大学ランキングと口コミ情報

大学ランキング&口コミ

  • ホーム
  • このサイトについて
  • サイトマップ

大学ランキング 口コミ

大学選びの基準は偏差値だけじゃない!みんなに人気の大学はどこ?open

大学選びの基準は偏差値だけではありません。キャンパスライフの充実度、スポーツ、就職への強さや卒業生の活躍も基準の一つになるでしょう。在校生・卒業生や社会人がおすすめする大学はどこでしょうか?大学受験を控えた皆さん、ランキングをチェックして大学選びの参考にしましょう。

クチランスタッフ

関連ランキング
進学情報サイト

オススメ!【ネット銀行で節約】住信SBIネット銀行なら振込手数料が月3回まで無料!預金金利も国内最高水準!

慶應大学(慶應義塾大学)画像

主な卒業生・在校生
  • 政治家:塩川正十郎、小泉純一郎、石原伸晃、平沼赳夫、中川秀直
  • 研究者:富塚誠義、霍見芳浩
  • 経済人:北尾吉孝(SBIホールディングスCEO)、見城徹(幻冬舎社長)、北城恪太郎(経済同友会代表幹事)
  • スポーツ選手:高橋由伸、反町康治
  • 芸能人:石原裕次郎、櫻井翔、竹内まりや、一青窈、ふかわりょう
総合 4.7
キャンパスライフ 4.5
難易度 4.5
就職に強い 4.5
在校生・卒業生の満足度 5.0
人気 5.0

ここに注目!

プレジデント社の「上場企業の役員になれる大学調査」で1位

詳細

1858年に福沢諭吉によって創設された私立の名門大学。各業界の第一線で活躍する人材を多数輩出しており、プレジデント社の「上場企業の役員になれる大学調査」では1位にランクインしている。
また、資格試験にも強く難関の公認会計士試験の大学別合格者数では32年連続トップをキープしている。
2006年に共立薬科大学との合併を発表。薬学部を設置し、あらゆる教育が受けられる総合大学となった。

口コミ

いい口コミ
私立大学の雄ですが、校風が穏やかな校風で好きです。また、卒業後も、卒業制度牛の絆が比較的強くて、しっかりと後輩の面倒を見てくれますので就職後も安心です。(57才・男・会社員)
大学受験で入ったのでそれほど愛校心は無かったのだが、海外在勤時に現地に慶應出身の駐在員・研究者が多くおり、出身大学が同じというだけでかなり良くしてもらった。マンモス大学だし幼稚舎出身から私のような大学受験組まで幅広いが、その分世界中で活躍している仲間が居るのは心強い。卒業してからこの学校の価値を知った。(39才・女・会社員)
正直塾生時代は楽しかったです。勉強も好きなだけできますし、就職するときも有利です。塾員(卒業生)になってからもイロイロな繋がりが出来ますし。ただ田舎には「慶應」ってだけで「金持ち」だと思われる傾向がありますが、実際は大学が奨学金を貸してくれるので、私のような貧乏人でも安心して大学にいくことができました。(33才・男・公務員)
卒業後も多種多彩な分野でOBたちが確実に応援してくれる。即ち、卒業証書=OB支援保証書みたいなとこがある。(56才・男・役員)
在学生・卒業生共に常識とプライドが圧倒的に高い。(79才・男)
どこの大学よりもバランスが取れた印象があるから。頭の良いと洗練された印象を同時に与えることができる。実際大学名聞かれて慶應ですと言うと、一目置かれる。(21才・男・慶應義塾大学塾生)
中立の口コミ
この大学の附属校からの進学組と目的を持たずに入学したSFCの学生は非常に当たり外れがあります。採用する立場としては人材の安定感が無い様に思えますね。(53才・男・会社員(人事部))
総合的に優れている。知名度抜群。OBの仲が良い。但し、推薦組や内部進学組が多く、国公立比べて、優秀かというとそうでもない。これは私大一般にいえることではあるが。(31才・男・会社員)
悪い口コミ
一般入試でも英語1教科のみで受験できる学部(総合政策学部・環境情報学部)があり英語しかできない人も合格できるので、学力が高いとは言えない。(26才・女)
在学生・卒業生共に傲慢な人が多いです。世間がこの大学を過大評価しているからだと思います。この大学を嫌いと言う人は私の周りに数多くいます。(24才・女)

口コミをもっと見る

スタディサプリ

対象 高校生・浪人生他、大学受験を検討している方
モバイル対応

ここに注目!

  • リクルートが運営する新しいオンライン学習サービス
  • 月額980円という破格の利用料を実現!さらに今なら2週間無料でお試しできる
  • 全国トップクラスのプロ講師の動画が見放題!センター&有名大学の過去問を最大3年分無料でダウンロード可能!

詳細

スタディサプリはリクルートが提供する新しいオンライン学習サービス。志望校合格のために役立つ機能が月額わずか980円という破格の金額で利用でき、利用者を急速に増やしている。
スタディサプリが受験生から支持されている理由は、全国トップクラスのプロ講師の講義を動画で、いつでも何度でも視聴できる点だろう。また、動画は1講義20分×3本で構成されており、空いた時間に効率よく学習できるよう、配慮されている点も嬉しい。
さらにスタディサプリは「センター対策講座」「志望校対策講座」「AO・推薦対策講座」等、受験対策に特化したコースを豊富に用意。センター試験の過去問や全国140大学以上の過去問を最大過去3年分、無料でダウンロードすることも可能。そのほかに現在の授業の進捗に合わせ、様々な講義を受講できるので定期テスト対策にも役に立つ。
現在スタディサプリでは、2週間無料でサービスをお試しできる期間限定キャンペーンを実施している。受験を考えている高校生であれば、一度は試してみる価値があるサービスだろう。

早稲田大学画像

主な卒業生・在校生
  • 政治家:森喜朗、武部勤、福田康夫、田中真紀子
  • 研究者:姜尚中
  • 経済人:井深大(ソニー創業者)、出井伸之(ソニー元会長)、柳井正(ファーストリテイリング会長兼社長)、亀山千広(フジテレビ映画事業局長、プロデューサー)
  • スポーツ選手:徳永悠平、中野友加里
  • 芸能人:吉永小百合、藤木直人、サエコ、手越祐也
総合 4.6
キャンパスライフ 4.5
難易度 4.5
就職に強い 4.5
在校生・卒業生の満足度 4.5
人気 5.0

ここに注目!

プレジデント社の「上場企業の役員になれる大学調査」で2位

詳細

1882年に大隈重信によって創設された慶應大学と双璧をなす私立の名門大学。プレジデント社の「上場企業の役員になれる大学調査」では2位にランクインしている。また、司法試験に強く大学別の合格者数では2年連続トップ。
スポーツにも強く、卒業生にはフィギアスケート選手の中野友加里やプロサッカー選手の徳永悠平、在校生には野球の斎藤佑樹など有名人が多い。

口コミ

いい口コミ
大学受験塾を経営している者です。大学受験生を指導する際、生徒が士業を目指すのであれば、まず最初に早稲田を推すことにしています。理由は資格試験の合格者数が抜群であるためです。司法試験では合格者数は日本一であり、合格率も法学未修者が多いという他大学と比べ不利な状況でありながら、上位に食い込んでいます。公認会計士に関しても、大学院出身者を含めると日本一であり、国家総合職試験(官僚試験)に関しては、慶應を圧倒的に突き放し、京大と僅差で3位です。上記のように、士業に関しては非常に強い大学と言えるため、生徒には真っ先に勧めることにしています。 就職率に関しても、2014年度調査においては、文学系の学部が多く一般的に就職不利と言われながらも、大学通信社の調査によると、東大や京大、阪大や上智などを圧倒しています。国際教養学部などの留学必須学部は日本経済新聞を始め、各所で絶賛されており、時代の変化の先を進んでいるとも言えるでしょう。就職の面からも、非常におすすめできる大学です。 欠点としましては、スポーツに関しては以前ほどの強みを見せておらず、また、いわゆる「早稲田嫌い」も多いため、相手によっては印象を悪くさせてしまう可能性もあります。良くも悪くも、東大や早稲田、慶應などの大学は相手に強い印象を与えてしまうものです。 しかし、それを差し引いてもなお、受験生、特に士業を目指される受験生には真っ先におすすめすることが出来る大学と言えるでしょう。(36才・男・経営者)
4年間在籍していましたがとても楽しかったです。私はサークルには入らずに取りたい授業をひたすら取り続けましたが、それでも友人はできますし、友人みんなで大学野球・ラグビーの応援に行ったりと学生生活を満喫しました。(25才・女・専業主婦)
早稲田出身者ですが、昨年卒業後35年目にしてキャンパスに入りました。隔世の感、そのものでした。法学部、商学部校舎は生まれ変わり、安田球場は近代的なビルに代わってました。日々発展を遂げている証跡です。(58才・男・会社員 )
スケールの大きい大学で、中には本当に様々な人がいる。様々な機会を与えてくれる。施設も充実しているし、カリキュラムも最近オープン教育という全学部でとることのできるカリキュラムに力を入れていて、他学部の教授の講義も受けることができる。非常に刺激的な学生生活を送れると思う。(21才・女・学生)
早稲田のよさは実際にキャンパスライフを送らなくては分からないと思います。入学前のイメージでは人が多すぎて、自分自身がかき消されてしまうのではないかと思ってました。でも多くの先輩友人のつながりは早稲田でないとできないし、就職にも強く第一線で活躍している多くのOB・OGがいろいろな面でサポートしてくれます。(21才・男・大学生)
文学においての早稲田の強さは計り知れない。芥川賞、直木賞どちらも受賞者の数では二位の東大に二倍以上の差をつけて勝っている。雑多な人間が集まる中で、自然と人生についての深い考察が得られる。(33才・男・地方新聞記者)
中立の口コミ
「自由な校風」と言えば聞こえはいいが、実際は生徒の扱いが適当なだけ。明確な目標を持って努力している人は比較的少なく、サークルに精を出す学生が多数。これが難関大と言われる大学の実情かと思うと日本の将来が心配。(20才・男・早大生)
悪い口コミ
教授陣は素晴らしいし一流ですね。しかし学生に対する教育力がどうかとの印象は拭えません。学部によっては大学は芸能や遊びを学ぶレジャーランドと見紛うまでに、慶応と双璧を成したかつての姿から凋落してしまったイメージが非常に残念です。米国のように税金に頼らない自立運営の私立大学のレベルが国力を左右します。早急な改革によりかつての威厳を回復してほしいです。(男・会社員)
極端に言えば伝統ある政経・文学部・法学部・理工学部とそれ以外の学生に差がある大学です。特に教育学部や人間科学部、社会学部などは名前だけで選んだ様な学生が多く目的もなく受験に臨んだ印象が拭えません。採用する立場としては慶応と並び当たり外れナンバーワン私大と言えます。(53才・男・会社員(人事部))
高校の先輩全員が勉強もせず単位をおとしてばかりだから。何かと芸能人関係で社会をにぎわす大学ではあるが常に研究内容は乏しくプレジデントでは「やる気のない教授も数多くみられる」とかきたてられ慶應には大きく水をあけられすでに上位企業就職率では上智にも軽く抜かれ、今後明治には知名度でも大学のレベルでも抜かれてしまいそう。また入学試験の面でも小論文ではなく国語なあたりも少し生徒の質をさげてしまっている。法学部においても容こそ合格者1位ではあるが合格率の面ではさほど高くない。私の予備校のチューターは早稲田の政経学部に在籍しているが「早稲田にいては勉強ができない」と言いサークルにも属さず勉強をしている。実績こそ高くすばらしい大学であるのは間違いないが現在の生徒そして学校のレベルはとても難関大学とは呼べないのが現状である。(17才・男・高校生)
父が早稲田大学の卒業生。母校に誇りを持っていて箱根駅伝やラグビーなどのスポーツ中継を熱心に見ていたが、相次ぐ不祥事に加え、70歳を過ぎても寄付を求める払い込み書が届くことに大きな戸惑いを感じている。これでは大学のイメージが悪くなるのも仕方ない。(39才・女・主婦)
不祥事で話題になることが多かったり、芸能人を入学させたりとあまりイメージが良くない。以前、早稲田実業の初等部の校長が面接で寄付を暗に依頼したというニュースを見たときに幻滅しました。早稲田に憧れを持つ学生の期待をこれ以上裏切らないで欲しい。(17才・男・高校生)

口コミをもっと見る

京都大学画像

主な卒業生・在校生
  • 政治家:前原誠司
  • 研究者:野口英世、野依良治、利根川進、朝永振一郎
  • 経済人:御立尚資(ボストンコンサルティンググループ日本代表)、近藤淳也(はてな社長)、秋山咲江(サキコーポレーション社長)
  • 芸能人:辰巳琢郎、宇治原史規
総合 4.6
キャンパスライフ 4.0
難易度 5.0
就職に強い 4.5
在校生・卒業生の満足度 5.0
人気 4.5

ここに注目!

