転職サイトランキングを活用して転職を成功させよう

転職サイトランキング

  • ホーム
  • このサイトについて
  • サイトマップ

転職サイトランキング 口コミ

転職は自分の将来を見直す手段!無料で利用できる転職サイトは心強い味方です。みんなのおすすめは?open

昔と違い今は転職が当たり前の時代。ただ、いざ転職となると情報収集や職務経歴書の作成、面接対策等いろいろ大変です。そこで活用したいのが転職サイト。転職サイトは転職情報の提供だけではなく、転職活動の進め方や退社の仕方を支援してくれます。なかには転職活動中の悩みを相談できるサイトもあり、うまく活用すれば間違いなく転職活動に有利です。転職サイトの利用は無料なので、転職を検討している方は積極的に活用してキャリアアップを成功させましょう。

クチランスタッフ

オススメ!【ネット銀行で節約】住信SBIネット銀行なら振込手数料が月3回まで無料!預金金利も国内最高水準!

リクナビNEXT画像

求人数 新着・更新求人 毎週1,000件以上オススメ!
スカウトサービス 有り
求人企業 営業、事務、企画、サービス、専門職(コンサルタント・金融・不動産)、IT、電気・電子・機械技術者、医療関連、建築他
総合 4.6
求人数 5.0
求人の質 4.5
年収アップ 4.0
サービス 4.5
人気 5.0

ここに注目!

  • リクナビNEXTのみで掲載されている求人 約87%オススメ!
  • スカウトメール配信数トップ(月400万通以上)オススメ!
  • 転職成功ノウハウで転職活動に関するハウツーや体験談を公開

詳細

人材サービスを中心に圧倒的な実績を誇るリクルートが運営する転職サイト。毎週1,000件を超えるの新着・更新求人が掲載されるなど求人数は転職サイトの中でもトップクラス。大企業はもちろんベンチャーの求人にも強い。求人情報の検索機能も使いやすく、今ではどこの転職サイトでも行われているスカウトサービスの草分けもリクナビNEXT。230万人以上の登録者、月400万通を超えるスカウトメール配信と他の転職サイトを圧倒している。
その他にも転職を成功させるためのノウハウが詰まった転職パーフェクトガイド、様々な業界のプロに仕事に対するスタンスを聞く「プロ論」等、転職する際はもちろん、仕事をしていく上でも役立つコンテンツが充実。
会員登録時、Yahoo!JapanIDが必要になる点が不満という声があったが、2012年12月18日以降はそれも不要となり、メールアドレスとパスワードによるシンプルな認証となったため、利便性も向上。求人数、求人の質、スカウトメールの充実度等、全てを総合すると転職を検討する際、現時点では最も利用価値が高い転職サイトである事は間違いない
また、リクルートは人材紹介会社として国内No1の実績を誇るリクルートエージェントの運営元でもある。リクルートエージェントは転職サイトにはない非公開求人を多数取り扱っており、求人件数は10万2,000件と圧倒的。本登録するためには全国にある拠点、もしくはキャリアコンサルタント指定の場所で面接を行う必要があるが、転職のプロであるキャリアコンサルタントが、求人のピックアップはもちろん、履歴書の作成、面接の支援、年収交渉、退職の仕方まで無料でサポートしてくれるのは心強い。 効率よく転職活動をすすめたいと考えるのであれば、転職サイトと並行して上手く活用すると良いだろう。

年収が800万円を超える場合、転職サイトでの求人検索のハードルが上がるため、ヘッドハンターの活用がおすすめ。「リクルートキャリアカーバー」は敏腕ヘッドハンターのみで構成。効率良く年収アップとキャリアアップが両立できる求人を紹介してもらう事ができるので上手く活用すると良いだろう。※ただし年収が規定値を下回る場合、登録後の紹介に対応していない点には注意が必要。

口コミ

いい口コミ
是非とも転職活動では登録しておきたいサイトです。求人もリクナビでしか取り扱っていないものもあります。その上、幅広い業界に精通しており、バランスが良いと思います。ただスカウト機能はあまり当てになりません。自動送信で送られてきているものがよくあり、見ればすぐにわかるので、そこは少し見直しても良いかと思います。(31才・男・無職)
社会人になり、転職を経験し、今人事と言う仕事にしていて初めてわかるが、企業が採用計画を立て、採用活動を行う際、転職サイト全てに同じ求人を出すという事はまずない。理由はリクナビNEXTにせよ、マイナビ転職にせよ、DODAにせよ、掲載しようと思えばそれなりの掲載費用がかかる訳でそれこそ良枠に掲載しようと思えば本当に3桁単位でお金がかかります。バブル時代ならいざ知らず、企業は予算を考えて媒体を絞り込みます。その際、大手やある程度お金があり、業績が良いところはやはりリクナビNEXTが一番の選択肢(集客力・応募数が違う)。そういうところを外して転職活動しようと思う人は別ですが、やはりここは外せない転職サイトだと思う。(28才・男・人事)
他の転職サイトと比較すると求人数が多いのは明らかであり、ランキングするならやはりここが一番だと思う。他にもいろいろな転職サイトがあるが、ここは求人数の多さもさることながらスカウトメールの配信数がすごい。ちなみに私は転職して1年以上経つが、いまだに月に1通位はスカウトメールが届く。すぐに転職する気は全くないが、自分のスキルやキャリアを常に更新し、どういう企業が自分に興味を持っているかを知る上でもスカウトメールには価値がある。(27才・男・医療関係)
地方の主要都市の求人が充実している数少ない転職サイトだと思う。私の場合、Iターン転職で人材紹介会社が使えず、企業探しに苦労したが、リクナビNEXTに登録し、地道に希望企業の求人を探し続けた事で無事転職する事ができた。さらに言えば掲載料金が高いリクナビNEXTに出稿している会社はある程度の規模がある会社なので、安心できるというのも魅力だと思う。(32才・男・出版関連)
40代での転職だったのでいろいろと不安があったが、転職サイトの中ではリクナビNEXTが一番希望の条件を満たす求人が多く、且つ書類選考への合格率も高かった。なかでもたまに届くスカウトメールは、オープンオファー、興味通知オファー共に返信する事でほぼほぼ書類選考に通過した。人材紹介会社と併用したが、転職活動の開始から3か月でリクナビNEXT経由で応募した求人で無事転職が完了し、良かった。待遇も納得いくものだった。(41才・男・消費財関連)
転職活動の際、いろいろと登録しましたが、やはりリクナビNEXTとが一番使いやすいと感じています。私の場合、自分で主体的に仕事を探し、応募する一方で、月に4~5通はスカウトメールが届きました。そしてスカウトメールの求人でオープンオファーの場合、通常の応募と変わらない事がほとんどですが、プライベートオファーの場合、書類選考を飛ばしていきなり面接だったりするので効率も良いと思います。私の場合、結局自分が応募したところに採用されたので、そっちに行きましたが、もし落ちてたらプライベートオファーをくれた会社に行っていたと思います。(31才・男・プログラマー)
中立の口コミ
リクナビNEXTは転職サイトの中でも出稿の審査が厳しく、評判が悪い、求人内容と実際の掲載内容と乖離がある等の場合、以降の掲載を一切受け付けないと知り合いから聞きました。これは確かな情報だと思います。そういう意味で掲載求人の信頼度は高いと思います。ただ他と比較しても求人の応募数は多いものの、掲載料の問題で他の転職サイトに出稿するケースもあるようなので、ここ一択にする必要はないと思います。(28才・女・企画営業)
企業に入り、初めて知ったことですが、よっぽどの大企業でもない限り、転職サイトの大手どころに一括で求人を掲載したりはしません。なぜなら企業にとって求人掲載はコストであり、特に大手の転職サイトへの掲載は費用も桁違いでかかるからです。基本的には企業は予算を考えながら掲載する転職サイトを選ぶので、リクナビNEXTを使わないケースもあります。もちろん現時点でリクナビNEXTが最大手である事は間違いないので予算がある大企業や成長企業で勝負をかけたいところは掲載するので、外す事ができない転職サイトである事に疑いはありません。(30才・男・人事)
スカウトサービスを利用し、いくつかオファーもいただきましたが、全く希望していない職種ばかりでした。こちらのレジュメをちゃんと見ていないのか?と疑いが出る程、事務の実務経験ばかりなのに、オファーの職種は営業、販売、体を使うサービス業ばかりで残念でなりませんでした。オファーを送る企業の手当たりしだいな感じがとても伝わります。職種違いのオファーは制限してもらえると、もっといい転職サイトになるのでは?と思います。(35才・女)
求人数は圧倒的に多いかもしれないけれど、結局のところ登録数もものすごいので、書類選考を通るだけでも大変なのだと思った。以前勤めていた会社で求人を出したけど、小さな会社なのに1日30人のペース。企業側にとっては登録数が多いだけ選択の幅が広がるけれど、求職者にとっては本当に狭き門だと思う。実際転職の時にリクナビを使って、面接には呼ばれるものの、内定には至らなかった。そしてyahooと提携してから、使いにくくなったと思う。(29才・女・会社員)
悪い口コミ
いつもは、ハローワークの求人検索を利用しています。一つの会社に長年勤務していたせいか他の会社がどのような求人を出しているのか見当もつきませんでしたが、インターネットで一番最初にリクナビNEXTが表示されたので利用。内容も充実しておりフォロー体制も素晴らしいと思いました。しかし個人情報をここまで晒して良いかどうか心配になり、スカウトサービスには登録しませんでした。中高年の仕事を検索していてこちらにたどり着いたのですが、実際に仕事を探してみると20代、30代が主体で、最年長でも40代向けという有様。50代の自分にしてみれば結局ハローワークさんから紹介してもらえる仕事に安心感を憶え、面接に行き、採用される運びとなりました。内容は先にも述べましたが、求人が充実しており、わかりやすく、優良な会社が多いのは理解できたのですが、需要と供給のバランスが均一ではないと思います。実際に1件だけ求人を紹介していただき、その求人を辞退、退会する事にしました。ハローワークの人が指摘しておりましたが、私が希望した職種の企業は、いつも募集枠がありブラック企業という噂があるようでした。結果的に辞退して正解だったかと・・・・(54才・男・非正規)
会員登録後、スカウト登録しておくとスカウトのメール(もちろん応募して書類選考等あるが)が来るが、これが見当違いのものがある。たとえば年齢で何歳以下と書いてあって私の年齢では応募できないのにスカウトメールが来るなど。またある特定資格を持っていないと応募できないのに無資格者に送ってくるのもいかがなものかと。。指名とか個人特定する情報は無理にしても学歴や年齢、求人を出している会社が要求しているスキル(経験や資格など)を満たしているかはもちろん求職者のプロフィールで見れる範囲だがわかるはず。転職サイトの中でも情報量は確かに多いが、ある会社が20、30いろいろな職種で出しているから多いなどというときもあり、量が多くても質としてはいかがなものかと思うときがある。(48才・男・現在は無職(求職中))
リクナビNEXTで転職したが、転職後に求人業務内容と実際の業務内容が違った。待遇面も、実際の応募業種の待遇ではなく、役職者の待遇を記載しているなど、求人側の都合の良いことしか書いていなかった。実際の業務や待遇が求人時と違うことが転職先の離職率が高い原因らしいが、掲載内容と実際の状況も確認して、掲載すべきだと思う。求人数を稼ぐためかもしれないが、求人側の都合のいいことばかりで、後々、リクナビも求人側も応募者も損をするのでは。(34才・女・団体職員)

