デイトレード、投資信託、IPO、手数料が安いオンライン証券会社を選ぶ

証券会社をランキングと口コミで比較

  • ホーム
  • このサイトについて
  • サイトマップ

オンライン証券会社(デイトレード向け) ランキング 口コミ

今注目のデイトレード。取引手数料と投資情報ツールを比較して証券会社を選びましょうopen

今、新たな投資手法として注目されているのが株式の短期売買を繰り返し利益を稼ぐデイトレード。実はデイトレードに向いている証券会社は長期保有が前提の証券会社とは異なります。デイトレード向け証券会社を選ぶ際は手数料の安さと投資の生命線となる投資情報ツールに注目しましょう!

クチランスタッフ

オススメ!【ライブスターFX】業界トップクラスのスプレッドとスワップポイント!今なら口座開設と取引でもれなく5,000円!

マネックス証券画像

取引手数料*国内現物・信用
一日定額手数料コース※取引手数料(税抜)
300万円まで2,500円
600万円まで5,000円
以降300万円ごとに2,500円追加
※月間利用ボックス数が21回を超えると2,250円、121回を超えると1,650円
取引毎手数料コースオススメ!※取引手数料(税抜)
1注文の約定金額パソコン携帯電話
10万円以下100円
10万円超 20万円以下180円
20万円超 30万円以下250円
30万円超 40万円以下350円
40万円超 50万円以下450円
50万円超 100万円以下(成行注文)1,000円
(指値注文)1,500円
約定金額の 0.1%
100万円超(成行注文)約定金額の0.1%
(指値注文)約定金額の0.15%
取扱銘柄 国内株式・・・東証・マザーズ・大証・名証・JASDAQ
外国株式・・・米国・中国
独自サービス マネックス債・・・マネックスが発行する個人向け債券を独占販売オススメ!
マネックスポイント・・・株式の売買や投資信託の購入、友達の紹介などでポイントが貯まり売買手数料やマイレージに交換できる。オススメ!
総合 4.6
通常手数料 5.0
定額手数料 4.5
使いやすさ 4.5
投資情報ツール 4.5
専門家評価 4.5

キャンペーン情報

【期間限定】最大71,000円プレゼント!新規口座開設キャンペーン(2016年8月31日まで)

  • オンラインからマネックス証券に口座開設し、所定の条件を満たすともれなく最大71,000円プレゼント!

詳細

マネックス証券と日興ビーンズ証券が合併、更にオリックス証券を吸収して誕生した国内最大級のオンライン証券会社。他のオンライン証券会社とは一線を画し、これまで長く同じ手数料体系を維持していたが、2011年5月に手数料の改訂を実施、0円~30万円の低価格帯の株式取引であれば、最安レベルになった。またボックスレートでの取引の場合、300万円まで2,500円(税抜)に設定、以降も300万円毎に2,500円( 税抜)プラスになる。またボックスレートの取引量に応じて、手数料が大幅に割引になる。この変更によりデイトレーダー、スイングトレーダー共に、マネックス証券の評価が上がっている。またIPOの取り扱い数が多く、完全抽選で配分している点も評価できる。
また、長期投資資金の運用先として人気が高いマネックス債や日経平均リンク債等、他の投資商品も充実。トレーディングツールも直観的でわかりやすい。
デイトレーダー、スイングトレーダーにとっても無視できないオンライン証券会社の一つだろう。

口コミ

いい口コミ
デイトレードで日経225を取引しています。日経225の手数料であれば多分ここは他の証券会社と比較してもトップクラスに安い。あとは債券取引もおすすめです。特に個人向けマネックス債はすぐに売り切れてしまうので、発売されたらその日のうちに注文しないとまず変えません。(36才・男・会社員)
私の場合、1枚の取引が30万円前後の低位株に限定して空いた時間に取引しているのでマネックス証券の手数料が一番安いです。あとはGMOクリック証券とかも安いですが、一部貯蓄の運用でマネックス債を購入しているのでマネックス証券にしています。(35才・女・主婦)
高額取引をするスウィングトレーダーには向いていないと思いますが、1日に何回~何十回、数ティックを抜く取引を行うデイトレーダーであれば121回目を超えると最安レベルの手数料になるマネックスも選択肢の一つ(40才・男・専業トレーダー)
トレーディングツールが使いやすい。スマホアプリも直観的に使えるので私のように休み時間に注文を出す会社員トレーダーにとってはマネックスが良いと思う。(41才・男・会社員)
2011年の手数料改定で多分ネット証券の中で一番手数料が安くなったのでは?何だかあまり話題になってませんが、かなりお得になったと思います。手数料にこだわるデイトレーダーなら要チェックです。(34才・男・会社員)
株投資、初心者です。わからないことがあり迷った挙句にコールセンターに電話。笑われるような質問なのに丁寧に判りやすく教えてもらいました。ほっとしました。初心者には安心な対応です。(36才・女・パート)
中立の口コミ
取引金額が高く、取引量が少ないデイトレーダーであれば、SBI証券とか楽天証券のほうが有利。定額取引且つ取引量が多い場合はマネックスが逆転する場合がある。(39才・男・投資家)
悪い口コミ
ボックスレートの取引手数料が高い。ボリュームディスカウントがあるが、そこまでいくのにかかる費用を考えるとシンプルに安いSBI証券とかのほうが有利では。トレードツールに関しては使いやすい。(48才・男・無職)

