口コミとランキングで比較!
2007年の人気DVD・ビデオランキング
ホーム > エンターテイメント > 2007年人気DVD 口コミ投稿はページ下部から
2007年人気DVD/ランキング&口コミ情報 '08.7更新終了
編集部よりこちらのランキングは2008年7月をもちまして更新終了となっております。
以降のおすすめDVDへの投稿は、おすすめDVDランキングをご利用くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。
みんなのオススメはどれ?2007年発売の人気DVD
2006年は邦画の興行収入が21年ぶりに洋画を上回りました。2007年も邦画の話題作が続々とDVD化されています。一人でじっくり楽しむなら・・・みんなでワイワイ愉しむなら・・・プレゼントするならetc・・・みんなのオススメを参考に、お気に入りのDVDを探しましょう!
おすすめDVDランキング
  オンラインDVDレンタル店ランキング

  DVD&CDが月1,963円で借り放題!ネットで借りてポストに返せる!現在2週間無料お試し実施中
メッセンジャーランキング  

昭和40年代の福島県を舞台にした町おこしストーリー。常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)誕生秘話を基に、当時の町人達の奮闘を「69 sixty nine」の李相日監督が描く。映画に負けず劣らず猛特訓したというダンスシーンを始め、限りなくリアルに再現された炭坑村の風景や60’sファッションなど見所は満載。音楽はハワイアンミュージックの第一人者ジェイク・シマブクロが手がけている。日本アカデミー賞、最優秀作品賞をはじめ数々の賞に輝いた2006年度の日本映画の代表作。
【ストーリー】
江戸末期から100年もの歴史を誇るいわき市の炭坑はエネルギー革命により閉鎖の危機に追い込まれていた。
そこで持ち上がる町おこし事業は、なんと常夏の楽園・ハワイアンセンターをつくろうというものだった。ハワイアンダンスの指導に東京からプロのダンサー・まどか(松雪泰子)が呼ばれるが、村の若い娘達は生まれて初めて見るフラダンスの映像に思わず逃げ出してしまう。残ったのは紀美子(蒼井優)と親友の早苗(徳永えり)、子持ちの初子(池津祥子)、そして父親に連れられてやってきたひときわ大柄な女の子、小百合(南海キャンディーズしずちゃん)のたった4人―。
はたして無事オープンを迎え、町は活気を取り戻すことができるのか?

いい口コミ
個性あふれる俳優さんや 女優さんが出演していてとても贅沢な作品だと思います。ストーリーも作品を見始めてすぐにぐんぐん引き込まれるし、時間があっという間に過ぎてしまいました。松雪泰子さんが序盤に一人で踊る姿はとても美しかったです。(32才・女・専業主婦)
1人で観て母と観て彼氏と観て、三回観ましたが何度観てもよかったです。笑いあり、悲しい涙に感動の涙、観た後にとても心が温かくなるDVDでした。(30才・女・会社員)
ベタな展開で、テンポ良くすすむサクセスストーリー。訛りの強い東北弁は聞き慣れないと思う反面、面白いと感じる部分も。よく、映画『スイングガールズ』と比べられがちだが、洋画の『プリティリーグ』の様な印象も。(26才・女・デザイナー)
映画館へは妻に連れられて(妻がフラをやってまして)見に行きまして、もともと日本映画にあまり期待はなかったんですが・・・単純に面白かった・・(一部のオーバー気味な演技も懐古的で)映画って娯楽ですよね?美味しい料理と一緒で、最後にあ〜食べて(観て)よかったと思えるものが最上かと思うんですが・・よってDVDでもう一回観ちゃいました。(40才・男・会社員)
意外だったのが南海キャンディーズのしずちゃん。泣かせる名演技でした。劇中出てくるフラダンスも、ふわふわしたゆったり系ダンスを想像していたら超エキサイティング!!カッコ良くて鳥肌ものでした。(32才・女・専業主婦)
総合
キャスト
ストーリー性
何度も観たい
お勧め度
人気
▼キャスト
松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、他
メッセンジャーランキング  