口コミをもっと見る

パソナキャリア

主な拠点
北海道、宮城、長野、山梨、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、山口、愛媛、高知、福岡、沖縄 他全国47都道府県110拠点
求人数
21,000件以上
求人企業
IT・Web関連、営業、メーカー、メディカル(医療・製薬)、金融、広告・マスコミ、消費財、不動産・建設他

特徴

  • 全国47都道府県110を超える拠点で無料転職相談に対応オススメ!
  • 業界に精通したプロのキャリアコンサルタントが無料で転職をフルサポート
  • 転職サイトにはない非公開求人が充実!21,000件を超える業界トップクラスの求人数(※公開求人20%、非公開求人80%)

詳細

パソナキャリアは、国内トップクラスの拠点数と求人数を誇る人材紹介会社。数ある人材紹介会社の中でも利用者の満足度と転職決定率の高さに定評があり、男性はもちろん女性の転職にも強みがある。
パソナキャリアの拠点は、全国47都道府県110箇所と他を圧倒。求人数は公開求人、非公開求人を合計すると21,000件以上と公開求人のみ取り扱う転職サイトと比較しても圧倒的。無料の転職サポートに登録し、拠点に来社すると「はじめての転職必勝ガイド」をもれなくもらえるので、転職が初めてという人は上手く活用したい。
また業種別に特化した転職のプロであるキャリアコンサルタントが、年収アップのためのアドバイスに加え、求人応募、履歴書・職務経歴書のブラッシュアップ、面接対策や年収交渉、退職手続きまで無料でフルサポート。
数多くの求人の中から、自分に最適な企業を選び、転職したいと考えるのであれば、自分で企業を選ぶ転職サイトに加え、プロのサポートを無料で受けられるパソナキャリアのような有力な人材紹介会社も上手く活用すべきだろう。

口コミ

いい口コミ
いわゆるプロのキャリアコンサルタントに相談ができる転職エージェント(人材紹介会社)では、リクルートエージェントとパソナキャリアが2強。リクルートエージェントのほうが転職の成功実績は多いが拠点が限られる。パソナキャリアは全国に拠点があり、都市部だkではなく、地方の求人にも強い。儲けを考えれば都市部に集中すべきだが、地方をカバーしているところに同業者として好感が持てるし、すごい強みだと思う。(32才・男・人材紹介サービス)
転職サイトは基本的に登録を断られる事はありませんが、人材紹介会社の場合、その人にマッチした求人がないと判断されると、「残念ながら求人がない」メールが届きます。逆に登録自体がOKとなると、彼らにとっては転職が決まらないと1円にもならないので職務経歴書の書き方から面接対策まで転職サイトでは難しい内容までしっかりサポートしてくれます。20代の若手の場合、よほど転職回数が多かったりする場合を除き、登録できると思うのでおすすめです。私が利用した中ではパソナキャリアは求人数が多く、対応も丁寧で良かったです。(27才・男・SE)
多くの人が転職サイトと人材紹介会社を併用する(最初は転職サイトのみの人も多いと思いますが)と思います。転職サイトも人材紹介会社も2~3使い、自分に合ったところを絞り込むのが一番効率が良いと思います。私の場合は転職サイトではじめて履歴書・職務経歴書を作り、それをベースにして人材紹介会社を利用しました。キャリアコンサルタントと会うのを面倒だと思う人もいるかもしれませんが、そもそも大手企業や急な応募で人気がある求人の場合、応募が殺到するのを防ぐため、転職サイトを利用しないケースもあるという事なので、自分の選択肢を広げるためには必須のサービスではないかと思います。(28才・男・証券会社)

DODA(デューダ)画像

求人数 約2万件(※非公開求人8万件)オススメ!
スカウトサービス 有り
求人企業 営業、企画・事務、IT、製造業、建築・土木、メディカル他
総合 4.4
求人数 5.0
求人の質 4.0
年収アップ 4.5
サービス 4.0
人気 4.5

ここに注目!

  • 7月7日~9日に東京(水道橋)、7月15日、16日に九州(博多)、9月8日、9日、10日に大阪(梅田)、9月15日、16日、17日に名古屋(ウインクあいち)でDODA転職フェアを開催!オススメ!
  • 非公開求人からスカウトが受けられる可能性もオススメ!
  • 転職マニュアルで応募書類の書き方、面接対策等を詳しく解説
  • あなたのキャリアが人気企業上位300社に通用するか合格診断

詳細

総合人材サービス大手のインテリジェンスが運営する転職サイト。2013年にテンプホールディングスの傘下に入った。公開されている求人数は常時2万件を超えており、リクナビNEXTやマイナビと並びトップクラス。また、DODAは他の転職サイトと異なり、プロのキャリアコンサルタントから無料サポートが受けられる人材紹介会社と、求人に自己応募し、転職を目指す転職サイトのサービスをワンブランドで提供。公開求人に加え、非公開求人を多数取り扱っており、非公開求人を含めると求人数は常時10万件以上と他の転職サイトを圧倒している。
以前から大企業の求人の充実度に定評があったが、最近は中小優良ベンチャーの求人も増加している。また、スカウトサービスにも力を入れており、大手や伸び盛りのベンチャー企業からのスカウトが見込める他、通常公開されていない非公開求人からのスカウトが受けられる等、他の転職サイトにはないサービスも実施している。
DODAは自分自身で希望の求人を見つけ、応募することも可能だが、多忙で求人を探す時間が取れないという人やなかなか転職活動が上手くいかないという人は、転職のプロであるキャリアコンサルタントに相談し、無料で様々なサポートを受けることができるので、状況に応じて上手く使い分けると良いだろう。

口コミ

いい口コミ
そもそも自己応募が原則の転職サイトと、転職のプロのサポートが受けられる転職エージェントでは求人の検索方法も応募方法も違うので、同列で比較するのは難しいのですが、最近は転職サイトの中で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXTもリクルートエージェントへ誘導したりしていますし、DODAに関してはそもそも一つのサービスでどちらも利用できるようになっているので、二つのサービスを総合し、評価するのであればDODAは使い勝手が良いのかなと思います。求人数や知名度では、現時点でリクナビNEXTとリクルートエージェントがNo.1だと思いますが、DODAはワンプランドでサービスを提供していますし、使い勝手も良く、女性コンサルタントの方の対応も良いところに利点があります。一つに絞る必要はないと思いますが、どこがおすすめかと言われれば、個人的にはDODAをおすすめします。(29才・男・メーカー勤務)
DODAは評判が良いものとキャリアコンサルタントが冷たいという意見を見かけることもあり、実際にサービスを利用するまでは不安でしたが、自己応募やスカウトに対応する転職サイトとしてのサービスとプロのキャリアコンサルタントに相談できる転職エージェントとしてのサービスを1アカウントで利用できたのは便利でした。私はどちらも利用していたのですが、実際には仕事が忙しかったこともあり、キャリコンサルタントの方にかなり頼り切った活動になったのですが、転職活動のスタートから2カ月で複数の内定を獲得し、最終的に自分で選ぶことができたのは、スケジュールをしっかりコントロールしてくれた担当のコンサルタントの力があってこそだと思います。人に依存するので万人に良いとまでは言い切れませんが、個人的にはおすすめです。(27才・男・SE)
転職サイトランキングに掲載されているところには一通り登録しましたが、求人数とスカウトメールの多さはDODAが一番でした。多分純粋に公開求人だけを比較するとリクナビNEXTのほうが多いのかもしれませんが、DODAは企業名は公開されていないものの求人条件がわかる非公開求人に関しても取り扱っているので情報量が違うのだと思います。ちなみにDODAの場合は、一度の登録で人材紹介サービスに切り替えることができる点も使いやすいと思いました。私は本格的に転職活動を始めたタイミングでキャリアコンサルタントのサービスも利用しましたが、履歴書・職務経歴書を添削してもらった事で書類選考の通過率が飛躍的に上がったので、書類がなかなか通らないという人にはおすすめです。マイナビ転職の転職Myコーチは使っていたのですが全く違った視点で修正してもらうことができました。(27才・男・広告営業)
登録してスカウトメールや希望職種の求人情報がたくさん来ます。希望職種の登録数にもよると思いますが、一般事務希望で一日10件くらい来ていました。また、面接でこういった印象を与えたら良くないとかの情報もメールでいれてくれます。少したつと電話で面談もありサポートがしっかりしていて、何から初めてよいのかわからない私には有り難いものでした。ただ勤務希望で県名を入れようとしたら関東しか入らずに、要らない情報メールがたくさんになってしまったのですが、やり方があったのかなと今さら疑問に思っています。(24才・女・会社員)
ランキングに掲載されている転職サイトには大体登録しましたが、その中でもDODAはスカウトメールの数が突出して多かった。自分で転職活動をすすめたいと思っている人が転職サイトに登録して活動を行うものですが、自分が選んだ求人だけに固執すると、どういう企業が自分のキャリアに興味をもってもらえるのかわかりません。スカウトが来た企業は個人的には全く想像していなかった業界もあり、そういう所でもこれまで自分が業務で培ってきたキャリアが評価されるという事がわかり、自信にもつながりました。一つのサイトの中でキャリアコンサルタントに相談できるのもDODAだけですし、利用する選択肢から除外する意味はないかと思います。特に転職が初めてという人には利便性も高いのでおすすめです。(32才・男・会社員)
リクナビのみで探していたが、49才の年齢になるとなかなか自分にあう案件が無く滅入っていたところ、こちらで探したら小規模の会社ですが非常に魅力的な会社が幾つかあり、ラッキーな事に面接にすすめる事になりました。1社については、DODAの担当者の方より、その会社の面接で聞かれる事、社長の経歴、仕事に対してのスタンス、採用の考え方、会社の特徴、求める人材イメージ、事前に調べる会社の情報などA4で4枚ほどに渡る詳細レポートを頂きました。リクナビとDODAしか現在経験がありませんんが、非常に感動しました。面接に向けて、レポートを熟読させて頂き、ご厚意を無駄にしないように研究をしているところです。(49才・男・失業中)
中立の口コミ
他の人の口コミで、地方には不向きと言うものがありましたが、DODAは他の転職サイトと比較しても圧倒的に地方拠点が多いので、地方には逆に強いと思います。また転職サイトのサービスもしていますが、転職エージェントという側面が強いので、そこをしっかり認識しておく必要もあるかと思います。スカウトメールに関しては数は確かに多いですが、こちらのプロフィールをきちんと見ていないものもあり、評価が難しいです。求人数はランキングに掲載されているものの中でトップクラスだと思います。(29才・男・専門職)(
他の転職サイトを使わずにDODAだけで転職しました。求人数も多くサイトも充実しているのが良かったのですが、カウンセリングのときに転職の希望時期を半年以上先と答えると「また転職する気になったときに改めて申し込んでください」と言われ、ノルマがあるのか希望の職種以外にも強引に求人を紹介している感じがありました。また担当の人も肝心なときに(代休なのか平日の月曜日とか金曜日という大事なときに)よく休みをとっていたり、応募書類を提出済みなのに催促の電話が来たり、すでに提出したことを反論すると「メールのサーバーの調子が悪く」と言い訳をされたりして不信に思うこともよくありました。DODAの会社のシステムなのか、夜は電話がつながらなくなり不便でした。カウンセリング時にアドバイスをもらえたり良かった点もありましたが、転職を決めるのは自分であり、エージェントの担当者を頼りすぎないことが大事だと感じました。(34才・女・会社員)
初めての転職活動だったので、口コミなどを参考にDODAへ登録しまきた。転職支援サービスへ登録し、今後の流れなどの説明を受けたかったのですがDODAからくる連絡はメルマガのような紹介メールばかり。紹介可能な企業が見つかり次第、連絡をして下さるとの事までしたので待ち続けていました。本日ようやく届いたメールが、「キャリアコンサルタントを通じてご紹介させていただく求人は、スキルや経験、専門領域が高度に一致した人材を求める傾向が強くなっております。※なお、求人紹介を前提としない、キャリアカウンセリングのみのサービスは行っておりません。」スキルのない人間に紹介する求人はないということでしょう。とても残念でした。スキルのない人にこその転職サービスなのではないかと思っています。ちなみに、他の転職サイトからはすぐにご連絡いただいて面談をし応募させていただきました。できる限り推薦して下さるというお言葉がとても嬉しかったです。(25才・女・サービス業)
求人質はまずまずですが、基本的に個人で転職活動するのと変わらないです。アドバイザーも利用できるのですが、こちらは質が悪すぎます。マニュアル対応で、想定外の事案に関しては対応ができず結局個人まかせです。面接した結果もご連絡いただけず、対策は特に何もありません。(31才・男・会社員)
コンサルタントが案件を紹介してくれて動いてくれているので助かります。ただ、コンサルタントが機械的な感じなのと親身になるという感じではないので、相談しにくい部分もあります。 コンサルタントの態度なんか気にせず、使えるだけ使って動いてもらおうって割り切っている人にはオススメ。(34才・女・会社員)
悪い口コミ
メール配信が多い点を特徴の1つにしているのだと思いますが、こちらの希望する求人とまるで見当違いな求人ばかりが届くと、読むのもウンザリ。 日に十何通もメールが来て困りました。こちらの希望する求人条件をしっかりチェックし、配信しているのでしょうか?(男)
転職条件等の確認と電話があったので面談の予約したのに、担当者は休み。代わりに電話をいただいた方は、常に上から目線でこちらの話は話半分しか聞かず、企業側の都合で話されました。こちらが面談の準備をいろいろしていたにも関わらず、ご準備されていたということに関しては、こちらとしては関知してないと言われる始末。 転職サイトとして求人案件が少ないのは恥ずべきことだと思いますが、「現在のご要望の条件では弊社が求人を紹介するのは難しいですね」と言われました。。。(32才・女・専業主婦)
転職サイト、人材紹介会社という二つの機能があるがどちらも正直レベルに課題がありました。求人に応募しても返信が無かったり、メール1本で条件を満たさないということで断られたりということも多々ある。そういう利用者を軽視した姿勢は見直して欲しい。(29才・女・広報)
転職サイトとしては自分で応募する企業を管理できるし、掲載企業数も多いので使いやすいと思う。ただ、人材紹介会社として利用するのであれば、注意が必要。私を担当したコンサルタントの方がかなり上から目線。私の場合、こちらの話をしっかり聞かず希望とは合致しない求人案件紹介され、かなり閉口した。(31才・男・SE)

