人気の共済保険の評判をチェック。みんなのおすすめは?

2020年4月現在46,707件以上の口コミが見放題!

共済保険

共済保険 口コミ・評判ランキング

人気の共済保険を利用者の口コミをもとにランキング。2020年に加入するならどこがおすすめ?割戻金はいくら?コストパフォーマンスが良い共済をチェックしよう

共済とは、生活協同組合や業界団体などが運営している相互扶助システム。入院や手術・死亡などの万一の事態をカバーするために、組合員同士がお金を出し、相互に助け合うことで成り立っています。 民間の生命保険や損害保険とは、仕組みそのものは似ていますが、非営利で運営され、掛金(保険の保険料に相当する)が割安な点が、民間の保険との最大の違い。 日本には「4大共済」と呼ばれる知名度の高い共済があり、それぞれが独自性の高い共済商品を提供しています。
ただ共済と一言でいっても、それぞれの商品構成に違いがあるため、自分に合った商品を選ぶのは簡単ではありません。そこで編集部が4大共済を中心に、様々な共済の「保障内容」や「掛金」、そして共済の運営団体に剰余金が出た場合に、組合員に払い戻される「割戻金」の割合などをプロの視点から徹底調査。実際に共済に加入している方の「口コミ」や「評判」も合わせて掲載しています。
入院・手術時など、いざというときの保障は欲しいけれど、あまり高いお金を払うのは気が進まないという方は、ランキングの結果も参考に、共済の保障内容と掛金をチェックしてみてはいかがでしょう?

著者

著者 長尾 尚子

長尾 尚子(ながお なおこ)

フリーランスライター。FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士2級を保有し、保険関連の記事を幅広く担当。そのほかにも育児・教育、住宅ローン、金融、エンタメ等の記事を執筆。子ども2人を育児中のママでもある。
保有資格:消費生活アドバイザー、FP2級

都道府県民共済(全国生活協同組合連合会)

都道府県民共済画像

都道府県民共済(全国生活協同組合連合会)

総合

総合評価

4.8

共済の保障内容 5.0
共済掛金 4.5
共済金の支払い 5.0
財務の健全性 5.0
契約者サービス 4.5

都道府県民共済(全国生活協同組合連合会)公式サイトへ行く

共済保険 サービス比較

共済保険の運営母体 全国生協連(全国生活協同組合連合会)
共済の保障内容 生命共済・総合保障2型(月掛金:2,000円)の場合
保障期間 18歳〜60歳 60歳〜65歳
入院 (事故)1日目から184日目まで 1日当たり 5,000円 1日当たり 5,000円
(病気)1日目から124日目まで 1日当たり 4,500円 1日当たり 4,500円
通院 (事故)14日以上90日まで 通院当初から1日当たり 1,500円 通院当初から1日当たり 1,500円
後遺障害 交通事故 1級 660万円 〜13級 26.4万円 1級 500万円 〜13級 20万円
不慮の事故(交通事故をのぞく) 1級 400万円 〜13級 16万円 1級 300万円 〜13級 12万円
死亡・重度障害 交通事故 1,000万円 700万円
不慮の事故(交通事故をのぞく) 800万円 530万円
病気 400万円 230万円
その他のおもな共済保障・コース
  • 生命共済(総合保障1型・4型)
  • 生命共済(入院保障型)
  • 生命共済(こども型)※0才~17歳の子供の加入に対応
  • 生命共済(熟年型)
  • 生命共済(熟年入院型)
  • 火災共済(新型火災共済※地震基本共済金付)

都道府県民共済の強み

  • 加入件数は2,110万件!*数ある共済保険の中でもトップクラスの知名度と利用者の高い評判を獲得
  • 剰余金の割戻率は30.5%と4大共済でNo.1*

*2018年3月末時点

都道府県民共済の口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

60才・男・会社員

昨年、ちょっとした手術をして2週間ほど入院し、その後2週間自宅療養たことがあります。その際に加入していた医療保険と県民共済に保険金を申請したのですが、県民共済の保険金が一番早く振り込まれました。支払いが早いというのは、保険として信頼がおけますし、とても良いと思いました。保険料(掛金)も割安ですし、これからも県民共済との契約を継続したいと思いました。

