人気のビジネスカードをランキング。経営者がおすすめする評判の良いビジネスカードは?

2024年2月現在51,377件以上の口コミが見放題!

ビジネスカード

ビジネスカード 口コミ・評判ランキング

人気のビジネスカードを利用者の口コミをもとにランキング!法人経営者、個人事業主の評判が良いおすすめのビジネスカードは?

ビジネスカードは、会社名義の口座から経費を引き落とすことができる個人事業主及び法人向けのクレジットカードの総称です。法人経営者や個人事業主の方は、ビジネスカードを1枚持っていると、個人が経費を立て替え払いする必要がなくなり、経理処理を効率よく行う事ができるようになります。日々時間に追われる個人事業主や法人経営者にとって、経費の精算は手間がかかる作業の一つであり、ビジネスカードの保有は会社を大きくしていく上でも必須と言えるでしょう。
また、ビジネスカードには、経理処理の効率化以外にも様々なメリットがあります。ビジネスカードの利用金額に応じたポイント付与やキャッシュバック、支払い期日が後ろにずれることによるキャッシュフロー改善、各種保険や空港ラウンジサービスの無料付帯等、現金利用では得られないメリットが充実。さらに年会費は経費として処理する事も可能です。
その一方でビジネスカードと一言で言ってもカードによってサービス内容は大きく異なります。そこでクチコミランキングが人気のビジネスカードを利用者の口コミをもとにランキング。実際にカードを活用している法人経営者、個人事業主の評判も参考に、自分に合ったビジネスカードを見つけましょう!

NEW REVIEW新着口コミ

新着の口コミ

新着の口コミ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード画像

  • American Express

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

総合

総合評価

4.8

ステイタス 4.5
年会費 5.0
付帯サービス 5.0
利便性 5.0
人気 4.5

公式サイトへ行く

ビジネスカード比較

年会費 22,000円(税込)※期間限定で初年度年会費無料!次年度以降もカード利用額200万円以上で、年会費半額11,000円(税込)
カード利用限度額 ユーザー個別に設定
旅行傷害保険 国内・海外最高1億円
ショッピングガード保険 年間最高300万円
空港ラウンジサービス 国内主要空港、海外700ヶ所以上の空港で利用可能
ポイント還元(キャッシュバック) 国内:1,000円につき1ポイント
海外:1,000円につき2ポイント
  • 1ポイント10マイルとしてJALマイルに交換可能

お得な新規入会キャンペーン

期間中の入会で初年度年会費が無料に!条件達成で最大3,000円!(2023年8月31日(木)まで)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード 期間限定キャンペーン

期間中にセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに入会すると、初年度年会費22,000円(税込)が無料!さらに今なら条件達成で最大3,000円キャッシュバック!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードの口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

41才・男・中小企業経営

いつくか法人用のビジネスカードを持っていますが、カードのステイタス、使える場所、特典、ポイント還元率を考えると現時点ではこのカードがベスト。JCBの法人向けビジネスカードも確かに良いし、キャッシュバックは分かりやすいが、あれはあくまで法人口座からのキャッシュバックになるので、経営者としてのお得度がない。法人カードのポイントはやはりキャッシュバックではなく、法人経営者のメリットとして享受できるほうが良い。

37才・男・ベンチャー経営

年間200万円使えば年会費はゴールドカード並の10,800円。それでいてマイル還元率がプロパーのカードよりも高く、プライオリティパスも使える。さらに法人引き落としにも対応しているし、利便性は極めて高い。アメックスブランドでカードとしての格もまずまずだし、コスパを考えるならこの一択ではないかと思う。

35才・男・広告代理店経営

ビジネスカードとしてのパフォーマンスはまず間違いなく、セゾンがベスト。保障面や利便性の高さ、ポイント還元率も一般カードと比較すると雲泥の差があるだけではなく、年間のカード利用額に応じて年会費が半額になる。経費とはいえ、無駄な費用は払わない姿勢が我々のようなベンチャー経営者には必要。それを満たした上で、ステイタスもあるクレジットカードだと思う。