口コミをもっと見る

マイナビ転職画像

求人数 約5,000件
スカウトサービス 有り
求人企業 営業、企画・経営、医療・福祉、コンサルタント、クリエイティブ、WEB・インターネット、IT、電気・電子、建築他
総合 4.4
求人数 4.0
求人の質 4.5
年収アップ 4.0
サービス 5.0
人気 4.5

ここに注目!

  • 履歴書の書き方や面接、転職相談に無料で回答「転職MYコーチ」オススメ!
  • 転職コラムでは「転職の今」をクローズアップ

詳細

総合人材サービス企業「マイナビ」が運営する転職サイト。求人数は5,000件以上。大手はもちろん中小ベンチャーの転職情報を幅広く取り揃えており、雑誌やテレビ等で話題になっている企業も多い。会員登録すると利用できる転職MYコーチは、専任の転職アドバイザーに履歴書の書き方や面接、転職活動の上での相談をすることができ利用者からの評価も高い。
また、マイナビグループの転職エージェント「マイナビエージェント」では、プロのキャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイスを実施、求人紹介や面接調整等も無料でフルサポートしている。求人数も公開・非公開を合計するとマイナビ転職を上回っており、利用者の評価は極めて高い。
さらに、女性の視点から女性の転職を支援する「+Agent」やIT求人に特化した転職支援サービス「マイナビエージェント×IT」といった専門サービスを提供。相談拠点が東京、大阪、名古屋の3か所となっている点は残念だが、該当する地域で転職を考えている人は、上手く活用することで効率の良い転職活動ができるだろう。

口コミ

いい口コミ
一番活用しています。転職では必要不可欠な存在かと思います。リクナビNEXTと比べると、検索が細かく設定でき、サイト上のフォントや色合いが非常に見やすいと思います。マイナビ独自の案件もあり、大手から中小まで、幅広い業界に精通してます。ただ、リクナビNEXT同様、スカウトサービスはあてにならないので、あまり惑わされないように注意が必要です。(31才・男・無職)
私は一つ一つ企業の公式HPを見て求人情報を見ていました。多くの企業の公式HPを見てきましたが、その中で求人情報に直接マイナビ転職へのリンクを貼っている企業がとても多くありました。企業側にとってもマイナビ転職は見やすく一任できる人気の転職サイトなんだろうと感じました。(女)
履歴書や職務経歴書のアドバイスはかなり細かくやっていただけたと思います。基本的なところからアドバイスをいただけたと思います。(30才・男・自営業)
ハローワークや派遣で行き詰ったので、視点を変えたくて求人サイトに登録(こことリクナビ)。マイナビは職務経歴書サンプルや履歴書コーチが良かった。結局ハロワで見つけた企業に就職したが、マイナビで得たノウハウが応募書類にプラスになったように思う。正直言って40過ぎの女性がこのサイトで転職先を得るのは無理。でも登録するだけの価値はあると思う。(44才・女・契約社員)
掲載企業の質がとても良く、サイトの使いやすさも良い。毎週メルマガで情報も届くため、情報量も豊富。教育関係の情報が多かったのがとても嬉しいです。(28才・女・会社員)
ずっとenやリクナビnextも登録しているが、今はマイナビが一番求人数が多いのでは。私は関西住まいですが。求人情報と実際入社してからのギャップもありませんでした。ページは使いやすく見易い。エリア版?のページが充実していて、地域の掲載数も多いなと実際数を見比べて思った。あんまりCMとか流してないから目立たないだけかも。(26才・女・ 会社員 )
中立の口コミ
リクナビNEXTよりは求人広告の掲載費用が安いので、まずます予算をかけることができる中小企業やベンチャー企業が多い傾向があると思います。リクナビNEXTとは大企業以外、出稿している企業が異なっているので、たくさんの転職サイトを利用する中で自分に合った求人を見つけたいという人には合っています。ただ大手どころのリクナビNEXT神話はまだ崩壊してはいないので、マイナビ転職だけだと求人を取りこぼすので、最低限リクナビNEXTは併用したほうが賢明です。(33才・男・会社員)
雇用形態を選んで検索できるのは良いが、検索条件に「土日祝休み」を入れられないのはちょっとツライ。また、検索結果表示を「新着順、締め切りが近い順」等、並び替えられないのは、とても困ります。(28才・女)
悪い口コミ
検索結果が新着順に並び直せない。 以前から「新着だけ見たい」と問い合わせており、要望を出していたら、検索時に「新着」のチェックボックスが出来たので、そこは良しとするが、あくまで「新着」なので、1回前の更新分が一緒に表示され順番もメチャクチャ。 そして、何より、希望した職種以外も結果に表示される。 「一般事務、営業事務、アシスタント」を希望しているのに、エンジニアだの営業等が表示される。 検索に関しては不便すぎる。 マイナビ転職はやる気が無いのか?(29才・女)
条件検索の結果表示時、新着順、締め切りが近い順に並び変えられるようになっていない。改善して欲しいと問い合わせしたのに、全く改善がされておらず、不便。せめて新着順表示だけはして欲しい。(28才・女)
このサイトは毎日、あなたの希望に合った求人情報、と言うメールを送って来るが、全くの見当違いなものばかり。レジュメを登録させてる意図がわかりません。真面目に情報提供をする気があるのか疑問に思います。(39才・男・会社員)
とある企業から”応募いただければ必ずお会いします”というスカウトメールがあり、応募するも音沙汰無く、しばらくして企業に問い合わせたら、「連絡を漏らしておりまして。。。人員も埋まり、どうしようもないんです。」だと。マイナビ転職にクレームを入れるも、マイナビ担当者の対応が非常に悪く、1ヶ月経ってやっと応募企業から謝罪が有った。その謝罪も全く気持ちのこもっていない謝罪であった。(48才・男・無職)
WEB履歴書が活用されていない。履歴書の一部が非公開になる仕様らしく、応募をすると「履歴書を送ってくれ」と言われることが多々ある。WEB履歴書が活用されていないので、WEB履歴書入力作業は完全に二度手間。(27才・男・会社員)
WEBでエントリーし、WEB上で書類選考→面接といった採用の流れが記載されているのにも関わらず、WEBエントリーしたら履歴書と職務経歴書を送ってくれと言われる案件がとても多い。仕方なく書類を送ってもそのまま音沙汰なし。不採用ならその旨連絡すると言っていても全く何も言ってこない案件が多すぎます。一度は先方の指定された日程で面接にいったら担当者が忘れていたのか、適性検査だけで帰されたこともありました。掲載されている企業の信頼性に欠けます。(32才・女・会社員)

口コミをもっと見る

イーキャリア

求人数 3,600社以上
スカウトサービス 有り
求人企業 IT、営業、企画・事務、販売・サービス、専門サービス、クリエイティブ、マーケティング他
総合 4.2
求人数 4.0
求人の質 4.0
年収アップ 4.0
サービス 4.5
人気 4.5

ここに注目!

  • 20代を中心に若手社会人の求人に特化した転職サイト
  • 興味がある項目を選択すると最適な求人をレコメンド!経歴を登録すると企業からオファーが届くプラチナスカウトも利用可能オススメ!