ライブスター証券

取引手数料*国内現物(税抜)
定額(おまとめ)プラン
50万円以下400円
50万円超~100万円以下600円
100万円超~150万円以下800円
150万円超~200万円以下1,000円
以降100万円単位超過ごとに400円増加
一律(つどつど)プランオススメ!
10万円以下80円オススメ!
10万円超~20万円以下97円
20万円超~50万円以下180円
50万円超~100万円以下340円
100万円超~150万円以下400円
150万円超~300万円以下600円
300万円超800円オススメ!
※約定代金が300万円を超えた場合、手数料は800円で固定
取引手数料(税抜)*信用 定額(おまとめ)プランの場合、1日の約定代金合計が100万円以下は400円、以降100万円単位超過ごとに400円ずつ増加。
一律(つどつど)プランの場合、1注文ごとの約定代金が300万円以下の場合は80円、300万円を超えた場合、手数料が無料オススメ!
取扱銘柄 国内株式・・・東証(1部・2部)・マザーズ・JASDAQ
外国株式・・・取扱いなし
ココに注目! オリコン顧客満足度ランキング・・・ネット証券部門手数料・取引コスト満足度 第1位オススメ!

キャンペーン情報

【取引手数料無料(0円)キャンペーン】

期間中にライブスター証券の証券取引口座、信用取引口座、日経225先物口座に新規で口座開設すると、取引手数料が約2ヵ月間(40営業日)無料(0円)!

  • 証券総合口座:口座開設日から約2ヵ月間(40営業日)、現物取引手数料が無料(0円)
  • 信用取引口座:口座開設日から約2ヵ月間(40営業日)、信用取引手数料が無料(0円)
  • 先物取引口座:口座開設日から約2ヵ月間(40営業日)、日経225先物・mini・オプション取引手数料が無料(0円)

詳細

ISホールディングス傘下のオンライン証券会社。国内株式の取引に加え、日経225先物・日経225オプション・投資信託・FX(外国為替証拠金取引)を取り扱う。数あるオンライン証券会社の中でも手数料の安さはトップクラスで、オリコンによる顧客満足度ランキング「ネット証券部門 手数料・取引コスト満足度」1位を獲得する等、利用者の評価も極めて高い
現物株の手数料は一律(つどつど)プランと定額(おまとめ)プランの2種類を用意。一律プランは10万円以下の取引の場合80円+税、300万円超の取引は一律800円+税というオンライン証券会社最安クラスの手数料体系を実現。定額プランも50万円以下の場合400円+税、150万円超200万円以下の場合1,000円、以降は100万円超過する毎に400円ずつ増加する。
少額の金額で複数回取引を繰り返すデイトレーダーの場合は定額プラン、まとまった金額で取引する場合は一律プランが良いだろう。
また取引ツールもWeb版・ダウンロード版・スマホ版・モバイル版と各種デバイスに対応しており、利用料は全て無料。特にダウンロード版の高機能トレードツール「livestarR」は板発注やチャート発注に対応する等、プロ並みのトレード環境を実現している。
ライブスター証券が現在実施しているキャンペーン(※手数料約2ヶ月無料)の魅力を考えると、現時点で最もお得に取引できるオンライン証券会社である事は間違いない

口コミ

いい口コミ
2カ月間手数料無料ですからね。。。以前はライブドア証券が同じようなサービスをしていましたが、今となってはもうここだけです。特にある程度の回数を取引する人であれば数千円どころか数万円、セミトレーダーなら数十万、プロトレーダーなら数百万円お得になるかと思います。お得度は間違いなくトップのオンライン証券会社だと思います。(37才・男・トレーダー)
間違いなく現時点で最も手数料が安いネット証券の一つ。使い方にもよるがSBI証券やマネックス証券と比較してもライブスター証券のほうが有利だと思う。特に取引回数が多いトレーダーはここを使わない手はない。手数料だけで数万円から人によっては10万円単位で違ってくる。(42才・男・会社員)
スイングトレードで使ってます。よっぼど少額で取引しない限りは基本的に一律プランのほうがお得だと思います。数千万円の取引でも一律800円というのは私の中ではかなり大きいです。(39才・男・会社員)

SBI証券画像

取引手数料(税抜)*国内現物
「スタンダードプラン」オススメ!
10万円まで139円
20万円まで185円
50万円まで272円
50万円超~100万円まで487円
100万円超~150万円まで582円
150万円超~3,000万円まで921円
3,000万円超973円
「アクティブプラン」
10万円まで96円
20万円まで191円
30万円まで286円
50万円まで429円
100万円まで762円
以降100万円増える毎に400円増
取引手数料(税抜)*信用 スタンダードプランの信用取引の場合、約定代金が20万円まで143円、50万円まで191円、50万円超の場合一律360円オススメ!
取扱銘柄 国内株式・・・東証・マザーズ・大証・・名証・福証・JASDAQ
外国株式・・・米国・中国・韓国・ロシア株・ベトナム株・インドネシア株オススメ!
独自サービス IPOチャレンジポイント・・・抽選に外れる程ポイントが貯まり当選確率がアップ。
SBIポイント・・・取引実績に応じてポイントを加算。貯まったポイントはQUOカード等に交換可能。
総合 4.6
通常手数料 5.0
定額手数料 4.5
使いやすさ 4.5
投資情報ツール 4.5
専門家評価 4.5