31才・男・メーカー会社員

月々の掛け金が安く、十分な補償がついてくるのでお勧めです。月2000円で入院保障が日額5000円(入院保障型で10000円)、総合保障型のみですが死亡保障が病気で400万交事故で1000万など(入院保障型だとほぼなし)が付いてきます。民間保険会社などと比べて月々の掛け金が1,2割ほど安いうえに割戻金が3?4割ほど戻るのでさらに安くなります。新社会人から30代までの子供のいない既婚者など所得や貯蓄が少ない方にとってはとてもありがたいです。一方で死亡保障で何千万が必要になりうる子供がいる主に生計を担当している人(大黒柱)の場合や高齢者にとっては物足りなくなるでしょう。なのでその場合は民間の保険とプラスアルファでこの保険を入ることがおすすめかと思います。昨年鼻の手術で1週間入院しましたが、保険金の支払いもスムーズでした。

37才・女・専業主婦

安い掛け金で十分な保証が付いていると思います。月々2000円のプランに入っています。掛金は一般的な生命保険や医療保険と比べるとはるかに安いですが、入院日額5000円、死亡保障も以前より上がり600万円になりました。この掛け金ではありがたい保障内容です。また、都道府県民共済は割り戻し金が多く、年間6000円以上の掛金が戻ってきます。つまり実質毎月の掛金はもっと安いという事になります。コストパフォーマンスを考えると、相当お得です。

59才・男・会社員

民間の生命保険に比べると、共済は保険料がかなり安いですし、年に一度、割戻金が30%くらい返金されますこともあるので、とても良い保険だと思います。我が家では家族全員で県民共済に入っています。一度入院した際、保険を請求したこともありますが、保険金の支払いもとても早かったです。以前生命保険会社の多くが、保険金の不払いを起こし、問題になりましたが、共済ではそういう話を聞いたことがありません。何かあった際の支払いがスムーズな点も共済のメリットだと思います。

48才・女

県民共済はとにかく支払いが早いです。もう書類届いたの?っていうくらいのタイミングで入金されているのでとても助かります。我が家はこども共済でお世話になりましたが、掛金がお安いのに、友人が他の保険会社で下りないと言われた手術(過剰埋伏歯)も、しっかり保障していただきました。重度の捻挫でギプスをした時も、取り外しのできるものでしたが処方されている日数分の通院保障をいただき、大幅にプラスになりました。残念ながらこども共済の年齢を過ぎてしまったので他の保険を検討中ですが、友人にはかなり強くお勧めしています。

43才・男・保険代理店

保険会社にとって、一番怖いのは都道府県民共済を被保険者が知っていること。なぜなら県民共済と代理店がすすめる保険を同じ土俵で比較すると、どうあってもコストパフォーマンスで負けてしまうから。私の場合は、共済はどうですか?と聞かれたら、もう諦めて、同じ保障で比べたら共済のほうが良いと思います。共済は補償が限られるので、手厚い補償を受けようと思うのであれば、民間の保険がおすすめですと回答するようにしてます。まとめると県民共済は保険のプロの間でも評判良い(競合相手としては最悪ですが)ということです。

43才・男・金融関係

掛金の割に保障が充実しており、入院だけではなく死亡保障も付帯することから、県民共済に加入する人は多い。また共済組合の中でも都道府県民共済は規模が大きいため、保険金の支払いなどの不安がなく、財務も安定している。こうして書くと良いとこずくめのように思うが、唯一コープ共済に負けている部分がある。それは女性、特に妊婦への対応だ。コープ共済のL2000は妊婦も加入でき、帝王切開になった場合も入院給付金が支払われる。対して県民共済は健康告知義務違反がなければ、妊婦も加入できるが、保障開始後1年以内の帝王切開に関しては、手術共済金が出る保険に加入していても支払われない。入院給付金は出るので問題ないという考え方もできるが、妊婦が加入できることを明記しているコープ共済と比べると、消極的な対応と言えるだろう。