詳細

ハイクラスの転職求人に強みを持つビズリーチが新たに運営を開始した、20代がメインターゲットの全く新しい転職サイト。
キャリアトレックの魅力は自分の嗜好を登録しておくことで、人工知能がユーザーの好みの求人や条件を自動的に学習し、自分にぴったりの求人の紹介を受けられる「レコメンド型の求人紹介の仕組み」を採用している点。キャリアトレックから配信された求人に対し、面白そうと思えば「興味がある」を選択、自分の希望と異なる場合は「非表示」を選べばOK。人工知能は使えば使うほど、その精度を増していく。
また経歴をしっかり登録しておくと、「興味がある」を選択した求人を出した企業の担当者からオファーが届く「プラチナスカウト」と呼ばれるサービスを利用できるので上手く活用したい。
またキャリトレックはメインユーザーを20代に置いており、サイトの利用はスマホ経由を想定し最適化。フリック機能とクリックだけで簡単に利用できるので、スキマ時間を利用し、効率良く転職活動ができる点も大きな魅力。
これから転職活動のスタートを検討している20代のユーザーにとって、キャリアトレックは自分の好みの求人を知る上でも役にたつ転職サイトの一つだろう。

口コミ

いい口コミ
転職サイトとして、あと自分自身の自己分析のために使っています。ここで求人を絞り込んでいく事を繰り返すと、「あれ?自分ってこういう事を求めているんだ」という事を求人を通じて学ぶことができたりします。転職サイトや人材紹介会社も利用しているので、その結果をフィードバックし、企業探しに活かしています。転職は重要な決断なので焦らず、しっかり考えたいと思っているのが現状で、そういう考え方の私くらいの人間にとって、キャリアトレックはおすすめできる転職サイトです。(25才・男・IT関連)
この転職サイトランキングで初めてサービスを知りましたが、スマホが主体の全く新しいコンセプトのサイトで、自分の市場価値を知ることができ、とても興味深かったです。。ここで一発で転職を決めるというのは無理がありますが、実際にサービスを使ってみて、自分にあった業界や仕事をを絞り込む上ですごく役に立つのではないかと思います。(26才・男・営業)
転職サイトランキングに掲載されている他のサイトにはない独自のサービスを提供しているという点で評価できると思います。他の人が口コミされているように企業から気になるメールが届いたとしても採用につながるかどうかわからないというのは転職サイトにあるスカウトメールも同じです。最終的には実際に面接で会ってみる事が何より大事になるわけですが、そのとっかかりとしてはすごく良いサービスだと思います。うちは求職者ではなく、利用している方ですが、採用担当者として面白いサービスだなと感じて利用しています。逆に転職を希望する方にとっても可能性があるサービスだと思います。(31才・男・IT関連(採用担当))
ビズリーチが運営するベータ版から正式にスタートした新しい転職サイトです。応募は直接するものとエージェント経由の求人があります。求人はここでしかない求人もあり利用する価値はあると思います。レコメンド型という使うほどにおすすめの求人が表示されます。しかしキャッチフレーズ?が「キャリアを考えはじめた20代のためのレコメンド型転職サイト」で知らずに使ってました。20代の方おすすめですよ。(46才・男・求職中)
中立の口コミ
基本的にスマホ向けですし、求人もどちらからというと若手キャリアを求めているので30代中盤から後半以降になると使いにくいかと。多分そもそもこの転職サイトがその層の利用を求めていないと思います。40代以降になるとそれはさらに顕著かと。他のランキングに掲載されているところよりもその傾向は強いと思うのでそこは注意が必要です。若い人が自分のキャリアを分析したり、転職のスタートにする上ではここは確かに魅力的だと思います。(37才・男・人材関連)
悪い口コミ
レコメンド型の転職サイトという事が売りではありますが、企業から届く「気になる」メールという機能もあります。個人が特定されない程度に自分の職種やスキルをサイト内で閲覧した企業から届くものです。スカウトに近いメールではありますが、ある企業に「気になる」メールをもらいその後、面接に行ったら、やる気のない面接官が出てきて、わずか10分程度で終了してしまい、時間と交通費を無駄にしました。この転職サイトの利用する際、企業から「気になる」というメールが来たとしても、即、採用に繋がるとは限りません。応募するのかどうか十分検討した上でエントリーした方が良いと思いました。(35才・女・求職中)

@type画像

求人数 約1,400件
スカウトサービス 有り
求人企業 営業、IT・通信・Webエンジニア、企画・マーケティング、クリエイティブ、販売、専門職他
総合 4.2
求人数 3.5
求人の質 5.0
年収アップ 4.5
サービス 4.0
人気 4.0

ここに注目!

  • type内での行動を分析し、会員にあった求人を紹介する足あとマッチングを利用可能オススメ!
  • 年収1000万プレーヤー図鑑や人事担当者がこっそり教える採用ウラ話など豊富なコンテンツ

詳細

東証一部に上場する総合人材サービス企業「キャリアデザインセンター」が運営する転職サイト。求人数はリクナビNEXTやマイナビ転職と比較すると少ないが、大手や急成長のベンチャー企業を中心に年収アップが期待できる転職情報が掲載されている。また、キャリア志向のエンジニア専門のWebマガジン「エンジニアtype」を発行しているため、IT企業や外資系への転職に強く、求人情報はSEやITコンサルタントを中心とした案件が多い
また、簡単な会員登録で企業側からスカウトを受けられる定番のサービスに加え、スキルマッチングや希望条件マッチング、type内での行動を分析し、会員にあった求人を紹介するあしあとマッチング等、他の転職サイトにはないサービスも利用できる
さらに東京地区に限るがプロのキャリアコンサルタントが仕事探しから面談までサポートする人材紹介サービスも提供、拠点は赤坂のみだが首都圏及びエンジニアの転職に強く、71%以上という高い年収アップ率を実現している。キャリアアップを目指すITエンジニアであれば利用を検討する価値はあるだろう。

口コミ

いい口コミ
年収チェックなどの、面白くて求職者のツボを押さえたコンテンツが充実している良いサイトです。登録だけでもしておいて損はない転職サイトだと思います。(32才・女・主婦)
他の人も口コミしていますが、エンジニア案件や外資、コンサルティング会社の多くがここを利用しているように思います。私も利用経験があります。あと市場価値診断テスト、同年齢、同業種で診断してくれるのでかなり参考になりました。(33才・男・SE)
求人数は少ないが、他にはない案件がかなりあるので、チェックしておく価値はある。外資、エンジニア、コンサル系の求人が多い。(31才・男・シンクタンク)
匿名エントリーは是非オススメしたいサービスです。検索ロボットが登録レジュメとマッチングした求人を自動的に検索してくれます。これに合格すると、意外な超有名大企業からも「是非正式なご応募を」とオファーのメッセージが届きます。そのおかげで、自分のキャリアに自信を持てるようになりました。(32才・男・会社員)
私は実際にtype経由で転職しました。以前の大手電機メーカーから外資への転職で年収も200万近くアップしました。(32才・男・外資メーカー)
元々雑誌のtypeで情報収集していたのでインターネットでもtypeを使っています。IT関連やコンサルティング系の求人が多いのでキャリアアップしたい人に向いていると思います。(29才・男・大手SI)
中立の口コミ
人を選ぶ転職サイト。私はエンジニアなのでコアな求人があるtypeを利用したが営業やマーケティング、経理といった一般職を探す場合、ここより効率が良い転職サイトはいっぱいあるろう。(35才・男・会社員)
悪い口コミ
求人分野に偏りがあり、ミスマッチが多い。あまりにもミスマッチが多く1週間で退会。退会するときにも意見したが、建築設計と建築施工管理は分けるべき、建築の事が全く分かっていないと思った。(38才・男・求職中)
応募したら5分程度で不採用通知が返ってきた。1人の応募書類に目を通すのに数分もあれば十分だと思うが、あまりにも早い不採用通知の返信は失礼極まりないと思う。(35才・男・会社員)
掲載業界に偏りがあり、希望する求人が全く見当たらなかった。エンジニア系への転職には良いサイトだが、ビジネス系は期待ができない。(28才・男・会社員)
IT系以外の求人数は他よりかなり少なめです。ステップアップ志向の求人が多いので保守的な人には向かないかも(34才・女・ソフトウェア)

[en]社会人の転職情報画像

求人数 約2,600件
スカウトサービス 有り
求人企業 営業、企画・事務、販売・サービス、専門サービス、クリエイティブ、技術、施設管理、公務員・団体職員他
総合 4.1
求人数 4.0
求人の質 4.0
年収アップ 4.0
サービス 4.0
人気 4.5

ここに注目!

  • 完全独自取材の求人を掲載オススメ!

詳細

求人情報サイトのパイオニア、エンジャパンが運営する転職サイト。100%独自取材の求人情報を売りにしており、他社に比べて中小ベンチャーの求人に強いのが大きな特徴で求人情報も豊富。また、転職希望者へのサポートにも定評がある。
特に、サイトを通して応募した企業の一次面接の対策を教えてくれる面接対策レポートは、多くの転職希望者から好評を得ている。定番のスカウトサービスに加え、転職してからのアドバイスなどのアフターサービスも充実しているので、転職を考えている場合、登録しておく価値はある。

