クレジットカードの選び方、クレジットカード比較、裏技・ランキングも

クチコミランキング

クレジットカード選びの基本

ホーム > 特集 > 賢いクレジットカードの選び方

クレジットカード選びの基本

クレジットカード特集

 みんなはどうしてる?クレジットカードの利用実態

クレジットカード会社大手JCBの調査によると、20代〜60代男女のクレジットカードの保有率は8割、カードの保有枚数は平均約3枚という結果が出ています。また、同調査の「今後クレジットカードを選ぶ際、重視する項目」を見るとクレジットカード利用者の多くはネームバリューではなく、本当にお得かどうかでカードを選ぶ傾向が強いことがわかります。

クレジットカードを持っているか

クレジットカード保有枚数

今後クレジットカードを選ぶ際、重視する項目
1位 入会金、年会費が比較的安い(無料含む) 39.8%
2位 盗難・紛失時の対応がしっかりしている 37.0%
3位 ポイントやマイレージサービスが充実している 37.0%
4位 自分のよく利用するお店で割引などのサービスがある 29.3%
5位 国内で安心して使える 24.7%
6位 国内の加盟店の数が多い 22.0%
7位 日常的に利用している銀行・郵貯等の口座を利用できる 13.1%
8位 海外で安心して使える 12.6%

JCB クレジットカードに関する総合調査(対象:20〜60才男女)

本特集では、クレジットカードのお得で賢い使い方はもちろん、クレジットカードの選び方やジャンル別の実力比較等もおこなっていきます。みなさんがクレジットカードを選ぶ際、参考にして頂ければ幸いです。

 クレジットカード達人への道

pic1私は学生時代からクレジットカードの魅力にハマり、お得なクレジットカードの使い方を徹底的に比較・検討してきました。

私がクレジットカードのヘビーユーザーになった理由は、「欲しいものがいっぱいあった」からではありません。最初は「どのカードでもそれほど違いはないだろう」と考えていましたが、ある時サービス内容、お得度に大きな違いがあることに気づき、「このことを知らないと人生で大きな損をしてしまうのではないか?」と思ったからです。

そして調べれば調べるほど、同じように見えるクレジットカードのお得度に、実は雲泥の差があることがわかりました。

そこで、気になったクレジットカードの資料を請求し研究、カードを作り続けた結果、学生にして20枚近いカードを持つまでになっていました。

pic2何十枚もカードを持つと一つの事実に気付きました。それぞれのカードをお得だと思った場面で細かく使い分けても、ポイントが各カードに分散てしまうため、特典交換までなかなか溜めることができず、結果的にお得のために作ったカードを、上手く使いこなせなくなっていたのです。。

そこで私は自分がクレジットカードに求めるサービスは何かをもう一度見つめ直し、各社のクレジットカードを比較、自分にとって最もお得で便利なクレジットカードを見つけることが大事という結論に達したのです。

その結果、現在のカード保有枚数は4枚とほぼ世間並みの枚数まで減らすことができました。また、たくさんのカードを比較、検討したことでクレジットカードの知識も向上。最適なクレジットカードを見つけ、使いこなすためのポイントも身につきました。

それでは、下記のチャプターに私が悩んだ末に行き着いたカード選びのポイントをまとめます。

 クレジットカードを比較するポイントはココ!