おすすめ情報

ネット証券口座開設数No.1!NISA口座ネット証券No.1!国内株式の個人売買代金シェアNo.1

  • SBI証券は口座開設数、NISA口座の数、個人売買代金のいずれもネット証券No.1!IPOの取り扱い実績や主幹事実績もあり!SBI証券口座開設者だけが購入できるSBI債も不定期で販売中!(※前回販売2015年4月13日~4月15日:期間1年:金利1.43%)

詳細

SBI証券はオンライン専業の中で最大の口座数を誇るオンライン証券会社。通常取引の手数料を2012年11月30日に改定、スタンダードプランは最大で20%手数料が引き下げられ10万円までは96円(税抜)、150万円超3,000万円までの場合一律921円(税抜)と業界最低水準に設定されている。1日の約定代金に対して取引手数料を支払うボックスレート制も採用し、多様な投資家のニーズに答えている。また、信用取引の場合は約定金額が50万円を超えると手数料は一律378円に設定されており、こちらも最低水準の手数料を実現している。
オンライン証券会社の最大手だけあってIPO(新規公開株)の取り扱い実績が豊富な点も大きな魅力。また、IPOの抽選に外れるとポイントが貯まり、次回以降の当選確率がアップするサービスを実施している。 機能が一新された投資情報ツール「HYPER SBI」も利用者から高い評価を得ている。 デイトレーダーにとってファーストチョイスになりえるオンライン証券会社であることは間違いない。

口コミ

いい口コミ
ライブドアの手数料フリーパスが無くなった時点でデイトレーダーの主戦場は手数料が安いだけでなく、トレードツールが充実しているところへと場所を移している。楽天も評価は高いが個人的にはHYPERSBIのほうが使いやすい。デイトレーダーとして生きて行こうと思っている人は一通り使ってみてその上で判断したほうが良い。その程度の努力なくして相場で生きて行くこと等絶対できない。(35才・男・デイトレーダー)
正直通常のトレードツールに関しては他社と比較して優勢性があるとは思えない。ただHYPERSBIはすごい。板情報のリアルタイム配信もすごいがチャート分析やニュース等のマーケット情報も充実している。マーケットスピードを使った事がないので比較はできないが、デイトレーダーであればHYPERSBIは必須のツールだと思う。有料のツールだが普通に取引していれば無料条件を余裕で満たせるのでお金もかからない。(34才・男・会社経営)
ネット取引の証券会社の中では、1、2を争うほど安心感があります。さらに手数料も安く、特定口座も無料です。株式情報量も多く操作がしやすく、瞬時の株式売買に対応しやすいです。ネット取引初心者にはうってつけの証券会社だと思います。(35才・女・主婦)
以前はサポートの電話がつながり難いという事でしたが、口座開設者が急増したのにも係らず、電話もつながり易くなり、ネット取引き初心者としては、親切にサポートしてもらえて とても有り難い証券会社なので安心して利用できます。(53才・女・専業主婦)
預金をしても利息はほとんどつかないので株を始めてみたいと思っていましたが、どの証券会社がいいか迷っているときに口コミサイトを見てSBI証券に申し込みました。電話でわからないところを教えてくれるし、手続きもわかりやすく、初めてでも簡単に口座開設ができました。(57才・女・主婦)
激しく手数料の値下げを繰り返すオンライン証券会社の中でも手数料の安さはずっとトップクラス。実際に使ってみても使いやすい。SBIハイブリッド預金を利用すると住信SBIネット銀行と預金口座が連動できるので銀行のお金をスムーズに投資に回せる点も便利。(34才・男・会社員)
中立の口コミ
オンライン証券最大手だけに手数料も安いし、取扱い商品も充実している。モバイル対応もしていますが、ちょっと使いにくいように思います。(34才・男・会社員)
悪い口コミ
他のオンライン証券会社と比較しても通常の取引ツールの機能が乏しい。リアルタイム更新されないし。HYPERSBIは良いのだが。。。取引回数が多い中上級者向け。(33才・男・会社員)
せっかくのオンラインなのに、円建てMMFや中期国債がコールセンターのみ受付って意味不明。(35才・男)
下げ相場の中で逆指値が出来ないのは、サラリーマンの方は辛いと思います。トレードツールをもっと改善してほしい。(38才・女・主婦)
投資情報ツールが貧弱だし、ボックスレートも片道無料ではないのでデイトレーダー向けではないかも。