口コミ

いい口コミ
中小企業を探していて、enで理想の企業を見つけました。社長さんとの面接で、ネット求人はenしか利用していないんだと言われました。どういう理由かまでは聞いていませんが、理想的な求人を掲載してくれたenさんに感謝しています。(女)
面接の日程が決まるとその会社にあった面接対策をしてくれるのはありがたい。 また、web履歴書の添削も他のサイトの添削に比べ丁寧に感じるし、2回頼める所も魅力的。(29才・女)
私は転職サイトとエージェントを併用しました。エンにエージェントがあるというのは正直知りませんでしたが、キャリアコンサルタントの方は他社で経験がある人らしく、とても丁寧でヒアリングをしっかりしてくれる人で好感が持てました。転職サイトからの自己応募も続けていましたが、最終的にはエージェント経由で転職することになり、やはりプロのサポートはすごいと実感しています。(34才・男・ソフト開発)
他と比較して求人企業の情報が正確。1社1社の求人募集の原稿にボリュームがあって転職先を現実的に想像できる。リクナビNEXTやマイナビは企業によって原稿にばらつきがあり、もっと情報をよく知りたい中小・ベンチャー企業になればなるほど原稿が少なくなる。(24才・男・会社員)
レジメッシュの記入を送り書き方とかが相談できます。リクナビとかコレがなく、凄く助かってます。気軽に相談できますし、このサービスがあると無いのでは転職サポートとは言えません。求人件数は劣るところもありますが相談できるサービス面では他より安心できます。(31才・男・会社員)
enのスタッフの方が取材に出向き、同僚になる予定の人の映像や、人ではなくても建物の周囲の映像などをウェブ上にアップしていました。このサイト上の情報と実際面接に行ったときの情報が違っていたことはありませんでした。他のサイトではそのようなこともありました。おかげで満足できる転職ができました。(36才・女・SE)
中立の口コミ
最近は「株式会社○○の採用事務局です」とエン・ジャパンのスタッフが仲介に入る企業が多いです。もちろん企業との直接やり取りをするタイプもあります。仲介に入ってもらうと、面接の日程調整や連絡事項を仲介してくれるので、条件面など直接企業に質問するのが気が引けることも、あまり意識せずに聞けるのが良いです。ただし、この場合エン・ジャパンのスタッフの仕事の出来具合によって信じられないほど差があります。面接日の調整だけをする人もいれば、企業が求めている人材や大切なポイントを教えてくれたり、前日に「頑張ってきてくださいね」とメッセージをくれる人もいます。企業側も良い担当に当たればいいけれど、エン・ジャパン社内でかなりの温度差があるのではないかと思います。(29才・女・会社員)
他の転職サイトと比較しても情報がまとまっているし、会社のイメージを使いやすい。求人数は確かに他の大手ほどではないかもしれないが、ここのしかない求人もあるので補完的に使うには役立つと思う。(30才・男・会社員)
使いやすいし、掲載企業の情報量も多くわかりやすい。ただ、求人数はリクナビほど多くない。(27才・男・SE)
悪い口コミ
「採用事務局」が行う案件はダメ。企業の代わりに事務局が採用選考を行っている印象。ただでさえ転職を知らないエージェントで質が悪い。ちなみにenで採用事務局の案件で応募はダメでも、他のエン以外の転職サイトで応募していた同企業へ応募すると書類選考、面接と進めました。同じ経験が2,3度あるので企業が直接選考してくれる案件のほうが安心。採用事務局の選考案件はあまりにも信用性に欠ける。(33才・男・会社員・一般投資家)
とにかく全体的に質が低い。まず驚いたのは、以前大手企業求人の特集があった時、そのページ内の企業名とその企業のロゴが全く一致しておらず違う会社のロゴを載せていたこと。そのページ内の違う会社のロゴを貼る間違えでも悲惨なのにそのページに載ってもいない企業のロゴが載っていた。また求人情報メールでクリックしてもそのような求人情報はありませんとエラーページが出るケースは今まで一度や二度ではない。メールマガジンの記載の会社名も間違えるというか違っているのも確認しないいい加減さである。以前不動産会社の求人で、その会社名の後ろに不自然に「ナー」とついていた。前回のメールをテンプレートとして流用した時に、最後がナーで終わる会社名を完全に消すことなく上書きしたためと思われる。さらに担当者はため口、メールはお友達に送ってるの?と思うようなラフな書体。こんなちゃらんぽらんな転職サイトが求人のアドバイス、履歴書添削するって大丈夫かと思う。(49才・男・無職(求職中))
登録間もない金曜日,スカウトメールが届いていた。土日二日間迷った挙句応募メールを返信したところ,月曜には「スカウトメールは誤送信でした」とさ。あり得ないだろ!ひどい転職サイトだ!(派遣)
採用代行事務局経由の求人に応募したが、担当のレベルが相当低かった。(面接の日程調整すらやる気がない友達口調)苦情を言ったらまともな担当に変わり企業と面接日程の調整が行われた。求職者はタダで利用できるとはいえ、それをさしひいてもサービスの質が低いと感じた。(33才・男・会社員)
直接応募となっている案件であっても、実際にはenの「採用事務局」が介在する場合が多い。それらへの応募は、書類選考にも一切通過しなかった。表向きは「企業自身が選考し、事務局は仲介のみ」というようなスタンスになっているが、割り切れない部分がある。(38才・男・無職、求職中)
enで転職しました。記者のコメントが適当過ぎる!それを鵜呑みにして、技術力がある。将来性を感じたのに…。入社し2日後、担当者が、来訪し「スカウト機能を利用している人間は、自信がある人だから、そういう人の中から選ぶ事をオススメしたのに…」的な内容を言っていた。私がスカウト機能を使わなかったのは、前社(同業)がenで求人を出していたから。リクナビだと、スカウトで前社拒否などの設定できるけど、できないから、スカウト機能使えなかったのに…。事情も知らないで、偉そうに言われて腹が立った。(27才・女・会社員)

口コミをもっと見る

Find Job!

求人数 約500件
スカウトサービス 有り
求人企業 Webデザイナー、コーダー、Webディレクター、ネットワークエンジニア、グラフィックデザイナー他
総合 4.0
求人数 3.5
求人の質 4.0
年収アップ 3.5
サービス 4.5
人気 4.5

ここに注目!

  • 履歴書の書き方講座や仕事データファイルで転職活動を支援。オススメ!
  • 転職・求職活動に役立つビジネスマナーテスト有り。

詳細

SNSで有名なミクシィが運営する転職サイト。他社と比較すると中小ベンチャーの求人が圧倒的に多く情報も充実している。サイトの利便性が高く、検索機能が充実しているため利用者が欲しい情報を簡単に入手することができる点も便利。
また、その他のサービスとして、定番のスカウトサービス、find jobのサポートチームが解説する履歴書の書き方講座や実際の仕事を知ることができる仕事、転職活動に役立つビジネスマナーテスト等がある。 また、Webデザイナーや成長過程にある中小ベンチャー企業への転職を考えている人は利用する価値はあるだろう

口コミ

いい口コミ
ベンチャー中心なので、うまくいけば自分の実力以上の優良企業に入社することができます。昔ここで見つけたコンテンツ企画職は、私が入った頃は学歴不問・未経験可でアルバイトの誰もがすぐ正社員になれましたが、今は大卒のみの募集に変わり、色々なテストに合格しないと入れないようです。私のように学歴も実務経験もない人間にとっては、一発逆転のチャンスだと思います。運が良ければ有名なオフィスビルの正社員として働けます。ただし、小さい会社はビックリするくらい小さいです。普通のマンションの一室がオフィスとか。そういう環境に耐えられない人には向いてないかもしれません。(33才・女・デザイナー)
IT関連企業、ベンチャー企業の情報が多く参考になります。写真も実際の職場風景を写しているので実際に働いている姿を想像しやすいです。また、業務委託の求人検索もあり、それぞれの需要にあった検索がしやすいのも特徴です。(25才・男・会社員)
Find job経由で今の会社に応募し、アルバイトから正社員になりました。もともと働きやすい職場でしたが、アルバイト時代と比較すると待遇も給料も飛躍的にアップ。Find jpbには凄く感謝しています。うちの会社の社長曰く、他の大手求人サイトは掲載費用が段違いに高いらしく、WebやIT関連の求人はFind jobに期待しているそうです。大手には掲載していない会社もかなりあるので、結構狙い目だと思います。(26才・女・IT)
求人票がわかりやすい。また地域別に細かく検索条件を指定できるので、家から近い場所で職場を探すのが容易。大手にはのっていないような求人がたくさんあるのも魅力。スカウトメールが来る頻度はリクナビNEXTとかに負けるが、凄く使いやすい転職サイトだと思う。(28才・女・プログラマー)
ベンチャー企業の情報がここまで詳しく見える転職サイトはここしかないと思う。実際のオフィスの写真や採用方針なんかがチェックできるのは嬉しい。(27才・男・Webデザイナー)
Web制作やデジタル系のクリエイティブ職を探している人は一番利用しているんじゃないかな?元々大手があまりない業種だし、大手じゃないほうが自由にやらせてもらえることもある。ちなみに私もfind job経由での転職組みです。(27才・女・Webコンテンツ企画)
中立の口コミ
他の転職サイトと比較すると明らかに求人が偏っていて、Webデザイナーやプロデューサー、一部Web関連のプログラマーに特化しています。逆に他の仕事に関してはあまり良い求人はありません。中小やベンチャーで業績の良いところが出していたりするので、そういうところを希望する場合は凄く良いと思いますが。大手企業や他の業種を探している場合は向いていない。クリエイター向けの転職サイトランキングであれば上位に来ると思いますが、一般含めると圏外が妥当だと思います。(30才・男・Webデザイナー)
悪い口コミ
IT関連企業からの求人は多いものの、募集内容と実際の条件が全く違うという事が多々あります。まるで人材ブローカーのような企業も居るので、おかしいと感じたらキッパリ断りましょう。(30才・男・会社員)
webに強いと思い、活用していましたが、延々と同じ会社が掲載されているのは何でしょうか。二週間ごとに「新着」として同じ会社がいくつも掲載されます。それを何社も何度も繰り返しています。それがブラック会社で常に求人を出しているのか、求人数を稼ぐためのただのダミーなのか判りませんがちょっと普通じゃないと思います。(40才・女・求職中)
どこの会社で面接受けても同じ断わりの文章が来ます。find job のようにCAを挟まない媒体は何が悪くて落ちたのかさっぱり分からず次につながりません。こっちも必死で面接を受けてるんだから面接をする側もそれぐらいの精神でやれと言いたいです。(28才・男・会社員)
先日面接に行ってきました。20:00からだったんですが、22:00には不採用通知が来ており、内容は「先日はお越しいただきまして・・」と明らかにテンプレートでした。こちらも時間をさいて真剣に取り組んでいるのにあまりに対応がひどすぎました。Findjobはこういった企業が多いように思えます。(28才・男・会社員)
スカウトメールで何社か面接へ行ったのですが条件が全く違う、面接後合否の連絡がない(連絡しても曖昧)、ありえない給与体系(基本給10万、能力給15万、有給発生前に欠勤すると能力給カット)など求人の質に問題があると思います。(29才・女・無職)
大手の求人は殆どないです。あっても大手の子会社といった程度。履歴書コーチといったサービスもない、中小への転職、派遣、アルバイト向けですね。(31才・男・出版)