人気お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志、千原ジュニア、宮川大輔、ケンドーコバヤシなどお笑い会の話の達人がサイコロを振り、誰もが一つは持っているすべらない話を披露するというのがコンセプト。また、一つ一つの話は全てが実話というのも、面白さの秘密。DVDはシリーズ累計で111万枚以上販売、今最も売れているお笑いDVDの一つ。

いい口コミ
爆笑間違いなしっ!TVでは深夜枠だったのですが、夜中に一人で大笑いしてました。松本はもちろん、出演者だれの話も皆オモロイです。これを見ればストレスの発散ができそうな気がします。(45才・男・会社員)
めっちゃ好きです!!何回見ても笑えます。テレビで見ていた時から好きだったけど、DVDは、いつでも見れるので、もお毎日のように見ています。(21才・女・大学生)
今のテレビは演出や視覚効果など、どうでもよい番組が多いですが、「すべらない話」こそ本当のお笑い番組であり、芸人のまさに話芸のみで人を笑わすという才能には驚かされる。これほど大爆笑できたバラエティはそう他にはない。観終わった後はスッキリしますね。笑いって良いもんだと痛感します。出演している芸人には敬意を表します。(34才・男・会社員)
話だけで映像が浮かび、大笑いできる。すごい番組ですよ。「落ち込んだなぁ〜」てな時に見て大笑いしてスッキリして、「明日もがんばるぞー!!」って勇気付けてくれます。笑いって素晴らしいですね。(29才・女・家事手伝い)
見る時にビデオ録画していますが、DVDでも欲しいくらいです。深夜の時から面白いと思っていましたが、それがDVDで蘇るなんて!!腹筋が割れるほどの大笑いです。(26才)
何度見ても笑えます。松本さんの絶妙な笑いのセンスも魅力。漫才でなくても笑いがとれることを証明してくれるDVDです。(28才・女・専業主婦)
総合
キャスト
ストーリー性
何度も観たい
お勧め度
人気
▼キャスト
松本人志、千原ジュニア、宮川大輔、ケンドーコバヤシ他
メッセンジャーランキング  

二ノ宮知子原作の大人気コミックをドラマ化。音大を舞台にしたクラシック音楽に向き合う学生たちの物語。漫画でしかありえないようなギャグシーンや現実離れした演奏シーンなどを見事に実写化。クラシックに興味がなかった層にもファン層を広げ、クラシック旋風を巻き起こした。
超個性的な音大仲間や講師を好演する俳優陣にも注目。
【ストーリー】
指揮者志望のエリート音大生・千秋(玉木 宏)は、その恵まれた才能を持ちながらも飛行機恐怖症の為留学出来ずに日本の大学で自暴自棄になっていた。そんな時、ゴミだめのような部屋で美しいピアノソナタを弾く野田 恵(上野 樹里)、通称のだめと出逢う。あまりにも自分とかけ離れたのだめの生活ぶりと奇行に始めはすっかり警戒していた千秋だが、ピアニストとしてののだめにだんだん魅かれていき・・・