日本で2番目に創設された歴史のある国立大学

詳細

1897年に日本で2番目に創設された国立大学。創立以来「自由の学風」を建学の精神としており、学生の自治活動が活発に行われる大学としても有名。創造力豊かな学生を育てる校風に定評があり、企業からの評価も高い。
上場企業の役員になれる大学調査では4位、国家公務員1種試験の合格者数でも2位にランクインしている。黄熱病の発見で有名な野口英世、ノーベル賞を受賞した野依良治、利根川進、はてなの近藤淳也、サキコーポレーションの秋山咲江も京都大学の卒業生。

口コミ

いい口コミ
鴨川がすぐ横にあって、授業をさぼって本を読んだりできます。それなのに単位は天から落ちてくる。入るときは難しいけど、ネームバリューもあって、就職に強いし、私立大学よりも自由だと思います。(21才・女・大学生)
京大は日本の学問・研究の殿堂であり、ノーベル賞(自然科学)フィールズ賞の受賞も最多。かつ京都市と共に日本の精神文化を支える主柱である。京都人は姑息な官僚養成大学を良しとしない。(58才・男・会社員)
私は農学部でしたが、あまり好きになれず、みんなが大学院に進学するなか就職活動をしました。第一志望は広告代理店、第二志望はレコード会社で、理由はクリエイティブなイメージがあるという安易なものでしたが、ほとんど苦労せずに第一志望の大手広告代理店に就職が決まりました。面接がすごく上手くいったわけでもなかったのに合格できたのは京大ブランドのお陰かもしれません。(28才・男・広告代理店)
私が受けた大学で落ちたのはここだけ、結局慶應に行きました。受験でクリエイティブな発想力が求められるので暗記ではとても対応できません。卒業生を見てもクリエイティブな人が多いですよね。今でもちょっと京大には憧れます。(29才・男・総合電機)
悪い口コミ
たまたまかもしれないけれど今年入社してきた京都大学院卒生。頭は計り知れないくらい良いんだろうけど、一般常識がなさすぎて驚きました。プライドだけは高く、「この会社が嫌で、自分が変えてやろうと思って入った」と上司の前で豪語。やはり一流大学でてても人間性や常識は大事です。(30才・男・会社員)

大阪大学画像

主な卒業生・在校生
  • 政治家:伊藤渉
  • 弁護士:紀藤正樹
  • 経済人:盛田昭夫(ソニー創業者)、佐治敬三(サントリー元会長)、西川善文(日本郵政株式会社社長)、中村邦夫(松下電器産業会長)
  • その他:手塚治虫、横溝正史
総合 4.4
キャンパスライフ 4.0
難易度 4.5
就職に強い 4.5
在校生・卒業生の満足度 4.5
人気 4.5

ここに注目!

旧帝国大学の一つで、関西では京都大学に次ぐ高い地位を確立している

詳細

1931年に8番目に設立された帝国大学。2007年10月に大阪外国語大学と合併し、外国語学部及び外国語専攻の大学院が設置された。
全ての学部で高いレベルの教育を行う総合大学として、関西では京都大学に次ぐ高い地位を確立している。
卒業生には漫画の神様・手塚治虫、金田一耕助シリーズで有名な横溝正史、ソニーの創業者・盛田昭夫、三井住友フィナンシャルグループの社長を勤め、日本郵政株式会社の初代社長に就任した西川善文等。

口コミ

いい口コミ
大阪大学の教育は、各分野の専門教育により「高度な専門性」を育むことを基盤としながら、学部から大学院に至るまでの幅広い教養教育を通じて、「複眼的な視点」と「俯瞰的な視点」を養います。 学生の学びにおいては、自ら課題を設定し解決に向けて主体的に考える、能動的な学習態度を重視し、問題解決型学習、体験型学習、グループワーク、ディスカッション等の「アクティブラーニング」を積極的に展開しています。(51才・男・大学職員)
企業側から見て実践者で使える人材が特に多く感じます。研究成果もすばらしいですね。法人化したあとも、しっかり利益率も東大、京大より高いですね。実践重視の教育思想が定着しています。(45才・会社員)
阪大は日本のトップレベル大学の一つと思いますが、全国的に見るとまだ存在感が薄いのが残念です。なぜかその一因として大阪人の高等教育に対する価値観が他の旧帝大の所在地と比べて低いのでは?なにせ大阪市街地に殆ど大学が無いのです。ですからおらが街の自慢の大学と言う意識も低いのでしょう。大阪活性化の改革が種々進めれれていますが阪大の大阪市への復帰(移転)もその中に有っても良いと思います。大学の価値は単にキャンバスが広いとか学問・研究レベルだけではなく地元に愛されまた地元に貢献しているかです。阪大の一層の発展と大阪の復活の為に大阪人の意識改革に期待しています。(62才・男・会社員)
大阪の地盤沈下が言われて久しい、京都、神戸だけでは関西の再生は難しい。その再生には文化の発信力も大切な項目であり、実学の大阪大の役割は誰が見ても最重要である。初の文系鷲田学長のもと学問の大阪復活を遂げて欲しい。大阪名物はたこ焼きとお笑いだけではない。(59才・男・会社員)
自分が出た大学であり、出入りも苦労した経験から。(60才・男・自営業)
阪大の前身適塾からは慶応大学を創立した福沢諭吉を輩出。世界で通用する文化は、米国ハリウッドと日本のゲーム・アニメだけと言われている。日本初のアニメ会社を手塚治虫(阪大医学部)が、3DCG・3DプログラミングをDoGA(大阪大学コンピュータクラブから発足)が牽引した。(31才・男・会社役員)
悪い口コミ
遊んでいては絶対に単位が出ない。教授たちも非常に厳しい。しかしその分、相応の実力はつく。ただ、学生生活は他の大学に比べるとかなり地味。そもそも入学してくる学生たちが地味なので、ワイワイやりたい学生には合わないかもしれない。京大の近くにあるせいで、全国にある他の旧帝大に比べるとやや影が薄い(特に関東以北では)。早く阪大からもノーベル賞が出て欲しい。(24才・男・他大院生)
学生時代に遊べないわりに、就職や試験に特別強いわけでもない。首都圏でも知名度が低く費用対効果という面では微妙だった。良くも悪くも京大に次ぐ2番手という立ち位置なので、ちやほやされたいなら東北大や名古屋大に行ったほうが、就職等も大きな差はないので結果的に楽しい学生生活が送れるかもしれない。あと不祥事が結構あったはずなのに表沙汰になっていない気がする…(24才・男・卒業生)
セクハラが実は異様に多いのに、表ざたになってない。(29才・男・会社員)
大学の授業が厳しかった思い出がいっぱい。出席をきちんと取る教授が多かったです。試験も難しく、真面目に授業に出席していないと単位は取れないです。(32才・女・専業主婦)

口コミをもっと見る

東京大学画像

主な卒業生・在校生
  • 政治家:岸信介、佐藤栄作、片山さつき、柳澤伯夫、岡田克也
  • 研究者:小柴昌俊、大江健三郎、江崎玲於奈、野口悠紀雄
  • 経済人:村上世彰、堀江貴文、氏家齊一郎(日本テレビ放送網会長)、渡邉恒雄(読売新聞社代表取締役会長)、前田晃伸(みずほフィナンシャルグループ代表取締役社長)、今井敬(日本経団連会長・新日本製鉄会長)
  • 芸能人:高田万由子、香川照之、小沢健二、菊川怜
総合 4.4
キャンパスライフ 3.5
難易度 5.0
就職に強い 5.0
在校生・卒業生の満足度 4.0
人気 4.5

ここに注目!

日本で最初に創設された国立大学で、入学するのが最も難しい大学と言われている

詳細

1887年創設された日本で最初の国立大学。入学試験の科目数が多く、難易度も高いことから入学するのが最も難しい大学と言われている。実力社会になりつつある日本でも、東大卒というブランドは根強く残っており就職試験の際に有利に働くことも多い。
また、東大は国家公務員1種試験に圧倒的に強く、2006年度の合格実績は454名と2位の京都大学の191名を大きく引き離している。
研究分野や文壇で大きな功績を残した卒業生も多く、ノーベル賞を受賞した小柴昌俊、大江健三郎もその1人。

口コミ

いい口コミ
自分自身は慶應出身だが、職場(金融)に東大出身者の男性が多く、とにかく頭の回転が早くそつが無いのでびっくりする。金融以外のガテンな職場の知人(学歴不明)が「学歴なんて関係ないでしょ、東大行ってても駄目なやつもいるでしょ」というが、彼は生まれてから東大と働いたことないらしい。知りもしない人間にまで憎まれる東大、凄いですw(39才・女・会社員)
雑誌の年収ランキングや資格合格者の輩出率を見ると、東大ブランドって大きいんだなぁと感じます。大手コンサルティング会社に就職した先輩から「東大じゃないから逆に驚かれる」と聞いたことが印象的でした。ただキャンパスは私大のほうがいいと思います。駒場キャンパスに試合で行ったところ、体育館や控え室が廃れた病院のようでした・・・。(22才・女・大学生)
知名度、実力、就職などあらゆる面で日本一。だれでも認めざる負えない日本一の大学。もはや説明はいらない。お堅い雰囲気が長所でもあり短所でもある。(20才・男・学生)
サークルが合同だったのですが、東大の方は、あっという間に就職が決まっていました。氷河期だったので、うらやましかったですね・・・。(27才・女・専業主婦)
同期を見ても就職で困ることは一切ない。官僚、弁護士、会計士がごろごろいるのは将来大きな人脈になるだろう。(25才・男・公務員)
中立の口コミ
東京大学と聞けば、今まで優秀な官僚や学者、研究者を日本一数多く排出した大学であります。しかしながらマスコミ受けの良い中身の無い御用学者や未だに世間に害毒をまき散らす極左仁士の多い事も一番でしょう。それに昨今では、我が国には害にしかならない恨の情念を垂れ流す外国人教授も居る様ですから、功罪相半ばではないでしょうか!西にはもっと良い大学がありますよ。(62才・男・自営業)
悪い口コミ
東大ということが就職に有利な事は間違いない。ただ、社会に出れば東大ブランドでやっていけるほど甘くはない。むしろ「東大なのにあいつは駄目だ」と言われる事も。学校の成績と社会で通用する力は同じではない。東大に入ればと思っているのであれば大きな間違い。(28才・男・シンクタンク)

同志社大学画像

主な卒業生・在校生
  • 政治家:土井たか子
  • 経済人:村田恒夫(村田製作所社長)、河内一友(毎日放送社長)、増田宗昭(カルチュア・コンビニエンス・クラブ社長)、吉田嘉明(DHC創業者、会長)、太田浩司(大和総研社長)
  • スポーツ選手:太田雄貴(フェンシング選手)
  • 芸能人:生瀬勝久(俳優)、清水圭(コメディアン)
  • その他:筒井康隆(SF作家)、中村うさぎ(小説家・エッセイスト)
総合 4.3
キャンパスライフ 4.5
難易度 4.0
就職に強い 4.0
在校生・卒業生の満足度 4.5
人気 4.5

ここに注目!