46才・男・IT関連

ビジネス向けのクレジットカードはたくさんありますが、セゾンプラチナビジネスは、その中でも使い勝手は良いと思う。電話一本でクレジットカードの支払額を一時的に引き上げることができるのもかなり便利。私の場合、月に数百万円程度の決済でしたが、2年で利用限度額が1,000万円にアップ。さらに2年経過し、一時的ですが2,000万円まで引き上げてもらえました。税金の立替払いでもしっかりポイントが貯まりますし、周りの経営者を見ても使っている人は多いです。(2022年12月29日投稿)

47才・男・会社経営

今でも法人クレジットカードのなかではメインで使っていますが、徐々に改悪されている印象はあります。セゾンマイルクラブの年会費5,500円が以前は無料だったのですが、2023年からは年間15万マイルの上限に達しなかった場合、5,500円かかるように。またセゾンクラッセというポイント還元率がアップするサービスについても廃止されたのは周知の事実。代替えのサービスはカード保有者全体向けなので、プラチナカードとしてのサービス拡充が足りないかなと。高級レストランの席予約とかいくつか特別感があるものがありますが、響かない人には響かないと思います。(2023年6月8日投稿)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンカードとアメリカンエキスプレスが提携し、発行するビジネスカード。年会費は20,000円(税抜)、ETCカードの発行手数料・年会費も共に無料。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力は、他のプラチナクラスのビジネスカードと比較すると年会費が安く、お得度・付帯サービス共に充実している点だろう。特に年会費については年間200万円以上の利用で、次年度半額になるため、該当する人にとっては実質10,000円(税抜)で持てるプラチナカードと言える。

付帯サービスには、成田・羽田を始めとする国内主要空港に加え、海外1,300箇所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが無料付帯。さらにホテル・フライトでプラチナカード会員限定のサービスを受けることができる優待サービス「オントレ」、コナミスポーツクラブを法人会員料金で利用できる特典、国内・海外共に最高1億円まで補償する旅行傷害保険等、他のビジネスカードと比較しても内容が充実。

ポイントサービスは、国内の買い物で利用した場合1,000円につき1ポイント、海外利用分は1,000円につき2ポイント付与。また1ポイント10マイル換算でJALマイルに移行でき、ポイントに有効期限がない点も、大きな魅力だろう。

法人名義口座で引き落としするためには、申込者本人の名義が併記されたものに限るという条件はあるが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがビジネスカードとして、トップクラスのステイタスとサービス内容を備えている事は間違いない。

目次に戻る

マネーフォワードビジネスカード

マネーフォワードビジネスカード画像

マネーフォワードビジネスカード

公式サイトへ行く

ビジネスカード比較

年会費 無料
  • ウォレット開設2年目以降で直近1年間の支払い実績がない場合、1,100円(税込)
  • リアルカード発行手数料は1枚目無料、2枚目以降990円(税込)
  • バーチャルカード発行手数料は枚数に限らず無料
カード利用限度額 なし(ウォレットの保有上限、およびチャージ上限は原則5,000万円)
旅行傷害保険 なし
ショッピングガード保険 なし
空港ラウンジサービス なし
ポイント還元(キャッシュバック) 1~3%
※100ポイント単位でウォレット残高へ移行可能

キャンペーン情報

  • 新規契約でもれなく3,000円分のポイント還元

マネーフォワードビジネスカードは、クラウド会計ソフトとして知名度が高い「マネーフォワード」が提供するビジネスカード。あらかじめ開設した口座(ウォレット)に現金を入金(チャージ)し、カード支払金額が自動で引き落とされるプリペイド式のビジネスカードとなっている。

与信審査が不要となるため、創業直後の法人でも口座開設とカード発行が可能で、月の利用上限もない(口座残高とチャージ金額の上限は原則5,000万円)。
また、ビジネスカードの利用額に応じて1~3%のポイントが貯まり、100ポイント単位・1ポイント1円換算でウォレット残高に移行できる点もメリットだろう。

