一人暮らしの光熱費節約
一人暮らしの節約。光熱費で得する節約術をご紹介
クチコミランキング
ホーム > 特集 > 一人暮らしを始めよう
一人暮らしを始めよう
目次
ランキング
一人暮らしの節約

 一人暮らしはいろいろとお金がかかるもの。「一人暮らしを始めてから、なかなか貯金ができない」「お給料日前は財布がほぼ空・・・」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 一人暮らしがスタートすると、お金の管理がこれまで以上に大切になります。計画を立てずに使っていると、「毎月赤字に!」なんてことにもなりかねません。
 そこで今回は、毎日の生活の中で無理なく続けられる、光熱費(電気代・水道代・ガス代)の節約方法をご紹介していきます。特集をきっかけに賢い節約術を身につけましょう。

一人暮らしの節約 電気代を節約しよう

 まずは、生活する上で必要不可欠な電気の使い方を見直しましょう。電気代は小さな心がけで節約することができます。表を参考にさっそく節約技を実践してみましょう。

エアコン
エアコンは設定温度を1℃変えるだけで約10%の節電に。使用量が多い夏・冬は、特に設定温度に注意したい。また、フィルター内にゴミが溜まっていると余分な電力を消費してしまうため、掃除も大切。
テレビ
つけっ放しにせず、観ていない時は消す習慣をつける。また、テレビを消すときはリモコンよりも本体の電源を落とす方が消費電力が少ない
照明器具
照明の種類によって消費電力が異なる。蛍光灯は単価が高いが、消費電力が少なく長持ち。おすすめは電球型の蛍光灯。消費電力は白熱電球の5分の1、寿命はおよそ10倍。(※ただし、蛍光灯は頻繁に点灯消灯すると寿命が短くなるため、出入りの多いトイレなどは白熱電球の方がベター)
冷蔵庫
冷蔵庫は開閉する度に電気を消費するため、無駄な開閉は控える。また、本体が壁に近接していると放熱効果が薄れるため、設置は適度に壁から離れた位置に。冷蔵室は物を詰めすぎず、余裕を持って食品を入れると無駄な電力消費を防げる。逆に冷凍室は物を詰め込んだ方が冷却効果が高い
掃除機
掃除機は、スイッチを入れた瞬間に最も電力を消費する。消費電力も大きいため、スイッチのオンオフの回数と掃除機をかける回数を減らすと節電効果大。フィルターや紙パックの掃除や、床の種類(絨毯・畳など)によって吸引力を区別することも節電のポイント
炊飯器
炊飯器は、炊き上がり後の「保温」時間を少なくすることが節電のポイント。保温機能はできるかぎり使わず、余ったご飯はラップにくるみ、冷凍庫で保存する
電子レンジ
電子レンジは内部の汚れをそのままにしておくと無駄な電力を消費する。こまめな掃除が節電のポイント
洗濯機
洗濯物の量を適量(80%前後)にすると、節電になる上に汚れも効率的に落ちる。また、汚れ具合によって洗い方を選択することも節電ポイントの1つ。お風呂の残り湯を洗濯に活用すると水道代も節約できる
エコマークがついた家電を選ぼう
これから家電を購入する人や、買い替えを考えている人におすすめしたいのが、省エネ家電です。省エネ家電は、従来の家電製品に比べて消費電力が少なく、さらに地球環境の保全にも役立ちます。
国の基準を満たした省エネ家電には「エコマーク」がついているため、家電を選ぶ際の目安にしましょう。
エコマークECCJ省エネルギーセンター/
省エネラベリング制度
待機電力をカットしよう
待機電力とは、コンセントを差しているだけで消費される電力を指し、家庭の消費電力の約7%を占めると言われています。コンセントを抜くことで待機電力はカットできますが、家電を利用するたびに抜き差しをするのは面倒です。
そこでおすすめしたいのがOAタップ。
タップについているスイッチを切るだけで簡単に待機電力をカットすることができます。
ELECOM独立スイッチ付雷ガードタップELECOM 独立スイッチ付雷ガードタップ
¥1,587(送料無料)
GO!

一人暮らしの節約◆Э綟斬紊鮴疚鵑靴茲

 家庭で使われる水は、日本で1日に使われる水の約7割と言われています。主な使用場所は「トイレ」「お風呂」「炊事」「洗濯」。
 「水を流しっぱなしにしない」「蛇口をしっかりとひねる」「洗濯には残り湯を活用する」「シャワーの時間を1分減らす」など、小さな心がけで使用量を減らすことができるので、節水に励みましょう。

溜めて使う
水は基本的に「溜めて使う」ことが節水のポイント。
コップに水をくんで歯磨きをすると、水を流しっぱなしにしたときに比べ約5リットルの節約になる。
残り湯を活用
お風呂の残り湯で洗濯をすると約90リットルの節約になる。
節水コマの活用
蛇口に節水コマを取り付け水道を使用すると、1分間に最大約6リットルの水を節約できる。
水道局によっては節水コマの無料配布を行なっているため、近くの水道局に問い合わせてみると良い。
ホームセンターなどでも一個100円程度で入手できる。(参考:東京都水道局「節水コマ」について)
洗い方を工夫
食器の洗い方を工夫することで水の使用量を減らすことができる。
・ 洗う前に古紙や新聞紙で汚れをふき取る
洗剤を入れた桶などに食器を浸し、汚れを浮かしてから洗う
・ パスタのゆで汁やお米のとぎ汁を活用する
・ 洗い流す水を少なくするために、洗剤は適量を使用する