いい口コミ
原作マンガのファンで、ドラマ化には期待していませんでしたが、玉木宏の千秋と瑛太の龍太郎は第1話からばっちりはまったって感じです。その他の役者さんも回を追うごとに味が出てきて、演奏シーンもさまになったし、とにかくストーリーそのものが原作に忠実に作られていたため、完成度の高い作品になったと思います。キャスト・スタッフ全員に拍手です。(40才・女・OL)
元々マンガが好きで当初はドラマ化に対しかなり不安でしたが、ドラマが終る頃には、私の中でマンガ<ドラマになってしまった初の作品。マンガの世界間は崩さずに、2次元では表現できなかった音楽、そして俳優さん達の熱演・・・マンガは笑ってばっかりでしたがドラマはそれに加え沢山の感動の涙が加わり、DVD化をこんなに望んだ作品もこれまた初めてでした。(26才・女・会社員)
連続ドラマに久しぶりにはまりました。そして、DVD-BOXを買ったのは初めてです。疲れた時に見ると元気がでるので、仕事から帰ったら流しっぱなしにしておくこともあります。お薦めです。あと、結婚できない男も同じ位お薦めです。(30才・男・編集)
抜群に面白かった。おバカっぽいシーンに笑いつつ、重要な演奏シーンに手抜きがない(ここがいい加減だと一気に興ざめするところですが)俳優さんたちの役者魂を感じた。使われている音楽も素晴らしくまさに私にとってクラシック音楽への道しるべになった。何だかやっつけ仕事が多い感じのする日本のドラマの中で、製作者と役者が渾身の思いをこめて最高のドラマを作ってくれた。ありがとうと言いたい。(50才・女・パート)
これほど充実したドラマは近年無かった。月9も落ちたなぁ・・と思っていたけどのだめは!!まずキャストにへたくそが誰一人いないし、キャストとスタッフの作品への愛がびっしびし伝わってくる!!何度でも見てしまう!!続編希望者による番組HPへの書き込みが一万件を超えたというのも納得。特に4話と最終回はこりゃぁもう負けましたと思う絶品!!ただこれ以降、玉木宏と上野樹里が千秋先輩とのだめにしか見えなくなってしまってこの先俳優、女優として大丈夫かと要らぬ心配をしてしまう。(25才・女・OL)
ストーリーもテンポもよく、ギャグも笑えて、観ていると、あっという間に時間が過ぎる楽しい作品です。外国人であるはずのシュトレーゼマンがなぜ竹中直人さんなのか、ツッコミを入れたくなりましたが、それはそれで味があって○。キャストもイメージに近く、内容もコミックに忠実で、原作ファンも安心して見れる出来です。(26才・女・アルバイト)
総合
キャスト
ストーリー性
何度も観たい
お勧め度
人気
▼キャスト
上野樹里、玉木宏、竹中直人、他
メッセンジャーランキング  

週間少年ジャンプに連載された同タイトルの人気コミックが原作。単行本全12巻の累計発行部数が2530万部を突破する超人気作で、原作・大場つぐみ、作画・小畑健。
主題歌・オープニングテーマを、世界的人気のロックバンド・Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリペッパーズ)が手がけたことも話題を呼んだ。
【ストーリー】
"名前を書かれた人間が死ぬ"という死神のノートを、将来有望な天才少年である夜神月(藤原竜也)が拾ったことから始まる物語。
新世界を作る為、自らを謎の殺人犯”キラ”と名乗り、ノートの力で凶悪犯罪者を裁いていく月と、キラを捕まえようとする世界的名探偵L(松山ケンイチ)が息を飲む様な頭脳戦を繰り広げる。やがて、キラを「神」と崇める人々や、第2のキラを名乗る新たな殺人者も現れ・・・。

いい口コミ
深夜、アニメを見て「DEATH NOTE」にハマリました。実写版ということで期待しないで見たところ、まったく違和感無く、むしろ藤原君と松山君がよりリアルに演じていて引き込まれるほどでした!(42才・女・派遣社員)
ドキドキ感がなんとも言えません!私は漫画を読んでいたので映画化するとどうなるだろうと心配していましたが、見始めたら心配なんて無くなりました!映画を見た人でも、そうでない人もDVD見る価値ありです。L役の松山ケンイチさんに釘付けですv(17才・女・高校生)
原作は読んだことがないんですが、いきなり見ても楽しめました。死神がCGということで違和感があるかもと思ってみましたが違和感ありませんでした。エルがばっちりキャラにはまっていて良い味出してます。DVDを購入したいかと言えばそこまでではないと思います。(26才)
【DEATH NOTE(デスノート)the Last name】
『DEATH NOTE デスノート 』の後編でもある『DEATH NOTE デスノート the Last name』。原作漫画で第一部と第二部に分かれてはいたが、その原作第一部を劇場オリジナルで二作に分けた感じ。映画一作目に続きキャラクター設定やストーリー展開は、原作とはまったく違うものの、そのキャラは際立っており確立もされている。 一作目同様、原作ファンでも新たに楽しむ事が出来る。(26才・女・デザイナー)
総合
キャスト
ストーリー性
何度も観たい
お勧め度
人気
▼キャスト
藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史、他
メッセンジャーランキング  