年会費は初年度無料。次年度以降も1回以上の支払い実績があれば無料となる。カード発行手数料は、リアルカードの1枚目は無料。2枚目以降は1枚990円(税込)となる。
「マネーフォワード クラウド」(会計ソフト)等、マネーフォワードの他サービスを利用していなくても申し込み可能だが、会計ソフトの利用料金をマネーフォワードビジネスカードで支払うとポイントが3%還元となるため上手に活用したい。発行は申し込みから約1週間程度。

事前チャージなしで決済できプリペイド機能とも併用可能な「あと払い機能」(与信審査あり)も提供している。
一般的なビジネスカードに用意されている空港ラウンジサービスショッピング保険、旅行傷害保険等は付帯しないが、保有中のランニングコストが少なく、ポイント還元率も高い。特に創業から間もない法人・個人事業主は要チェックのビジネスカードだろう

目次に戻る

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード画像

  • American Express

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

総合

総合評価

4.7

ステイタス 5.0
年会費 4.0
付帯サービス 5.0
利便性 5.0
人気 4.5

公式サイトへ行く

ビジネスカード比較

年会費 36,300円(税込) ※追加カードは1枚につき13,200円(税込)
カード利用限度額 ユーザー個別に設定
旅行傷害保険 国内最高5,000万円・海外最高1億円
ショッピングガード保険 年間最高500万円
空港ラウンジサービス 国内28空港、海外1空港のラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能
ポイント還元 国内・海外:カード利用100円につき1ポイント(1ポイント1マイル換算で提携航空会社のマイルやポイント・プログラムに移行可能)

入会特典

オンラインからの入会で初年度年会費無料&最大30,000ポイントプレゼント!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード 入会特典

オンラインからアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードに入会すると、初年度年会費36,300円(税込)が無料!さらにカード入会から1年間で200万円以上カードを利用するともれなく30,000ポイントプレゼントも

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

39才・男・IT関連

周りの経営者を見ても法人クレジットカードの中で一番保有者が多いのではないかと思う。実際にはこのゴールドがデフォルトで、さらに成功している経営者はプラチナカードを持っている。もちろん年会費は高いが、空港ラウンジにせよコンシェルジュにせよ、上手く使えば3万円程度は余裕で元を取れる。何か手配するにしても社員に依頼するより、はっきりいって効率が良いし、予算に応じて対応してくれるので楽。また限度額も他の法人クレジットカードと比較すると大きい点もやはり便利。特にIT関連の仕事をしていると広告費がかさむのでカードで決済すれば信じられない位ポイントが貯まる。

44才・男・会社経営

年会費は確かに高いが、ビジネスカードの年会費が経費で処理できるのでしっかり利益が出ていればそこまで気にする必要はない。ただ経営者としてはその投資に見合う成果がえられるかどうかが重要なのも確か。私の場合は飛行機を利用する機会が多いので、同伴者1名無料の空港ラウンジや手荷物無料宅配だけでも元は十分とっており、さらに会食の手配なども最近はぐるなびのビジネスサービスを利用しているので、年会費分は余裕で回収している。

40才・男・IT関連

私の場合は広告費をこのカードで処理しているので、年間数千万円単位で使っており、数十万マイル貯めることができているので、年会費を差し引いてもアメックスが圧倒的にお得。アメックスは限度額が最初少ないという問題があるが、そこはカードデスクに連絡すると融通が利く。数百万円単位の場合は前入金で対応してもらうことも可能で、その場合もポイントを貯めることができるので実際お得度は高いと思う。