クレジットカードを比較する際、重要となるポイントは以下の5つです。

重要比較
ポイント
説明 ココが比較ポイント!
年会費 クレジットカード利用の有無に関わらず毎年発生する費用。年会費有料カードの場合、利用頻度が少なければ持ってるだけで損をしてしまうことも。 年会費無料は大きな魅力。しかし年会費無料カードには旅行障害保険やショッピングガード保険が付いてない場合も多い。ポイントや保障、独自サービスをチェックした上で総合的に判断することが重要。
ポイント
還元率
クレジットカードを利用することで貯まっていき、金券や商品に交換することができる。 ポイント数が多ければ良いというわけではない。何ポイントで何に交換できるかが重要。商品で比較するのは難しいためギフト券に換算してポイント還元率を比較する。
独自サービス カード各社が提供する他社にはないサービス。例えば、ライフカードの誕生日月ポイント5倍、セゾンカードの永久不滅ポイントが有名。 自分にとってメリットがあるサービスかどうかがポイント。ただ単に独自サービスが充実しているというだけで選ばない。
保障 カードを保有することによって受けられる保障。国内旅行保障、海外旅行保障、カード紛失・盗難保障、購入商品保障等がある。 どんな保障があるのかは要チェック。購入商品保障があるカードの場合、カードで商品を購入するだけで保険をかけることができる。
入会時特典 クレジットカード入会時に受けられる特典。ギフト券プレゼントや初年度年会費無料、入会時や入会後の利用額に応じてギフト券プレゼント、期間限定ポイント倍増等がある。 他の条件が同じなら、入会時特典が充実しているカードを選ぶ。入会時からクレジットカードのお得さを実感できる。

新しくクレジットカードを作ろうと考えている方は、上記の項目をチェックして各社を比較、検討すると良いでしょう。また、クレジットカードを持ちすぎている方は、保有カードを整理する際、参考にして頂ければと思います。

ちなみに下記の4枚は私が現在メインカードとして使い分けている4枚です。

  楽天カード ANAアメリカン・エキスプレス・カード REXCARD(レックスカード) セゾン・プラチナ・
アメリカン・エキスプレスカード
編集長保有
カード
楽天カード ANAアメリカン・エキスプレス・カード
年会費 永年無料 7,000円+消費税 初年度無料※次年度以降年50万円のカード利用で無料。50万円以下の場合2,500円+税 20,000円+税
ポイント還元率

1.0〜3.0%

1〜2%(マイル還元率) 1.75〜2.0% 1.1%※マイル還元率
主な付帯サービス
  • 楽天市場で利用するとポイント2倍
  • 毎週土曜はポイント3倍
  • ポイント加盟店の利用でポイントが最大10倍
  • 海外旅行傷害保険
  • 商品未着・ネット不正安心制度
  • 100円につき1ポイント(1ポイント=1マイル換算)
  • 入会からカード利用額に応じて最大15,000マイル相当+もれなくEdy1万円分
  • 空港ランジサービス※同伴者1名まで無料
  • 基本ポイント還元率1.75%
  • ネットショッピングでの不正利用を補償するネットあんしんサービス
  • 選べる付帯保険(ショッピングプロテクション or 国内・海外旅行傷害保険」
  • カード利用時のマイル還元率は1.1%以上
  • カード最高峰の付帯サービス「プライオリティ・パス」
  • 国内最高5,000万、海外最高1億円の旅行傷害保険
  • 24時間対応コンシェルジュデスク
編集長直伝!
カード利用のポイント
楽天カードの魅力は何といっても楽天市場利用時のお得度。通常利用でも1%とトップクラスのポイント還元率ですが、楽天市場で利用すると常に2倍。毎週金、土曜日は3倍になります。
また、年会費無料ながら保障も充実。海外旅行傷害保険に加え、楽天で購入した商品の未着を保障する商品未着安心制度やネットでの不正利用を保障するネット不正安心制度等のサービスが無料付帯。楽天市場を利用するユーザーであれば必携の1枚でしょう。
ANAアメリカン・エキスプレス・カードは2009年10月から発行を開始したクレジットカード。
現在実施している新規入会キャンペーンを利用すると、最大でもれなく12,000マイル相当をゲットできます。
また、同伴者が1名まで無料になる空港ラウンジサービスや旅行傷害保険が付帯する等保障面も充実。現在最もお得にマイルを貯める事ができるクレジットカードの一つでしょう。
REXCARD(レックスカード)の最大の魅力は1.75%という驚異的な基本ポイント還元率。さらにネット上での不正利用を補償するネットあんしんサービスや選べる付帯保険等、サービスが充実。これらのサービスを初年度年会費無料、次年度以降も年50万円以上のカード利用で無料で提供。様々な場所でクレジットカードを使う人にとって、この圧倒的な基本ポイント還元率の高さは大きな魅力と言えるでしょう。 クレジットカードの中でも最高のステイタスを誇るプラチナカード。もちろんサービス内容も別格。ANA、JALのプロパーカードを超える1.1%という高いマイル還元率に加え、最高1億円の海外旅行保険、最高300万円まで補償するショッピング保険が付帯。
更に特筆すべきは、クレジットカードの付帯サービスの中でも最高峰と言われる「プライオリティ・パス」が無料付帯する点。これ一つで世界中の空港ラウンジを無料利用できます。

自分のライフスタイルに合った、お得なで便利なクレジットカードを見つけることが、クレジットカードライフを満喫する秘訣です!本特集を参考に、自分にぴったりの1枚を見つけましょう!