37才・男・マーケティング

県民共済は、数ある共済の中で、最もシェアが高く人気がある商品の1つで、JSCI(日本版顧客満足度指数)の保険部門で2年連続1位を獲得する等、利用者の評価が高いのは事実。ただ生命共済から火災共済まで商品ラインナップが豊富で、生命共済だけでも7種類あるなど、商品選びという点では、多分一番難易度が高い。現在は新型コロナウイルスの問題で、共済への加入者が増加しているが、入院保障と先進医療特約が付帯するという点でおすすめできるのは入院保障2型のみ。この商品であれば、入院1日1万円プラス先進医療までカバーしてくれる。口コミで書き込まれていないので、投稿しました。共済への加入を検討している方は、良かったら参考にしてください。

口コミをさらに読む

都道府県民共済は、全国生協連が41都道府県の会員生協と提携して提供する共済保険

総合的な名称は「都道府県民共済」となるが、それぞれの地域の生協が運営する共済ごとに、「都民共済」「道民共済」「府民共済」「県民共済」と呼び方が分かれている(※ただし神奈川県には別の生協団体が運営する「県民共済」が存在するため、呼称は「全国共済」となる)。

一年間の新規加入件数は98万件、累計加入件数は2,110万件と圧倒的な規模を誇る日本4大共済の一つ

取り扱う共済は、病気やケガの保障と死亡時の保障を受けられる生命共済(総合保障型、入院保障型、こども型、熟年型)と、住宅の火災や地震などの自然災害に備える火災共済の二種類。

生命共済には、医療保障と死亡保障をバランスよくカバーした「総合保障型」、入院時の保障を手厚くした「入院保障型」、対象年齢を絞った「こども型」(0~17歳まで)や「熟年型」「熟年入院型」(65~85歳まで)等のラインナップがあり、さらに保障を追加したい場合の「特約コース」(医療特約、新がん特約、新三大疾病特約、介護特約)も用意されている。

掛金は月額1,000円から4,000円。また、毎年の決算後に剰余金が出た場合は、割戻金として還元される。ちなみに、全国共済連の割戻引当金は、受入掛金総額の約30.5%(2018年3月末時点)となっており、実質的に掛金の約3割が還元される計算。

通常、地域型の共済に加入するためには、該当する都道府県に住居や勤務地がある必要があるが、都道府県民共済は41の都道府県に展開しているため、転勤が多い家庭や進学・就職等で住所が変わりがちな学生などの保障にも適している

リーズナブルかつ手厚い医療保障を探している場合は要チェックの共済保険だろう。

目次に戻る

コープ共済(コープ共済連)

コープ共済(コープ共済連)画像

コープ共済(コープ共済連)

総合

総合評価

4.7

共済の保障内容 4.5
共済掛金 4.5
共済金の支払い 5.0
財務の健全性 5.0
契約者サービス 4.5

コープ共済(コープ共済連)公式サイトへ行く

共済保険 サービス比較

共済保険の運営母体 コープ共済連(日本コープ共済生活協同組合連合会)
共済の保障内容 《たすけあい》女性コース・L2000円コース(月掛金:2,000円)の場合
保障期間 満65歳の満期日まで
(加入可能:満18歳~満64歳)
病気入院・事故(ケガ)入院
(1日目から184日分)
日額 5,000円
女性特定病気入院
(1日目から184日分)
上記の日額にプラス日額3,000円
事故 (ケガ) 通院 日額 1,000円
手術 2・4・8万円
長期入院(270日以上連続した入院) 30万円
事故後遺障害 4~100万円
病気死亡・重度障害 100万円
事故死亡・事故重度障害 上記にプラス100万円
家族死亡・家族重度障害 1・2・5万円
住宅災害(火災等・風水害等) 3・15・30万円
その他のおもな共済保障・コース
  • 《たすけあい》ベーシックコース
  • 《たすけあい》ジュニア20コース
  • 《たすけあい》医療コース
  • 《あいぷらす》満18歳~満60歳
  • 《あいぷらす》満60歳~満70歳
  • 《プラチナ85》
  • 《ずっとあい》終身医療
  • 《ずっとあい》終身生命
  • 《新あいあい》(引受:全労済)
  • 《火災共済+自然災害共済》(引受:全労済)

コープ共済の強み

  • 全国展開するコープの共済。インターネットから手続き可能
  • 女性コースとジュニアコースの保障内容が充実!