41才・男・専門職

会社の設立初年度から作ることができるというのは意外でした。三井住友VISAのビジネスカードは黒字決算でないと持てないものもあるので。カードとしての格やステータスは間違いなくビジネスカードの中でも上位だと思います。その分年会費は高いですが、経費処理できるので、問題ないかと思います。サービス面も出張が多い人なら間違いなくメリットが多いのですが、高級レストランの1名優待が付帯しないのは残念。JALのサクララウンジが利用できる特典が追加されたのは大きなメリットだと思います。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行するビジネスカード。年会費は36,300円(税込)、ETCカードの発行手数料は無料、年会費は550円。社員向けに追加カードを発行する場合、1枚につき年会費13,200円(税込)で発行できる。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの魅力は、他のビジネスカードと比較しても圧倒的に充実した付帯サービスを提供している点だろう。国内・海外旅行障害保険はもちろん、病気やケガで予定していた出張や接待のため予約していたコンサートに行けなかった場合のキャンセル費用を補償するキャンセル・プロテクション、購入した商品の破損・盗難による損害を購入から90日間年間最高500万円まで補償するショッピング・プロテクションなど、充実の補償を提供。さらに同伴者1名まで無料で利用できる空港ラウンジサービスや、全国300ヶ所以上のシェアオフィスやコワーキングスペースの自由席が利用できるOFFICE PASSの割引等の独自サービスも多数提供。

年会費は高いが、しっかり利用すれば、その費用を大きく上回るメリットがあることは間違いない。また現在、アメリカン・エキスプレスでは、初年度年会費が無料になり、さらに年間200万円の利用で30,000ポイントがもらえる入会特典を利用できるので、ビジネスカードの利用を検討している方は必ずチェックしておきたい。

目次に戻る

JCBビジネスプラスゴールド法人カード

JCBビジネスプラスゴールド法人カード画像

  • JCB

JCBビジネスプラスゴールド法人カード

総合

総合評価

4.6

ステイタス 4.5
年会費 4.5
付帯サービス 5.0
利便性 4.5
人気 4.5

公式サイトへ行く

ビジネスカード比較

年会費 10,000円(税抜)
カード利用限度額
旅行傷害保険 国内最高5000万円・海外最高1億円
ショッピングガード保険 年間最高500万円
空港ラウンジサービス 羽田、成田、関西国際空港など国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港で利用可能
ポイント還元(キャッシュバック) 先月のカード利用額に応じて、交通費・出張費の最大3%をキャッシュバック

キャンペーン情報

【期間限定】インターネット新規入会キャンペーン実施中!(2023年3月31日まで)

キャンペーン情報

期間中にインターネット経由でJCB法人カードへ新規入会すると、もれなく最大250,000分のJCBギフトカードをプレゼント!さらにオンラインからの申込み限定で、JCBゴールド法人カードの初年度年会費11,000円が無料!

JCBビジネスプラスゴールド法人カードの口コミ・評判

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

41才・男・ベンチャー企業

法人向けのクレジットカードの中でも仕組みがわかりやすいですし、3%還元は圧倒的。ポイントは個人で活用したいという人もいると思いますが(それも法人クレジットカードのメリットですし)、キャッシュバックで法人の中で完結することに抵抗が特になければこれが一番すっきりしていておすすめできる。

42才・男・会社経営

ビジネス利用のカードの場合、自動的に請求額からキャッシュバックされたほうがわかりやすい。JCBの法人カードは月5万円以上カードを利用するとキャッシュバックの対象になるので、法人決済が毎月5万円以上ある人にとってはメリットが大きい。

JCBビジネスプラスゴールド法人カードは、JCBが発行する法人・個人事業主向けのビジネスカード。ゴールドカードの年会費は10,000円(税抜)。

JCBビジネスプラスゴールド法人カードの魅力は、カード利用額に応じて最大で月1万5千円のキャッシュバックが受けることができる点だろう。例えば今月のカード利用額が60万円であれば、翌月の交通費・出張経費の2%をキャッシュバック。カード利用額が月100万円を超えるとキャッシュバック率は3%にアップ。年間で最高18万円のキャッシュバックを受けられる。