楽天証券画像

取引手数料(税抜)*国内現物・信用
「いちにち定額コース」※1日の約定代金の合計で手数料が発生
50万円まで429円
100万円まで858円
200万円まで2,000円
以降、100万円ごとに1,000円追加
※デイトレードの場合片道無料オススメ!
「ワンショットコース」※1回の取引ごとに手数料が発生
10万円まで139円/1回
20万円まで185円/1回
50万円まで341円/1回
100万円まで609円/1回
150万円まで728円/1回
3,000万円まで1,152円/1回
3,000万円超1,217円/1回
※信用取引の場合、30万円以下の取引は1回250円。30万円以上の取引の場合、一律450円
取扱銘柄 国内株式・・・東証・マザーズ・大証・JASDAQ
外国株式・・・米国・中国
独自サービス マーケットスピード・・・20種類以上のチャート分析機能、株価&ランキングリアルタイム更新機能、速報ニュース、日経テレコン(無料)、逆指値、取引暗証番号省略機能等を備え、プロ並みのトレーディング環境を実現オススメ!
楽天証券ポイント・・・国内株や投資信託の取引でポイントを付与。友達を楽天証券に紹介し、口座開設、入金が行われると500ポイント(500円相当)プレゼント。
総合 4.5
通常手数料 4.5
定額手数料 4.5
使いやすさ 4.5
投資情報ツール 4.5
専門家評価 4.5

キャンペーン情報

【期間限定】新規口座開設&各種お取引&エントリーでもれなく最大115,000ポイントプレゼント!(2016年8月31日まで)

  • オンラインから楽天証券に口座開設し、条件を満たすともれなく最大115,000円ポイントプレゼント!

詳細

楽天の知名度を背景に口座数・シェアを伸ばしている楽天グループのオンライン証券会社。2009年8月に手数料の大幅値下げを実施。オンライン証券会社の中でもトップクラスの安さを誇る手数料体系になった。
楽天証券でデイトレードする上での一番の強みは、投資家から高い評価を受けている有料投資情報ツール「マーケットスピード」が使える点。マーケットスピードは豊富なチャート分析機能や逆指値注文機能、取引暗証番号省略機能等を備えており、投資上級者の利用も多い。
取引方法は、取引回数に関係なく1日の約定代金の合計で手数料が決まる「いちにち定額コース」と、1回の約定ごとに手数料がかかる「ワンショットコース」の2つのうち1つを毎月選択するようになっている。どちらのコースも大手証券会社の中では格安に設定されており、お得度は高い。また、口座開設者の投信の残高状況や信用取引の状況に応じて手数料が最大で30%割引になる優遇プログラムが用意されている点も評価できる。
現在、デイトレーダーやスイングトレーダーの支持率がもっとも高いオンライン証券会社の一つである事は間違いない。

口コミ

いい口コミ
以前のように定額制が無くなった今、手数料は各社ほとんど横並びになっており、あとは自分の好みの問題だと思う。個人的には長くマーケットスピードを使っているので楽天証券が使いやすいが、SBI証券のHYPER TRADEが良いという人もいるだろう。大切なのは自分で実際に使ってみた上でベストな選択をすることだと思う。(34才・男・会社員)
証券口座としてもそうですが、FX口座としても大手証券会社の中ではスペックがいいです。特にキャンペーン関連が充実しているので初心者でまず使ってみたいという人にとってはお得度も高いと思います。(33才・男・SE)
2008年から利用を開始し、1年以上経ちますが他の人が書いているようなシステムトラブルや約定できないといったことは一度もありません。暗証番号省略機能を使うと機動的に取引できるので、トレードツールも気に入っています。手数料も安いのでスイングトレードやデイトレード等の短期売買を考えている人にお薦めできると思います。(27才・男・会社員)
私のトレード仲間で一番使っている人が多いです。次に多いのがSBI証券、GMOクリック証券当りです。あとコスモ証券の手数料定額を使っているトレーダーもいます。他には少数派ですがカブドットコム証券も使いやすいみたいです。基本的には自分が使いやすいところを選ぶ、それが一番重要だと思います。(23才・男・大学生(投資サークル所属))
マーケットスピードの使いやすさは抜群。マイページを使いやすいようにアレンジができるのも○。3ヶ月に1回取引があれば無料で利用できるのでお勧めです。注文も、最近はサーバートラブルも無く快調です。(21才・男・学生)
マーケットスピードは評判通りさすがに使いやすい。以前のライブドア証券のように定額制を導入している証券会社がおとんど無くなった今は、通常取引の手数料が安い楽天証券がデイトレード、スイングトレードでも有利だろう。(32才・男・会社員)
中立の口コミ
逆指値機能があるので、損切りの限界で入れておけるのが便利。トレードツールの使いやすさは一番だと思います。(35才・女・会社員)
悪い口コミ
サポートセンターの質があまりよくありません。前回の人と次回の人で言ってることがまったく違います。住所変更で指示通り送ったにも関わらず返送されたり、その返送が留守で受け取れなかっただけでログイン情報のお知らせ郵送を凍結されました。印鑑のズレを指摘されたりと色々ムダに細かいです。あのサポセンでは開設してからも不親切そうなので口座開設をやめました。(37才・男・自由業)
サーバーを強化したにもかかわらず、約定までに時間がかかりすぎる。コールセンターも全く繋がらない。撤退を決めました。(36才・女・専業主婦)
最近は安定しているようだが、数年前楽天証券を使っていた時、システムがストップするという事件があった。デイトレーダーにとって、システムが停止するというのは致命的。それ以来他の証券会社に乗り換えました。今はランキングには掲載されていませんが、投資ツールが使いやすいGMOクリック証券を使っています。(42才・男・専業トレーダー)