コープ共済の口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

34才・女・保険関連

共済と言えば都道府県民共済が有名ですが、個人的にはコープ共済としっかり比較して加入されることをおすすめします。コープ共済は女性向けの補償が充実していますし、子ども向けの共済や個人賠償責任保険、先進医療特約等、基本保障に付帯できる保障がかなり充実しています。また妊娠中の女性や持病がある方への共済なども提供しているので、保険関連の専門家の評価も高いです。これから加入する共済を探している方は、是非一度チェックしてみてください。

42才・男・金融機関

生命保険と比較されることが多い共済保険ですが、私はコープ共済をおすすめします。理由はいくつかあり、コープ共済であれば、手ごろな掛け金で生命保障に入院特約やがん特約をつけることができるから。一般的な生命保険は死亡保障に特化しており、医療保障は付帯させることができませんが、コープ共済は一つの商品に相乗りさせることができます。また保険商品として営利を目的としておらず、こどもが加入できる商品や妊婦が加入できる商品を用意している点も好感が持てます。保険の種類としては、あいぷらすの場合は同じ掛け金での加入期間は10年と決まっているので、定期死亡保険をイメージすると良いと思います。終身タイプはないので、そこは注意が必要ですが、定期死亡保険への加入を検討するのであれば、同じ土俵で比べるべき保険商品だと思いました。

子どもの怪我の通院で何度か共済金の請求をしました。電話での対応はすごく丁寧で、怪我をしたと言ったら子どもの心配もしてくれて、事務的なやり取りではないのが嬉しかったです。共済金の支払いも手続きから2、3週間ほどとスピーディーに入金されるのも安心できます。こどもでも加入できる共済は扱っているところはそもそも数が少ないので、もし手ごろな掛け金で子どもが加入できる商品を探している方がいれば、コープ共済をおすすめします。

39才・女・保険関連

コープ共済の最大の魅力は、妊婦でも加入できる商品プランがあるところだと思います。一般的な保険は妊婦はリスクが高いため、保険への加入を認めていないか、妊婦特有の病気になった場合に保険の対象外になりますが、コープ共済のたすけあい女性コースは、妊娠中の女性はもちろん、高血圧、脂肪肝、脂質異常症・高脂血症の方もきちんと告知し、条件を満たしていれば加入できます。女性がかかりやすい病気に関しては、プラスして保障が受けられますし、通院や日帰り手術も保障の対象になっています。これだけの保障が受けられて、掛金が2,000円からというのはすごいし、コープ共済が女性から支持されているのは、専門家から見てもうなづけます。

いわゆる県民共済のことで、他の共済と比べても優れているのはその通りだと思うのですが、決して万能という訳ではありません。例えば都道府県民共済は多くの都道府県で購入できる一方で、2019年10月現在、山梨、福井、鳥取、徳島、愛媛、高知、佐賀、沖縄の8件に関しては取り扱いがありません。またコープ共済が妊婦向けの共済を取り扱う一方で、県民共済に関しては同種の共済を取り扱っていません。バランスの取れた優れた共済である一方で、上記の2点については注意しておきましょう。

43才・男・金融関連

共済は相互扶助を重視しており、営利目的ではないので、幅広く年代が同じ保険料で同程度の保障が受けられる点が最大の魅力。特にコープ共済は、民間の保険会社が加入を断ることも多い妊婦の加入を明確に認めている点が優れているのは言うまでもない。ただ妊婦、つまり出産は女性の死因でランクインするほどリスクの高いイベントであり、手術や入院になることも珍しくない。コープ共済は組合員全員でそのリスクを負担している訳で、その分は保険料(掛金)に反映されることになる。他の共済にも妊婦が加入できるものがあるが、コープ共済はそれを明示している分、その加入者が増えるのは、一般の加入者にとってはマイナスと言えるのかもしれない。