新島襄によって創設された京都にある私立大学

詳細

1875年に明治六大教育家の一人・新島襄によって創設された私立大学。2008年には「生命医科学部」と「スポーツ健康科学部」、2009年には「心理学部」を新たに開設するなど積極的に教育改革を進めている。
就職や資格試験にも強く、プレジデント社が2007年に実施した「年収1,000万円以上稼げる学歴ベスト10」ではトップ5にランクイン、司法試験や弁理士試験、公認会計士試験でも多くの合格者を輩出している。
また、同大学では世界26カ国・77大学とのネットワークを持ち、交流地域や海外研修プログラムにも力を入れている。キャンパスは古都・京都の中心部と、自然豊かな京都南部の2箇所にあり、歴史や伝統に触れながら大学生活を過ごせる点も魅力。

口コミ

いい口コミ
伝統、実績、難易度等において関西私大NO1といっても良い大学だと思います。県外からも通ってみたいと思う学生は多いのではないでしょうか。(21才・男・学生)
同志社大学の理系学生への評価を記します。職場は、理系出身者により構成されています。京都での大学生活が豊かなのでしょうか、同志社大学の出身者たちは、私の様に薬大や工業大学(理科大も)出身者に比べて自由な発想を持っています。国立大学や早稲田と慶応にも引けを取らず、堂々としています。恐らく文系私立大学中心でのイメージで早慶上智とよく聞きますが、明らかに、早慶理科大ではなく早慶同志社ですね。特に数年前に新設された生命医科学部の理学士・工学士ともにユニークな人材が増えています。早慶理科大のように東京にある大学に比べて学生時代の過ごし方が何か違うのでしょうね。同志社出身者たちの職場での活躍度を見ていて来年受験を迎える子供にも一押しで推薦出来る大学です。(51才・女・研究開発員)
伝統・難易度・卒業生の活躍、どれをとっても関西私大ナンバーワンです。東京本社の我社では、私大では早慶同志社は是非採用したい大学です。関西には京大や阪大の併願私大が同志社しか見当たらないという環境も影響しているかもしれませんが東京の様に有名私大が集まるエリアに比べて優秀な人材が多いです。(当たり外れが少ないという意味です)(53才・男・会社員(人事部))
私の在籍する高校からは、関関同立の中で私立の中では早慶の次に難関です。東京都関西の中間に位置する場所ですが、人気は慶応と同志社で二分していますが、実際に進学した先輩に聞くと満足度も高いようです。私も、予備校の早慶同志社コースでがんばっています。(17才・男・高校生)
就職先に卒業生がたくさんいる。単なる上司と部下という関係ではなく、世代を超えた仲間意識を共有しているのが印象的。(23才・男・銀行員)
私の子供が、同志社大学大学院に在学中ですが、学力を伸ばしてくれています。自由で好きなことをやらせてくれている事が一番だと思います。(51才・男・自営業)

口コミをもっと見る

上智大学画像

主な卒業生・在校生
  • 政治家:細川護煕、野田聖子
  • 研究者:秋山仁(数学者)、蟹瀬誠一(ジャーナリスト)
  • 経済人:長沼孝一郎(アサツーディ・ケイ社長)、今井雅人(マットキャピタルマネジメントCEO)、神田昌典(経営コンサルタント)、佐々木かをり(イー・ウーマン社長)、ジャニー喜多川(ジャニーズ事務所社長)
  • 芸能人:青山テルマ、安良城紅、Crystal Kay、知花くらら、アグネス・チャン
  • その他:井上ひさし(作家)、遠藤周作(作家)
総合 4.3
キャンパスライフ 4.5
難易度 4.5
就職に強い 4.0
在校生・卒業生の満足度 4.5
人気 4.0

ここに注目!

イエズス会が創設したクリスチャン大学で、人間重視の教育や実績のある語学教育が魅力

詳細

1928年にイエズス会が創設した私立の名門大学。"Men and Women for Others, with Others(他者のために、他者とともに生きる)"を建学の精神としており、人間重視の教育や実績のある語学教育が魅力。
また、少人数制の授業も特徴の1つであり、教員が学生1人1人に丁寧な指導を行い学生同士が率直に意見を交わし合う環境も整っている。
就職や資格試験にも強く、プレジデント社が2007年に実施した「年収1,000万円以上稼げる学歴ベスト10」では第4位、「年収偏差値ランキング」では第7位を獲得した。アサツーディ・ケイ社長の長沼孝一郎やイー・ウーマン社長の佐々木かをりなど、経済界で活躍する著名人も多い。

口コミ

いい口コミ
上智大学に今年から通っている者です。上智の良さは何といっても狭いキャンパス!アットホームであり、友達や先輩とすれ違うことが多く、密な人間関係を築くことが出来ると思います。また、これほどまでに留学生の数が多い大学は他にはないと思います。学食で並んでいるときや朝の校門など至る所で英語が飛び交い、自分から動けば外国人の友達をたくさん作ることが出来、新しい世界を知ることが出来ます!!!本当に素晴らしい大学だと心から思っております。(18才・女・大学生)
いまどきスポーツ推薦入学がないのは珍しい。愚直なまでに学生を鍛えることが良き伝統になっている。学生がやる気で臨めば必ず成長体験が得られるように環境が整っている。(66才・男・無職)
生徒数が少ないので目立ちませんが逆に派閥に巻き込まれることなく自由なようです。子供は就職も希望の所に決まりおかげで楽しく仕事をさせて頂いているようです。(54才・女・会社員)
私が以前勤務していた大手英会話学校には上智大学出身者もたくさんいたが、どの人も語学運用力がしっかりしていてさすがだなと思った。ネイティブに近い力を持つ卒業生も多く、大学の存在価値としては非常に高いと思う。(39才・女)
早慶に偏差値で負けているものの、生徒の質は断然上。また外国語学部や文学部の英語力では早慶を軽く凌ぐ程である。(20才・男・学生)
在校生の数の絶対数が少なく(また男性も半数程度で)、人数ベースのランキングでは低くなるが、比率では間違いなく早慶より上。就職でも、学生1人ベースの内定率は圧倒的。企業社会でも、国際部門は上智卒が活躍する場であり、海外の駐在員に占める割合も高い(ある国では大使以下ほぼ全員が上智のケースも)。(30才・男・銀行員)
中立の口コミ
男女で人気の分かれる大学。男性だと出身校が上智であることを隠す人に何度も会ったが、逆に女性は自分から上智であること・帰国子女であることをアピールしてくる。私が今まで会った上智出身の女性は全員白人男性に憧れを持っていたが、日本人としてのプライドは無いのか?と思うことも。(39才・女・会社員)
悪い口コミ
外国語学部の英語学科以外と文学部の英文科以外の学生の英語力は高くない。早慶を軽く凌ぐと思っているのは在学生だけではないか。(27才・女・事務員)
主に理系学生への印象。私が若い頃には結構多くの理工学部出身者が入社してきましたが、今は殆ど残っておらず採用数も減っています。その殆どが女子学生だったせいだけでは無く理工学部としてのレベルも入学難易度に比べると極端に見合わない印象です。営業部門の方々を見ていても平均10年未満の在籍女子がやはり多いらしく、ここ数十年で大学のイメージを大きく下げました。少なくともこの大学は理工学部はお勧めしません。(51才・女・研究開発員)
毎年、多くの上智生を面接しているが女子大学のイメージ。語学を中心にそれなりですが、圧倒的に途中で辞める人材(女性)が多くて採用時には要注意大学。男女比率で女性が50%を超える総合大学では上智と立教だが似た傾向です。なので大学の後輩へのいい意味での繋がりや面倒を見るという流れが形成されにくく、男性のOBは少しかわいそうですというか影響も出ますね。毎年少しづつ難易度も下がっている気がします。女性が多い大学は偏差値を吊り上げているという認識も人事部にはあります。早慶同志社等と比べると伝統もなく、難関私大になったのも80年代ですので実社会では難しいのかもしれません。男子受験生はそのあたりも考えた方が良いと思います。(53才・男・会社員(人事部勤務))
敷地が狭いのに学生が多くて窮屈です。早稲田や学習院のような都心に立地していても広大で緑が多く環境の良い大学をいくつも知っているだけに残念です。(女・大学生)

口コミをもっと見る

一橋大学画像

主な卒業生・在校生
  • 政治家:河村たかし、石原慎太郎
  • 経済人:竹中平(元総務大臣)、奥田碩(日本経団連初代会長)、三木谷浩史(楽天創業者)、松井道夫(松井証券社長)
  • 芸能人:倉田真由美
総合 4.2
キャンパスライフ 4.0
難易度 4.5
就職に強い 4.5
在校生・卒業生の満足度 4.0
人気 4.0

ここに注目!

