国産且つ無添加の青汁をお試し。レシピと口コミも

2020年10月現在47,388件以上の口コミが見放題!

国産且つ無添加、ファンケルの青汁をお試し!3種類のレシピと本音の口コミつき

目次

国産且つ無添加を実現している青汁はわずか

みなさんが青汁を飲む目的は何でしょうか?多くの方は野菜不足の改善や健康のために飲んでいる、または飲むことを検討しているという方が多いはず
筆者も青汁を飲んでいますが、当初の目的は日々の野菜不足を補うため。実際に青汁を飲みだすと、野菜不足以外にもさまざまな働きがあることに気付き、もう10年以上継続して飲んでいます。
ただこの期間、筆者は全く同じ青汁を飲んでいた訳ではなく、様々な青汁を試し、自分に合うものを探してきました。最初はどこの青汁でも同じだろと思っていましたが、実際にいくつかの青汁を飲んでみると、各社の青汁は、味はもちろん、飲みやすさや溶けやすさも全く違うことがわかります。
また成分をチェックしてみても、その違いは明白です。青汁の原材料だけではなく、添加物の使用に関しても商品によって大きく異なります。
今回のクチコミランキングの特集は、ファンケルの1食分のケール青汁に注目。商品の特徴はもちろん、実際にどういう飲み方が適しているのかを試してみました。
編集部の本音の口コミも掲載しているので、ファンケルの一食分のケール青汁に興味がある方は、是非最後までチェックしてみてください。

1食分のケールの青汁(ファンケル)

ファンケル公式サイト・キャプチャ

国産ケール100%を使用、1本で1食分の緑黄色野菜量を摂取できる。苦みを抑える独自製法を使用。ケールの搾汁液を粉末化することで、雑味やざらつきも解消し、すっきり飲みやすい青汁を実現。青汁の溶けやすさにも定評があり、ユーザーの92%が溶けやすいと回答。初回限定でお得に商品をお試しできるので、興味がある方は要チェック。

商品価格
通常価格 3,000円(30本入り)
→780円(14本入り)※初回限定特別価格

ファンケル公式サイトへ

国産且つ無添加を実現!ファンケルの1食分のケール青汁とは?

ファンケルの1食分のケール青汁

ファンケルの1食分のケール青汁は、無添加化粧品・健康食品・サプリメント通販大手「ファンケル」が開発した青汁の1つ。ちなみにファンケルは、1食分のケール青汁の他にも、1日分のケール青汁、1食分のケール青汁 大豆プラス、グリーンスムージーケール、脂肪や糖が気になる方のケール健康茶、ビューティーグリーンに加え、濃縮野菜 国産ケール100%、搾りたてケール青汁(冷凍)という2つの冷凍青汁も取り扱っています。
この豊富な青汁ラインナップの中で、一番ベーシックな商品が1食分のケール青汁です。この青汁は、国産且つ着色料、食塩、保存料、香料不使用、青汁の中でも数少ない無添加を実現しています
青汁を一度でも飲んだ事がある方ならわかる、青汁独自の苦みや雑味を独自製法で抑えることに成功。水への溶けやすさにもこだわっており、青汁初心者にもおすすめできる商品です
ただ青汁が初めてという方や、青汁を飲んでみたけど、自分には合わなかったという方にとって、青汁にチャレンジするハードルはそれでもなお高いはず。
そこで編集部イチの青汁愛飲者である筆者が、人気の3つの飲み方を実際に試してみました。

編集部の青汁愛飲者が3つの飲み方をお試し! 初心者には
どれがおすすめ?
口コミ
付き

今回ファンケルの1食分のケール青汁で試した飲み方は、基本のストレートに加え、口コミで人気の牛乳割りとリンゴジュース割りの3つです。
それぞれの飲み方を実際に試し、筆者が青汁愛飲歴10年のプライドをかけて、初心者におすすめできるかどうかを100点満点で評価。本音の口コミを掲載しています。忖度なしで口コミしているので、ファンケルの青汁に興味がある方は是非チェックしてみてください。

ファンケルの1食分のケール青汁 飲み方レビュー ストレート

青汁・ストレート

75

作り方
1杯あたり水100ml程度
※青汁初心者は150mlがおすすめ
本音のレビュー
筆者はいろいろな青汁を飲んできているので、他の青汁と比較すると、ファンケルの1食分の青汁がストレートでも飲みやすいということに関しては、断言できます。ただ水100mlで割ると青汁独特の風味をまだ感じるので、青汁が初めてという人は、水150mlで割るとぐっと飲みやすくなるはずです。他社の青汁を飲んだことがあり、独特の味がダメだったという方は、ファンケルを一度試してみることをおすすめします。大麦若葉や明日葉がダメという人もケールなら大丈夫と言うのはよく聞く話です。実際に飲んでみてまだ苦手と言う人は、以下でご紹介する牛乳割りとリンゴ割りを試してみましょう。はっきりいってストレートとは全く別の飲み物です。

