個性とあたたかさを感じる新聞です。(35才・女・会社員)
規制の際は、必ず朝から目を通します。特に「イイ耳」と言うコーナーは、地元の話題が豊富なので、楽しいです。(31才・女・専業主婦)
地元紙として、地域ならびに地域住民の代表者として、活躍しており、加えて地域発展のためのリーダーシップを発揮している。(62才・男・フリーランサー)
京都新聞
地元密着型情報が多く、身近な事件、話題が豊富。昨日近くで起こった出来事などを知ることができる。(女・主婦)
朝日化、左傾化が著しい。元々共産党の強かった京都ではあるが、最近の記事は読むに堪えない程左寄りである。(54才・男・会社員)
北國新聞
紙面の文字も読みやすくなり、カラフルで紙面構成も工夫されていると思います。地方新聞としては、素晴らしい出来だと感じます。(33才・女・主婦)
北海道新聞
全国的なニュースや北海道の地方の情報が載っていて、地元のことがよく分かり文字も丁度良い大きさで読みやすい撃て良い新聞です。地元のことが詳しく載っている所が一番の魅力です。会員になれば懸賞やプレゼントなどのキャンペーンも定期的に行っているのでそれも楽しみの一つです。毎月新聞を出す時に使う新聞袋と薄い冊子が郵便受けに届き、冊子には生活に役立つ情報やレシピなどが載っていて参考になりとても良いです。(25才・女・アルバイト)
道新スポーツ
プロ野球の日本ハムファイターズやJ2の札幌コンサドーレや北海道出身のスポーツ選手の活躍がメインで掲載されているので、地元のファンにとっては嬉しいです。他のプロ野球チームやJ1や他のスポーツについても色々と掲載しているので読み応えがあります。芸能情報やテレビ番組表や占いもあり至れり尽くせりと言った感じで良いです。(26才・女・アルバイト)
聖教新聞
近所に聖教新聞の置いてあるラックが設置してあります。自由に持ち帰れるので、創価学会員ではありませんが愛読しています。テレビ欄やちょっとしたニュースを見たいのであれば、これで十分だと思います。(25才・女・学生)
最近の紙面構成の変更でラテ欄が最終面で無く成ったため非常に読みづらくなりました。東京に住んでますが全てのラジオ局の番組表が掲載されて居ないのも大いに不満。(44才・男)
中日新聞
三重県、愛知県に暮らしましたが、地元の人は皆中日新聞でした。地元情報が広く深く、転勤族にとってとても助かります。他紙と比べても、大きな記事は内容にほとんど差を感じません。原発事故後の記事も丁寧に取材しているのがわかります。たまに残念な文章があるのがおしいです。(40才・女・専業主婦)
東海地方では圧倒的シェアを誇ります。読者が多いということで、折り込み広告も多く、重宝しています。中日ドラゴンズに肩入れした内容である以外は、記事も中立的で思想的に変な偏りも感じません。手堅い記事内容かと思っています。(35才・男・大学職員)
名古屋においては。おりこみチラシ量が他新聞を圧倒しています。スポーツ面もドラゴンズ一色で、取引先との会話のつかみ用に購入しています。また季節の変わり目毎に販売店さんからドラゴンズグッズを多々もらえるので、ドラゴンズファンにはお得だと思います。(38才・男・会社員)
東海地方におけるメイン新聞。中日ドラゴンズの情報と折込広告の多さは他の新聞を圧倒する。 記事は、リベラル的な内容が多いです。(31才・男・情報処理系会社員)
中日よ、お前もか・・・。「子どもの貧困」を扱った記事で、取材に基づいたものではなく、記者が想像して書いたとは何たることか。事実ではないものを載せるのはもはや新聞ではない!(65才・男・教員)
私が生まれる前からドラゴンズファンの父が購読していました。父が亡くなった後も地元情報の充実さなどから何となく継続していましたが、最近の中韓よりの偏向記事にうんざりして、引っ越しを機に購読をやめました。(44才・女・会社員)
非常に中国よりで、読者に事実を歪曲して伝えている。朝日より酷いと巷で言われている通り。読者誘導が激しい。何も知らずに数十年購読していたのが悔やまれます。(38才・女・会社員)
ずっと中日新聞を小さい時から読んでいた。自己理由で止めたいからと伝えてから、しばらくして勧誘の女性がきて「朝日新聞読んでいるんでしょ?調べてわかっているんだから!」といわれました。たしかに、頼まれて試読はしましたが、それをとやかく言われるのはどうでしょうか?個々個人の問題だと思います。二度と読みたくないって思いました。(女・無職)
岩手日報
地方紙ですが、町のお役立ち情報、地域選手のスポーツでの活躍など、岩手県民として微笑ましいニュースがたくさん掲載されています。(14才・男・中学生)
中國新聞
やっぱし 郷土のニュースは毎日読みたいもんです。広島となると カープ、サンフレッチェ、それに郷土のお祭り。私は中国新聞を目をこらして隅々まで読んでいます。(62才・男・年金生活者)
4コマ漫画は「ちびまる子ちゃん」で、地方の情報は盛り沢山、勿論広島カープの情報もかなり濃いです。何より、「運勢」がかなり当たるので毎朝、運勢を欠かさず見る人が多いです。(32才・女・アルバイト)
西日本新聞
地域密着型新聞で、地元の事件事故が詳しく載ってます。なによりソフトバンクホークス情報が満載です。(35才・女・専業主婦)
小さな頃からこの新聞だったのですが、地域に密着しており話題が身近で共感しやすいです。字も大きくなり、ますます読みやすくなったと思います。(36才・女・団体職員)