さらに付帯保障も充実。国内最高5,000万円・海外最高1億円の旅行傷害保険に加え、年間500万円まで保障するショッピングカード保険、国内20以上の空港に加え、ハワイ・ホノルル空港のラウンジが無料で利用できる空港ラウンジサービスが付帯。

お得なビジネスカードを探している人はもちろん、保障が充実したビジネスカードを探している人にとっても要チェックの1枚だろう。

目次に戻る

三井住友ビジネスカード(ゴールドカード)三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード(ゴールドカード)画像

  • VISA

三井住友ビジネスカード(ゴールドカード)

総合

総合評価

4.5

ステイタス 4.5
年会費 4.5
付帯サービス 4.5
利便性 4.5
人気 4.5

公式サイトへ行く

ビジネスカード比較

年会費 10,000円(税抜)
カード利用限度額 20万~300万円
三井住友ビジネスカードの独自サービス ビジネスサポート
旅行傷害保険 国内・海外最高5,000万円
ショッピングガード保険 年間最高300万円
空港ラウンジサービス 国内主要空港で利用可能
ポイント還元
三井住友ビジネスカード(ゴールドカード) 1,000円につき1ポイント(1,100PでVJAギフトカード5,000円分に交換可能)
三井住友ビジネスカード for Owners 200円につき1ポイント(1ポイント1円相当)

三井住友ビジネスカードの口コミ

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

40才・男・会社経営

三井住友VISAが発行するビジネスカードというと、法人が黒字化していないと発行できない且つ初年度の発行は難しく、二期目、三期目など、ある程度の実績がないと作れない印象があったが、新しいOwnersカードは、個人で与信するため、スタートアップでも作れるとのこと。会社経営者にとって、これはかなりありがたい変更で、今後人気が出てくるのではないか。会社を作ると本当にカードが作れないので、そういう思い切ったサービス改善は好感が持てる。

41才・男・建設業

三井住友VISAは入会審査が他のビジネスカードと比較すると厳しいので、このカードを持っていると年配の経営者の中にはすごいねと言ってもらえることがあります。年齢が上になればなるほど、クレジットカードのステイタスについて造詣が深い人が多いのでそういう方たちにある機会が多い方には三井住友VISAのビジネスカードがおすすめです。

40才・男・専門職

このランキングに掲載されているビジネスカードはどれもお得度が高いので、経費節約(または経営者がキャッシュバックを受けられる)という観点で比較すると、三井住友VISAビジネスカードは厳しい。ただ三井住友VISAは黒字企業でなければカードを発行できない等ハードルが高いので、信頼性という点で言うと高い評価が得られるというのは同意します。

三井住友カードが発行する法人・個人事業主向けのビジネスカード。年会費は10,000円(税抜)。ゴールドカードに加え、クラシック(一般)カード、プラチナカードも発行している。

三井住友ビジネスカードの特徴は、ビジネスシーンで様々な優待が受けられるビジネス優待サービスが、他のビジネスカードと比較しても充実している点だろう。

三井住友ビジネスカードの独自サービス「ビジネスサポートパック」は、オフィス用品のデリバリーに加え、国際エクスプレス輸送の割引、レンタカー・引越しの優待等、4種類のサービスを提供。この他にもベネフィットワンによる福利厚生代行サービスの優待や「Visaビジネスオファー」を利用する事で、世界最大級のホテル予約サイトエクスペディアの8%割引クーポン(※海外ホテルのみ)の提供等、法人の経費を削減できる付帯サービスが充実。

カード利用限度額の初期設定は20万円~300万円となっており、ビジネスの様々なシーンで役立つ優待が充実。各種付帯保障に加え、ゴールドカード以上であれば空港ラウンジサービスも付帯しており、総合的に見ると高い実力を持つビジネスカードの一つだろう。