少人数教育を基本とする文系国立大学

詳細

1875年に森有礼が開いた私塾、商法講習所が基となり、1884年に創設された商業、法学、社会学専門の国立大学。一学年の人数は約1,000人とランクインした大学のなかでは最も少なく、少人数教育を基本とする方針は創設当初から変らない。
官僚の輩出を目的とした東大、京大等の旧帝大と一線を画した教育を行っており、一流の経済人を育てることを最大の目的としている。
事実卒業生には証券会社の革命児と言われた松井道夫、ベンチャーの雄・楽天の創業者三木谷浩史、トヨタ自動車の元会長で経団連の初代会長を努めた奥田碩等そうそうたる面々が並ぶ。

口コミ

いい口コミ
異端児かつ超優秀な卒業著名人が多い。水田洋(社会思想史、アダム・スミス研究の世界的第一人者)、安田弁護士(死刑廃止支持者)等。商科大学の前身とリベラルな学風を継承し、また学園都市国立もゴチャゴチャした感のない、勉学には好適な立地。慶應卒だが、定年後はセカンドライフと称して一橋の学生になってみるか。まだ、かなり先の話だけれども。長くいきてくると世間の評判とか、大学のイメージなんて週刊誌の芸能ネタくらいどうでもよく、あてにならない。「ここに行きたい」ときめられる自分を育てることのほうが大切ですよ、と思う。(47才・男・会社員)
一橋は人数は少ないですがその分価値があるしブランドもあると思います。経済人に一流が多いのも他の国立大学との違いだと思う。(22才・男・大学生)
楽天の三木谷さん、松井証券の松井さんとベンチャーの雄を輩出しています。以前、松井さんの講演会を聞きましたが「きみたちは一橋ということで損をしている。変なエリート意識を持つな。そんなものは一切役に立たない。」という言葉が印象的でした。そういうことを言ってくれる卒業生がいること自体が一橋の誇りだと思う。(29才・男・自動車メーカー)
商科大学だったらしいが、最近では官僚を目指す人も多い。確か一種試験合格者の上位大学にも一橋は入っているはず。あとはみんなプライドが高い傾向がある。(31才・男・専門商社)

その他の大学の口コミopen

東京国際大学
野球部をはじめ、男女サッカー部、ゴルフ部、テニス部女子ソフト部などに名監督がついていて、すごい。普なら一生近づけない人たちに教えを請うチャンスがある。マンモス大学ではない分チャンス大。生涯で大きな糧となり、生半可な勉強より価値あり。(53才・男・自営)
勉学の環境としてはBEST。歴史は浅いが国際化に積極的に取り組んでおり、少しずつであるが、世間から認められてきている大学になってきており、今後の発展の可能性が大きい。(男・会社経営者)
放送大学
年齢、職業に関係なく、誰でもいくつになっても、純粋に勉強したい人には最適だと思います。ただし、就職の面倒は一切みてくれません。(56才・男・病気療養中)
私自身、放送大学を活用して学士を取得しました。仕事しながら自分のペースで学びたい分野を学ぶことができ大変効果的です。放送大学で取った学士があったおかげで、大学院に進学することができました。(36才・女・会社員)
防衛大学校
全寮制で文武両道を学べる唯一の大学である。卒業生の連帯は極めて強い。本来国防の任に当たる士官養成大学であるが、卒業後に任官する強制力は無い。理工学の他に人文系もあり軍学、安全保障、国際関係論や哲学、歴史学等学問領域も広い。防大=自衛隊と言う固定概念にとらわれず入学して欲しい。他大学では絶対得られない何かがこの大学にはあります。(60才・男・会社員)
特別職国家公務員として入学と同時に自律、自立&自活。当然就職の心配はなし。日本国防衛という崇高な任務の幹部候補生学校。親孝行&国の宝。(47才・男・会社役員)
信州大学
勉学に没頭できる場所としては最適であると感じる。また、学園祭などの行事も充実しているように感じる。何といっても空気がおいしい。(男・学生)
大東文化大学
教員をはじめ、その他公務員などに力を入れ全体的に底上げしてきている。キャンパスも新しくなり学生の就職活動がよりしやすくなった。(26才・男・郵便局員)
国際基督教大学
卒業生4人に1人が教員(中・高・大・院)に従事。良い大学とは、①教育環境(少人数、寮、夜まで開館している図書館等)、②教育力のある教師(特に海外出身)、③学ぶ意欲のある学生の3点セットのある大学を薦める。他の文系(私大・多人数)大学では学生をきちんと教育できない。(71才・男・元大学院教員)
立地条件的に、中央線沿線で、三鷹や吉祥寺にも近く、それにも関わらず広大なキャンパスがある点は、学生として過ごす上で、素晴らしかった。学校の規模も小さく、1年過ごせば、ほとんどは見たことがある顔になる。真面目な人は多い印象。勉強は比較的やらされるが、学生相互で行う、プレゼンはディスカッションなども多く、それを通して新しい人間関係も構築できる。インカレなどは学内にないため、ICUで閉じた学生生活に陥り易いが、その分仲良くなれるとも捉えられる。教授と生徒との距離は極めて近く、勉強にもなるし、人間としても学ぶものがあった。授業料は高いが、それを払っても行った良かったと思える大学でした。(24才・男・大学院生(学外))
20歳になる息子が通っています。とにかく敷き地が広く緑が多い。校舎も歴史が感じられ素晴らしい環境です。生徒もまじめでいかにも勉強できそう。もし若いころに戻れるなら間違いなく入学したい大学の上位にある大学だと思います。(50才・男・建設業)
東京都にありながら、自然の豊富な広大なキャンパスを保持している点で、東京にある他の私立大学と異なっています。アメリカのリベラルアーツ・カレッジをモデルにしていることから、幅広い学習に加え、膨大な課題が課せられます。勉強に疲れた時には、この自然の豊富なキャンパスは癒しを与えてくれます。汎用性のあるエリート養成大学というイメージは、今も昔も変わらない様子。少人数教育制による教授陣の手厚いサポート体制も見逃せないところ。大学の先生に名前を覚えてもらうようなつきあいは、ほとんどの大学ではありえない中、ICUは頑固にも営利目的に走らないところが魅力的です。真面目に自分自身と向き合い、将来の人生設計をするには、とても良い環境の大学だと思います。(39才・男・教員)
1~2年次に幅広く学び、3年次から専門を自分で決めて、深く学ぶことが出来る点で他の大学のカリキュラムより柔軟性があり良いと思う。また、人文・社会・自然系のすべてにMajorがあり、二つのMajorを取ることもできるので、あれもこれも好きな者には、ありがたいシステムです。(30才・男・教員)
国際教養大学(秋田県)
最近テレビでも取り上げられクローズアップされています。授業は全て英語で実施され、1年間の海外留学が義務付けられ、しかもストレートで卒業する確立が約50%という入学してから難易度が高くなる大学です。社会人に必要なスキルやコミュニケーションパワーを事前に習得し、就活に断然優位な人材を育成しています。企業としては新入社員採用において他の大学と比較してアドバンテージがあるのは間違いないでしょう。(45才・男・会社員)
東北大学
自己主張が弱く引っ込み思案でありつつも驚くほどしっかりとした考えを持った賢い学生が多く、そんな周囲との日常的な交流の中で自分自身も人間的に大きく成長できた気がします。キャンパスから坂を下って街に出るとすぐに繁華街、という立地も気に入っていました。社会に出るとこの大学のブランド力にびっくりします。冬の寒さが気にならない人には、かなりお勧めです。(38才・男・シンクタンク研究員)
北日本の最高学府。関東以北を中心に全国から選りすぐりの秀才が集まっている。全般的に研究水準が大変高く環境にも恵まれている。特に法学部、文学部、理学部、工学部の水準は特筆に値する。入試レベルが同程度の大学と比して社会的評価が一段高い印象でお得感がある。キャンパス環境が急ピッチで整備されており、近々地下鉄も開通する予定。(25才・男・国家公務員)
仙台の市街地に隣接した広大な丘陵地に広がるキャンパス。都会の喧騒から一歩離れた場所で思う存分勉学に励むことが可能な素晴らしい立地。就職に非常に強く研究水準も世界トップクラス。(35才・男・公務員)
キャンパスが分散しすぎていて、人的交流がしにくい。せっかくの総合大学なのにその特徴を生かせていない。また、これだけグローバル化が進んでいるのに、英語教育は今までと変わらない適当さ。このままだと世界の大学どころか、他の日本の大学にもどんどん追い越されてしまう気がする。(23才・男・学生)
東北学院大学
自由な学風のもとに教養の涵養に力をいれている国内では珍しい私立大学であり、社会に出てからのリーダー性を発揮する卒業生が多い、東北地方においては経営者や幹部社員になっている卒業生が多い。(67才・男・元地方公務員)
茨城大学
大学外での共同研究発表会は刺激的。東京大学、京都大学、大阪大学、そして茨城大学の教授の発表会がリアルに聴けます。真面目に勉強したい人には持ってこいの環境です。県内筆頭の国立大学で自分の周りの友人も様々な地域の出身で、新鮮です。また、意外と水戸市から東京へのアクセスも良く、1時間程度で水戸駅から東京駅に出れます。東京での就活も不便では無いでしょう。入ってから成長できる良い大学です。(26才・男・銀行員)
学生が真面目で,教育環境が整っている。茨城大学周辺の人が大変親切で,茨大生を支えている。(48才・女・公務員)
独協大学
都市部から、約50分でキャンパスに着き、都会には味わえない自然美な環境で勉学・スポーツに励める。「語学の独協」のキャッチフレーズは、社会に通用する看板だ。(62才・男・嘱託管理職)
学習院大学
都内の大学としてはJR駅から至近距離に緑の多い広大なキャンパスを有する。落ち着いた校舎など施設も充実しており私立大学としては軍を抜いた最高レベルの環境を誇っている。お勧めの大学と言える。(66才・男・無職)
就職に強い!落ち着いていて、緑豊かな広いキャンパスが魅力的。皇室の方々が通うという意味でも、他の大学とは比較できない大学であると思います。(28才・男・会社員)
新潟大学
9学部を擁する総合大学であり、学部の枠を超えた交流がある。また、国立大学の中では学生数が多い方であり、卒業生が多く、全国区でその人脈が活用できる。一方、新潟県内では「しんだい」と呼ばれ、地域から大きな信頼を得ている。新潟は自然に恵まれた地域である一方、中心部は発展しており、学問に集中できる環境が整っている。まじめな学生が多い。(41才・男・公務員)
日本海側唯一、政令都市新潟市にあり、環境抜群。食べ物、酒もうまく、勉学には最適(55才・男・公務員)
千葉工業大学
国内の私立理工系大学としては一番古く、国内の理工系大学としては東京工業大学に次いで2番目の歴史を持つ大学で、皇族が創設した唯一の理系大学でもある。(21才・男・学生)
日本にある私立の工科系大学としては最古の大学。戦後の早い時期からOBを社会に送り出し任天堂、ソニー、日野自動車、日本冶金工業、日油、オリオンビールなど各方面で活躍、現在東証一部上場企業に成長する礎石づくりに貢献した。また上智大学理工部の創設など教育分野での貢献も見られる。(45才・男・公務員)
相模女子大学
小田急相模大野駅から徒歩10分。とにかく地域密着型の大学です。駅ビルでは相模女子の学生はランチが安くなったり様々なサービスが受けられます。大学構内は緑が多く景色も綺麗で天気がいい日は大学内をお散歩したくなります。(20才・女・学生)
聖徳大学
女子大で躾が厳しいので、きちんとした学生が多い。学費が高い事もあり、地元ではお嬢様大学として知られている。(25才・女・学生)
帝京大学
医学部を兼ね備えた数少ない総合私立大学です。ラグビー効果もあってか知名度も上昇し、人気のある大学です。しかし医療や文系学部は東京都にあるため一定の人気を保っているが、栃木などの理工学部などは人気のある学部とは言えない。(22才・男・会社員)
スポーツが強い!正月は駅伝にラグビーなど盛り上がる。総合大学なので、さまざまな出会いがあり、自分のやる気次第でどんなことにでも挑戦できる大学。(21才・男・学生)
昔は問題など起こしていたが大学側が対策をして年々雰囲気はよくなっている。いろんな学科の授業もとれるし大人数なので様々な出会いもある。(20才・男・学生)
世間的にはあまりよくない評判もあるがやりたいことがある人にとっては個性を発揮しやすい環境である。学校は八王子市と郊外だが学校の近くに一人暮らししてる人が多い。(19才・女・学生)
自然が豊かな八王子キャンパスには25階建ての新しいビルも出来る。一人暮らし大学のは近くに住むことも出来るし八王子なので家賃が安い!ラグビーなどにも力をいれており!みんな校風をもっと良いイメージにしたいと思っている。意外と穏やかな学生も多い。(20才・男・学生)
ここ数年のラグビー部の活躍には目を見張るものがある。彼らの 活躍を見ているとOBとしてもっと頑張らねばと奮起させられる。(46才・男・会社員)