2002年に公開された映画「ピンポン」の原作等で有名な松本大洋の出世作(同タイトル)を元にした劇場版アニメ。
原作は1993年〜1994年にかけてビックコミックスピリッツに掲載されており、海外でも『BLACK&WHITE』の名で知れ渡っている。
【ストーリー】
"宝町"でホームレスのような暮らしをしている二人の少年クロとシロ。不思議な身体能力を持ち、ケンカや強盗を生業として廃車に住み着いている彼らと、宝町にはびこる謎の組織、宝署の刑事たちの争いを描いた物語。さらに兄貴分であるクロには"イタチ"という名のもう1つの闇の顔があり、クロ自身を闇に引き込もうとする・・・。
原作の持つ独特の画風の生きたアニメーションやストーリーが評価され、日本映画史上初、ARTFORUM誌の2006年度最優秀作品「Best Film」に選出された。

いい口コミ
ちょっとマニア向けの感がありますが、松本大洋ファンなら必見です。クロとシロのぶっ飛んだキャラがたまりません。なぜかアジアンテイストの溢れる下町が違和感なく受け入れられます。まずはお試しを。(45才・男・会社員)
映画館で見ましたが凄く面白かったです!あまり他では見たこと無いアニメだと思います。映像の描写、台詞回し、声優の表現力、どれをとっても高いレベルにあると思います。まだ見たことがないかたは是非どうぞ!(21才・女・大学生)
蒼井優は素晴らしい才能の持主の女優さんですね。有名芸能人が出ている作品はどうしても役と本人が重なりますが、それを全く感じませんでした。映像、特に風景の描写は色が多いわりに惹きこまれる美しさがあり、題名とは逆に柔らかで暖かい印象を受けました。(36才・女・主婦)
もともと松本大洋氏が大好きで、映画化という事で原作のイメージが壊れるのではないかと若干不安がありましたが、描写、ストーリー、声優共に期待以上のものでした!是非原作を読んで観られる事をオススメします!(21才・女・大学生)

総合
キャスト
ストーリー性
何度も観たい
お勧め度
人気
▼キャスト(声優)
二宮和也、蒼井優、伊勢谷友介、本木雅弘、他
DVDランキング  

ローレン・ワイズパーガーのベストセラー小説が原作。ジャーナリストを志してNYにやってきたアンディ(アン・ハンサウェイ)と悪魔のような上司ミランダ(メリル・ストリープ)の姿を活き活きと描き、同年代の女性を中心に大ヒットした。脇を固める編集者役にスーパーモデルが起用されていたり、女性ならば誰もが憧れてしまうような洋服や靴の数々が随所に登場するなど、見所は満載。
原作者はファッション誌「ヴォーグ」の編集アシスタントの経歴があり、そのころの様子が伺えるかのようなコミカルなやりとりも必見。
【ストーリー】
ジャーナリストを志してNYへやってきたアンディは、一流ファッション誌「ランウェイ」の編集アシスタントとして働くことに。これまで全く関心のなかったファッションという世界に飛び込んだアンディは、それでも夢見るジャーナリストへの足がかりとして編集長ミランダの無謀な要求に必死で応えていく。初めはセンスゼロ!とけなされていたアンディも、しだいに磨かれていき・・・。自分のやりたかった事と今の自分との間で揺れ動くアンディが選んだ道は―?

いい口コミ
ストーリーも好きだけど、衣装が何よりお勧め。やっぱり話が面白いのもいいけど、映画だから目で楽しめるのが良い。日常的に着ることは難しくても参考にはなるかなという感じ。(女)
服の大好きな人にはたまりません!!ストーリーも良く前向きになれる映画です、何度みてもあきません。(35才・女・パート)
ミランダのありえない注文に必死で応えていくアンディの姿が素敵です。ファッションコーディネートは見ていて本当に楽しいし、仕事の厳しさなども勉強できる映画だと思います。(18才・女・大学生)
すごくダサいけど、頭はいいアンディ。どんどん綺麗になって、コワイ上司ミランダにも認められるようになっていく。ニコリともしないミランダが、本当はとっても優しい人だと観てたら分かる。仕事も恋もがんばろう、と思える素敵な映画でした。また観たいくらいです。(29才・女・パート)
総合
キャスト
ストーリー性
何度も観たい
お勧め度
人気
▼キャスト
アン・ハンサウェイ、メリル・ストリープ、他
メッセンジャーランキング  