領土問題などで日本の主張を全くのせずにあちら擁護の記事ばかりできわめて不快でした。社会欄はネットの内容とかわりなく1日遅れの記事の印象です。(45才・男・公務員)
他社より報道が遅く、また折角の地方新聞なのに、地域との馴れ合いに堕した記事が多くなった。記者がネット世代なのか、内容がありふれていて、自分の足で取材していないようだ。(56才・男・経営者)
河北新報
東北地方を広く網羅した地方新聞の雄です。今回の大震災では、あの大変な被害の中、震災の次の日にもページ数は少ないながらちゃんと家まで配達してくれ驚きでした。被災者である読者の日々の生活情報も細かく掲載してくれ、どんなに役に立ったことか!明治期に河北新報が創刊された時、「白川以北一山百問」と軽視されていた東北地方の文化的振興をめざしたとか。最近の松本元復興相の被災市民への失礼な発言があった時も、恫喝にもめげずしっかり報道してました。文化面がやや弱かったりしますが、地元情報と東北地方を盛り上げようという意気が感じられる紙面で、結局この地方紙を常にとっています。(49才・女・パート事務)
山陽新聞
岡山県を中心に読まれている有名地元誌。最近とみにどうでもいいようなスカスカ地元ネタの記事に辟易として、全国紙に切り替えた。全国に向けたもっと骨のある地元発信であって欲しかった。政治スタンスはやや左寄り。(52才・男・医師)
高知新聞
県外出身者の私には、夕刊の4コマ漫画が土佐弁でとても楽しいです。2面使って教育・健康に関する特集を定期的に組んでくれるので読み応えがあります。(40才・女・専業主婦)
徳島新聞
ずっと昔は、地方紙の良さも感じたが、今は、毎日すさまじい与党批判を初め、偏向報道などの、洗脳記事が目立ち、うんざり。もっと、中立的な記事は、書けないのか。地方紙しか買わない県民の情報が偏るのも無理はない。今は購買を続けるか検討中。他の新聞も購読している。(45才・女・自営)
徳島県人にとってなくてはならない新聞?シェア率80%以上!広告費稼ぐために終面は全面広告。内容としては地元に密着しているだけで大した記事はなく、よくこれで徳島の人は我慢していると思います。創価新聞の広告が定期的にはいるので、傾向としては朝日新聞と同じ極左です。全国紙でリベラルはありえても地方紙ではありえません。(50才・男・会社員)
新潟日報
地方紙ですが、地域の情報やニュースはもちろん、全体に紙面が厚く、内容が充実しているように思います。もちろんアルビについても非常に大きく取り上げていて◎!広告が多く内容が薄い某全国紙に比べ、「読みたい!」と思える記事が多く、非常に満足度が高かったのですが、現在県外在住のため購読できず、残念です。(35才・女・専業主婦)
地方紙ですが 内容が濃いです。地域に根付いたニュースが多いので嬉しい情報も!4コママンガが「ちびまるこちゃん」になり、さらに読むのが楽しみになりました。(45才・女・主婦)
日経流通新聞
月・水・金曜日に発行されている新聞。さまざまな売れ筋商品を知ることができ、おもしろいです。新製品週間ランキングでは「こんなお菓子が出たんだ~!おいしそう」と店で見かけたら買うという楽しみもあります。(27才・女・主婦)
仕事(小売業)に役立つことはもちろん、そのほかにも世の中のトレンドや新商品、話題の情報がいち早く写真満載で取り上げられているので読んで楽しい。(43才・女・自営業)
新商品や目新しいサービスが載っていて楽しいです。毎日届く○○新聞は30ページ以上あってもろくに読んでいないのに、日経流通新聞はとりあえず、見出しは全部チェック。半分ぐらいは読んでいます。(27才・女・会社員)
カラーや写真が多様されていて見やすい。また、週3回の発行で読むのが負担になりにくい。(25才・男・会社員)
日刊工業新聞
いつも、ネタをよくみつけてくるなぁと感心してしまう新聞です。日経とかぶっている記事は多いですが、かなり読み入ってしまいます。一部の人だけかもしれませんが、他社動向を幅広く入手でき、大変重宝しています。(42才・男・会社員)
日本海新聞
地域密着型の新聞で、地元のローカルな話題が多く載っているので、小さなころからなじみのある新聞です。誌面は、字が大きめなので読みやすい印象です。子供向け世情に関係したクイズなども掲載されていて、字も読みやすいので、最近の新聞を使った教育にも良いと思います。(44才・女・専業主婦)
値段は安いのですが、販売店の態度の悪さ、集金の人の礼儀のなさどれをとっても最悪です。クレジット支払いの処理にどうがんばったら2か月以上そして今もかかっています。紙面はまぁまぁです。でも、身内のことで余計な部分を書かれたので、あまりいい印象ないですね。(23才・女・パート)
信濃毎日新聞
とにかく左翼の一言。地方紙特有の競争がほぼ無い状態をいいことに書きたい放題。どこの国の新聞かと疑いたくなる。40年以上購読してきたが、最近は読めば読むほどイライラしてくる。そんなにこの国の体制が嫌いなのか、愛せないのか。とくに主筆は酷い。最近は毎朝不快になるのでいい加減解約を決意。信濃社会主義新聞に改名してもらいたい。(50才・男・会社員)
熊本日日新聞
地方の話題とかよく網羅されていますが、政治については左翼的な論調が目立ちます。最近は、韓国の農業に学べなるコーナーがありますが、韓国の農業の実態を知ったらとても書ける内容ではありません。(54才・男・無職)