ファンケルの1食分のケール青汁 飲み方レビュー 牛乳割り

青汁・牛乳割り

82

作り方
1杯あたり牛乳100ml程度
※ヨーグルト割も人気
本音のレビュー
いつもストレートで飲んでいるので牛乳割りは初めてでしたが、かなりマイルドになり、飲みやすくなりました。しかも牛乳の風味が青汁独特の風味をかき消してくれるので、青汁が苦手と言う人にもおすすめできます。また牛乳のカルシウムやタンパク質等の栄養素を補えるので、栄養補助飲料としてのはたらきがさらにアップします。また牛乳と同じ位、ネット上で人気が高い青汁の飲み方がヨーグルト割りです。牛乳が合うならヨーグルトも間違いなく合うはずです。青汁初心者で牛乳やヨーグルトが苦手ではない人なら、ストレートよりもこの飲み方をおすすめします。

ファンケルの1食分のケール青汁 飲み方レビュー リンゴジュース割り

青汁・アップルジュース割り

87

作り方
1杯あたりリンゴジュース150ml
※ファンケルではヨーグルトを大さじ3杯、はちみつを小さじ1杯入れるアレンジを提案
本音のレビュー
正直リンゴジュースが合うのかな?と最初は懐疑的でしたが、実際に作ってみると、この飲み方がなぜ人気なのかがわかります。りんごの甘みが青汁の癖を消してくれるので、野菜ジュースと同じ感覚で飲むことができました。飲みやすさで言えば今回試した3つの中で間違いなく1番。あとは個人的な感想としてファンケルの1食分のケール青汁だと、リンゴジュース割りは合いますが、大麦若葉や明日葉が原料の青汁を使うと、少し合わない気がします。この飲み方であれば、青汁というよりももはやほぼジュースです。まずは飲みやすさを重視したいという方であれば、この飲み方が一番おすすめです。

青汁の飲み方は人それぞれ!自分に合った飲み方を見つけよう!

これまでに10年以上青汁を愛飲してきた筆者ですが、今回ファンケルの1食分のケール青汁を使い、いろいろな飲み方を試してみて、改めて青汁の奥の深さを知る事ができました。本当に飲み方をちょっと工夫するだけで、同じ青汁でも全く別の飲み物になります(特に癖の少ないファンケルの1食分のケール青汁は、様々な飲み方を試すのに最適です)。
初めて青汁を飲むという人はもちろん、健康のために青汁を飲みたいと思っているものの、味に苦手意識があるという人は、本特集も参考に、様々な青汁の飲み方を試してみてはいかがでしょう?自分なりに試行錯誤していけば、きっと自分に合った青汁の飲み方が見つかるはずです。

1食分のケールの青汁(ファンケル)

ファンケル公式サイト・キャプチャ

国産ケール100%を使用、1本で1食分の緑黄色野菜量を摂取できる。苦みを抑える独自製法を使用。ケールの搾汁液を粉末化することで、雑味やざらつきも解消し、すっきり飲みやすい青汁を実現。青汁の溶けやすさにも定評があり、ユーザーの92%が溶けやすいと回答。初回限定でお得に商品をお試しできるので、興味がある方は要チェック。

商品価格
通常価格 3,000円(30本入り)
→780円(14本入り)※初回限定特別価格

ファンケル公式サイトへ

青汁Q&A

青汁の4つの種類とは?
青汁の原材料として使われているもので、人気を二分しているのがケールと大麦若葉です。ケールはビタミン、ミネラルの他、食物繊維なども豊富に含まれます。また抗酸化作用の高さも数ある野菜の中でトップクラスです。大麦若葉はビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。その他にもビタミン、ミネラル、食物繊維、ナトリウムなど豊富に含み、美容効果が高いとされる明日葉や、鉄分とカルシウムを豊富に含む桑の葉を原材料として使用している青汁もあります。ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉の4つが青汁の原材料の大半を占めています。
青汁を飲むタイミングとは?
食品のためどのタイミングで飲んでも大丈夫です。商品によっては推奨の飲み方がある場合もあるため、メーカーサイトをチェックしてみましょう。健康になりたいからといって、目安量を大幅に上回る量を飲んでも意味はありません。また毎日継続して飲むことで、青汁のはたらきを感じやすくなります。たまに飲むのではなく、定期的に飲むことを意識しましょう。毎日自分の飲むタイミングを決めると継続しやすくなるでしょう。筆者のおすすめは、食事の前です。食事の前に飲むことで、空腹感を抑えることができるので、明確な指定がない場合は、食事の前に飲むと良いでしょう。