その他の転職サイトの口コミopen

エンジニア・クリエイター転職専門 レバテックキャリア
首都圏限定になってはしまいますが、エンジニアの転職であれば転職サイトよりも転職エージェントを活用したほうが良い条件を引きだしてくれますし、求人のピックアップや面接日程の調整、条件交渉等も代行してくれるので便利だと思います。個人的にはレバテックキャリアがおすすめで、渋谷のヒカリエに登録にいく手間は必要ですが、エンジニア向けの勉強会も頻繁にやっていますし、転職するしないに関わらずエンジニアの今後のキャリアを考える上でもすごく勉強になります。キャリアコンサルタントの方も優秀な方ですごく動きが速かったです。(28才・男・SE)
MiIDAS
スマホに最適化された新しい転職サイトで一番良いなと思ったのが、インテリジェンスが持つ年収データから自分の適正年収がわかるところだと思います。これは意外に重要で、自分の年収が業界平均の中でどうなのか、職種平均の中でどうなのかというのが意外にわからないもので、それがわかるだけでも価値があります。通常の転職サイトは応募イコール書類選考で、あっさり落とされる事もありますが、MiIDASに関しては面接確約オファー以外届かないので転職活動をすすめる上での効率という面でも魅力があると思いました。(24才・女・企画営業)
IT・Webに強い転職サイト green
IT業界にかなり特化してます。IT希望以外の方は特に登録の必要性が低いと思います。私がそうでした。IT特化らしい足あと機能もあったり、何より他の転職サイトと比較すると、社内や社員の方の雰囲気が分かる画像が多く、画像も大きくて社風をつかみやすいのが素晴らしいと思います。これについては他の転職サイトも真似すべきかと思います。求職者は文字も当然大事ですが、社内の雰囲気やどんな方が働いているか、結構気になるところかと思います。(31才・男・無職)
ITに特化しているという特注があるので他の転職サイトと比較しても求人を探しやすいのは確か。他の大手どころも利用すべきだとは思いますが、そこには情報を検索したり絞り込んだりという作業が発生する。その分の工数を減らす事ができる。しかもここは成果報酬でやっているらしく、初期費用の負担がないということでベンチャー、中小、大手企業がバランスよく出稿していると感じた。どこを利用する際も1社に絞るのはナンセンスだと思うし、IT系の仕事に就いている人ならいろいろサービスを利用する人が多いと思うのが、そのうちの一つに入れるべきなのは間違いないと思う。(25才・男・Web系SE)
IT系の転職サイトと言えば最近はGreenだと思います。私も転職してから知ったのですが、完全に成果報酬制の求人出稿の仕組みを採用しているらしく、それが大手と比較すると安いのでIT系で能力のある人をじっくり探したいという企業が出稿しているみたいです。特にエンジニアだったり、Web系の職種で転職を考えている人には求人が多く、条件も良いのでおすすめできる転職サイトだと思います。(27才・男・Webディレクター)
前回の転職時に利用。リクナビ等大手サイトより求人数は少ないものの、とにかく求人の質が良かったと思います。ベンチャーも多いですし。本当に使いやすかったです。早くに見つけておけばと後悔^^(27才・女・会社員)
求人の量・質共に他大手求人サイト以上だと感じた。特にいい求人が他のサイトよりも長期間掲載されていること、記事が客観的なこと、今までのサービスとは違う印象を持ちました。(25才・男・会社員)
大手の転職サイトには載っていない中小ベンチャーの求人があります。結構条件が良いものもありますし、売上、利益など業績が良い会社の求人も載っているので穴場かと。ただ変な会社もあるので玉石混合だとは思います。(28才・男・営業)
企業への応募後、2週間以内に必ずあると書かれていた企業側からの連絡が一度も入りませんでした。その旨サイト側に尋ねても、とにかく返答が遅いです。一日一日を真剣に探しているほうにはとてもキツイです。企業側とサイト側の連携が取れているようには思えず、出したら出しっぱなしなのかなと感じてしまいました。(30才・男)
IT業界に強い転職サイトとして結構有名ですが、何度か求人に応募したものの全く先方からの連絡がなかった。実際に他の転職サイトから応募した求人に関しては即レスが当たり前だったので、もしかすると求人募集が終わっているのに残っていたのかもしれない。そういう求人が残っていたとするとそれは転職活動している人たちにとって失礼だし、きちんとメンテしてほしいと思う。評判も良いので期待していただけに残念でした。(28才・男・エンジニア(ゲーム関連))
meeta(ミータ)
自分で探して自分で応募する転職サイトではなくて、自分のキャリアを登録して、自分自身で適職分析して、その結果を見た企業からのアプローチを待つという新しい転職サイトです。新しい企業がはじめたサービスと思いきやDODAで有名なインテリジェンスが運営しているので、求人数や信頼性は十分だと思います。ターゲットは20代なのかなと思いますが、自己分析や適職診断に悩んでいる人であれば使ってみる価値はあると思います。(24才・女・人材紹介サービス)
外資系転職 JACリクルートメント
拠点が近くにある人は利用して損はないと思う。転職サイトと比較しても求人数は多いし、なによりしっかりとしたサポートが受けられるのは大きい。私もここに登録して履歴書・職務経歴書の添削をしてもらってから飛躍的に書類選考に通るようになった。面接のアドバイスもしてもらえるので、面接が苦手と言う人にとっても利用価値はあると思う。(30才・男・金融機関)
いくつか転職サイト、人材紹介会社を使いましたが、結局ここ経由で転職が決まりました。紹介してもらった数自体は某大手人材サービス系の人材紹介会社が一番多かったが、質はJACが高かった。キャリアコンサルタントは、人によると思うが、私を担当してくれた人はこちらの質問・要望への対応が迅速で満足できるものだった。(29才・男・ITコンサル)
今回初めて転職を経験し感じたのが、転職は自発的に自分でキャリアを描き、仕事に対する要望や希望の企業を見つける自発性と、第3者の分析を踏まえ自分のキャリアを見直す客観性が重要だと言う事です。私は最初は自分だけで活動していましたが、書類選考や面接で落ちる事が続き、途中で人材紹介会社との併用に切り替えました。転職サイトで自分で活動する姿勢は意味がありますが、キャリアコンサルタントの方に履歴書・職務経歴書をチェックしてもらう事で書類選考の通過率が上がり、最終的には無事転職できたので併用して良かったです。(29才・男・法人営業)
アパレル転職 クリーデンス
自分で転職をすすめる転職サイトではなく、エージェントのほうですが、アパレル業界での転職を考えている人はやっぱり普通の転職サイトだけでなく、アパレル専門の転職支援サービスを使った方が効率が良いです。まず求人がそれ以外ないですし、キャリアコンサルタントの方が業界に精通しているので話が速いです。特に専門性の高い仕事をしている方の場合は必須だと思います。(30才・女・パタンナー)
このサイトにはないみたいですが、アパレル関連の転職サイトをランキングするのであれば、多分ここが1位です。インテリジェンスが運営しており、全国対応でここまでアパレルに特化しているところはありません。もう1社ファッショーネという会社も強いですが、そこの求人数と比較してもまだクリーデンスのほうが圧倒的です。業界は選びますが、ファッション関連の仕事をしたい人にはおすすめです。(29才・男・バイヤー)
アパレル専門の転職サイトこことファッショーネが圧倒的に大きいですが、どちらかを比較するのであれば、クリーデンスのほうが求人数も対応も良いと思います。一般的な転職サイトランキングで上位に来るサービスではありませんが、アパレル業界への転職を検討している人は普通のサイトを使うより、ファッションに特化した専門サイトを使ったほうが確率は間違いなく上がると思います。(27才・女・販売)
ビズリーチ
転職サイトランキングにランクインしているような無料のサービスではありませんが、年収100万アップ、200万アップというようなハイクラス、ハイレベルの転職を目指すのであればビズリーチ以外、選択肢は少ないと思う。口コミにヘッドハンターからのスカウトを受けられないというものがありますが、それは間違いなくキャリアかスキルが足りないもしくは、その人が無職の状態で活動しているからだと思います。ある程度の仕事をしていてそれなりの年収(多分600万円くらいでしょうか?)を得ている人であれば、転職サイトには公開されていないようなワンランク上の求人が見つかるはずです。そもそも有料会員になるのを躊躇するような人はそこまでのキャリアに達していないという事だと思います。有料と言うだけでNGとなる人は多分本当に貴重な情報に対して投資しない人だと思うので。長々と書いてしまいましたが、他の転職サイトにはないサービスですので評価されるべきだと思い口コミさせて頂きました。(35才・男・会社員)
転職サイト=無料という意識ではなく、あくまで良質な情報だったり好条件の求人は有料と考えるのであればビズリーチ以外選択肢はないと思う。以前は年収800万円以下の求人は取り扱わないというコンセプトだったが、最近は年収500万円台から登録できるようなのでかなり門戸は広がっている。私はここ経由で200万円の年収アップを実現できたので満足している。人は選ぶが良い転職サイトだと思う。(34才・男・SE)
そもそも有料会員に対する情報提供がコンセプトの転職サイトなんだからそこに対して悪い口コミをするのは筋違いだと思いますが。。。確かにスカウトのクオリティについては改善の余地がありますが、年収ベースで言うと800万円以下の求人はほぼ見つかりません。それなりのスキルがあり、ある程度まとまった年収を希望する人にとっては(他にサイトもないですし)ここが一番使えるサイトである事は間違いないと思います。(36才・男・会社経営)
求人数、求人の質もそうですが、ランキングに掲載されている上位の転職サイトと比較するとどうしても見劣りしてしまうかと思います。あえてイーキャリアを使う意味が個人的には見当たりません。転職サイトに掲載するためには掲載料が必要で、他と比較するとイーキャリアの出稿費用は安いので、中小・ベンチャーの中で利用する企業はいるかもしれませんが、優良企業であれば、もう少し大手を使う気も。決してサービス内容を否定する気はありませんが、もう少し独自性があっても良いのではないかと思います。(39才・男・人材サービス)
基本的に有料会員にならないと何もサービスは受けられません。求人の内容も見れず、応募もできません。それでいて、全く畑違いの求人(不動産営業で完全出来高案件)をスカウトがあったと連絡が来たり、無料会員でも応募できる案件と言って連絡がきたのでエントリーすれば、企業からは紹介可能案件がないと。恐らく私と別の人種向けのサイトだと思います。(46才・会社員)
転職サイトの中でも求人件数や登録会員が多い方だったので無料登録をしたが、有料会員ではないと企業やスカウトなど情報も見れないし、大卒以上で社内表彰を受けた人ではないと、ここが独自で決めている会員ランクのグレードが低く設定され、強制で有料会員になった方しかヘッドハンターからのスカウトを受けられないようになっている感が見え見えです。高卒の自分はスカウトされないと思い、すぐに退会しました。(35才・男・就活中)
Facebook転職 Switch
登録がとても簡単で始めやすかったです。初めての転職で不安もあったけど、私に合った企業を見つける事が出来ました。また、他の転職サイトを利用した際、沢山来るメールから自分の希望に合った企業を探すのがとても大変でしたが、Switchは私にあったものだけを見る事が出来たので効率良く転職活動が出来ました。(25歳・女)
facebookを利用した転職サイトという事で手軽な半面、まわりの友人や職場の人に広がってしまう心配もありましたが、実際に使用してみると、企業名でブロックもできたりするので心配なかったです。また、会員登録が簡単でシンプルで使いやすい画面なので、すぐに慣れました(25才・男・会社員)
イーキャリア
イーキャリア内に「イーキャリア+」というサービスがオープン。IT系の大手企業求人が一気に増えていて、ちょうど狙っていた企業もあり、利用しました。実際ITといっても電通などもあり、面接の依頼を投げています。サイトも使いやすいですね。他にもスカウトの数が結構くるので、助かります。(27才・男・営業)
リクナビNEXTやマイナビ転職など人気のサイトにも登録しましたが、クリエイティブ職の私の場合は、届くスカウトの数も質も断然イーキャリアの方が良かったです。サイトに掲載されている数自体も他サイトとそう変わりないですし。クリエイティブ系の方にはイーキャリアをオススメします。(23才・女・WEBデザイナー)
ネット系の求人が充実しています。結局他の転職サイト経由で転職してしまいましたが、読み物系も充実していて良かった。(25才・女・プランナー)
求人企業側の視点ですが、システムが洗練されておらず使い難い。また簡単に応募できるので、応募者数は多いがスキルの低い人が多く、採用活動に時間とお金が余計にかかる。最近は掲載費用が値上げされており、中小・ベンチャーで掲載を躊躇するところも増えていると思います。(35才・男・会社経営)
お祝い金もらえるのは率直に嬉しい。ただ出稿している企業に偏りがあるのは確か。基本的に飲食や営業、IT関連の求人が多く、大手どころで求人を出しているところは少ないと思う。営業系やベンチャーを目指す人にとっては利用する価値があると思うが、大手や外資系を狙うのであれば他の転職サイトのほうが良い。(30才・女・会社員)
地方都市の事務系の求人がとにかく少なすぎる・・・。登録して何年も経ちますが、いまだかつてイーキャリア経由の求人に応募した事は一度も有りません。(35才・女・求職中)
IT系や営業の求人は確かに多いですが、他の転職サイトと比較すると求人の絶対数が少な過ぎてメインで使うには心もとないです。ITエンジニアや営業の人達があくまでサブ的な位置付けで使う転職サイトだと思います。(31才・男・広告営業)
ジョブセンスリンク
ページが見やすく、個人情報登録も入力しやすく、全体的に使いやすいサイトだと思います。正直、他のサイトよりも、掲載企業の質は落ちる気がしますが、他のサイトよりもよくスカウトなどが届いていたのは、企業側から見ても、このサイトは使い易かったのかなあと思います。ここは、転職するとお祝い金がもらえますが、特にそれを意識して検索をした事はないです。個人的に、数万円で、一生を左右する転職先を選ぶ人はいないと思いますね。もらえたらありがたいですけど。(女)
転職活動のために色々見ていますが、ジョブセンスを見つけて最近よく見ていますが、たまに興味を引かれる募集が見つかります。求人の質は希望している職種にもよると思いますけど、いいものも見つかります。まだ決め手いないですが、ここでお仕事を見つけることができたら、お祝い金をもらえるのも魅力ですね。5,000円とかすごく高いものは2万円とかあります。できればそこで決まったらとてもお得だなと思います。仕事はやはり若いかたへの求人が圧倒的に多いと思います。(43才・女・自営業)
転職に成功すると転職祝い金がもらえるというのがウリの転職サイトです。まだ転職に成功していないのでもらえれてませんが、1円ももらえないよりもらえたほうが嬉しい。ただ求人を見ると外食とか不動産とかが多くて営業の求人が多い気がします。職種によっては他のほうが良いと思われる。(27才・男・広告営業)
求人企業側の視点ですが、システムが洗練されておらず使い難い。また簡単に応募できるので、応募者数は多いがスキルの低い人が多く、採用活動に時間とお金が余計にかかる。最近は掲載費用が値上げされており、中小・ベンチャーで掲載を躊躇するところも増えていると思います。(35才・男・会社経営)
お祝い金もらえるのは率直に嬉しい。ただ出稿している企業に偏りがあるのは確か。基本的に飲食や営業、IT関連の求人が多く、大手どころで求人を出しているところは少ないと思う。営業系やベンチャーを目指す人にとっては利用する価値があると思うが、大手や外資系を狙うのであれば他の転職サイトのほうが良い。(30才・女・会社員)
求人企業です。ジョブセンスを運営元のリブセンスという会社は「転職会議」という口コミ掲示板を設置しています。ここで弊社のお取引企業の悪評が多くかかれていて驚きました。その全てが事実無根の誹謗中傷に見え、気持ちが悪くなりました。リストラされた社員の愚痴を参考に転職する人など実際にいるのでしょうか?悪口で鬱憤晴らしは社会人である前に人として失格ですよ。(40才・男・人事部門責任者)
某企業に応募した際、●日以内に連絡すると折り返しメールがあったにもかかわらず、一切の連絡がないままマイページ内不採用企業の項目にこの企業が追加されていました。驚いてジョブセンスリンクに問い合わせたところ、「応募先企業様に直接お問い合わせください」・・・他の転職サイトと比較すると、誠実さに欠ける対応に失望しました。(27才・女)