第二次世界大戦で最も悲劇的と言われる"硫黄島の戦い"を、アメリカ・日本双方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督の2部大作のうち、日本側視点の物語。
戦争映画で時として指摘される偏った描写や表現をすることなく、当時のリアルな戦況と、厳しい戦局の中で家族を想う兵士達の心境が繊細に描かれ、各誌・メディアの絶賛を受けた。日本語の映画としては初めて、アカデミー賞に外国語映画賞としてでなく、作品賞としてノミネートされたことも話題を呼んだ。
【ストーリー】
1944年、本土防衛の最後の砦"硫黄島"に陸軍中将・栗林(渡辺謙)が降り立つ。そこは悪化する戦局に加え不当な体罰のはびこる地獄のような地だった。アメリカ滞在の経験をもつ栗林は敵国の強大な力を誰よりも知り尽くしていた。反発する将校達をおさえ体罰をなくし、島のすみずみを歩き防衛作戦を練り直す栗林に、これまで絶望していた若い兵士達は新たな希望を見出す。そして米国の来襲。5日で落ちると言われた硫黄島で、36日間にも及ぶ壮絶な戦いが始まる―。
歴史的な激戦から60余年。硫黄島の地中から発見されたのは届くはずのない家族への手紙だった。あの闘いで男たちは何を感じ、何を伝えようとしたのか・・・。

いい口コミ
色々考えさせられる映画でした。初めて知ることも多く、戦争の残酷さ悲しさを改めて感じました。そしてそういった歴史や命を掛けて戦った人がいることを知ることができてよかったとも思いました。(22才・女)
目を背けたくなるような、惨劇の中、非力とわかっていても愛する家族のために戦った多くの日本人男性がいたことにとても感動しました。映像の迫力もさることながら、ひとりひとりの人間についてもとても丁寧に描かれてあった。悲しい日本の歴史のひとつとしても、多くの日本人が見るべき映画だと思います。(42才・女・派遣社員)
クリント・イーストウッドが日本映画をとるなんてどうなるのだろうと思っていたのですが、セリフで伝えるのではなく、映像で魅せる抜群の間合い。かつての日本の巨匠達のカメラアングルを彷彿とさせます。彼はやはり最高の監督ですね。(32才・女・専業主婦)
総合
キャスト
ストーリー性
何度も観たい
お勧め度
人気
▼キャスト
渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、他
DVDランキング  

大人気のスパイアクション映画、007シリーズの第21作目。6代目の主人公・ジェームズ・ボンドに抜擢されたのはダニエル・クレイグで、シリーズ初の金髪・碧眼ボンドであることも話題になった。シリーズ第一作目が原作となっている今回は、ボンドが007(殺しのライセンスを持つMI6での地位)に昇格する以前の物語。まだまだ経験の浅い、これまでとは一味違う未熟で荒削りな魅力が楽しめる作品となった。今回の舞台はカジノ。スリリングな駆け引きや頭のきれる美貌のヒロイン・ヴェスパー(エヴァ・グリーン)との恋など、見逃せないシーンが満載。
【ストーリー】
"00"(ダブルオー)に昇格したばかりのジェームズ・ボンドへの最初のミッションは、国際テロ組織に通じている死の商人ル・シッフルとの接触だった。ル・シッフルはテロの失敗によりこうむった1億ドル以上もの損失をカジノで儲けようと企む。ポーカーの掛け金となる国家予算1500万ドルの監視役として財務省から送られてきたヴェスパーとともに、ボンドはテロの資金源であるル・シッフルとの大勝負にでるが―?