コープ共済は、コープ(生活協同組合)傘下の「コープ共済連」が運営する共済保険

全国展開するコープのうち、居住地域のコープ組合員となることで加入できる(オンライン手続き可能)。

2018年3月時点の加入件数は867万件(コープ共済連の引受商品のみでは824万件)と大きく、日本の4大生協の一角を占める。

取り扱う共済は、病気やケガによる入院・手術を手厚く保障する「たすけあい」、死亡保障を中心として、入院・手術・がんの保障を追加できる「あいぷらす」、終身型の死亡保障(もしくは医療保障)の「ずっとあい」など。その他、全労済が引受団体となっている火災共済や組み合わせ型の生命共済(新あいあい)も提供している。

特に、「たすけあい」の女性コースやジュニア20コースはコストパフォマンスが高く、女性コースは「たすけあい」のベーシックコースと同じ掛金で入院1日あたりの共済金額が多めに支給される。さらに女性特定疾病の際の追加給付や、通院保障も付帯。ジュニア20コースも同様に、入院と通院の保障が手厚く、子どもの医療費助成がある地域でも保障を受けられる点が人気となっている。

掛金は、共済商品ごとに異なるが、もっとも加入件数が多い「たすけあい」の場合は、月額1,000円から4,000円。他の共済と同様、決算後の剰余金は割戻金として組合員に還元される。コープ共済の割戻率は、商品・コースごとに異なり、「たすけあい」の女性コースは22.1~23.0%。ベーシックコースは18.1~18.9%、ジュニアコースは2.0~16.8%(いずれも2018年3月末時点)と、掛金の約2割前後が戻る計算となっている

共済金の請求や契約内容等は、全国の生協の窓口が対応しているため、対応のスピードにも定評がある。特に女性・子どもにメリットの多い共済保険だろう。

目次に戻る

JA共済(JA共済連)

JA共済(JA共済連)画像

JA共済(JA共済連)

総合

総合評価

4.6

共済の保障内容 4.5
共済掛金 4.5
共済金の支払い 5.0
財務の健全性 4.5
契約者サービス 4.5

JA共済(JA共済連)公式サイトへ行く

共済保険 サービス比較

共済保険の運営母体 JA共済連(全国共済農業協同組合連合会)
共済の保障内容 医療共済(月掛金:3,149円)の場合
試算条件)30歳男性、共済期間&共済掛金払込期間:80歳まで、1入院支払限度日数:60日、月払、入院見舞金:なし、先進医療保障:あり、三大疾病重点保障特則:あり
保障期間 6~80歳 ※終身も選択可
入院 入院共済金 1日あたり5,000円
(三大疾病の場合は2倍)
入院見舞金 1回につき5万円
(三大疾病の場合は2倍)
手術 手術共済金 入院中の手術1回あたり10万円
(三大疾病の場合は2倍)
外来手術1回あたり2.5万円
(三大疾病の場合は2倍)
放射線治療 放射線治療共済金 1回あたり5万円
(三大疾病の場合は2倍)
先進医療 先進医療共済金 技術料相当額(通算1,000万円まで)
先進医療一時金 先進医療共済金の×10%(上限30万円)
その他のおもな共済保障・コース
  • 終身共済
  • 養老生命共済
  • 定期生命共済
  • がん共済
  • 生活傷害共済(働くわたしのささエール)
  • 介護共済
  • 年金共済(ライフロード)
  • こども共済
  • 建物更生共済(むてきプラス、My家財プラス)
  • 火災共済
  • 自動車共済(クルマスター、自賠責共済) ほか

JA共済の強み

  • 全国のJAで展開する4大共済の一つ
  • 共済のラインナップ・保障内容とも自由度が高い

JA共済の口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

女・専業主婦

子ども二人とも生まれたときから入っています。すすめられたのもありますが、何と言っても掛け金が80歳まで変わらずに同じだということが魅力でした。しかも生まれたときからなので掛け金が安くて月々の支払いは1200円くらいです。これで入院保証もしっかりしています。80歳までこの価格でいけるので早めに入っていてよかったなぁと思います。赤ちゃんのときに入院しましたが、日額5000円出たので個室代になり助かりました。