三井住友カードでは、法人代表者、個人事業主向けに、新しく「三井住友ビジネスカード for Owners」の発行を開始。これまでのカードとは異なり、法人代表者個人の与信でビジネスカードを発行でき、登記簿謄本や決算書の提出は必要ない。会社の設立間もないスタートアップ企業の経営者は、多くの場合、ビジネスカードが作れなかったが、三井住友ビジネスカード for Ownersであれば、発行できる可能性があるので要チェックだろう。さらにインターネットから申し込むと初年度年会費が無料、今なら最大1万円相当のギフトカードがもらえる入会キャンペーンを実施している点もうれしい。

目次に戻る

EX Gold for Biz

EX Gold for Biz画像

  • Mastercard
  • VISA

EX Gold for Biz

総合

総合評価

4.5

ステイタス 4.0
年会費 5.0
付帯サービス 4.5
利便性 4.5
人気 4.5

公式サイトへ行く

ビジネスカード比較

年会費 2,000円(税抜)(初年度無料)
カード利用限度額 10~300万円
旅行傷害保険 国内最高1,000万円、海外最高2,000万円
ショッピングガード保険 年間最高100万円
空港ラウンジサービス 国内19空港、海外2空港のラウンジで利用可能
ポイント還元 1,000円につき1スマイルポイント(ビジネスカード会員は+20%)
  • 100スマイルポイントでAmazonギフト券500円分に交換可能

キャンペーン情報

【クチコミランキング限定】ウェルカムキャンペーン実施中!(※会員登録日の翌々月末まで)

キャンペーン情報

期間中にクチコミランキング経由でオリコ エグゼクティブゴールド フォービズに入会し条件を満たすと、もれなく最大7,000円分のポイントをプレゼント!

オリコエグゼクティブゴールドフォービズの口コミ

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

34才・男・会社経営

年会費が安く、お得度が高いビジネスカードを作りたいという事であればこれが一番だと思う。前年度のカード利用額に応じてポイント還元率は最高1.5%までいきます。ギフト券へ交換する際のハードルも低いですし、ビジネスカードにステイタスを求めないのであれば他と比較しても圧倒的にお得です。

37才・女・会社役員

うちの会社が使っているのはここです。理由はまず年会費が安く、ポイントが貯まりやすいという点。また発行のハードルも高くないので、ビジネスカードを作りたいと会社にとって、最初の選択肢としても良いと思います。カード券面も落ち着いていて悪くないです。最初の設定が30万円と驚きましたが、他のカードの支払い実績を考慮してもらい100万円にすぐにしてもらい、1年経過後300万円までアップしています。

信販会社大手オリエントコーポレーションが発行するビジネスカード。個人事業主向けのエグゼクティブ ゴールドフォービズ エスと、法人代表者向けのエグゼクティブ ゴールドフォービズ エムの2種類を用意している。年会費は初年度無料、次年度以降はそれぞれ2,000円(税抜)。

エグゼクティブ ゴールドフォービズの魅力は、他のビジネスカードと比較しても年会費が安く、ポイント還元率が高い点だろう。エグゼクティブ ゴールドフォービズでは、カード利用1,000円につき1ポイント付与。さらにビジネスカード会員限定で20%分のポイントが加算される。またカード利用額に応じて次年度以降のポイント還元率がアップし、最大で通常の2.2倍のポイント(ポイント還元率1%以上)を貯める事ができる

付帯保障も充実しており、国内最高1,000万円、海外最高2,000万円の旅行傷害保険に加え、年間最高100万円のショッピングガード保険が無料付帯。

エグゼクティブゴールドフォービズは、コストパフォーマンスが高いビジネスカードを探している人におすすめの1枚。

目次に戻る

シェルビジネスカード(ゴールドカード)

シェルビジネスカード(ゴールドカード)画像

  • JCB

シェルビジネスカード(ゴールドカード)

総合

総合評価

4.4

ステイタス 4.5
年会費 4.5
付帯サービス 4.5
利便性 4.5
人気 4.0

公式サイトへ行く

ビジネスカード比較

年会費 10,000円(税抜)
カード利用限度額 50~250万円
旅行傷害保険 国内最高5,000万円、海外最高1億円
ショッピングガード保険 年間最高300万円
空港ラウンジサービス 羽田、成田、関西国際空港など国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港で利用可能
ポイント還元 カード利用額に応じて、交通費・出張費の最大3%を毎月キャッシュバック!