一人暮らしの節約:ガス代を節約しよう

 一人暮らし生活でガスを使う場所は、主に「お風呂」と「ガスコンロ」。
 ガス代の節約ポイントは、この2つの場所での使用量を減らすことです。お風呂に入る場合はシャワーの時間を少し短くする、コンロを使用する場合は火加減を調節するなど、普段から使いすぎに注意し、無駄な使用を減らしましょう。

給湯器の温度を下げる
給湯器の温度を必要以上に上げず、使用していないときはスイッチを切るようにする
鍋底の水滴をふき取る
コンロにかける時に鍋底に水滴がついていると、水滴を蒸発させるために余分な火力を使ってしまう。使用前にふき取るようにしよう
茹で方を工夫する
2種類以上の食材を茹でる時は、大きめの鍋に持ち手のついたザルを入れて同時に茹でる
電子レンジを活用する
野菜の下ごしらえに電子レンジが活用できる。お湯を沸かして茹でるよりも、電子レンジを活用しよう
鍋のふたを活用する
食材を調理するときは、鍋にふたをすることで熱が早く伝わるため熱効率がよい
コンロの手入れをする
吹きこぼれなどでコンロのバーナーが目詰まりすると熱効率が落ちる。
こまめな掃除を心がけよう

光熱費をお得に支払う!クレジットカードの活用

光熱費をお得に支払う!クレジットカードの活用

 ここまで様々な節約方法をご紹介してきましたが、最後に、料金の払い方を工夫することで光熱費を節約する方法をご紹介します。

 まず1つ目の方法は、口座振替の活用です。例えば、電気代は支払いを口座振替にするだけで月50円割引になり、年間600円節約することができます。また、振込用紙を持って窓口に行く必要がなくなるので、無駄な労力を削ることにもつながります。

 2つ目の方法は、お得なクレジットカードの活用です。光熱費のほとんどはクレジットカード払いに対応しているので、支払いをカード払いに変更することでポイントを貯めることができます
 例えば、月12,000円の光熱費をポイント還元率が高い「オリコカードUPty iD」「ライフカード」で支払うと、それぞれ年間1380円、1,518円節約することができます。(※詳細は表1参照)

 つまり、お得なクレジットカードを上手く活用すれば、口座振替以上に光熱費を節約できるのです。クレジットカードによる支払いは、光熱費が高い人ほどポイントが貯まり有利です。日々の光熱費が気になっている方は、この機会に光熱費の支払いをお得なクレジットカードに変えてみてはいかがでしょう。

ポイント還元率の高いおすすめクレジットカード
  オリコカードUPty iD ライフカード
  オリコカードUPty iD ライフカード画像
光熱費 1万2,000円
(電気代、水道代、ガス代、それぞれ4,000円と仮定)
年会費 無料 無料
基本ポイント 1,000円につき1スマイル 1,000円につき1ポイント
(入会後3ヶ月間ポイント2倍、誕生日月ポイント5倍)
ポイント

●公共料金(水道代は対象外)の支払いはポイント2倍
8,000円÷1,000円×2スマイル=16スマイル
4,000円÷1,000円×1スマイル=4スマイル

合計:20スマイル

●1,000円以上の買い物1件につき1スマイル
1スマイル×3(電気、水道、ガス代の3件)=3スマイル

●1,000円につき1ポイント
1万2,000円÷1,000円×1ポイント=12ポイント
入会後3ヶ月間はポイント2倍
12ポイント×2倍×3ヶ月間=72ポイント
誕生日月はポイント5倍
12ポイント×5倍×1ヶ月間=60ポイント

年間ポイント (20スマイル+3スマイル)×12ヶ月=276スマイル 12ポイント×8ヶ月+72ポイント+60ポイント=228ポイント
ポイント還元

1,000スマイルで5,000円分のギフト券に交換できるので、
1スマイル) 5,000÷1,000=5円と換算

276スマイル×5円=年間1,380円お得!

750ポイントで5,000円分のギフト券に交換できるので、
1ポイント) 5,000÷1,300=6.66円と換算

228ポイント×6.66円=年間1,518円お得!

光熱費の節約術、いかがでしたか?電気代・水道代・ガス代は、日々の小さな心がけを積み重ねていくことが、大きな節約につながります。本特集を参考に、早速節約を実践してみましょう。

 

一人暮らしに役立つランキング
賃貸住宅情報サイトランキング
賃貸住宅情報サイト 賃貸住宅情報サイトランキング
フォレント
-
全国約35万件の賃貸情報を掲載。UR賃貸や特定優良賃貸住宅、マンスリーマンション情報も網羅している。都市部情報は非常に充実しているが地方物件はやや少なめ
HOME'S 全国約160万件の賃貸情報を掲載。都市部のみでなく47都道府県を幅広くカバーする。通勤・通学時間からの物件検索などユーザー目線に立ったサイトの使い勝手が人気
アパマンショップ 全国約45万件の賃貸物件を掲載。敷金・礼金ゼロの物件特集、マンスリーマンション特集など独自コンテンツも豊富。対象物件ではJALマイレージを貯められる
住みたい街ランキング
住みたい街ランキング 住みたい街ランキング
吉祥寺
-
都心にほど近く、駅前百貨店・商店街・井の頭公園など利便性と住環境のバランスが絶妙。家賃相場も比較的手ごろで、学生やシングルに特に人気が高い
横浜 都心から20分。中華街・山下公園など観光スポットが点在し商業施設も充実。住みやすい街として人気を誇る。みなとみらい地区には最新設備の高層マンション群が誕生
自由が丘 公園や緑道が整備され、インテリアショップやカフェなどが並ぶおしゃれな街として女性に人気。家賃は高めなものの、東横線沿線で渋谷へ10分という利便性も高評価




Homeクチコミランキングとは?お問い合わせリンクビジネスサービススタッフ募集プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright(c) 口コミならクチコミランキング編集部 2008  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。