口コミをもっと見る

松井証券画像

取引手数料(税抜)*国内現物・信用
ボックスレート(定額手数料)
10万円まで0円オススメ!
30万円まで300円
50万円まで500円
100万円まで1,000円
200万円まで2,000円
300万円まで3,000円
以降100万円増えるごとに1,000円加算※手数料上限100,000円
取引手数料*一日信用 一日信用取引の場合、日計り取引(デイトレード)の手数料無料オススメ!
取扱銘柄 国内株式・・・東証・マザーズ・名証・福証・JASDAQ・札証オススメ!
独自サービス ネットストック・ハイスピード…1つの画面上で各種指数・チャート・銘柄ランキング・リアルタイムニュースなどが閲覧でき、発注も可能
総合 4.3
通常手数料 4.0
定額手数料 4.5
使いやすさ 4.0
投資情報ツール 5.0
専門家評価 4.0

詳細

インターネット取引専業の証券会社のなかで初めて東証第1部に上場したオンライン証券会社の草分け的存在。最大の特徴は定額制のボックスレート制を採用している点とユーザーから高い評価を得ている投資情報ツール。
現物取引と信用取引の手数料は、1日の合計約定代金に基づいたボックスレート制のみを採用。10万円以下は0円とオンライン証券会社の中で最低水準に設定、30万円まで300円、50万円まで 500円、100万円まで1,000円、200万円まで2,000円、以降100万円増すごとに1,000円ずつ加算されていく。(全て税抜)
投資情報ツールは無料ツール、有料ツール共に充実しており評価も高い。無料ツールの「ネットストック・ハイスピード」は、マウスだけで即注文でき、1つの画面上で各種指数・チャート・銘柄ランキング・リアルタイムニュースなどを閲覧可能、デイトレード初心者から上級者まで幅広い層に支持されている。また、有料ツールの「ネットストックトレーダー」や「ネットストックトレーダー・プレミアム」ではさらに詳しい分析が可能となっており、プロ並みのトレード環境を実現している。
その他、上場投資信託・先物取引・FXなども取扱い、投資商品の種類も豊富。高機能の投資情報ツールを利用してトレードしたい人はもちろん、少額トレードを中心とする人にとっても要チェックのオンライン証券会社。

口コミ

いい口コミ
無期限信用取引の手数料が無料になったので、デイトレードに掛かる費用は1日分の金利だけ、小額資金のデイトレには最高。(35才・男・専業トレーダー)
投資ツールのすぐれもの「ネットストック・ハイスピード」が、何の条件もなく無料で使えるのは素晴らしい。実用度、容易さどれをとっても抜群のツールです。(51才・男・無職)
手数料体系はかなりお得な気がします。小額取引が中心の投資家にとっても松井という選択肢が出来たのでは。投資関連のツールも充実しているので初心者にもお薦めできます。(33才・男・会社員)
いろんな証券会社を試したけど、松井証券のディーリングブラウザの機能は最高峰。本気でトレードするなら有料でも試す価値は十分ある。
悪い口コミ
システムテストが月に2回程度と頻繁、かつ休日の日中に行われる。休日の銘柄選定、分析が出来ず、使いづらい。(58才・男・会社員)
ボックスレードが松井証券だけだった時はデイトレーダー御用達の証券会社だったと思うが、今では他も採用しているし、定額制のところもある。そうなるとやはり松井証券は使いにくい。(32才・男・個人トレーダー)
10万円以上の取引だと手数料を一律3,150円取られるのはやっぱりきつい。手数料分の利益だすのも大変だし。

コスモ証券画像

取引手数料(税抜)*国内現物・信用
「デイコース」
10万円まで100円
10万円超20万円まで200円
20万円超30万円まで300円
30万円超40万円まで400円
40万円超50万円まで500円
50万円超100万円まで1,000円
100万円超300万円まで2,000円
300万円超500万円まで3,000円
「マンスリーコース」オススメ!
1ヶ月間の取引回数 50回まで10,000円
1ヶ月間の取引回数 100回まで20,000円
※取引回数が上限を超えた場合は、デイコースの手数料を適用
取扱銘柄 国内株式・・・東証・マザーズ・大証・JASDAQ
外国株式・・・なし
総合 4.3
通常手数料 4.0
定額手数料 4.5
使いやすさ 4.5
投資情報ツール 4.0
専門家評価 4.5

キャンペーン情報

【期間限定】ホンマに、おおきに!創業100周年記念キャンペーン実施中(2016年9月30日まで)

  • 期間中、証券総合口座、信用取引口座、先物オプション取引口座を新規に口座開設された方を対象に、取引手数料を最大3か月間、全額キャッシュバック!