いい口コミ
私が見た007シリーズの中で一番面白かったです。逆転に次ぐ逆転、「まさかあの人が・・・」と思わずには入れません。物語冒頭のアクションも凄い!!ダニエル・クレイグ、むちゃくちゃかっこいいです。これは当りです。(30才・女・Webデザイナー)
今年の元旦に、映画館に見に行きました。新年早々気分がスカッとしました。007シリーズは、海外旅行気分も味わえ、わくわくします。(女・会社員)
総合
キャスト
ストーリー性
何度も観たい
お勧め度
人気
▼キャスト
ダニエル・クレイグ、マッツ・ミケルセン、エヴァ・グリーン、他
【邦画】
アヒルと鴨のコインロッカー
実に良質な映画です。村上春樹は関係ありませんが、その雰囲気を映画化したらこんな感じなのではと思わせる空気感です。全く予想外の話の展開でした。とても胸がせつなくなります。是非是非見てください。(33才・女・専業主婦)
キサラギ
キャスト、喪服を着た男5人のみ。場面、ずっと一室。こんな舞台のような設定ですが、とにかくおもしろい!キャストは小栗旬、ユースケ・サンタマリア、香川照之など実力者ぞろい。監督は「僕の生きる道」「大奥」などのドラマを手がけた人、脚本家は名作「ALWAYS 三丁目の夕日」の人!これだけでも超贅沢な映画です。途中なんども笑い、最後にホロリとさせられる良質な映画です。(33才・女・専業主婦)
FLY DADDY FLY(フライ ダディ フライ)
クールで最高にかっこいい岡田君と、ちょっと情けないお父さん役の堤さんのコンビが、絆を深め、お互いに成長していく過程にぐいぐい引き込まれます。観たあとは爽快で明るい気分になれます。ミスチルの主題歌もぴったりはまってます。(32才・女・派遣社員)
暴走たけし軍団 ブと湯の巻
とにかく、心底笑えます!今のお笑いと一味も二味も違う、たけし軍団独特の馬鹿馬鹿しい笑いがあります。【最近笑ってないなぁ】と思った方は、このDVDを観て笑って下さい♪他にも『愛と裸の巻』も絶品です。(33才・女・会社員)
バッテリー
あさのあつこさんの人気小説が映画になりました。期待以上の作品で、若いキャストの迫真の演技やほのぼのとする情景にとても感動しました。見たあとに心が温まる作品です。方言を使っているのも癒されます♪(27才・女)
花より男子 DVD-BOX
つくしのまっすぐで、誠実な気持ちや道明寺のピュアな愛、花沢類の陰ながら愛する人を支えるという愛しかたなど見所満載!!(31才・女・公務員)
今まで見たドラマの中で一番面白かった!!原作の漫画とは、少し内容が変わっているけど、漫画を見ていた人も見ていなっかた人もとても楽しめるないようだと思う。何度見ても飽きない!!つくしのつよさに惹かれました!!(21才・女・大学生)
どろろ
手塚治虫漫画の映画化。正直期待しないで見たんです。ところが予想をはるかに超えて良かった!大作にありがちな、CGやアクションシーンに気合が入りすぎるあまりストーリの流れがおかしくなる、と言った過ちもなく壮大なストーリーで圧倒されました。あ〜映画館で見とけば良かったよ〜。DVD見終えた後、テレビに向かって思わず拍手です。(32才・女・専業主婦)
武士の一分
原作も読みましたが、小説で書ききれない江戸時下級武士の生活が映像で見れる素晴らしさ!盲目の戦い!満点!と言いたいが、原作を読んでしまうと果たし合いの相手にも有った「武士の一分」が無いのが悔やまれる。話がわかりやすくていいけどさ…。(31才・男・会社員)
映画を観て人生観が変わるほど、とても私は感動しました。木村君の渾身の演技とキャストの皆さん全員の素敵さ、個人に何があっても変わらず流れる時間等、書き尽くせないほど素晴らしい作品です。さすが山田監督さん。観てられない方にお勧めしたいです。(34才・女・派遣社員)
昨年映画を観て人生観が変わりました。辛い設定です。でも人間の温もり、愛情が感じられ、私はとても自分が恥かしくなりました。木村さんはじめ渾身の演技、誰がどう言おうと私は一押しです。(34才・女・派遣社員)
ゆれる
‘エゴ’だったり‘思い遣り’だったりその中での‘葛藤’だったり、兄と弟の揺れ動く心理が深く表現されている。 それが大袈裟でもなく重くなりすぎにもならないのは、オダギリジョーと香川照之の演技が本物であるからかと。(26才・女・デザイナー)
さくらん
色んな場面が色々な色で彩られていて 情熱てきな印象をとても強くうけました。椎名林檎さんの 歌が絡んでくるタイミングも バッチリだと思います。土屋アンナさんの事は下妻物語の時から好きですが今作品も期待を全く裏切らない出来だったと思います。(32才・女・専業主婦)