口コミをもっと見る

東京海洋大学
東京水産と商船大学が合併してできた。2校共に歴史ある学校。卒業生が最高にいい学校だと絶賛するが、東京海洋大学となって浅い為知らない人が多い。授業もかなり充実していて、就職先もなかなかいいところに行っている。穴場かも。(41才・女・会社員)
東洋大学
白山の哲学として、名を馳せた名門!交通の便も最高。学食も国内大学トップクラス(50才・男・会社員)
工学部は大昔は無残なくらいぼろかったらしいが、OBとして遊びにいってもここ10年5年3年と年毎に見違えるように良くなっている。川越キャンパス自体は45年以上の歴史があり、研究室もサークルもOBの結束は非常に固い。H21からの理工学部に期待してます。(35才・男・会社員(エンジニア))
津田塾大学
真面目で優しいお嬢様が多い。こじんまりとしたきれいなキャンパスで、いかにも伝統を受け継いでいる女子大学という環境で学べる。(40才・女・専業主婦)
女子大のナンバー1大学。地方のお嬢様や才女が集まる女子大学です。英語力はかなりすごいです。(41才・女・自営)
早慶に落ちて入学する人が多いのであまり学力が高いとは言えない。女子大と聞くと華やかなイメージを持つ人が多いが、この大学の学生は男性の目が無い分、地味で身なりに構わない人が多い。ジャージを着て通学する人もかなりいる程である。(25才・女)
フェリス女学院大学
オシャレな学生が多く、華やか。緑園都市の緑豊かなキャンパスが魅力的。元祖女子大!(女・会社員)
本当にリッチな人ばかり。それも桁がはずれていたりと。横浜でも元町近くのおしゃれな場所に立地してる。(29才・男・会社員)
ブランド物を着ていなかったり、持っていないとすれ違いざまに笑われる。世に売られているブランド名は殆ど四年間で覚えた。とにかく世の中は金だとつくづく思わされた。親の所得で最初のスタートラインが違う。(30才・女・専業主婦)
国際武道大学
この前オープンキャンパスに行きました。とても親切に教えていただけて、大切にされているなと感じました。大学では新しい部活に挑戦してみようと思っているので、ライフセービング部やキンボール部、トレーナーチームの活躍の話しが聞けたことが、とても参考になりました。ありがとうございました。(17才・男・高校生)
中学校の武道・ダンス必修化にともない、武道大学によせられる期待は大きい。実技を通して基礎から学べるため、教員志望の学生さんにとっては特に嬉しいことだと思う。また、教員免許更新講習においても、武道に精通された先生方から学べることはとても有り難い。(53才・男・教員)
擦れ違う時には必ず挨拶をされる。なかなか今の大学生にはできないと思う。さすが体育会系で上下関係がしっかりしていると思った。卒業生が同じ会社で働いているが、とても気が利くし、積極的に先輩の手伝いをしている姿がみられる。(29才・女・会社員)
やっぱり武大生は強いね~!電力使用制限でエアコン止めても、文句言わずちゃんと授業に集中するもんね。ちいさいことだけど、他大学生ではなかなかこうはいかないでしょ!(58才・女・舞踊家)
まず学生さんの挨拶が素晴らしいです。武道やスポーツを通して、からだで学んだコミュニケーションスキルの高さ、問題解決能力、行動力が光る大学だと感じます。(28才・男・教育関係/舞踊家)
開学25年の新参校ではあるが、そのユニークさはすごい。卒業1期生の就職の高さが雑誌「フォーカス」に紹介される。現在、不景気でも就職率は98%強である。武道精神を基調に教育を行う体育大学である。学生のほとんどが挨拶するので気持ちが良い。東海大学とは兄弟校である。(57才・男・会社員)
専修大学
社内に専大OBが多く、文系大卒では最多。半数以上が課長職以上のポストにあり、将来を嘱望されている。(46才・男・会社員)
開校130年の歴史。法曹界政財界に君臨する重みを感じます。派手な学風ではありませんが、まじめな学生が多く親切で、公務員を目指す学生が多いようです。各分野に卒業生がいて、そのネットワークも魅力ですね。(56才・男・国際公務員)
残念ながら6大学には入ってないけれど、開校130年という歴史があります☆箱根駅伝にもよく出てます。生田キャンパスは坂の上にあるので体力つきますよ(笑)(29才・男・会社員)
関西大学
実学志向でいて、地味な基礎分野でもしっかりと業績を上げ続けている。戦前からのライバルだった立命館大学が、うわべ重視キャピキャピの商業主義を前面に出し、末川博の植え付けた雰囲気をなくしてしまったのに比べ、伝統の学風を磨きながら国際化を進めており、大人に評価される大学になりました。(男・公務員)
関関同立の中で最近は一番急成長しているのではないか。実学中心の学風が卒業生の中にも目だってきている。(45才・男・ファイナンシャルアナリスト)
関関同立の中で一番下位に見られがちだが、なかなかどうして実力のある学生が多い。立命館と同様、自由の気風が特徴。最近ではレベルはかなり上昇しており期待できる。(50才・男・事業再生実務家)
入試試験は比較的基礎能力と少しの応用力を見る程度でさほど難易度は高くない。受験生も多く併願も多いため、合格者数は定員の数倍いると思われる。関大はどうも昔からさほど難易度を高めてより優秀な学生をとる政策が感じられない。併設中高校を増やしてようやく実績があがるかも知れないが、現状では関関同立の下位だ。昔は立命館とは同等であったのに近年差があるのは残念である。(57才・男・会社員)
近畿大学
マグロの完全養殖、環境問題の取り組みなどの実績が顕著です。近年偏差値も上がっており、産近甲龍のトップになるのでは?(18才・男・大学生)
近大と言うと理系のイメージが強かったけど、最近は文理のバランスが非常によくなっています。理系では隠れた存在ですが、理工学部の数学・物理系は大変充実しています。量子コンピュータの研究は理学系、工学系の知識を結集して研究が進められており最先端の研究も行われているのは魅力です。(40才・男・エンジニア)
薬学部は、大学院にがん専門の薬剤師を育成するコースが設立され、注目されています。薬剤師の免許を持つのみならず、さらに専門的な知識を身に付けておくことで、就職にも有利になると期待されています。また、近畿大学薬学部は、歴史のあるところも良いです。(21才・女・大学生)
近畿大学は西日本最大級の総合大学で、スケールメリットの面では関西で言うならば多くの総合大学の中で頭一つ抜けている存在です。その為、良い意味でも悪い意味でも色々な学生が集まリます。学力面でも差が激しく、一般入試で入ってきた人とスポーツ推薦等の学生のレベルの差が大きすぎるのは一つ汚点です。(24才・男・証券会社)
大阪経済大学
小規模校でありながらジャパネットの高田社長や多くの上場企業社長を輩出。『就職の経大』と言われる程就職に強い。大阪市内立地で阪急、地下鉄の2アクセスで通学便利。(57才・男・自営業)
法政大学
在学中よりも卒業後、時間の経過と比例して、じわじわと法政の有難さを感じます。自由と進歩、群れない、無駄なパフォーマンスをしない、さりげない優しさ、いい大学です。(53才・男・社会保険労務士)
教授陣のレベルは高く、望めば専門的な教育を受けられる環境がある。キャリアセンターという就職支援施設があり、コンサルや模擬面接など親身に相談にのってくれた。市ヶ谷界隈は学生らで活気があり、充実した学生生活が過ごせる。学生が多いため全員がゼミに入る事はできない。(24才・男・会社員)
これからの飛躍的な伸び率を期待します。マスコミを通して知名度が上昇していくと思う。明治、立教のようにバンカラ、ミッションではなくフリーのイメージで。(37才・男・会社員)
バランス的に良いと思います。近年学部学科改変が大きくなされ層の幅、人脈の幅も更に広くなりそうです。(39才・男・自営業)
男女比もバランスがよく、ゼミも充実。体育会も数多く活躍しているので、卒業後、各季節のスポーツも自分の大学を応援する楽しみがある。教授もTVなどで活躍。(31才・男・製薬)
近年、大学改革を積極的に行っていることが功を奏してレベルアップしているし、ライバルの明治大学に迫っている。また知名度も高いため社会に出てからも困ることはない。(36才・男・会社員)
マーチの一角をなしているが、最近少し人気が出ていると聞いてはいるがどうしても自頭のレベルが他のマーチに比べると難がある。人気の学部でさえ同じ傾向なのは、これも伝統なのかと思う。数年に一人採用されれば良いほう。関西の関関同立の一番下に位置する関西大学とも似た傾向。もう少しの努力で法政以上を目指したほうが良いかもしれません。(53才・男・会社員(人事部))
千葉大学
園芸学部や法経学部、看護学部や工学部デザイン学科など、国立大学ではここにしかない学部・学科も多く、バラエティに富んでいます。一方で、近年では総合大学としてのブランディングにも力を入れているようです。(27才・男)
難易度は学部によります。学部数・敷地面積数は東大・北大に匹敵するほど。医学部は難関ですが、教育系は比較的入りやすい。東京へ40分前後で行くことができ、県民の日にはディズニーランドが無料でした(在学当時)。(35才・女・臨床心理士)
工学院大学
工学院OBで通信機器メーカ勤務ですが、ちょっとした学閥ができています。学生活動として、ソーラーカーやロボコン等などがあり、理系学生にとっては充実した学生生活を送れる大学だと思います。いい大学だと思うので、これから伸びていってほしいですね。(36才・男・エンジニア)
大手電機メーカ勤務。卒業生は多くはないが、出世率は比較的高いように感じる。地味だが真面目すぎず、バランス感覚が優れているイメージ。 知名度はいまいちですが、歴史と実績(社長・役員多数)のある大学だと思います。(40才・男・機械設計)
工学院大学建築学科のOBです。現在は不動産、建設コンサルタントを営んでおりますが、在学時代の発想、考え方が現在でも役に立っております。偏差値にとらわれず頑張れば良い結果が出てくると思います。(51才・男・自営業)
関西学院大学
私は旧帝大出身ですが、研究では明らかに関西私立大学のトップです。いわゆる関関同立のランキングは頓珍漢もいいとこ。科学相関研究の分野で鳴らしている私から公平に客観的に総合研究水準をランク付けするなら、関西学院大学、関西大学、立命館大学、同志社大学の順で、実質では同志社は最下位です。関西学院はどの学部も評価の高い研究者を出していますが、同志社出身の研究者はこれといった人が余りいません。(51才・男・大学教員)
大学のPRの努力不足からかいろんなこの種の口コミ等において明らかに実力より下に評価されている。いろんな実績指標からもわかるが就職内定率、大学の雰囲気、キャンパスライフの充実度、スポーツ関連の実績・充実度、種々サポート体制、経済界における存在感、企業からの評価等々、あらゆる面から判断しても関関同立の中でも抜きんでている存在であると判断される。(56才・男・会社員)
大学の雰囲気、キャンパスの美しさ、国際性、学力、学生の上品さ、教育内容、就職の良さ、卒業生の活躍など、これほどバランスのとれた大学は数少ないと思います。(37才・女・主婦)
前職は厚生労働省関連団体職員で、現在は社会保険労務士を開業しています。就職してからも関学というだけで、有利に働いた経験があります。(他の事業主におごってもらったり、先輩がこの団体に勤めてて可愛がってもらったり)(36才・男・開業社会保険労務士)
関西では関学の国際性、キャンパス環境、経済界とのつながり、卒業生の活躍度で群を抜いている。最近立命館の躍進が言われているが学生の質の低下が噂されることもある。事業の現場ではやはり関学を押したい。(54才・男・電機メーカー社員)
自由な校風とゆったりとした海外の公園のような風景に心が癒されます。昔から英語に力を入れていますし、もう少し評価が高くてもいい気がします。就職の際も関西の大学にしては全国まんべんなく通用して書類はほぼ通りますし、行く価値がある大学だと思います。(27才・女・主婦)