詳細

数ある証券会社の中でも最も魅力ある取引手数料定額サービスを提供しているのが、大正6年創業の老舗証券会社「コスモ証券」と「岩井証券」が合併し、誕生した岩井コスモ証券。プランは10,000円(税抜)で月50回まで自由に取引できるコースと20,000円(税抜)で月100回まで自由に取引できるコースがある。また、信用取引にも定額料金が適用されるのは魅力的。取引回数が規定回数を超えると、通常の取引手数料が課金される。(※通常の取引手数料も安い)信用取引を利用したいアクティブなデイトレーダーにオススメの証券会社。

口コミ

いい口コミ
コスモの1カ月定額制は短期のスイングトレードをしている人にはもっとも適していると思います。私は自作のトレードシステムで数銘柄を数日で売買しているので、1カ月定額制の手数料が他の証券会社にくらべて異常なほど安く感じます。(54才・男・無職)
定額制の手数料を選択するなら、コスモ証券がベストの選択だと思う。特に相場が荒れるときはこまめにトレードすることがリスクヘッジになるので定額制は役に立つ。(38才・男・デイトレーダー)
1ケ月単位で定額プランを購入できるのは便利。長期休暇の際に1ヶ月分だけ購入し、利用してます。
定額プランが信用取引にも適用できることを考えると、メリットは昔あったライブドアのプレミアムトレードパス並だと思う。
悪い口コミ
十年程まえから使っていますが、とにかく使いにくい。 以前はシンプルと感じていたが、今は明らかな機能不足&説明不足。他に変えようと思ってても株の移動を考えると面倒で、他の証券会社と併用している。 新規の方には決してお勧めはしない。(58才・男・自衛)
入金はともかく、出金が限られた時間帯しかできない。一般サラリーマンなら早朝しか出金の処理ができず、利便性はかなり悪い。(28才・男・ITコンサルタント)
定額手数料の取引回数が50回、100回と規定されているので頻繁に取引するトレーダーとしては、自由度は高くなりません。つまり、毎日何度も取引するデイトレーダーには向かないということです。(25才・男・デイトレーダー)

野村ジョイ

取引手数料*国内現物・信用
「まとめてプラン」※1日の約定代金の合計で手数料が発生
300万円まで2,500円
以降300万円増すごと+2,520円
「そのつどプラン」※1回の取引ごとに手数料が発生
50万円まで500円/1回
100万円まで1,000円/1回
200万円まで2,000円/1回
300万円まで3,000円/1回
500万円まで5,000円/1回
1,000万円まで10,000円/1回
2,000万円まで20,000円/1回
3,000万円まで30,000円/1回
5,000万円まで40,000円/1回
5,000万円超一律75,000円
取扱銘柄 国内株式・・・東証・大証・名証・福証・札証・JASDAQ
外国株式・・・取扱いなし
独自サービス ジョイ・エクスプレス・・・リアルタイムで株価やチャートなどの情報を更新。マウスだけでスピーディーに注文でき、逆指値など高度な注文にも対応。
詳細リアルチャート・・・37種類のテクニカル指標を搭載
総合 4.2
通常手数料 4.0
定額手数料 4.0
使いやすさ 4.5
投資情報ツール 4.5
専門家評価 4.0

ここに注目!

  • 無料口座開設すると会社四季報のオンライン版を発売日と同時に無料でチェックできるオススメ!

詳細

野村証券とジョインベスト証券が合併し誕生したオンライン証券会社。最大の魅力は会員向けサービスの充実度。特に口座開設すると無料で閲覧することができる会社四季報(オンライン)は、発売日と同時にチェックできることから、情報の鮮度を重要視するデイトレーダー、スウィングトレーダーからも高い評価を受けている(※通常購入すると1,850~2,300円※年4回発刊)。
現物取引と信用取引の取引手数料は「そのつどプラン」と「まとめてプラン」の2種類を提供。野村證券との合併で手数料が引き上げられたため、手数料の優位性がなくなったのは残念。
投資情報ツールは、リアルタイムで株価やチャートなどの情報が更新されるジョイ・エクスプレス(※無料)を提供。マウスだけでスピーディーに注文でき、逆指値など高度な注文にも対応している。また、37種類のテクニカル指標を搭載した詳細リアルチャートや、時事通信社・FISCO・ロイターなどから配信される市況レポート等もトレードをする上で役に立つ。投資信託・先物取引・オプション取引・IPO・FX・REITなど取扱商品も多い。