シェルビジネスカードの口コミ

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

41才・男・会社経営

うちは営業が車で客先を周る仕事をしているので、ビジネスカードも当然ガソリンカードを選んでいますが、その中でもシェルビジネスカードはキャッシュバック率が高くお得度が高い。またETCカードの無料発行もできる。請求スパンは当月末締め翌々月末払いなのでキャッシュフロー的に有利な点も良い。

全国4,000店舗以上のサービスステーションを運営する昭和シェル石油とJCBカードが提携し、発行するビジネスカード

シェルカードの特徴は、シェルビジネスカードの申し込み時に、昭和シェル石油のサービスステーションでの利用に限定したFUELカード、SS専用カードを発行できる点。FUELカードは、サービスステーションでのガソリン・灯油・軽油の支払いのみ、SS専用カードはサービスステーションでの全ての買い物の支払いで利用できる。車を頻繁に利用する経営者にとって、用途を限定したビジネスカードを発行し、スタッフに渡す事が出来る点は大きなメリットと言えるだろう。

またシェルビジネスカードでは、先月のカード利用額に応じて、翌月に使用した交通費・宿泊費の最大3%をキャッシュバック。例えば毎月のカード利用額が100万円以上、交通費・宿泊費が50万円以上であれば、年間18万円のキャッシュバックを受けることができる。

付帯保障に関しても国内最高5,000万円、海外最高1億円の旅行傷害保険、年間最高300万円保障のショッピングガード保険が無料付帯しており、申し分ない。

会社のガソリン代を一括管理し、さらに月々キャッシュバックを受けることができる、お得なビジネスカード。

目次に戻る

その他のビジネスカードへの口コミ・評判

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(0件)

  • まるコミ(0件)
  • 中立(0件)
  • バツコミ(0件)

40才・男・IT関連

ゴールドカードは年会費が高くて難しいという方は一般のいわゆるグリーンカードで十分だと思う。アメックスの場合はグリーンカードでも空港ラウンジは同伴者1名まで無料だし、手荷物無料宅配や無料ポーターも利用できる。一部のサービスは付帯しない、もしくはダウングレードするが、実際のところそこまで大きな影響はないはず。

目次に戻る

  • ビジネスカードの口コミ・評判をもとにしたランキングは編集部調べです。
  • 掲載情報の詳細は、ビジネスカードを発行するクレジットカード各社にてご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。
  • ビジネスカードへの口コミは投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。
  • 虚偽である、個人を攻撃している等、問題のある口コミは、右のリンクから報告してください。問題のある口コミを報告する

ビジネスカード 口コミ・評判ランキング 口コミ投票!口コミ10回採用でAmazonギフト券1000円プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

  1. 入力
  2. 確認
  3. 完了
必須どのビジネスカードに口コミする?
  • JCBビジネスプラスゴールド法人カード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード
  • 三井住友ビジネスカード(ゴールドカード)
  • オリコ エグゼクティブゴールドフォービズ
  • シェルビジネスカード(ゴールドカード)
  • ダイナーズビジネスカード
  • エネオスビジネスカード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード
  • ダイナーズクラブカード
  • ダイナーズクラブ ビジネスカード
  • ビュー法人カード
  • UFJCardビジネスクラブ法人カード(JCB)
  • その他
必須評価項目と点数
  • 主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください

評価項目

点数(5点満点)

-点

任意理由
必須メールアドレス
  • PCメールアドレスを指定してください
  • 口コミ採用時のご連絡先となります

例)kuchiran@kuchiran.jp

任意年齢
任意性別
任意ご職業

例)銀行員、専業主婦など

本サイトにはプロモーションが含まれます。