口コミをもっと見る

東海大学
息子が東海大学を卒業しました。入学してびっくり。授業もサークルも大規模かと思っていたら意外とゼミ等も少人数で鍛えてくれます。入学してから勉強する大学です。体育学部であろうが、文学部であろうが語学教育には力をいれています。ネットの評判は気にせず自信を持っておすすめです。(59才・男・サービス業管理職)
就職サポートに定評があるようで、生徒数が多い割に就職率は高いです。スポーツ分野でも良い選手を輩出し続けています。多くの学部を有する湘南キャンパスは、周辺の治安も良く、ル・マンへの挑戦など学内活動も活発です。(女・学生)
ほとんどの学部が同じキャンパスにあり、サークル活動など充実している。また日本で初めて企業と協力して、パイロット育成やエンジニア育成など大学卒業後も視野に入れている。(34才・男・スポーツメーカー)
人間総合科学大学
通信制大学ということで入学前は不安だらけでしたが、一人ひとりに担任の先生がつき、メールなどで質問するとすぐに分かりやすい解説がついた返信が届くので安心です。中々大学の先生と直接話をするのは難しいと思うので、この点では普通の大学よりも良いかなと思いました。授業、テストも想像していたよりもきちんとしており、真面目に4年間通わなければ卒業できないものなんだなあと感じました。(21才・女・学生)
三重大学
駅から近くとにかく広い(全国三位らしい)。慣れない内は少し面倒だが、飯を食える所が4ヶ所もあるから便利だった。さらに、隣接する伊勢湾で泳いだり出来る。本当は遊泳禁止らしい。ネコが湧くのでネコアレルギーの人は注意。(23才・男・学生)
神戸大学
神戸港町にあり、経済に強い大学です。学生は坂のキャンパスを毎日使用しており、忍耐力も自然と育まれています。これからの社会人は頭脳だけでなく打たれ強い人にチャンスがあります。(48才・女・会社員)
神戸大学は有名大学の中では珍しく、いわゆる大学の色というのが濃くなく、それでいて入学することは決して容易ではない大学です。これを主な理由として、人事の中では、多数の有名国公立大学出身者の中で、はずれのないオールマイティな人材を得ることができる大学として好評であります。これが理由です。(25才・男・銀行員(人事))
首都圏での知名度は無きに等しいが、近畿圏においては京大・阪大に次ぐ国立大学として知られている。派手さはないが港町らしい進歩的で堅実な学風は企業からも評価されており、就職面でも意外と強い一面がある。異才を生む京大やコテコテの阪大に比べるとスマートでバランス型。(45才・男・会社員)
コンプレックスを持つ学生がとても多い。特に後期日程で入ってきた学生は入学後も受験の話をしていて萎える。仮面浪人も国立大とは思えないほど多い。(20才・女・大学生)
学歴コンプレックスを持っている学生が多く、卑屈な奴が多い。入学した後、仮面浪人する学生が多くて驚いた。学歴を気にする人は無難に旧帝大や早慶に進学したほうがいい。本当にここで学びたいと思っている学生や大学全体のモチベーションが下がって迷惑。(21才・女・神大生)
京都薬科大学
薬学をとことん突き詰めて研究したい人には、たくさん勉強・研究できる環境が整っているので良いと思う。ただ、薬剤師の資格が欲しいから、という理由では来ない方がいいでしょう。なぜなら薬剤師の試験に直接関係のある勉強はあまりしないからです。(21才・女・大学生)
明治大学
都市型大学の代表と言える。伝統はあるが、学部新設・語学教育・留学システムの充実等、積極的に取り組んでいる。就職指導レベルの高さ・抜群の就職実績、卒業生のネットワーク、愛校心は大変強いものがある。野球・ラグビー他、スポーツでの実績は輝かしい。各界で活躍する個性豊かなOB・OG・・・志願者人気は、首都圏NO.1です。(60才・男・会社員)
知名度はトップクラス、志願者人気ナンバー1、総合数理学部の新設等、伝統校である上、積極的に最先端の学問を取り入れる柔軟性がある。卒業生の多様性、愛校心の強さ等、私立大学で最も元気な大学といって良いでしょう。(59才・男・会社員)
これからもっとも伸びる大学だと思います。質実剛健の校風で資格や就活にも熱心先が見えない時代にもっともふさわしい気骨を感じます。(男・公務員)
早稲田や慶応にならぶ全国区の大学。大学の立地環境の良さは他の追随を許さず、資格や就職にも力を入れていて、有名人も多数輩出している。現在地方の県庁に勤務していますが、幹部にも明治大学出身者が多くなっています。今後もっとも伸びる可能性が高い大学だと思います。(47才・男・地方公務員)
経済新聞を見て少々驚いたが、これから大学を選ぶ高校生からの人気連続ダントツである。(59才・男・会社役員)
学生運動等学内闘争で出遅れ感のあった明治ではあるが、最近の学長初め関係者の涙ぐましい努力により学内改革も着々と進み、大きく変化、発展する兆しがある。私大は、早慶明と昔のように堂々言える日は近いのではないか。(56才・男・公務員)
最近学生が問題を起こし悪い面で有名になっているような気がする。数年前にはアメフト部が合宿中に湖で部員が溺死する事故(これは故意におぼれさせるということを伝統としてやっていたとことだが)があったし、先日は歌舞伎町で泥酔状態で警察や救急が来て騒ぎになったのは報道等されたので記憶に新しいところ。人の生死にかかわるようなことをやったり、騒ぎを起こしたり何をやってるんだといった感じ。明治の学生がすべてこんなではないだろうがこうたびたび悪いことで報道されクローズアップされるとろくな大学ではないな?という印象を持ってしまう。(49才・男・無職(求職中))

口コミをもっと見る

北海道大学
歴史としては東京の増上寺にできた農学校が始まりで日本で始めて学士の学位を出した学校である。東大よりも古いのだ。(50才・男・公務員)
東京外国語大学
語学系の最高峰。国内ではここでしか学べない言語もあり、語学を学ぶには最高の環境であると卒業した知人が言っていた。(27才・女・事務員)
東京学芸大学
東京都の中でも自然豊かでキャンパスが広い。学生が多いので、周辺には家賃が安い家も多く暮らしやすい。都内にも出やすいので、他大学との交流もしやすい。教育大学ということで、教員を目指す人は付属校での教育実習・母校での実習の2回の機会がある。教育関連を目指す人にはおすすめ。(30才・女・会社員)
東京工業大学
難易度の割に一般人受けはよくなく、その意味でコストパフォーマンスは悪い。東大よりもオタクっぽく、早慶よりも難しいのに、早慶よりも人気ない。ただし、企業からは人気なので就職活動では有利。(31才・男・会社員)
東京農工大学
農学部は全国上位ランキングに入るレベルですし、工学部も企業支持が高い大学です。何故か影が薄いのは、農工学部のみの少人数のせいでしょうか?コツコツとまじめに勉強する姿勢も好感もてます。(55才・女・講師)
東京理科大学
実力主義の厳しい大学ですが、それこそが世界に通用するグローバル大学であり、その先頭を走っている大学です。日本ではレジャーランド化している大学が多いですが、ハーバードなど海外の名門大学は理科大のように入学してから鍛えられます。(53才・男・会社員)
偏差値とは「一般入試」最下位者の得点のこと。有名私学では,付属校から約半数が入学するため,入試偏差値相当の学生は上位半分まで。在学生,卒業生の実質的な偏差値(最下位者のレベル)は早慶といえどFラン上位者に及ばないという現実はタブー?大東亜帝国の一般入試で合格できないレベルの付属生は早慶マーチに推薦入学させるべきでないと思う。新入社員採用は優秀な人材を,ではなく,最悪の人材を避けることが絶対条件。付属校のない私大:東京理科大,上智,東京女子大,津田塾の評判が悪くないのは当然。(62才・男・教員)
早慶上理と言われる様に、そこそこ難関大学。しかしながら学科にもよるが、ストレートでの卒業が超難関大学。卒業する時には入学前よりレベルが上がって卒業する。出席、テストともシビアなのでそうそう遊べない大学。その代わりに、会社からの評価は抜群で就職率、就職先は素晴らしい。(26才・女・大学院生)
ここの卒業生たちが多く在籍する職場におりますが、基本的にマジメで良い方々が多いのですが、何というか典型的な悪い意味での理系タイプです。あまり融通が利かないタイプが多く、そしてどこか未だに受験コンプレックスを抱いている様に見受けられます。自分たちでも言っていますが就職予備校とか大学院予備校と言われるように必要以上に全国的に有名な大学へのコンプレックスが存在する様に思います。私たち研究開発部門でも多くの人生経験や自由な遊び感覚がある程度無いと務まりにくい職業ですので少し損をしている大学に思えます。現在理系は比較的就職も有利な時代と言われていますが、数年後には文系学生と同居し揉まれる学生生活を経験した早稲田・慶応・同志社などの私大理系に大きく引き離されてしまうと思います。(51才・女・研究開発員)
神田外語大学
大学では英語でのプレゼンテーション教育に力を入れており、英語を学びたい人には最適だといえます。しかし、大学での課題やプレゼン準備などに割く時間は膨大なものとなるので入学しても中退してしまう人も少なくありません。なので自分を試したい方や力をつけたいという人にはおすすめです。(20才・男・学生)
首都大学東京
国際的にも知られている総合大学。留学生サポート体制がとても充実している。(28才・男)
立正大学
都内、大崎、五反田に近い。法学部の熊谷から大崎移転で期待が持てる。ただ、研究者として有名な先生は少ない。大学院は税理士養成に力を入れ、著名な先生もいる。(20才・男・学生)
獨協大学
語学の獨協。東京外大や上智ほどのエリートではないが、英語力は外国語学部だけでなく他大学より抜きんでている。関連し、国際貨物、運輸、旅行会社などにOBが多い。埼玉県と言えど首都圏に位置する草加市に在り、23区内にキャンパスを備えてないものの、入学難易度はソコソコである。都心にキャンパスがあれば、MARCHの下あたりには来ることは間違いないだろう。(44才・男・商社勤務)
長岡技術科学大学
半年間のインターンシップ(実務訓練)があり、公選制が多いため、一般の大学生より技術力があり、学部入学者の8割以上が大学院に進学する。ジャビー(JABEE;日本技術者教育認定機構)も多くの課程で認定されている。(22才・男・大学生)
高崎経済大学
上信越本線の分岐駅、高崎。駅弁で「だるま、鳥飯弁当」で有名です。いわゆる駅弁大学の類。小生も旧帝大系からの落ちこぼれですが、少人数のゼミ、クラブで教官、学生と家族的な雰囲気で青春をすごしました。就職先は、中央官庁へ。周りには帝大系の同輩がいましたが、それなりの職責に。職場では、学歴は二義的なもの。やはり、その場その場の適応力と普段の生活力を養うことではないでしょうか。(64才・男・会社役員)
電気通信大学
非常に熱心で技術力が高く、地味ながら、OBが主要企業にいることもあり、就職の心配はない。また、留学生も増えており、語学能力も高い。(58才・男・会社経営)
比較的小規模な国立大学なので、知名度という点ではイマイチですが、産業界からの信頼は高いものがあり、久夛良木 健氏(プレステの開発者)や飯島 澄男氏(文化勲章受賞、カーボンナノチューブ開発者)を卒業生として輩出する、知る人ぞ知る大学であると言えそうです。また、とてもまじめな人が多いです。(23才・男・大学生)
とにかく企業には評判いいので就職には困りません!(30才・男・会社員)
中央大学
第一志望できたわけではないですが、学業を優先していた自分にとっては快適な学生生活を送れて、この大学に来てよかったと今になっては思っています。(25才・男・公務員)
お買い得大学のひとつ。看板の法学部だけでなく商学部・総合政策・経済学部・理工学部ともまじめに努力する学生が多い。わが社ではその採用人数に比べて活躍する人材が多く数十年の在籍により出世率も高い大学です。ちなみにわが社の幹部では旧帝と早慶同志社に次いでこの大学の卒業生が多いですね。(53才・男・会社員(人事部))
地味なイメージで損をしているが、あらゆる分野で私学トップレベルの結果を出しています。司法試験(最高裁判事、検事総長・検事正、弁護士会要職等)、公認会計士(会計士協会長等)、国家一種(行政・法律・経済:事務次官も輩出)、上場企業役員数(経団連会長も輩出)、スポーツ等。知れば知るほどすごい大学であることが分かります。(43才・男・公認会計士)
私は八王子キャンパスに通っていました。環境もよく、勉強には最適なところです。先生方も熱心な先生方が多く、飾らない先生方ばかりです。地味だけど、受験の時の問い合わせに関しては、他の大学よりも親身に対応してくれました。(36才・女・会社員)
理系は都心にありますが文系は多摩の山の上です。私は文系学部だったので4年間を多摩で過ごしましたが、勉強に励むにはとても良い環境だったと思います。(田舎で誘惑が少ないですから…笑)ビル1棟が丸々学食で地元でも中々美味しいと有名ですね。就職活動での有利さは正直あまり感じませんでしたが、社会に出ると意外に優良企業に中大出身者は多いです。(26才・女・専業主婦)
中大生は地味だが信頼できる学生が多い。女子学生の実力にも注目。法学部が目立つが、他の学部の水準も高い。(55才・男・団体職員)
全学部で教室の冷暖房が効いておらず、夏は暑すぎて冬は寒すぎて講義に全く集中できなかった。だが、事務室だけはいつも冷暖房が効いている。学生より教職員が中心のおかしな大学である。(27才・女・契約社員)
全学部においてこの大学が第一志望で入った人はほとんどいないため、愛校心を持っている人はいない。自分もそうだった。(27才・女・契約社員)
司法試験や公認会計士等の難関国家試験の合格者数をウリにしているが、受験者数が多いから合格者数も多いだけである。合格率は決して高いとは言えない。(26才・女)
都内に立地しているが、他大学と全くと言っていいほど交流が無い。目と鼻の先にある明星大学とさえ交流していない。その為かやる事なす事全てが時代遅れで、改革を急ぐ明治大学に人気等で水をあけられている。(24才・女・学生)
とにかく設備が悪い。八王子は盆地のため夏は暑く、冬は寒いのに冷暖房がなく、辛い。学生が自由に利用できるパソコンルームがなく、レポートの多い試験期間は本当に困る。図書館は開館時間が短く日曜は休みである上に、春季・夏季・冬季休暇毎に何週間も閉館するので一年の半分は閉まっていて使えない。大学付近に何もないのだから設備を整えてほしい。(23才・女・大学生)