口コミ

いい口コミ
私はデイトレードする銘柄を選ぶ際、株主構成や浮動株比率やこれまでの値動き(これは当然)を重視しているので、ジョインベストが一番使いやすい。特に無料でチェックできる会社四季報(オンライン)は、他の大手オンライン証券会社にはない魅力だと思う。(33才・男・デイトレーダー(専業))
その都度プランの信用取引の手数料が安い。デイトレーダーもスウィングトレーダーもこれを利用しないてはない。トレードツールも日々高機能化している。(48才・男・会社員)
野村證券がオンライン証券会社に本気になったという感じ。外国証券や外国為替といった総合的なサービス力はまだまだだが普通の人はそんな取引しないので国内だけで十分。トレードツールも使いやすいのでお勧めできる。(31才・男・SE)
中立の口コミ
株価ボード(ウォッチリスト)は機能的には優れているが、なにせ、文字が小さく配列も悪く見ずらい。これでは目を悪くしてしまうぐらい。株価ボードの改善をすれば言うことなし。(女)
悪い口コミ
リ-マンショックの最中、約定遅延をやられました。人手不足をシステム障害と平然と嘘をつかれ、自社の責任を顧客に平然と、たらいまわしにしようとしたことを、今でも忘れません、手数料や、ツ-ルの良悪以前に会社の信用に問題があるのではないかと思います(男)
検討中(旧ジョインベスト証券)の時、手数料の安さに引かれて開設したが、何故時代に逆行するように手数料が値上がるのか……。(27才・女・専業主婦)
最悪です。野村証券と合併して野村ジョイとなることが発表されましたが、その後、手数料が激上がりします。もうこれはネット証券ではなく証券会社の店頭取引価格です。デイトレーダーは撤退するほかありません。(34才・男・デイトレーダー)
せっかくのオンラインなのに、円建てMMFや中期国債がコールセンターのみ受付って意味不明。(35才・男)

丸三証券

取扱銘柄 国内株式・・・東証・マザーズ・名証・JASDAQ
外国株式・・・取扱いなし
独自サービス リアルブローカー「疾風くん」・・・株価・株式注文データをリアルタイムで自動更新

詳細

現在、驚きのキャンペーンを実施しているのが、高島政伸のCMで有名な丸三証券。その内容は、現物取引・信用取引・夜間取引等全ての手数料が2ヶ月間無料になるという前代未聞のキャンペーン。また、期間内の取引回数についても規定しないという大盤振る舞い。つまり、株価わずか1円の上昇で株式売却をした場合でも利益が上がるということになる。いつ終了してもおかしくないキャンペーンなので、早目に申し込んで利用しておきたい。
無料期間終了後の手数料は、1日の合計売買代金が20万円以下の場合、注文回数にかかわらず無料(一部銘柄を除く)になり、20万円を超える取引の場合、目安は売買代金0.1%ほどなっている。

口コミ

いい口コミ
あの「マネックスナイター」が利用できるんです!マネナイ目当てでマネックス・ビーンズ証券にも申し込んだのですが、丸三証券だけでよかったです。(34才・女・専業主婦)
このクチコミランキングを参考に丸三証券に口座を作りました。ネットトレード初心者にとって、2ヶ月間の手数料無料は大変ありがたいですね。この間にしっかり勉強したいと思います。(42才・女・主婦)
新規口座開設すると、2ヶ月間株式手数料が無料になります。また、3ヶ月目からは1日の約定代金が20万円以下(一部対象外銘柄あり)なら手数料無料です。小額取引をするならここが絶対オススメです。(30才・女・専業主婦)