43才・男・FP

JA共済と言うと、農業関連の人だけの共済というイメージを持つ方も多いと思いますが、わずかな出資金を支払い準組合員になれば、誰でも加入できます。JA共済は他の共済と比べても規模が大きく、財務も安定していることから保険金の支払いなどはまず心配ないし、共済自体の掛金も割安です。これだけ聞くとメリットだけで、デメリットはなにもないように思いますが、実はJA共済にも弱点があります。それは各種手続きの際、JAの窓口にいかないといけないという点です。近くに窓口がある人にはおすすめできますが、それがない場合は、ネットで完結できる共済のほうが手間は少ないです。

JA共済は、JA(農業協同組合)傘下のJA共済連が運営する共済保険

日本の4大共済の一つで、加入件数は全商品合計で4,046万件、生命共済のみでも2,180万件の規模を誇る(2018年3月時点)。

非常に多くの商品ラインナップを取り扱っており、死亡保障においては、終身型の「終身共済」、定期型の「定期生命共済」、貯蓄型の「養老生命共済」の3種類。医療保障では、保障期間を10年間・80歳まで・終身の3種類から選べる「医療共済」などがある。その他、「介護共済」や「こども共済」「がん共済」など、ニーズ別に分かれている多数の生命共済や、自動車共済・火災共済も提供。

他の共済保険のように、同一の保障を同一の掛金で提供するパッケージ型の共済ではなく、保障内容や加入者の年齢などにより、掛金が変動する。

共済金額や特約などは、自分で選べるケースが多く、民間の生命保険や医療保険に近い仕組みの商品と言えるだろう。

掛金は、他の共済保険と同様、毎年の決算後の剰余分が払い戻されるが、個々の契約ごとに通常割戻金(費差割戻金、利差割戻金、危険差割戻金)と特別割戻金を計算し、決定される。

JAが運営母体となっているため農業従事者の共済というイメージが強いが、農家組合員でない場合も、出資金(退会時返金)を支払って准組合員になることで加入が可能。

相談窓口や拠点は限られるものの、近隣にJAがある場合は選択肢の一つになる共済保険だろう

目次に戻る

こくみん共済(全労済)

こくみん共済(全労済)画像

こくみん共済(全労済)

総合

総合評価

4.6

共済の保障内容 5.0
共済掛金 4.0
共済金の支払い 5.0
財務の健全性 4.5
契約者サービス 4.5

こくみん共済(全労済)公式サイトへ行く

共済保険 サービス比較

共済保険の運営母体 全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)
共済の保障内容 こくみん共済・総合タイプ(月掛金:1,800円)の場合
保障期間 15歳~59歳
入院したとき 交通事故 日額5,000円
不慮の事故等 日額3,000円
病気等 日額1,500円
交通事故で通院したとき 交通事故 日額1,000円
身体に障害が残ったとき 交通事故 540万円~24万円
不慮の事故等 360万円~16万円
死亡・重度の障害が残ったとき 交通事故 1,200万円
不慮の事故等 800万円
病気等 400万円
常に介護を要し上記の共済金が支払われる場合で6ヵ月間生存のとき 400万円
その他のおもな共済保障・コース
  • こくみん共済(総合タイプほか2種類)
  • こくみん共済(医療タイプほか2種類)
  • こくみん共済(障害安心タイプほか1種類)
  • こくみん共済(キッズタイプほか2種類)
  • こくみん共済(シニア医療タイプほか3種類)
  • こくみん共済(生きる安心タイプほか2種類)
  • こくみん共済(がん保障プラス)
  • こくみん共済(終身医療5000)
  • 自動車共済(マイカー共済、自賠責共済)
  • 火災共済(住まいる共済)
  • 個人年金共済(ねんきん共済)
  • いきいき応援 ほか

こくみん共済(全労済)の強み

  • 交通事故による入院・通院・後遺障害を手厚くカバー!
  • 豊富な商品ランナップから共済を選択可能

こくみん共済(全労済)の口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

40才・男・保険関連

全労済という名前でCMをやっているので名前を聞いたことがある人も多いと思います。加入を検討している方は、県民共済やコープ共済と比べる人が多いと思いますが、傾向としてこくみん共済は掛金が高くなるかわりに保障が手厚いところがメリット。裏を返せば最も掛金が安い共済を探している方は、他の共済を選ぶことをおすすめします。またこれは共済全般に言えることですが、民間の保険のように高額な保険金を掛けることはできません。こくみん共済の保障が手厚いと言っても終身タイプを取り扱っている訳ではない点も注意しましょう。ただ4大共済の1つだけに、商品のバランスが取れた優れた共済であることは間違いないと思います。