口コミをもっと見る

立命館大学
子供が在学中ですが、学校側の就職に関してのサポート体制と熱意を非常に感じます。難関試験や公務員試験対策にも力を入れており、向上心を持つ学生には素晴らしい環境を提供してくれ、合格者も多数輩出しています。グローバルな視点を早くから取り入れ実施したり、世界で活躍するOB.OGと交流出来たり、社会に通用する力を築ける価値ある大学です。(45才・女・銀行員)
最近は国際性重視であり、就職や難関資格にも合格者が多い。レベルが高くなっている証拠だと思う。(60才・男・設備管理)
息子2人を大学に進学させ、かつ総務として実務を実践している私の中で、父兄に対する育英会等の組織、それから大学事務局の対応(情報提供・イベント等の)は親として、満足度の高いレベルと感じております。(55才・男・会社員)
綜合大学として一定の評価を得ている。また国家一種はじめ難関資格の合格者も多く出しており、今後も可能性が感じられる(57才・男・会社員)
国際的な少人数の語学指導など国際的にも力を入れている。BKCキャンパスも広くてとてもよい。(42才・男・会社員)
立命館が近年人気が高くなっているのは、同志社が田辺に移転後、通学や居住環境で不便になったのも一因だと思います。私の娘も同立の法に合格しましたが、大学生活のことを考えて立命に進学を決めました。対同大で言えば、立地面から優秀な学生が立命を選ぶ傾向が増えているのだと思います。(51才・男・銀行員)
ただでさえ東京の会社では関西私大では同志社くらいしか認識が無い中、最近は、自称関西トップという宣伝広告を出しているからか、面接でもその勢いで臨む学生も多く、元気が良いのは好評価ではあるが入試改革(よく言う立命の偏差値操作)やPRへの相乗りというか浮いている印象は否めない。昔の立命は、私の出身である地方の国立に似た地味だが底力があり、人気や偏差値など関係ないといった地道な学生が多かったが最近はめっきり激減した。必要以上の同志社に対するライバル意識は就職指導の賜物なのか、面接での聞いてもいないのに同志社よりも立命を選びましたという発言は痛々しい。2015年入試関連の記事は仕事柄チェックするが、同志社に合格すれば9割以上が同志社を選んでおり我々もそれが妥当に思う。そんなことより昔の底力を期待したい。関西の近畿大学や関西大学と並ぶマンモス大(卒業生の数では圧倒)となった今、人海戦術ではない安心立命を期待したい。人事や予備校関係者のような人々は騙されませんよ。頑張れ!立命!初心に戻って!(53才・男・会社員(人事))
古き良き立命館はどこへ行ったのでしょう。昨今の恥ずかしげを忘れた自己肥大PRは失笑を買うだけ。上沼えみ子のトークはユーモアいっぱいですが、立命トークには辟易。若い頃は東京なら早稲田、関西なら立命館に親近感を感じていましたが、日本の良さや社会正義をそれなりに深く理解できる年齢になると、慶應義塾や同志社の存在感が付け焼刃でないことが理解できます。遠吠えの犬のように思え、末川先生のころの立命館を懐かしく思います。(59才・男・公務員)
文学部の卒業生ですが、在学時も現在も女性の事務員の対応が非常に悪いです。何かを問い合わせても面倒なのか否定的なことや「その時期は忙しいので…」と平気でいう始末…。大学自体のイメージまで悪化すると思います。(37才・女・専業主婦)