土屋アンナってこんなに演技下手だった?とがっかり。映像が豪華絢爛で凝っているだけに演技のうすっぺらさが悪目立ち。原作漫画の良さが生きていないと思う。土屋アンナ自身は結構好きだっただけに悲しい。(32才・女・専業主婦)
龍が如く 劇場版
北村一輝・岸谷五朗・塩谷瞬・サエコ・加藤晴彦・高岡早紀・哀川翔出演と、とにかく豪華なキャストだが内容はB級映画。原作のゲームをプレイした事ある人にとっては物足りず、プレイした事ない人にとっては説明不足に感じる。ただどんな立場の人から見ても、各キャラの濃さと役者の演技力には圧巻される。キャラ負けしていない岸谷五朗と、髪の乱れ方にまでこだわったという北村一輝の喧嘩シーンは、CG仕様とはいえアクション好きには必見。(26才・女・デザイナー)
【アニメ】
時をかける少女
大学生の私ですが、この作品を見ると、高校3年生の夏休みを思い出します。進路と勉強したくないという気持ちがよくわかるし、何より、最後の展開にひたすら涙して、切ない気持ちになります。この映画は、きっと何年先に観ても、同じような気持ちになり、高校生のときを思い出せるような気がします。(21才・女・大学生)
昔のラベンダーのイメージが強かったのですが、全く違った形で生まれ変わってて、おもしろいので何度も見ました。このままいれないの?また二人が出会うことはできないんじゃないか?どーしてどーして!ってどうにかハッピーエンドにならないものかと考えたりと、心動かされてしまいます。この人良い声だな〜と思っていたら、女優の原さんの声でした。(22才・女・会社員)
原作や実写版は見た事なく先入観なしに観られましたが原作や実写版観てても楽しめる作品だと思います。ジェットコースターのように次から次へと展開して行くけどついていけなくない。とても面白い作品。さすが賞とるだけの事はあります。(29才・女・家事手伝い)
彩雲国物語
はじめは乙女ちっくな絵に驚くが、ストーリーはなかなか骨太な内容で、グングン引きこまれてしまいたした。今は彩雲国ワールドにドッブリ浸かっています。(35才・女・会社員)
ゲド戦記
期待が大きかっただけに、かなりがっかり。最初のうちは主人公の暗さが気になるものの良い感じで進んでいたのですが・・・。ラスト、今までのジブリにありえないくらい絵がくずれまくってました。何があったのでしょう?これじゃ原作者もがっかりだと思います。唯一の救いは「テルーの唄」。これは心に染み入る名曲です。(32才・女・専業主婦)
【洋画】
コーラス
主人公の美少年の歌声を聴いたとき、正直鳥肌が立ちました。少年は、学校一の問題児だったのですが、ある教師との出会いで歌を歌うことになります。さまざまな事とぶつかりながら成長してゆく少年たちの姿を見れます。(20才・女・大学生)
ドラムライン
大学から選抜されたマーチング・バンドが、優勝を賭けて競い合う話です。その勝負が驚異的でミラクルです!見た人は必ずリズムを刻みたくなると思います。そしてそのパフォーマンスの完璧さに魅了され、マーチング・バンドってこんなに面白いんだ!思うと思いますヨ。(20才・女・学生)
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド
ストーリー的満足度では最初の作品だけにして欲しかったこのシリーズ。でもキャストは良いんですよね〜。今回も超豪華です。新たなキャストに中国の大スターのチョウ・ユンファや、ジョニー・デップが役作りの参考にしたというキース・リチャーズ。キースがまさか出るとは思っていなくて、すごくうれしかったです。演技も良い味出しています。(32才・女・専業主婦)
ロッキー・ザ・ファイナル
今までこの映画のシリーズを見ていない人でも楽しめます。ただ最初の方は長年のロッキーファンの為なのか回想シーンがやたら多くつまらないです。でも、そのあとはもうロッキーの名言オンパレード!言葉の一つ一つにジワ〜ときます。監督のジルベスタースタローンが私達、映画を見ている人に伝えた事をこの映画に込めたのだなあと胸が熱くなりました。(32才・女・専業主婦)
グレイズ・アナトミー
「外科インターンは仕事も恋も命もあきらめない」のキャッチコピーに誘われてつい見てしまった。外科インターンが繰り広げる恋愛ドラマではあるのだが、人の命を救うために悩み苦しみ、人として医者として成長していく姿もきちんと描かれている。(42才・女・派遣社員)
不都合な真実