実際に求人を出したことがある企業側からの転職サイトの評価になりますが、正直ジョブセンスリンクはお金が欲しくてここを経由する転職者が多く、人材としてのクオリティは他の転職サイトのほうがはるかに高い。確かに数は集まるが、質が低ければ企業側からしては手間がかかるだけで意味がない。逆を言えばジョブセンスリンク経由で応募する人は企業側から質を疑われている可能性があるという点を憶えておくと良いと思う。(31才・男・広告営業)
アパレル転職 エラン
ファッション業界、アパレル業界で働いている人なら結構有名な転職サイトだと思います。一般的な転職サイトにはないアパレル専門職種で求人を絞り込む事ができる点も便利です。特に関東圏であれば求人も充実しているので利用する価値があると思います。(26才・女・アパレル(副店長))
広告転職.com
広告関連の求人に特化した転職サイトなので、業界の人間が使うのであれば使い勝手は良いかと思います。外資系の広告代理店や私が見た時は契約社員でしたが日本の大手広告代理店の求人も出ています。ニッチなサービスですが広告業界で働きたいという人であれば登録しといて損はないと思います。ただ個人的にはこの業界はお薦めしません(笑)(29才・男・広告営業)
LinkedIn(リンクトイン)
Facebookのビジネス版と言われるLinkedinは、世界中で活躍しているビジネスパーソンが使っています。「優秀な人材に直接にコンタクト出来る」というメリットから、多くのヘッドハンターや企業の人事が見ている感じがします。「外資系でばりばり働きたい」&「自分のスキルや経験がどのように評価されているか知りたい」という方にはピッタリの場所だと思います。また、求人に応募する前に、企業のことや働いている人、人事の人などを調べるツールとしても便利です。このような情報は面接時にも役に立ちました。(27才・女・オンライン・マーケター)
仕事系専門のSNSだが 求人のページもある。日本の求人も掲載もある(但し外資系のみ、数は少なめ)。自分のアカウントを作って、経歴を詳細に掲載していると、それを見たリクルーティング(ヘッドハンティング)会社から連絡が入る事が多い。私もこのLinkedInの私のページを見た某リクルーティング会社から連絡があり、転職しました!英語のみの展開の為、外資系、英語を使う仕事を探している人向け。ネットワークがその人のreferenceの数ともとれるので、一緒に働いた事がある人をなるべく多く自分のネットワークに入れておくのもお勧めです。(35才・女・会社員)
PROSEEK(プロシーク)
他の転職サイトと比較するとベンチャーや小さい成長企業の求人が圧倒的に多い。実際採用担当になって営業を受けて気付いたんですが、意図的に大手と競合しないところを狙って営業しているそうです。ちなみにFindjobとかに求人を掲載するとすぐにプロシークの営業がきます(笑)交渉次第でかなり割引(オプション)サービスをつけられます。他には載ってない求人がたくさんあるので、中小主体の人であれば使う価値はあると思います。(35才・男・総務)
IT転職ナビ
IT企業に特化した転職サイトで公開求人だけではなく非公開求人や第2新卒の求人なども幅広く取り扱っています。サイバーエージェントやNTTデータ、楽天といった大手の求人も多いですし、スカウトサービスもあるので、IT関連で転職先を探しているのであれば利用する価値はあると思います。特に私のようなアプリ開発を仕事にしているエンジニアなら今はかなり引く手あまたです。(31才・男・アプリ開発)
グッジョブ・ナビ
製造業の仕事がほとんどなので、工場などでじっくり働きたい自分なんかには、丁度良い。派遣会社が多いのは仕方ないのか・・・(32才・男・製造業)
とらばーゆ
検索機能に「雇用形態」を選べ、また「土日祝」を上演に入れられる事はありがたいですが、検索結果を新着順等に並べ替えられたら、とても助かります。(28才・女)
求人情報ナビ+V
保育士、幼稚園教諭、ベビーシッターなど保育の専門職を扱う求人サイト。メルマガ登録しておけば、新着情報がメールで届きます。サイトから応募もできるので便利です。子育てママと保育士のクチコミ情報サイトアットhoiku+も運営しています。(47才・男・会社員)
カモメ中国転職+アジア
はじめまして。海外で働きたい日本人向けの求人サイトで、毎日更新もされています。中国勤務が中心のようですが、アジアの求人もあり、重宝しています。(29才・男・日本語教師)
外資系転職求人サイト ダイジョブ
バイリンガル向けの仕事が多く、せっかく身に付いている英語を無駄にせずに、しかも外資系企業の求人が多いせいか、全体的に年収が高いです。(32才・女)
ハローワークインターネットサービス
ここ最近WEBの検索画面が変わり、最初は慣れませんでしたが基本は変わっていません。ハローワークの検索はかなり細分化して検索出来るので、希望に沿う求人を見つけやすいです。他の転職サイトもハローワークに近い、細かく検索ができれば良いと思います。(31才・男・無職)
安定の求人数です。ここ最近、いわゆるブラック企業の掲載を無くす取組みもあり、優良な求人を見つけやすくなってきていると思います。担当のスタッフを専任することもでき、親身になって考えてくれます。毎日求人が更新されるので、常にチェックはしていますが、基本的に中小がほとんどなので大手に行きたい方にはオススメできません。ハローワークの求人はあまり良いのが無いとよく聞きますが、そんなことはないと思います。しっかりカウンセリングを受けて、紹介してくれる企業は優良だと思いますし、気になる求人があればそれについてきちんと現状を教えてくれる。(31才・男・無職)
転職サイトに掲載するためには数十万円の費用がかかるため、優良な中小企業でもハローワークを使うという所は少なくありません。もちろん資金力がなければ大手の転職サイトに広告は出せないので、そういう所にも登録し、活動するのは当たり前ですが、第3の選択肢としてハローワークがあるというのは頭の片隅においておいても良いと思います。私は子持ちの母親で残業もできないので、転職が難航しましたが、マザーズハローワーク経由で理解のある社長がいる会社に転職する事ができました。給料は安いですけど^^;(33才・女・会社員)
年代の高めの人が就職を探すとなるとやはりハローワークが一番メジャーな転職サイトだと思います。やはり40代、50代のかたが多く利用したり検索したりしています。地味な広告内容ですけど、堅実なイメージで、いいなと思う求人があればラッキーだと思います。ずっと掲載し続けている求人は、人気がないのかなかなか人が集まらないのかもしれません。以前はハローワークに出向いていって求人を見るのが当たり前でしたが、今はネットですぐに情報をみることができるのがいいですね。(女・自営業)
今まで働いてきた会社への就職方法は全て、ハローワークからでした。販売系でしたら求人広告・雑誌等で探しやすいのかもしれませんが、事務職希望の為、どうしてもハローワークの方が求人票が見やすいです。おまけに事務職関係で求人広告に出す会社というのは、お金を掛けてでも、人が欲しいという会社であり、焦っているもしくは職場環境が悪く来てもすぐに辞めてしまう?など、あまり良い環境の会社がないように感じます(あくまでも個人的な意見ですが・・)以前、ネットで派遣の仕事を応募しましたが、掲載内容と実際の仕事内容が違っていたため、数日で退職したこともあり、ネットも信用できません。ということで、私はハローワークのみ利用です。(34才・女・専業主婦)
求人数はダントツにおおい。ただし、当日の案件は自宅からの検索だと出てこないことがある。ハローワークの方にお聞きしたら、受付をしたハローワークで最初公開し、その次ハローワーク全体、そしてインターネットという順番らしい。 この関係だと思うが、当日(たとえば6月11日)検索しても何も出てこなかったのが次の日に見ると情報有りという場合がある。前日以前の案件の場合は自宅でプリントアウトし、詳細の情報をハローワークで印刷後相談という形にしているが、当日の案件については、ハローワークに行って、情報検索画面で新着情報(当日分のみ)でみたほうが抜けがないと思う。当日分の情報公開の速さがちょっと残念なため点数は3とした。(48才・男・無職)
以前はあまり良い印象のなかったハローワークのサービスですが、最近、実は結構良い案件があるんだなと言う事が解りよく利用しています。また、ハローワークでの検索が30分と決められていますので、私は家であらかじめ検索をして、求人番号を控え、そのうえでハローワークでは求人票のプリントと紹介状を受け取る事だけにしています。時間に焦り、最後まで探しきれない事もないですし、家のPC出の方が検索条件など細かく指定出来て、情報も確かではないかなと思います。(女)
地域密着の企業や、ハローワークでしか探せない求人など、利点もたくさんありますが、閉館時間が早く、働きながらの転職活動は厳しいです。せめてもう少し朝が早かったり夕方が遅くまで受付してくれていたりすればありがたいのですが・・・(32才・女・主婦)
ハローワークの求人をインターネット上で検索できるサービスです。転職サイトに求人を出していない中小企業の求人を見ることができます。ハローワークに会員登録している人だとかなりの数の求人をチェックできるのでお薦めです。ただ結局ハローワークに行って、推薦状をもらわないと応募出来ない点は面倒です。。。(33才・女・主婦(パート))
昨年からずっと就職活動をしています。ハローワークインターネットサービスで良いところがあれば、最寄りのハローワークに出掛けて取り次いでもらっていました。 何件か面接に行きましたが、空求人と思えるようなところが多々ありました。ハローワークへ求人を出すのはタダなので、宣伝目的で求人を出している会社があるので、そこは気を付けたほうがよいと思います。(女・主婦)
相変わらずブラックが多くてガッカリします。ハロワ側は調査しないのかなぁ?また事務系求人が増えたと思いきや、派遣会社経由の求人でガッカリ。派遣会社に登録しなければならないし、登録したからと言ってその求人に応募できるとは限らないのに。(35才・女・求職中)
自宅でも求人情報を見られるのは便利だが、自宅のインターネットで見られる求人新着情報は一日遅れ、すなわち前日の情報である。 当日の情報はハローワークに行ってみるしかない。この点が不便である。また検索条件がハローワークの端末とそれ以外(例:自宅)で違うのは不便である。統一されると使いやすくなると思う。 また同じ理由で求人番号を入れての情報検索がハローワークの端末は5件までOKなのに自宅などのインターネットでは一度には一件というのも不便に感じるところである。(48才・男・無職(求職中))
圧倒的な求人数ですが、相当ブラックな会社もありました。違法な場所で無資格の会社、入社後に研修期間として求人より200円低く最低賃金での業務や、長時間の無休残業の会社がありました。怪しいと思ったら、すぐにハローワークか労働基準局に勇気を出して相談したほうがいいです。(37才・女・主婦)
ウィメンズワーク
派遣が嫌なので、(サイト上部にある「派遣のお仕事情報」を選ばず)一番左の「女性の転職」のタブから検索しているのに、紹介予定派遣だの派遣だのの求人が山ほど出て来て、とても不便。 検索時に希望雇用形態も選べず、不便。 同じenがやっている、アルバイト検索サイト「はた☆らく」も派遣ばかり表示される。 どうにかならないのか?(29才・女)
千葉キャリ
メリットは千葉に特化していると謳っているだけに、千葉県の企業の求人情報が多数ある点。 デメリットは、ユーザー対応が悪い点。Web記載の面談が受けられない事もある。トータルで考えると千葉県内企業の検索サイトとしては利便性が高く、ハローワークの検索をより効率よく、求人を探すという意味では良いと思う。ただ、いわゆる面談ありの転職相談窓口に関しては、Webに明記されているにも関わらず、実際は行っておらず、周知徹底されていない点がネック。ここをメインの転職サイトとしてご利用するにはリスクが高いのかと思います。(41才・男・営業)
転職GOLD
バイトだとバイトル、派遣だとはたらこねっとといった様々な人材サービスを手掛けるディップの転職情報サイトです。バイトルは学生時代に使っていたので、ここも良いサービスなのだろうと思い使いだしましたが、求人数が全然少ないのとリブセンスみたいに転職祝い金がもらえますが、何だか二番煎じ感がハンパないです。デザインも使いやすさも洗練されているとは言い難く、積極的に使う理由が今のところはありません。(25才・男・会社員)
ジョブエンジン
応募フォームの職務経歴書欄が3社しかない。登録時はいくつでも出てくるのに、仕様がおかしい。また、登録時に入力したものがそのまま使えず、コピペし直さなければならないで手間。おまけに応募管理の機能がなく、他の転職サイトから比べると、機能が著しく少なくてとても不便でした。(38才・女)
メイテックネクスト
all engineerの登録時に、ここにも入力した経歴データの内容でエントリーが出来ると言う事だったので登録したが、『エントリー情報を拝見させていただきましたが、弊社に寄せられている案件の中に、ご案内可能な求人を見い出すことができませんでした。ご期待に添えず、大変申し訳ございません。』と、探す気の無いサイトが使用するマニュアル文章の返事が来た。年齢が若くないのはいらないのか、プログラムシステムで弾いているのかもしれないから、縁が無かったかも。(38才・男・求職中)
楽天仕事紹介
エントリーしても半年ほど放置、その後是非弊社で紹介させてくださいというメールが・・・。エントリーを無視したことに一切の謝罪もなく求人の進捗状況だけを聞いてくる失礼極まりない会社です。(男)
スカウトメールが来たので、返信したら、ご希望の面談(登録日)を2つ3つ上げてほしいとのメールが。その通り、希望日時を2、3上げて返信するも、その後連絡なし。既にこちらが提案した日時を過ぎている。意味がわからない転職サイトです。(33才・女・求職中)
応募後何度かやり取りしたものの、書類審査に出すのを忘れていた模様。一週間後にこちらから連絡してやっと面接までこじつけたものの、企業様からはその求人は二年前に出したもので、今は求人していないけれど、別の職種で人が足らないからて面接に来てもらいましたと言われた。他にもスキルの充分足りている案件を問い合わせしても、希望に合っていないと言われ紹介されない事が10社ほどあり、掲載の求人は古く、更新されてないようです。(34才・女・会社員)
仕事数は少ないです。そして求人内容が全く違ってます。募集月額と面接時聞かされた求人が10万近く違い、試用期間の給与などは募集時には記載がない。楽天の担当者は横柄だし私が悪いみたいな言い方をされました。最悪です。楽天担当者からのフォローは一切ありません。楽天が仕事紹介なんて土俵が違うんだから止めた方がいい。(32才・女・クリエイター)
ヒトバンク
名前もあまり好きではなかったのですが、登録して以来不要なメールが大量に届き、自分にはかかわりのない求人ばかりメールで送られてきます。転職サイトとしてみても、情報を集める効率が悪く、信頼ができなさそうな感じがしました。(38才・女・主婦)
Bishoku
転職サイトで、良さそうな求人があったので応募をしたら、このエージェント経由の案件でした。その後登録への連絡が来たので、オフィスへ行ってビックリ。転職をアドバイスするには程遠い、ヤンキー身なりの方に面接をされました。ただ、求人はその他にも3件紹介され、どれも良い条件での求人だったので、家に持ち帰り一社ごとに志望動機を考えて書類を提出しました。がしかし、一週間経っても連絡なし。その時点で電話をするも折り返しがなかったので、その更に3日後、しびれを切らしてメールをしました。すると宛名が間違ったメールが返信され(おそらくコピペ)内容は・・・。書類が通った方にのみ連絡を差し上げていますが?というもの。企業側も、もし書類が駄目であれば何か理由を添えて断ると思うのですが・・・もしかしたら釣り求人だったのかなと思います。ちなみに、このオフィスへ行くと「美バス」というもののバスガイドさんを募集する広告があちらこちらに。美バスを否定はしませんが、ああ、そういうコンセプトのエージェントなのかなって思いました。(39才・女)
はたらいく
「あなたに興味があります」というような、スカウトサービスに近いサービス「ライク」、どうしたら、私に送って来るの?」というような、職種を募集している会社からスカウトが来る。今まで経験した職種や、希望している職種と、全くかけ離れた職種を募集している会社から「ライク」が来るので、何のためにライクサービスを使っているか分からない。適当に送っているとしか思えない。ライクが来る度に、メールでそれの通知で来るのが不愉快。(29才・女)
インテリジェンス
敷居が高い。対応が事務的。エージェントサービスを利用しない限り、メールも担当者名を入れずに「カスタマーセンター」などと名乗って送ってくる。ちょっと高飛車な感じがする。(38才・男・無職、求職中)