口コミをもっと見る

筑波大学
都心から一時間以内で環境もよく学生が学ぶには誘惑も少なく、広いキャンパスで教授群も粒ぞろい。筑波生から受ける印象もまじめ、しっかり地に足がついていて落ち着いている、明るい雰囲気などなど娘をあづけてもいい学校だと思うし、ここでやりたいことをかなえてくれそう。(50才・女・英会話講師)
学生です。都会ではありませんが、良い学生が多く、緑豊かで良い環境で勉強できると思います。図書館も4つと多く、教員もすばらしい方が多いですし大学院への進学率も高いです。また学生の町なので周りの喫茶店でも勉強できる雰囲気です。車があったほうがより広く行動できます。駐車場代も安いです。総合で医学ということで空き時間に他の分野の授業を受けることもでき視野を広げられます。(26才・女・大学生)
今春、次男が入学しました。 キャンパスの美しさ、広さ、充実した研究施設、周辺環境の良さ、オープンキャンパスに同伴して以来、何度か訪れましたが、素晴らしい大学です。(54才・男・会社経営)
TXができ、都心にもらくらくアクセス。こんなに良い環境のところは珍しいと思います。(46才・女・主婦)
東京に45分。自然豊かな学園都市。こんなところで、のびのびと勉強にスポーツに人生を考えて欲しい。(49才・男・会社員)
青山学院大学
青学というとファッションや芸能関係のイメージが先立つが、講義もしっかりしていて優秀な先生が多い。キャンパス内は銀杏並木や古い建物が落ち着いた雰囲気を出しています。家が近いので卒業してからも図書館や散歩に出かけています。(35才・男・会社員)
とにかく校風が自由!他大学からの編入も多いです。青山キャンパスは少し校舎が古いけれど、立地条件や交通網は最高です!(21才・女・青学在校生)
のびのびとした校風で、先生も素敵な方が多い、いい学校です。キリスト教系なので、キリスト教の授業や、賛美歌を歌う行事もあります。図書館が広く静かで、設備もしっかりしていて○。あと立地条件も最高。学校帰りに、表参道や渋谷で遊んだりできるので、青山キャンパスで過ごしていた時は、本当に楽しかったです。(26才・女・アルバイト)
横浜国立大学
留学生が多く留学制度も整備されている。業界トップの経営者から直接講義を受けれるセミナーもあり実践レベルで充実していると思う。(45才・男・会社員)
首都圏内の実力のある大学というイメージ。優秀な学生が多く、一目置かれる。早く法学部、医学部を創設して総合大学化を実現してほしい。(53才・男・経営者)
緑の丘にあり、横浜の町も見渡せます。小中校生の通学路になっているので、子供たちが普通にランドセルで通っている。神奈川の頂点のゆったり感があります。(59才・男・一級建築士)
入学難易度は旧帝大、一橋、筑波などよりは劣るが、地方国立大学上位といった印象。しかし、地方出身者が多く、なまじ横浜という名前がついているので、ブランド意識だけは高い。ファッション性もよろしくない。OBは横浜市内の小中学校の教員が多いが、経済界では後発である。普通の国立大学です。(42才・男・企業人事担当者)
横浜市立大学
駅から近い。 京浜急行・金沢八景駅から平らな小道を徒歩数分。 電車も頻繁に走っているので,通学に便利。 英語教育に力を入れている。(20才・女・学生)
神奈川工科大学
就職率が非常に高い。就職してからも、大学で学んだ技術は非常に役に立っている。プロジェクトを生徒自身が行っているため、行動力とコミュニケーション力も向上し、社会に出てからも通用する力を学びました。(25才・男・SE)
栄養生命科学科の2015年度、管理栄養士合格率が100%達成。神奈川県内では、国公立大学を出し抜き、実質トップ成績です!!超一流大学ですら100%達成は極めて珍しく、教育レベルが非常に高いことがわかります。大学の就職率も、2006年に700近い大学がある中で28位、その後も100位以内にはランクインしている(学部によっては多少差異ある)。知名度はそれほどでもないが、今後教育力や就職力に関して注目される大学でしょう。(22才・女・管理栄養士)
大学名を聞いてもパッとしないが、かつて、この大学の前身である幾徳高等専門学校時代はめちゃめちゃすごかったとOBや中堅・中小企業の役員の方は口をそろえて言います。基礎を徹底的に叩き込み、超一流の講師・教授らがこぞって集まり講義する。当時技術者不足が叫ばれていたバブル期にはめちゃめちゃ人気があり、神奈川県最難関学校として知れ渡っていたそう。 改名してから人気は落ちはしたが、当時からの「基礎を徹底する」ところは今も変わってなく、卒業してからも語学(英語やドイツ語)や数学的思考は役に立ち、技術職志望でなくても役に立つ講義が多いなと実感している。 工科系総合大学としては珍しい語学留学や英会話教室もある。 偏差値的には平均以下かもしれないこんな大学でも公務員や上場企業に内定している学生も多数いる。(32才・男・ファイナンシャルプランナー)
名古屋大学
名古屋という土地柄・立地も関係して、関東・関西の大学に比べて地味だが、大学としての質は高い。とりわけ、理系学部は、近年のノーベル賞ラッシュや地元の自動車産業との関わりなど、特筆すべきものがある。最近では国際化にも力を入れている。(35才・男・大学職員)
今年、帰国生として名古屋大に入学しました。帰国後英語力が落ちてしまうのではないかと不安でしたが、名古屋大には英語のみで卒業できるコースもありますし、多くの授業が英語で開講されていて、その心配は全くなさそうです。留学生もとても多いし、学生も先生もいい人ばかりで海外にいる時よりも毎日が充実しています!!(19才・女・学生)
最近、語学教育支援の仕事で名古屋大学を訪れました。国立大学とは思えないほど語学教育に力を入れていて、学生の語学スキルも非常に高く、驚きました。また、就職支援がこれまた国立大学とは思えないほど充実していて、就職希望者の就職率は毎年ほぼ100%とのこと。国立大だけあって学生数が少ないので、留学する時に競争率が低く、留学しやすいですし、就職支援も一人ずつ時間をかけて面談をしていくきめ細かさはさすがだなぁと感じました。私達が学生の頃の国立大は留学にも就職にも全く力を入れていませんでしたから、私自身は私立大学に進学しましたが、名古屋大を見て国立も捨てたもんじゃないなと感心してしまいました。(32才・女・大学教員)
研究者として多くの国々を渡り歩いてきたが、いまだ名古屋大学を知らないという研究者に出会ったことがない。名古屋大出身というだけで一目置かれることもある。ノーベル賞受賞者も東大、京大に次ぐ人数を輩出しており、日本国内だけでなく世界からの評価も極めて高い名門国立大学です。(51才・男・研究員)
ノーベル賞受賞者を多数輩出している名門。旧帝国大の中では最も新しい大学ではあるものの、その研究実績は東大や京大に肉薄するだけのものがある。就職にも非常に強い。(23才・男・公務員)
全国区ではそれほどではないものの、中部地区では圧倒的な基盤を確立。地元の"東大"と呼ばれております。地元大企業(JR東海、トヨタ自動車、三菱東京UFJ銀行など)に就職するなら、東大に入るより、名大に入った方が倍率は低い。(30才・男・会社員)
日本体育大学
政治、経済という面では、某有名大学かもしれないが、スポーツも文化、教育、福祉、環境、経済、とも言える。オリンピック、国際大会で活躍されているのは日体大の選手が半数を占めているのも理由のひとつと言えるだろう。(20才・男・学生)
桜宮高校や豊川工業高校がモデル事例。日本体育大学は、暴力教師を量産したことを反省し、一から出直すべし。総合大学にスポーツや健康関連の学部が整備された今、学力不足の運動選手の進学先となりさらに悪化している。(63才・男・無職)
日本女子大学
入学難易度はMARCHと同程度ですが、面倒見が良く就職はMARCHより圧倒的に有利です。女子大にしては総合職志望の人が多い方です。世間でのイメージが良く、特に男性ウケは抜群です。(24才・女・学生)
麗澤大学
小規模なので知名度は高くありませんが、周囲の評判は良いです。キャンパスは野生のうさぎが生息する程緑が多く、海外の大学のようです。学生も真面目で向上心のある人が多いです。(24才・女・学生)
道徳教育の歴史があり、就職に強い。千葉県でも、ローカルな大学ではあるが留学生が多く学内での国際交流が可能。また外国語には力が入っている。またキャンパスも緑に囲まれていている落ち着いた環境。(24才・女・大学院生)
自治医科大学
弟が自治医科大学に行きました。 私立大学の医学部は授業料、寄付金が高いですが自治医科大学は私立大学ですが全寮制で卒業後9年間公立病院等で勤務をすれば学費が免除される制度があるため、親に面倒を掛けずに勉学に励むことができていました。(33才・男・会社員)
日本大学
医学から薬学、歯科、工学、法、商、文理、芸術などと広い分野の学部があり、難易度もそれぞれです。私がいる芸術学部は近代的な江古田と広大な所沢に校舎があり、キャンパスライフをエンジョイしていますよ。個性の強い学生が多く、協調と自己との協和音の毎日です。学部がそれぞれユニークな独立した大学の様相です。(19才・女・学生)
まず大学職員の態度が悪い。親切な方もいると思いますが本当に少ないです。ほとんどの職員が上から目線です。次に時間割の組み方が雑。現在三年生ですが、二年生の科目の再履修が三年生の必修と被ってしまい、再々履となりました。その際の学科事務室の対応も非常に悪かったです。ただし、すべての学部がそうだということではありません。また先生方はとても良い人ばかりです。授業も興味深いものがたくさんあります。(20才・女・日大生)
福岡大学
9学部が一つのキャンパスということもあり学生同士の繋がりやOBも多いので人脈は自然と多くなる。スポーツにも力をいれていて著名人やスポーツ選手も多く輩出している。九州での大学ブランド地位はかなり高い。(32才・男・会社員)
九州大学
九州人は九大以上が一流大学、九大イコール親孝行という認識。ただ、就活時、就職後とも、OBOGが力になってくれることは殆ど無い。自然環境豊かな伊都キャンパスでしっかり勉強して実力を付けないと「九大卒」だけでは大した就職先は無いし、就職後邪魔な学歴となる。(50才・男・大分県庁)
教養科目を履修する大学1~2年生の通うキャンパスが、福岡市の外れにある伊都キャンパスになったのが惜しいところです。というのも、①福岡市中心部にある西南学園大学や中村学園大学、福岡女子大学等との交流が少なくなり、人脈が築きにくくなった。②文系キャンパスのある箱崎キャンパスから遠いため、サークル活動が行いにくくなった。③キャンパス周辺にアルバイト先が少ない。以上の理由により、勉強以外の活動を通して学ぶ機会が失われてしまっている気がします。(22才・男・学生)
別府大学
女子が多いこともあって明るい雰囲気の大学。以前から熱心に勉強する学生が増えた。公務員や教員への合格者も多い。近くにアジア太平洋大学が出来たことがいい刺激になっていることは確か。また、地域住民との関係もすごくフレンドリー、この点も別府大学の明るい校風によるものだろう。(50才・男・地方公務員)
大分大学
大分市中心部から12キロ、南端の山の中に位置し、すぐ近くに自衛隊の弾薬庫。寂しいが静かに勉強するには良い環境にある。問題は大分大学に来たくて入学した学生が殆どいないこと。ハツラツとしていない。また、車、バイク、自転車、学生にはマナーなんて皆無。あまりに事故が多いため、住民や白バイがいつも見張っている。真面目に頑張っている大分大生もいるようだが可哀想だ。(50才・男・地方公務員)
海外大学(高校から進学)
最近、帰国子女でもインターナショナルスクール生でも無い日本の進学校の一般家庭の高校生が、アメリカその他の一流大学に直接進学するのをよく見るようになった。某アメリカ有名大の子の家に行ったら、日本の高校同級生からもらった激励の色紙が飾ってあり真ん中に大きく「頭脳流出」と書いてあった。日本人トップレベルの早期海外流出の流れは止まらないだろうから、日本の大学は逆に優秀な留学生をもっと集めないと地盤沈下するのでは無いだろうか。(40才・女・会社員)
杉野服飾大学
デザイナーや専門職になりたいなら、専門学校に行った方がいいと思います。(29才・女・会社員)
神戸女学院大学
校舎は、とてもきれいで清潔感があってとてもよかった。しかし、講義中なのに私語が多かったり、携帯の着信音が鳴ったりして毎回イライラしていた。また、山の中でwi-fiがないので通信が悪すぎる。(19才・女・大学生)
大学は不要
しっかり勉強する人もいるとは思うが、親の金銭的負担を考えずに「とりあえず大学くらい行っておこう」と安易に進学する人が多すぎるのでは。ろくに授業へ出ずに遊びほうける学生たちに憤りを感じる。勉強する気がないのなら、大学など行かないで早く就職し親に恩返ししなさい、と言いたい。(29才・男・会社員)

※大学ランキングはクチコミランキング編集部調べです。

※掲載情報の詳細は各大学にてご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。

※口コミ情報は投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

※虚偽である、個人を攻撃している等、問題のある口コミは、右のリンクから報告してください。 問題のある口コミを報告する

クチコミランキング編集部による総評

大学ランキングの1位は慶應義塾大学でした。慶應は、誰もが知る私立の名門大学です。ランキングの各評価項目でも社長になれる率、難関資格の合格率、就職への有利度、卒業生・在校生の満足度等全ての点で高い評価を得ていました。

2位にランクインしたのは国立大学の雄、東京大学と京都大学です。どちらも最高レベルの入試難易度を誇り、日本の中心で活躍する人材を多く輩出しています。
4位は慶應と双璧を成す、名門私立大学早稲田でした。ただ、最近相次いだ不祥事の影響か、思ったより得点が伸びず、4位にとどまりました。
実力主義が浸透しつつある現在、卒業した大学によってその人の人生が決まる訳ではありませんが、就職先や人脈などで有利に立てることは事実です。大学への進学を控えている方は、大学を選ぶ際、ランキングや口コミ情報を参考にしてみては如何でしょう?

クチコミランキングスタッフ

大学 口コミ投票! 口コミ10回採用でAmazonギフト券1000円プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

どの大学に口コミする?
※必須
  • 慶應大学  
  • 早稲田大学  
  • 東京大学  
  • 京都大学  
  • 一橋大学  
  • 大阪大学  
  • お茶の水女子大学
  • 東京工業大学  
  • 東京藝術大学  
  • 東京外国語大学  
  • 上智大学  
  • 青山学院大学  
  • 明治大学  
  • 中央大学  
  • 立教大学  
  • 法政大学  
  • 日本大学  
  • 国際基督教大学  
  • 東京理科大学  
  • 首都大学東京  
  • 学習院大学  
  • 同志社大学  
  • 立命館大学  
  • フェリス女学院大学  
  • 神戸大学  
  • 千葉大学  
  • 東北大学  
  • 九州大学  
  • 広島大学  
  • 電気通信大学  
  • 北海道大学  
  • 筑波大学  
  • 横浜国立大学  
  • 名古屋大学    
  • その他 
評価項目と点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目    点数(5点満点) 5   4   3   2   1
理由
メールアドレス※必須、PCアドレス ※口コミ採用時のご連絡先となります。
年齢
性別 男   女  
ご職業 (例:銀行員、専業主婦など)