この映画は環境問題における社会風刺的なところがあり、今までの自分の豊かな生活が恥ずかしくなると思います。環境問題というのは誰しもが考えなければならない問題なので、是非とも見ていただきたい作品です!(20才・男・学生)
この映画は絶対みるべき。地球が今どういう状態になっているのか、その危機をとてもわかりやすく提示してくれます。「地球温暖化」「エコ」最近この言葉はよく聞き、そして私達は理解した気でいるけれど、かなり甘い考えでいる事を教えられました。アメリカの元副大統領のゴア氏、彼のような政治家がいたのかと今回驚きました。あの時もしも彼が大統領になっていたなら、と考えずにはいられません。(32才・女・専業主婦)
LOST シーズン2
前回のストーリーも勿論面白かったのですが、個人的にはシーズン2のストーリーの方が前作よりも濃厚になっている気がしてより楽しめました。新しい登場人物が出てきたり 新たに発生したストーリーが複雑に絡み合ったりしていて・・・ 続編が気になってしまって仕方ありません。(32才・女・専業主婦)
シーズン1は毎回ドキドキしましたが、シーズン2になって謎は増えるが解決はしていかない展開に少し不満。だんだん人も減っていき、後付け脚本的な展開なのでは?と思ってします。今後もかなり続くと噂がありますが、最後まで飽きずに見られるかが微妙なところです。(34才・男・会社員)
レミーのおいしいレストラン
今迄のピクサー作品と比べると、なんだか現実的で恋愛要素も入っていたりと、少しだけ大人っぽい内容。グラフィックなどのクオリティは相変わらず高いのだが、その分登場するネズミが可愛らしくも妙にリアルだったり。(26才・女・デザイナー)
※2007年DVDランキングはクチコミランキング編集部調べです。
※掲載情報の詳細は各ウェブサイトでご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。
※口コミ情報は投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。
※虚偽である、個人を攻撃している等、問題のある口コミは、右のリンクから報告してください。 問題のある口コミを報告する
クチコミランキング編集部による総評!
 2007年人気DVD・ビデオランキングの1位は、フラガールでした。実話をベースにしたストーリーは、観る者の心を引き込みます。この映画を見終わった後、スパリゾートハワイアンズ(※物語の舞台)でフラを観たいと思った方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
  2位の人志松本のすべらない話は、サイコロに従って芸人が「すべらない話をする」というシンプルな内容のDVDですが、100万枚を超える大ヒットになっています。その理由は「とにかくみんなの話が面白い!(=すべらない)」、この一言に尽きます。まだ観たことがない方は是非一度みてみてください。きっとお腹をかかえて笑えると思います。
  今年発売されたDVDの中で、みなさんが一番面白かった(感動した)ものは何でしょうか?みなさんからの口コミを心からお待ちしています。
2007年人気DVD 口コミ投票! 口コミ10回採用でAmazonギフト券1000円プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら
どの作品に口コミする?
※必須
【洋画・外国作品】
007 カジノロワイヤル  プラダを着た悪魔 
LOST シーズン2  父親達の星条旗  ワールドトレードセンター
【邦画・国内作品】
のだめカンタービレ DVD-BOX  硫黄島からの手紙  フラガール
DEATH NOTE  時をかける少女  人志松本のすべらない話  NANA2 
鉄コン筋クリート  花より男子 DVD-BOX  涙そうそう
ただ、君を愛してる
【その他】 
その他
評価項目と点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目   点数(5点満点) 5   4   3   2   1  
理由
メールアドレス※必須、PCアドレス ※口コミ採用時のご連絡先となります。
年齢
性別 男   女  
ご職業 (例:銀行員、専業主婦など)



Homeクチコミランキングとは?お問い合わせリンクビジネスサービススタッフ募集プライバシーポリシー免責事項サイトマップ
Copyright(c) 口コミならクチコミランキング編集部 2016  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。