こくみん共済は、全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)が運営する共済保険

日本の4大共済の一つで、契約件数は全労済全体で3,166万件(2018年3月時点)と数ある共済の中でもトップクラス。

運営元となる全労済では、「こくみん共済」のほかに、民間の自動車保険に相当する「マイカー共済」や、地震などの自然災害や住宅の火事に備える「住まいる共済」も提供しており、いずれも知名度が高い。

こくみん共済は、保障内容ごとに多数のコースに分かれており、死亡保障と医療保障がセットになった「総合タイプ」「大型タイプ」、医療保障を重視した「医療タイプ」、ケガなどの障害を重点的にカバーする「傷害安心タイプ」、その他「キッズタイプ」「シニア(総合・医療)タイプ」などを、加入者のニーズに合わせて選択できる。また、それぞれのタイプを組み合わせることも可能。

掛金は、総合・大型タイプで月額1,800~5,400円、医療タイプで月額1,150~2,300円、キッズタイプで月額900~1,600円。決算後の剰余は、割戻金として組合員に還元される。2017年3月時点での割戻率は、総合・大型タイプで16.6%、医療タイプは20.0~21.7%、キッズタイプは15.5~15.6%であり、掛金のおよそ2割弱が戻ってくる計算となる

また、全労済は47都道府県に200ヵ所以上の相談窓口を設置し、対面での相談や手続きに強い点もメリット。インターネット経由での見積もり・加入手続きにも対応している

ちなみに、総合・大型タイプの場合、入院共済金の支払いは5日以上連続して入院した場合に限られるため、医療保障を手厚くしたい場合は医療タイプのほうがおすすめ。

幅広いラインナップの中から、自分に合った保障を見つけたい場合に、有力な選択肢となる共済保険だろう

目次に戻る

かながわ県民共済(神奈川県民共済生活協同組合)

かながわ県民共済(神奈川県民共済生活協同組合)画像

かながわ県民共済(神奈川県民共済生活協同組合)

総合

総合評価

4.5

共済の保障内容 4.5
共済掛金 4.5
共済金の支払い 4.5
財務の健全性 4.0
契約者サービス 5.0

かながわ県民共済(神奈川県民共済生活協同組合)公式サイトへ行く

共済保険 サービス比較

共済保険の運営母体 神奈川県民共済生活協同組合
共済の保障内容 県民共済かがやき2000(月掛金:2,000円)の場合
保障期間 18~60歳 60~65歳 65~70歳 70~80歳 80~85歳
入院 病気等 8,500円 6,500円 4,000円 3,000円 1,500円
不慮の事故・交通事故 8,500円 6,500円 4,000円 3,000円 1,500円
手術 5・2.5・1.25万円 2・1万円・5,000円 -
死亡・高度障害 病気等 250万円 125万円 60万円 30万円 15万円
不慮の事故・交通事故 500万円 350万円 100万円 75万円 35万円
先進医療給付金 250万円限度 150万円限度 100万円限度 50万円限度 -
その他のおもな共済保障・コース
  • 県民共済かがやき(4000)
  • 県民共済活き活き(3000、1500)
  • 県民共済活き活き(新こども)
  • ケガ保障コース

かながわ県民共済の強み

  • 掛金の割戻率は27.9%*と高め
  • 神奈川県内で利用できる契約者サービスが充実

*2018年3月末時点

かながわ県民共済の口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

42才・男・保険関連

神奈川県民だけ加入できる共済です。他県とは異なり、神奈川で県民共済と言えば、このかながわ県民共済のことを指しています。神奈川以外にも都道府県民共済の取り扱いがないところは他にも数件ありますが、単独での事業規模としてはこのかながわ県民共済が一番大きい。桜木町(みなとみらい)の一等地に立派なビルがあります。当然のことながら、都道府県民共済をベンチマークに商品設計されているので、商品性が負けているということはありません。ネックは神奈川県民に住んでいる方という条件がある点ですね。長く神奈川にいる予定がない方は素直に他の全国展開している共済への加入をおすすめします。