 「第2回 ゴールドカード徹底比較」  >>

 知ってトクする! お得なクレジットカードのランキングとクレジットカードの裏技技

お得なクレジットカードランキング

このサイトに行く

2ライフカード
このサイトに行く
信販大手ライフが発行する年会費無料のクレジットカード。最大の魅力はポイントサービスが非常に充実している点。通常利用の場合、1,000円に付き1ポイントだが、誕生月は毎年ポイントが5倍になる他、50万円カードを利用するとボーナスポイントを300ポイント付与。また、あまり他に見られないEdyチャージでポイントが貯まる点も魅力
5楽天カード
このサイトに行く
楽天KCが発行する年会費無料のクレジットカード。楽天市場で利用すると常にポイントが2倍、毎週土曜日は3倍、ENEOS等のポイント加盟店での利用でも最大3倍になる。楽天の利用頻度にかかわらずメインカードとして十分な活躍を期待できる1枚だろう。
3ANA・アメリカン・エキスプレス・カード
このサイトに行く
ANAとアメリカン・エキスプレスが提携し発行するお得なクレジットカード。ポイントはカード利用100円につき1ポイント貯まり、そのポイントを1ポイント1マイル換算でANAのマイルに移行できる。ポイント移行コース(6,300円)に登録すると実質無期限でANAのマイルを貯めることができる
3NTTグループカード(VISA)
このサイトに行く
NTTファイナンス株式会社が発行するクレジットカード。WEB明細を希望の場合、年会費が無料になる。特典としてNTTグループのサービスが大幅割引されるのが最大の魅力。オンラインショッピング安心サービス、出光キャッシュバックサービス等も付帯。
2イオンカード
このサイトに行く
イオングループのイオンクレジットサービスが発行する年会費無料のクレジットカード。毎月20日、30日は全国のイオングループ各店舗での買い物がクレジットカード払いで5%OFFに、毎月5日、15日、25日はときめきポイントが2倍になる等、お得感の高いサービスが多数揃っている。

編集長がこっそり教えるクレジットカードの裏技
「リボ払いを利用した裏技」

リボ払いとは
リボ払いとは、あらかじめ決められた金額を毎月払っていくクレジットカードの支払い方式です。
そして、リボ払いはさらに次の3種類にわかれます。
…螻杣亜ΑΑΔ△蕕じめ決められた金額を月々の支払額とする方法
定率式・・・残高の一定割合を月々の支払額とする方法
残高スライド定額式・・・残高に応じて月々の支払額が変動する方法

クレジットカード各社はリボ払いに力を入れているため、リボ払い専用カードは保障が充実していたり、三井住友VISAカードのように年会費優遇といった特典を用意していることがよくあります
ただし、ここに注意しなければいけない点があります。
◆↓の方法でリボ払いすると支払いに一定の手数料がかかります。,砲弔い討歪螻枴を超えた額に対して手数料がかかります。
リボ払いとっておきの裏技
リボ払いで手数料を払いたくないという人のためにお薦めの裏技をこっそり伝授。リボ払い専用カードの中には、,猟螻枴式の金額を自由に設定できるものがあります。
例えば、JCB EITやオリコカードUPty iDは、カード発行後、電話もしくはインターネットで、毎月の返済額を利用限度額にすれば、手数料のいらない1回払い用カードになるのです。しかもリボ払い専用カードならではの手厚い保障はそのまま適用されます
リボ払い専用カードを作る場合はこのテクニックが使えるかどうか確認しておくことをオススメします。

ページトップへ

Copyright(c) 口コミならクチコミランキング編集部 2009  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。