※転職サイトランキングはクチコミランキング編集部調べです。

※掲載情報の詳細は転職サイトを運営する各社のウェブサイトでご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。

※転職サイトへの口コミは投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

※虚偽である、個人を攻撃している等、問題のある口コミは、右のリンクから報告してください。 問題のある口コミを報告する

クチコミランキング編集部による総評

転職サイトランキングの1位はリクナビNEXTでした。リクナビNEXTは圧倒的な求人数の多さと充実したコンテンツが魅力の転職サイトです。また、スカウトメールサービスも高い評価を得ています。その他にも転職の成功に役立つコンテンツも充実しており、全体的にバランスのとれたサービスになっています。またプロのキャリアコンサルタントが転職を支援する人材紹介会社でもリクルートグループのリクルートエージェントが、圧倒的な転職仲介実績を残しています。ネットを中心に活動したい人はリクナビNEXT、プロのキャリアコンサルタントのサポートを受けたい人はリクルートエージェントを利用すると良いでしょう。

2位のDODAはインテリジェンスが運営する総合転職サイトです。転職サイトとしてのサービスに加え、転職コンサルタントからの人材紹介サービスを受けることもできます。同率2位のマイナビ転職は転職サイトの老舗で大手から中小ベンチャーまで成長企業の求人が多いのが特徴です。同率4位にランクインした転職情報誌typeのインターネット版@typeにも注目です。求人数は若干少なめですが、大手やIT関連、外資系への転職に強い点が評価されていました。なかでもキャリアアップを狙う人に特に人気が高いようです。今回初めてランクインしたキャリアトレックにも注目です。キャリアトレックはユーザーの好みの求人を人工知能が学習し、紹介するレコメンド型という全く新しい仕組みを採用。20代の中心にスマホを活用し、転職活動に取り組む方の評判が特に高い転職サイトです。6位にランクダウンしたエン転職も長い歴史を持つ人気の高い転職サイトです。求人数は数ある転職サイトの中でもトップクラス。さらに大部分がエン独占の求人である点も魅力の一つです。また顧客満足度調査で9割を超える評価を獲得する等、利用者の評価は転職サイトランキングの上位企業と比較してもそん色ありません。

最近は転職が当たり前になってきていますが、実際に転職するとなるとやはり一大事です。私も2回の転職を経験していますが、決して後悔をすることがないようしっかりと活動することこそが転職を成功させる秘訣だと思います。みなさんの転職活動の成功を心からお祈りしています!

クチコミランキングスタッフ

転職サイトランキング 口コミ投票! 口コミ10回採用でAmazonギフト券1000円プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

どの転職サイトに口コミする?
※必須
  • パソナキャリア
  • type
  • リクナビNEXT
  • en
  • イーキャリア
  • はたらいく
  • 日経BPエキスパート
  • インディビジョン
  • イムカ
  • マイナビ転職
  • インテリジェンス
  • 20works(ニーゼロワークス)
  • リクルートエージェント(旧リクルートエイブリック)
  • DODA(デューダ)
  • find job!
  • green
  • ハローワークインターネットサービス
  • その他
評価項目と点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目 点数(5点満点) 5   4   3   2   1
理由
メールアドレス※必須、PCアドレス ※口コミ採用時のご連絡先となります。
年齢
性別 男   女  
ご職業 (例:銀行員、専業主婦など)