かながわ県民共済は、神奈川県内の独立系生協「神奈川県民共済生活協同組合」が運営する共済保険

1973年に全国初の県民のための共済(県民共済)として事業をスタートしており、地域型共済の老舗と言える。加入する際には、神奈川県内に「居住地」もしくは「勤務地」があることと、組合員として出資金(200円※退会時返金)を支払うことが条件となる。

取り扱う共済は、医療保障と死亡保障がセットになった「県民共済かがやき」と「県民共済活き活き」。その他に、0~17歳までの子どもが対象の「県民共済新こども」、ケガを重点的にカバーする「ケガ保障コース」がある。

「県民共済かがやき」と「県民共済活き活き」は、「かがやき」が入院保障重視、「活き活き」が手術保障重視と、保障内容が分かれており、掛金も「かがやき」が月額2,000円・4,000円、「活き活き」が月額1,500円・3,000円となっている。

特に、「かがやき」は、掛金が同じ価格帯の他の共済保険と比較すると、1日あたりに支給される入院共済金の額が大きく、手術保障もあるなど、コストパフォマンスが良い。ただし、通院保障は付帯しないため、手術と通院に重点を置きたい場合は「活き活き」のほうがおすすめだろう。

県民のための共済事業として運営されているため、加入者は県民共済が発行する「わかばカード」を提示することで、県内の様々なレストンやレジャー施設、引っ越しや車検などの生活サービスを割引価格で利用することができる。神奈川県内に居住・勤務しており、医療保障をしっかり確保したい場合は要チェックの共済保険だろう。

目次に戻る

  • 共済保険 口コミ・評判ランキングはクチコミランキング編集部調べです。
  • 掲載情報の詳細は、共済保険を提供している各社にてご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。
  • 共済保険 口コミ・評判ランキングへの口コミは投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。
  • 虚偽である、個人を攻撃している等、問題のある口コミは、右のリンクから報告してください。問題のある口コミを報告する

共済保険 口コミ・評判ランキング 編集部による総評

編集部による総評

共済保険を利用するユーザーの口コミ・評判をもとに格付けを行った結果、1位にランクインしたは、販売地域の広さ、共済のラインナップ共に高い評価を得た都道府県民共済でした。都道府県民共済は、全国生協連が販売する共済で、医療、がん、こども、火災共済と豊富な商品を取り扱い、手ごろな掛け金で利用できる点が最大の魅力です。また共済加入者限定で、個人賠償責任保険に加入できる点も評価されていました。

2位にランクインしたコープ共済も高い人気を獲得している共済保険です。コープ共済の最大の魅力は、妊娠している女性でも加入できる共済を用意している点。ほとんどの保険や共済が、妊娠中の女性の加入を認めていない中、一定の条件付きながらコープ共済は保険への加入を認めています。この姿勢は営利を目的としない共済ならではと言って良いでしょう。

共済保険と一言で言っても、商品ラインナップやその特徴、掛金等、様々な部分に違いがあります。共済への加入を検討している方は、利用者の口コミやランキングの結果も参考に、ご自身のライフスタイルに合う共済保険を選びましょう。

目次に戻る

共済保険 口コミ・評判ランキング 口コミ投票!口コミ10回採用でAmazonギフト券1000円プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

  1. 入力
  2. 確認
  3. 完了
必須どの共済保険に口コミする?
  • 都道府県民共済(全国生活協同組合連合会)
  • コープ共済(コープ共済連)
  • こくみん共済(全労済)
  • JA共済(JA共済連)
  • かながわ県民共済(神奈川県民共済生活協同組合)
  • 電通共済生協
  • 教職員共済
  • 警察共済組合
  • 学生総合共済
  • とうきょう共済
  • 京都市民共済
  • おきなわ共済
  • その他
必須評価項目と点数
  • 主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください

評価項目

点数(5点満点)

-点

任意理由
必須メールアドレス
  • PCメールアドレスを指定してください
  • 口コミ採用時のご連絡先となります

例)kuchiran@kuchiran.jp

任意年齢
任意性別
任意ご職業

例)銀行員、専業主婦など