その他のオンライン証券会社の口コミopen

GMOクリック証券
取引を頻繁に繰り返すのであればトレードツールが直感的で使いやすく、手数料が安いことが鉄則。ライブスター証券のように手数料無料特典があるところを一通り使い終わったらGMOクリック証券のような総合力の高い証券会社がそおすすめです。(39才・男・会社役員)
もうデイトレーダーという言葉が古い気もする。オンライン証券会社の手数料戦争は行きつくところまでいっている。今のところGMOクリック証券が長期でも短期でも使いやすい。(33才・男・会社員)
とにかく手数料が圧倒的に安い。システムも安定しているのでトレードも問題ない。(49才・男・会社員)
レーザートレードがPCの画面の1/4にしか表示されずGMOクリック証券にTELして調整したが、これ以上大きく出来ないとの事で、字が小さい為非常に見にくいです。(63才・男・デイトレーダー)
カブドットコム証券
カブドットコム証券は発注方法が他の証券会社とは比較できないほど多彩な発注が可能です。(34才・男・銀行員)
分からないことに対するメールでのお問い合わせに対していつも返答が翌日以降にもかかわらず見当違いな回答が多く、期待した回答が帰ってくる可能性はかなり低い。(26才・男)
内藤証券
今回口座開設をしようと申し込み書類を内藤証券へ提出いたしました。(夫がすでに内藤証券で株を行っています)すると私の筆記がおかしいと疑われ書類を返却されました。そして再度署名をするよう言われました。私の筆記と夫の筆記が似ていると疑われました。実際は私と夫の筆記は異なります。しかし、意味不明の疑いをかけられました。そしてそれに対してクレームを言うと、責任者が逆切れし「証券会社は他にもあるのだからうちで口座開設をする必要はない」と罵声をあびせられました。その後、今後どうするか意思表示もできず責任者の罵声が怖くて電話を切りました。すると勝手に今日口座開設をしたという書類が我が家に届きました。このような対応をする証券会社に不信を感じます。(39才・女・主婦)
岡三オンライン証券
株価ボードの操作が簡単です。自分の好きなようにカテゴリ分けすることも出来るので、業種毎に分け、日経新聞の景気指標欄に書いている業種別の動向と照らし合わせ、今後の値動きを占ったりしてます。その他にも豊富な情報量が魅力のトレーディングツールになってますが、フル活用するには時間が掛かりそうです。(27才・男・会社員)
ここのシステムはとにかく障害が非常に多いです。今年入って4,5回、場中、発注や返済ができないという障害が起きています。先週は2日連続で後場、発注・返済ができませんでした。また対応も不誠実で、障害に関してメールでこちらから丁寧に問い合わせや質問をしているにもかかわらず、私のしている質問には答えず、定型分のコピーでの対応です。何度も同じような障害を起こしているところからすると、相場の急変へのしかるべき備え(サーバの増強等)をしようという意識など一切ないように見受けられます。相場の急変時など、他の証券会社は問題なく発注できるのに、ここだけ発注できないという事態が、この先何度も起こる可能性が高いと思われます。またトレーディングツール(ネットトレーダー)も欠陥等が多く、仔細な箇所ならともかく、明白かつ重大な箇所をこちらが指摘をしても一向に改善しようという姿勢もないようです。ツールの動きも大変重く、特に信用取引の決済の注文を小分けに発注する場合など非常に時間がかかり多大なストレスとなります。以上から、すべてにおいて三流の証券会社であると感じざるを得ないです。顧客の声や意見、苦情に対する感応度は、極めて低いです。ツールやシステムの貧弱さ、顧客への対応で不快な思いをされないためにも、他のオンライン証券会社を検討されることを強くお薦めいたします。(29才・女・投資家)
驚きました。ある銘柄の買いポジションを持っていたので場が引けた後、明日のために買い値より少し高値で逆指値注文を入力発注しました。翌日、その銘柄の株価が逆指値にヒットしているはずであることから岡三オンラインにアクセスして確認しました。しかし、なんと逆指値はヒットしていません。コールセンターに電話したところ以下の回答でした。逆指値注文についてはお客様のパソコン上の岡三オンラインの発注システムを常時(!)稼働させていないと受付されないとのことです。つまり、昨日、場が引けた後に逆指値注文をしても、その注文が岡三のデータセンターで保持管理されることはなく、各顧客のパソコン上でのみしか把握できないとのことです。顧客がした逆指値注文は岡三では記録が残っていないとのことですから、こんな顧客からの注文管理だと、注文したしてないという履歴が確認できずとんでもない損害、トラブルが生じます。このような証券会社を放置している金融庁の姿勢にも問題を感じます。(43才・男・公認会計士)

※オンライン証券会社(デイトレード向け)ランキングはクチコミランキング編集部調べです。

※掲載情報の詳細は各証券会社にてご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。

※デイトレードに適したオンライン証券会社への口コミは投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

※虚偽である、個人を攻撃している等、問題のある口コミは、右のリンクから報告してください。 問題のある口コミを報告する

特集「デイトレードを始めよう」の講師daytraderさんによる総評!

オンライン証券会社ランキング(デイトレード向け)の1位はマネックス証券でした。マネックス証券は2011年5月の手数料改定以降、デイトレーダー、スイングトレーダーから徐々に評価を上げており、今回はついに3位にランクアップしました。また個人向けに発行するマネックス債は日々のトレードで稼ぐデイトレー

同率1にランクインしたSBI証券は定額制を除いた1回当りの取引手数料で見ると最安レベルの手数料体系を実現しています。楽天証券がランクインしました。楽天証券の魅力は、国内最安レベルの手数料に加え、トレード初心者から上級者まで幅広い層から支持されているマーケットスピードを利用できる点です。また口座開設キャンペーンが充実している点も大きな魅力です。

4位の岩井コスモ証券は気軽に利用できる定額手数料体系が支持を集めていました。

ただ、投資情報ツールに関しては松井証券、楽天証券が高い評価を得ています。デイトレードで勝つためには取引手数料と投資情報ツールが大きな比重を占めます。1つの証券会社に固執するのではなく、自分にとってベストの組み合わせを見つけ併用することも選択肢の一つです。

ランキングで紹介している証券会社はどこも口座開設及び維持手数料が無料です。しっかりと比較、検討して自分に合った証券会社を見つけましょう。

クチコミランキングスタッフ

オンライン証券会社(デイトレード) 口コミ投票! 口コミ10回採用でAmazonギフト券1000円プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

どの証券会社に口コミする?
※必須
  • 楽天証券
  • 野村ジョイ
  • 岩井コスモ証券
  • SBI証券
  • GMOクリック証券
  • 松井証券
  • マネックスビーンズ証券
  • オリックス証券
  • カブドットコム証券
  • Meネット証券
  • 丸三証券
  • 新光証券
  • ジェット証券
  • かざか証券
  • ライブスター証券
  • その他
評価項目と点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目 点数(5点満点) 5   4   3   2   1
理由
メールアドレス※必須、PCアドレス ※口コミ採用時のご連絡先となります。
年齢
性別 男   女  
ご職業 (例:銀行員、専業主婦など)