※新聞ランキングはクチコミランキング編集部調べです。

※掲載情報の詳細は新聞を発行する各新聞社にてご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。

※新聞への口コミは投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

※虚偽である、個人を攻撃している等、問題のある口コミは、右のリンクから報告してください。 問題のある口コミを報告する

クチコミランキング編集部による総評

新聞ランキングの1位と2位は、発行部数でも激しく首位を争う読売新聞朝日新聞がランクインしました。読売新聞はバランスの取れた紙面に定評があり、朝日新聞は受験の朝日と呼ばれるほど総合、時事問題に強く、学生や子供を持つ親から高い支持を得ています。新聞の凋落は激しいですが、競い合って読者が求める良い紙面を作れれば、必ず新聞の生きる道はあるはずです。

3位の日本経済新聞はビジネスマン、ビジネスウーマンのバイブルとして欠かせない存在です。経済面の充実度は他の新聞を寄せ付けません。(※日経新聞は、実は世界で最も発行部数が多い経済紙です。)

インターネットが発達し、新聞をはじめとする紙媒体の発行部数は減少傾向にありますが、まだまだ我々の生活に欠かせないものであることは間違いありません。最近新聞を読んでいないという方は、この機会に購読されてみては如何でしょうか?活字から得られる情報は、インターネットとはまた違った面白さ、新鮮さがありますよ!

クチコミランキングスタッフ

新聞ランキング 口コミ投票! 口コミ10回採用でAmazonギフト券1000円プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

どの新聞に口コミする?
※必須
  • 日経新聞
  • 毎日新聞
  • 産経新聞
  • 読売新聞
  • 朝日新聞
  • その他
評価項目と点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目    点数(5点満点) 5   4   3   2   1
理由
メールアドレス※必須、PCアドレス ※口コミ採用時のご連絡先となります。
年齢
性別 男   女  
ご職業 (例:銀行員、専業主婦など)